« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

『ここたん』といっしょ♪

 昨日、ここたんと 初めてのお外デートでした♪

 お外と言っても、この時期の私に「屋外」はあり得ないので、毎度おなじみのデ○ーズで。

 ママ(どうやら ここたんは『かっか』と呼んでいたような…)から「魔の二歳に突入したので、うるさいです」と。

 昼食後は寝てしまうとか、色々考えて『寝てしまったら大人のお喋りもできるし、寝顔の写真も撮りたい』って事でランチを一緒にする事にした。

 …あぁ 思い出してもにやけてくる。

 店に着くと、すでにママとここたんは着席してて、私を見つけて手を振ってくれた。ここたんは立ち上がって笑顔!

 きゃぁ~~!

 退院間近の病院のデイルームで おしゃべりした時は、(緊張してたのか)私には笑ってくれなかったのよ。

 入院中に撮ったツーショットの写真を見せたり「今度 ゆうこさんと逢うの楽しみだね~」と ママが洗脳し続けてくれたお陰かな。

 テーブルに着いて 早速握手。

 ここたんの笑顔♪ 

 もうここからは「ここたん観察記」になります。

 お土産のプレゼントを渡すと、ママに開けてもらって出て来た玩具を見た瞬間も ほんとに嬉しそうな顔するの。

 でもママが「ご飯を食べてから遊ぼうね」と言うと、ちゃんと納得。どこが『魔の二歳』?

 お子さまうどんと ママのオムライスを小さいお椀に分けてもらって、フォークでちゃぁんと上手に食べるのよ~~~泣。

 『遊び喰い』も無く、一心不乱に食べる!

Img_0310

 でも ちょっと長めのうどんを ちゅるんっ! って最後に吸い込む時は楽しそう♪

 ちゃんと左のおてては、お椀に添えてて かあいい!!

 子ども椅子をテーブルの真ん中にセットしてもらったので、私も触れる事ができる^^

 ぷにぷにの腕やほっぺを すりすりさせていただきました。

 前は、嫌がりはしなかったけど、固い表情してたのが、この日は笑顔で応えてくれる。

 「お友達」として承認されたと思う!

 私は幼児の『ぼんのくぼ(盆の窪)』も大好き☆

 なんともいじらしいじゃない。

 でも じっとはしてないここたんの後ろに回って シャッターチャンスを待つのも不審なので、うつむいてる瞬間にこれ^^ 横からだからちょっと残念。

Img_0324

 ほっぺも 可愛く膨らんでるでしょ^^

 ご飯をいっぱい食べた後は、玩具で遊んだ。

 Img_0357


 プラスティックのケーキや野菜を包丁で切る玩具。

 好奇心と集中力がすごい。

 そして…この かあいいおててを見て~!

Img_0358

 一所懸命遊びながら、ママや私ににっこり♪

 そしてこの日のファションのポイントは このキャスケット☆

Img_0372

 下はジーンズにナイキの茶色いスニーカーでした。

 ここたんが「ナイキ!」と教えてくれました。

 玩具のお皿を頭に載せたり、両頬をはさんで面白い顔したり「まんもすー」や「おさる~」の得意ネタを披露してくれたり…もう私は笑いっぱなし。

 そしてね…デザートを注文する時

「ユウコサンモ タノム?」

 胸がこきゅん!よ。

 抹茶が好きな渋い二歳は、このアイス。

 お口の周りが緑色…すんごい事になってました^^

Img_0505

 でもね、服もテーブルも 全然汚さないのよ。

 そして両方のおててで持ってるとこが これまた可愛いでしょ~!

 ・・・と言うと、すっごく厳しくしつけられたおとなしい子どもに思えちゃうけど、ここたんは『活発な子ども』

 ただし聞き分けがいい。

 そしてママが程良く世話をやいてる。

 程良く緑色になって 全部食べ終えてから おててもお口も 綺麗に拭きました。

 

 ママは、ちゃんと ここたんが退屈しないように玩具も用意し、濡れティッシュも持って来てた。すごい荷物になるのよね。

 お洒落ママは、自分のお洒落と子ども用荷物を上手に両立させてた。

 

 ママが持って来てた色紙は、七夕飾りを作った時からのお気に入りだそう。

 それもね、1枚だけ出すの。

 そして ここたんの遊び方は…「びりびり~」

 あのちっちゃなおててで びりびりに破るの。

 細かな紙片を集めて「それーっ」とテーブルの上にぶちまける。

 だんだんパワーアップして「それーーーっ」と テーブルの外にまで紙片が飛ぶと、ママが数回は拾って、最後に「それーっは禁止」

 そしたらね、今度は「じゃー」よ(涙笑)

