« 寿人☆ありがとう | トップページ | 即やる! »

2012年5月29日 (火)

ちょっとずつ…ちょっとずつ…

 退院してから まだ2週間…もう2週間。

 入院グッズは、けっこう早く片付きました。

 動きにくさも、少しずつ慣れて来てる気がする。

 依然、手術前よりも動けないのは変わりないけど、コツがつかめて来てるのもあるし、左足への荷重も少しずつ増えてきてるんだと思う。

 こうして近い将来「あ、ステッキ どこへ置いたっけ?」って 室内でなるんだよね。(希望的観測)

 でも…左足の爪切りは できるんだろうか?

 右足だって ずっと苦労してきた。

 左足は長くなった分、余計に難しい。

 ソックスは、ソックスエイドを使用してはくけれど、脱ぐ時は、新技を編み出した。

 左足を『マイッチングマチコ先生(知ってるかなぁ?)』みたいに、後ろに曲げて、靴下を踵まで下し、そこからは地面に左足をついて、右足でソックスの先っぽを押さえて引っ張る。

 まあ、人様にお見せできる技ではありませんが…笑。

 寿人ゴールのパワーで、日曜の午後にやっつけた和室の隅の荷物達…。

 その後のお片づけで、古着などの袋が3つできて、とりあえずまた「荷物置き場」になってしまってるけど、これは来週の月曜日には居なくなる奴ら。

 この角にスペースができたのは、本当に清々しい。

 昨日は、玄関に置きっぱなしだったブーツを4足 磨いて片づけた。

 これもね、両手が使えれば、玄関で箱に入れて、せめてふた箱くらいは持って部屋へ移動させられるのに、ステッキを持つから使えるのは左手だけ。

 それだと長い箱は持てない。

 よって、ブーツを一足ずつ部屋へ持って行って、そこで箱に入れる。

 4往復よ…玄関から部屋までは およそ800メートルくらい(嘘)

 距離の問題じゃなくて、こんな軽い物を一度に運べないのが じれったい。

 磨くのだって、以前はリビングの床に新聞紙を置いて、その上でやってたけど、今は椅子に座らないといけない。

 何をするにも いちいちひと手間余分にかかる。

 普通にやれる人達、それって素敵だよ~。

 箪笥の上に箱を置くのは夫にお願いしましたけどネ。

 これも以前は、ちゃんと脚立を出して、右足を庇いながらも自分で上って箱を上げたものよ…。

 あぁ…それでも私 頑張ってるじゃん。

 と思う心の片隅に「本当はもっとやれるんじゃないの? 自由に動けないのを免罪符に 怠けてるんじゃないの?」とつぶやく私もおり…。

 小・中学校に、右腕が義手の友達が居ました。

 中学では卓球部で一緒になったけど、彼女は何でも普通にできたから、手助けした事は一度も無かった。

 

 卓球部でもレギュラー選手だった。

 大人になってから、花屋さんで働いてる彼女に再会した。

 綺麗に花束を作ってくれた。

 義手の指先は動かないのに、何の問題も違和感も無かった。

 …私は「今は、手術前よりも動けない」「これができない」「あれもできない」なんて言って 自分を甘やかしてるんだろうな。

 と言いながら「いや、色々工夫して頑張ってるよ!」とも思う。

|

« 寿人☆ありがとう | トップページ | 即やる! »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事