 テーブルの上で 紙片を持ちあげて落とすだけ。

 「じゃー」って言いながら。

 

 偶然 おすもうさんが来てたのを見て

「まいうーの人?」って。

 二歳って 何でも覚えてるのねぇ。

 こんなに仲良く楽しく過ごしてるけど ママが「ゆうこさんの方に座る?」と聞くと、固まる。

「嫌」とは言わないんだけど…言ってはいけないと思ってるんだろうね。

「無理強いはしないよ。今日は、こんなにたくさん笑ってくれたから それだけで満足」

 

 昼食後は眠くなるかと思ったのに、全然 それらしい様子を見せない。

 すでに2時半。11時半から3時間も過ぎた。その間、一度もヤンチャを言わない。

 でも夕方寝ちゃったら困るだろうな…と ちょっと心配になったら、おしゃぶりを出した。

 『寝る時だけ欲しがるけど、最近は ちょっと恥ずかしいと思い始めたみたい』だそうで、一度はくわえたけど、私が凝視してるのに耐えられなかったみたいで、はずして片づけた。

 …かあいい(涙)
 

 おむつ交換も 自分でちゃんと言ったし…。

 トイレから帰って来て「すっきりしたー」だって(笑)

 おしゃぶりを我慢した所で さよならする事にした。

 席を立つ時、驚きの行動。

 自分が座ってた幼児椅子をテーブルの下に 一生懸命入れるの。

 きっとお家で、椅子をテーブルの下に入れるのが当たり前になってるんだろうね。

 駐車場でツーショット写真を撮って、また笑顔で手を振ってくれた♪

 夕方、帰宅したママから「車に乗って即寝で、家に着いたら即起きで、ゆうこさんを探してました」ってメール。

 二度目のこきゅん☆

 魔の二歳児のはずが 3時間もおりこうにご機嫌にファミレスで過ごしてくれたなんて…。

 ママも それは意外だったみたいで感心してた。

 たくさん褒めてあげてね。

 …そしたら褒めすぎてチューし過ぎたそう。

 さてさて、私は、こういう気温の高い ぴかぴかの日は 夕方から夜にかけて 一気に疲労感が押し寄せるのに、この日は 元気元気。

 いつもなら夕飯後に寝て、11時半過ぎに起きて洗い物するのに、普通の人みたいに寝るまでの時間を過ごしました(苦笑)

 夫に写真を見せながら「これ、こうなってああなって」「これは、びりびりーしてる時」「次は~ほらっ!」「見て!この笑顔」と一枚一枚解説。

 3時間で170枚写してました。

 ここたん&ママ、幸せな時間をありがとう☆☆☆

|

2012年6月29日 (金)

顔と髪型しか見てないけど…

6月27日(水)

【ナビスコ杯 広島 対 浦和】埼玉スタジアム(スカパー)

 ネットで『無料で見られる』と知ったけど、我が家のセットが該当するのかどうか自信無かった。チャンネルを合わせてみたら…見られた!

 ナビスコ杯は予選敗退も決まったから、事実上の消化試合。そして週末にはリーグ仙台戦が待ってるから、寿人も温存して若手起用するかも…と思ってたら、スタメン。

 週の真ん中に見られる幸せ♪

 メルマガで監督コメントとして掲載された「普段、試合に出られない選手にチャンスを」通り、ソッコ・じゅんじゅん・ノリ・航平・鮫島くんがスタメンに名を連ねた。

 頑張れ頑張れ!

 早々にじゅんじゅんのヘディングシュートはGKキャッチだったけど、いいじゃん!いいじゃん♪

 浩司のFK。

 私の欲目なのかな…浩司がとっても良い顔付きしてるように見えるの。

 頼もしいって言うか、何とかしてくれそうって言うか。

 カズは、試合中の顔見てると、時々「大丈夫なのかな…体 しんどいのかな?」って心配になっちゃうけど、浩司は 楽しそうに生き生きとプレーしてるように見えるの。

 そして、ミーハーな私は、敵になった槙野を見ても「槙野~かっちょいいなぁ~!」と思ってしまう。

 あの浦和のユニの襟をあんなかっちょ良く立てられるのは槙野だから(笑)

 でも~!「こぉら!槙野! 浩司の邪魔すんなーー!」と叫んだりもした。

 以前、テレビでちらっと見た杖のミシャはどうなってるんだろう? 同病者としても すごく気になる。

 以前のようにピッチぎりぎりまで出て立ってない…パイプ椅子に座ってるなぁ。

 ところが! その椅子から普通に立ちあがり、またすぐ座ったじゃないの。

 私はどちらの動作も椅子に手をついて支えないとできない。

 ん~やっぱり鍛え方が違うのかなぁ。

 解説の清水さんが じゅんじゅんの事を何度も指摘する。

「大崎、引いちゃうでしょ。縦に走ってあげた方がいい」

 そうなんですか? 後でじゅんじゅんに直接教えてあげてーーー!

 ソッコの長めのシュート!

 広島のCねえが 最近 推してる子なので私も気になる。その積極的なプレーいいよ!!

 また清水さんが じゅんじゅんのプレーについて

「どうしても受けに行っちゃうんですよねー。だから的になっちゃう」

 きっと清水さんは じゅんじゅんの事をすごく期待して見てくれてるんだろうな。

 そして…私は そういう解説を聞いても「どこが引いてるのか、どこが受けに行っちゃってるのか」さっぱり解りません…汗。

 ノリの守備が「致命的なミス」と指摘され、スローでリプレイされても やっぱり どこがミスなのか さっぱり解りません。

 ほんとに私って サッカーを見る目が育ってないな。

 私に解るミスは「相手にパスしてしまった」時くらい。

 1失点して前半終了。

 後半開始。

 寿人に代わってリュウが登場。

 「あ、髪切ったんだ。ストパーかけたのかな。すっきりしていいじゃん」

 短髪好きな私だけれど、私の中で長髪が似合う選手も居るのよ。リュウもその中の一人。

 でもこの髪型に 彼の気持ちが見えた気がして「リュウ 頑張れ!」って思う。

 2失点。

 浩司のシュートはポスト直撃。

 ぐいんって すごいシュートだった。浩司 顔付きだけじゃなくて本当に調子がいいんだね!

 3失点。

 消化試合だし、若手のお試しだし、いいじゃん…と無責任な私に反して、選手達の一生懸命さが見える。

 だからせめて誰かのゴールを!

 願い虚しく終了。

 ちー。がぁーーーー。

 あ!!! ミシャが足組んでる!! いいのー?!

(『足を組む=脱臼する』と頑なに避けている律儀な患者な私)

 

 寿人は、ミシャへの想いもあって、浦和まで行ったのかなぁ。

 消化試合だから・週末に大事な試合があるから…って 若手に任せて自分は体力温存なんて選択肢は無かったのかもしれないな。

 アオちゃんが ミシャに挨拶に行ってハグされてる映像も流れた。

 試合の後、同窓会みたいな食事会でもしたかな。

 

|

2012年6月26日 (火)

子どもパワー☆

 先ほど、子ども達の声が響いた。

「集団下校の時刻かな? 今日は特にご機嫌部隊なのね^^」と思ってたんだけど、歓声が終わらない。

 下校にしては、近くでとどまってる感じ。

 あまりに楽しそうな歓声につられてベランダに出てみたら、あらら、前の公園に小学校低学年の2クラス分くらいの子ども達がいっぱいいる!

 みんな黄色い帽子を被って、走り回ってる。

 何をしてるのか解らないけど、動き回ってる。

 遊具に群がるグループもあり。

 何を言ってるのか解らないけど、とにかく楽しそうな声・声・声!

 しばし、ベランダから見つめる。

 ベンチの上に水筒がびっしり並んでるのには笑えた^^

『そこに置きましょう』だったのか、誰かが置いたら、次々に皆が置いたのか、二つのベンチは水筒が占領してる。

 微笑ましい喧騒を聞きながらPCを開き…そして 今、 潮が引くように歓声が消えました。

 私にもあんな時代があったのねぇ…。 ええ、ええ、体は小さいのに、めちゃんこウルサイ女子でございましたから。

|

2012年6月25日 (月)

ススんでる友達

 週末、いつものメンバーでデ○ーズロングステイ。

 Tの長女ちゃんの結婚式の写真を見せて貰うのも目的の一つ。

 立派なアルバムはまだできてないけど、家族や友達が撮った写真を見せてもらう約束。

 で、Tがバッグから取り出したのは…iPad☆

 慣れた手つきで電源を入れ(…と言うのかしら?)写真を取り出して渡してくれる。

 テレビCMで見るように、指先で送りながら見る^^

「このブーケ、生花?」

「大きくできるよ」 

 あぁ、これもテレビCMで見た事ある^^

 人差し指と親指の先をすーっと広げると、ズーム画面になる。逆にすれば戻る。

 すっごーーーーーい!

 私は 未だにPC画面のドラッグだって不思議に思えるのよ。

 アイコンを移動させるだけで、どうして中身まで移動するの?

 どんどん進化していくなぁ…理屈は解らないまま、なんとか活用できる物もあるけど、完全に乗り遅れた部分もあり(汗)

 そんな感動や焦燥を感じつつ、幸せそうなお嬢ちゃんの写真を見る。

 お嫁さんの写真、昔から大好きだったのよね~!

 友達の結婚ラッシュが過ぎて、かなりの時がたった。

 次は、友達の子どもの結婚だ☆

 お嫁さんの写真を撮りたい!

 さてさて、この日のデ○ーズランチは、カペリーニ。

 TとUは、石窯ブールを頼んだけど、私はつい最近も食べたばかりなのよ…。

 最近、毎日2000K㌍越えなので、ちょっと抑えたい気もあったの。

Image492

Image493

 デザートは、フレンチトースト♪

 (…ただ、この日の摂取カロリーも やはり2100k㌍でした)


 夜はお楽しみの サンフレッチェの試合。

「そうそう毎回ゴールなんてないよねぇ」と ネガティブな私に対して

「いや…ある」と 自信たっぷりの夫。

「君の予言は よく当たるんだよね~!」と そこで期待した私が悪かった…。

 画面を見ながら 二人で

「おー!」

「とっとととと…」

「うぎゃーーーーーー」と叫びながら…0-0で終わってしまった。

 アディショナルタイムの最後の最後、寿人のヘディングシュートは枠外。

 あ~あれが決まってたら、劇的ゴールのヒーローだったのに。

|

2012年6月22日 (金)

和む~♪

 昨日、出掛ける為に マンションのエトランスに下りたら、ちょうど小学校の下校時刻。

 ブログによく登場する『同じ顔の三兄妹』の長男君がガラス扉を開けて入って来た。

「こんにちはっ!」と元気な挨拶。

「こんにちは~^^ お帰り~^^」

 この「お帰り~」ってのが曲者なのよ。

「近所の人に きちんと挨拶しなさい」と 母に言われてた子どもの頃の私、もちろんはきはきとご挨拶してました。

 でも「お帰り~」と言われると いつも困ってた。

 「ただいま~」って言うのは 家の玄関で、家に居るお母さんに言う言葉だと思ってたから。

 母に尋ねて「『ただいま』って言えばいいの」と教えられたけど、道端で言うのは毎回躊躇した。

 マンションの子ども達も「こんにちは」は言えても、私がつい「お帰り~」と言うと、もごもご口ごもったり、うつむいたりする。

 だから「お帰り」と言ってから 内心『しまった…困るよね』と小さく反省する。

 ところがね、この『同じ顔兄妹』の長男君…「たっだいま~♪」と とても自然に応じたの。

 か・か・かあぃぃーーー♪

 きっと家が目前だから、ママに言われたような気になって無意識に出ちゃったんだろうなぁ。

 

 公文の教室では、幼稚園児の男の子が

「花桃先生、どうしてずっとお休みしてたの?」

「入院してたの」

「ふぅん…赤ちゃん産んで?」 そっかそっか^^ 彼の身近で入院する人は みんな出産の為なのよね^^

「ううん、赤ちゃんは産んでないよ。手術したの」

「ふぅん…点滴した?」

「うん、したよ」

「ふぅん」と満足そうな笑みを浮かべて席へ戻りました。

 幼稚園児にとっての『入院』は、出産と点滴なのね^^

 そして、月曜日に「変わっちゃったなぁ」と不満げだった彼の本意が解りました!

 昨日も側へ来て「花桃先生、そんなに白髪あるの?どうして染めたの?」と、とがめる口調。

「白髪が多いから、ずっと前から染めてるよ」

「そうだった? 全然 気付かんかった」

 やっぱり色が明るすぎるんだ…。

 彼にとっては「茶髪」は受け入れられないんだね。

 以前から白髪染めは「黒」じゃなく「茶色」ではあったんだけどなぁ…。 

 小学生の許容範囲を越えた明るさになってるって事か…。

|

2012年6月21日 (木)

来てみて~♪

 花桃ブログに しばしば登場する『清○屋』…「地域に密着した」…と言うか「お年寄りも安心な」…と言うか、要するに「田舎の」ショッピングセンターです。

 そして同じく、しばしば登場するのが『きてみて帳』

 この店の『期間限定(2週間弱)割引券つづり』なのです。

Image491

 このネーミング、私はとっても上手い!と思ってます。

 名古屋弁には「~してちょう」ってのがあります。

「食べてちょう」→「食べてよ」と促す感じ。

 私達世代でも使わなくなってる死語ではあります。母も使わないなぁ。

 現在使用するのは、かなりのお年寄りか、名古屋でも限られた地区かもしれない。

 よってこの『きてみて帳』は「来てみてよ~(来て、見て、みてよ~)」って事になりますね。

 …と私は勝手に解釈してるけど、ひょっとしたら単純に『来て見て』帳なのかも。

 名刺大の この割引券帳は、朝刊の中にチラシと一緒に入ります。

 そして中をじっくり見て「これ買おう」「これいいな」ってページを折ります。

Image490

 ↑こんな感じ。

 
 『全商品2割引き』のページもあり、高額商品は、この時期を待って買うのです。

 レジで支払いする時、きてみて帳を一緒に出すと『2割引き・1割引き』のページに判子を押して割引してくれる。

 この前、私のきてみて帳を見たレジのお兄さんが「たくさん折ってありますね」と笑った…。

 え? 普通 折るでしょ?

 ちょっと不安になった。

 でも…数分後 にたり。

 入り口から入ってくるおばちゃん3人が 手に手に持ってるきてみて帳は、見事に折られてました~☆

 そう思って店内を見回すと、折られたきてみて帳を持って歩いてる人 けっこうたくさん居るじゃん♪ (60歳以上かなぁ…)

 あたくしは、折ってはあるけれど、バッグの中に入れてありますのよ。

 …だからなのか、せっかくたくさん折ったのに、買い忘れる事も しょっちゅうですの!

 今回のきてみて帳は、25日まで。有効利用するわよ~。

|

2012年6月20日 (水)

寿人とした事が…

 先日、『任期満了で退任した藤田俊哉前会長』の後任として、寿人がサッカー選手会の5代目会長に選出された。

 適任だよね~♪ と ミーハーファンは 素直に喜ぶ。

 ところが! その直後、ショッキングな事件が!

 『広島の佐藤を処分』って、今朝、地元紙の記事の見出しを見てドキッとしたわ。
 

【審判員への誹謗中傷に該当する発言があったとしてけん責処分(始末書提出)を科したと発表した。
5月16日に行われたヤマザキナビスコ・カップ1次リーグ、C大阪―広島の試合終了後のメディア対応で発言したとしている。】

 

 え~~、優等生寿人君が そんな事するかなぁ…。

 ネットで ちゃちゃちゃっと情報収集した所によると…ああ、そういう事ね…って内容。

 ミーハーファンの私じゃなくても、少なくとも広島のファン・サポーターの人達なら「寿人バカ者!なんて事したんだ!」って怒ったり呆れたりする内容では無い。

 寿人、表現の仕方が悪かったわ。

 おそらく試合中に、チーム内の外国人選手が興奮して口走った単語が 耳に残ってて、つい言っちゃったのでは無いか…と、バカ親な私は想像しておりまする。

 『処分』なんて怖い書き方してあったけど、始末書提出だって。

 優等生らしく立派な始末書を書いてくださいませ。


 さてさて、地元の「サッカーより野球が好き」な友達から

『寿人君、今日のYahoo!ニュースで【始末書】って。何 言ったのかな? 若いなぁ』とメールが来ました。

 てへっ。

 詳細は、会った時に直接 説明させていただくわ。

|

2012年6月19日 (火)

子どもの真っすぐな目

 昨日、約2ヶ月ぶりに公文のお手伝いに復帰しました。

 久しぶりの教室、子ども達の反応が可愛い。

「あ、花桃先生だ」と わざわざ近寄って来る子、宿題を出しながら、にちゃーっと笑ってくれる子。

 まったく無反応な子も…苦笑。

 そんな中で、小6のS君。

「お、花桃先生!」

 近くまで来て まじまじと顔を見て

「なんか変わっちゃったなぁ~」 

???

「久しぶりだね。またよろしくね」と返す。

 しばらくして また近寄って来て

「花桃先生、白髪増えたの?」

 え~~? ちょっと前に染めたばかりだから、そんなに目立って無いはず。

 もっと白髪が見えてた時も 過去にあったのに…。

「増えた? 染めたんだけどなぁ」

 納得いかない顔で その場を離れたS君。

 そして3度目に来た時…

「花桃先生、前みたいに化粧しない方がシンプルでいいと思う」

 !!!

 な・な・なんですとーーーーー?

 そりゃ 時々、ノーメイクで行った事もありますよ。

 でも そんな時はマスクして隠してた。

 教室では老眼鏡もかけるから、ほとんど顔は見えてない…と思ってた。

 とにかく、一応は いつも化粧して行ってました。

 『シンプルでいい』って どういう事~?

 昨日 ケバかったのかな?

 教室へ行く時は、アイメイクはしないで、ファンデーションとまゆ毛と薄い口紅だけよ。

 …謎だ。

 あえて考えると…春からカラーを少し明るくし始めて、近頃は明るい部分が広がってきてるから、全体の印象は以前より茶色い(と美容師さんが言う)。

 それが小学生の男の子にとっては「けばけばしい」と思えるのかな?

 『けばけばしい』の反対が『シンプル』なのかな?

 数年前も ストパーだったのを久しぶりにパーマかけたら

「先生、パーマかけたの? 前の方が良かった…」と言った男の子がおりました。

 共通しているのは『今』の評価が下がったって事ね。

 女の子はおそらくそういう時は口に出さないんでしょうね。

 好みの服を着てると 女子中学生は「花桃先生 それ可愛い~!」と言ってくれる。

 

 それにしても…「パーマかけたの?」から 色が明るくなってる事まで気付く男の子って…きっと ママのお洒落も そうやって見てるんだろうね^^

 ちなみに うちの夫は 一緒に出掛ける時、前髪にカーラーを付けたまま道路を渡っても気付きませんでした。

|

2012年6月18日 (月)

第14節 サンフレッチェ広島 対 セレッソ大阪

6月16日(土)

【広島 対 C大阪】 キンチョウスタジアム(スカパー観戦)

 soccer4-1 広島勝利

 soccerゴール…洋次郎・寿人shine・直樹×2

 航平がスタメンだ! 頑張れ頑張れ☆

 洋次郎のシュートをGKが弾く。

 「もういっちょもういっちょ!」と無責任に叫んだら、洋次郎がほんとに決めちゃった^^

 寿人が駆け寄りジャンピング抱っこ♪ …決めたの洋次郎なんだけど、ちゃんと抱きかかえる洋次郎☆

 下されてから洋次郎の下腹部をげんこつで殴る寿人(笑) 

「よく決めたな! 肝が据わってたな!」って称賛の気持ちが溢れちゃったんだと思うけど、洋次郎 一瞬 腰が引けてたよ。

 そして…アオちゃんからの低く速いパスに寿人がゴール前で反転してシュート!

 この時は またも不思議なスローモーションで見えてた。

 おー入ったーーー!

 …と 思いきやオフサイド。

 線審が無情なフラッグを上げてる。

 んーーーーーーーーーー!

 なんかさ…審判って寿人の事「オフサイドになるんじゃないか?」と思いながら見てるんじゃないの~?

 雨がひどい。画面が白く煙るくらい。

 そして問題のシーン。

 洋次郎がPA内で倒される。 

 審判がイエローカードを出してる横を寿人が ちらっと見てから、すすすーっと通り過ぎた。

 ひぃ~ボール取りに行った…?

 まさかの『ソフト横取り』?

 でもその瞬間「うひひ…これで11ゴール目か」とほくそ笑む気持ちが私の中にあった事は認めます。

 そんな思いと相反するように、寿人がボールを置いた時点で「見とれ~ん」両手で顔を覆う。

夫「真ん中へ蹴れば入る!」

私「余計な事は考えるなー! 無で!」

次の瞬間、隣で夫の叫び「うあ゛ーーーーーっ!」

 ひぃーーーーーっ!!

 ポスト直撃のリプレイ映像。

 ちぃーーーー! うぅーーーーー!!

 ああ、今日は寿人 この後、何が何でもゴールしないと…。

 もうそこからは私の頭の中は この事で埋め尽くされた。

 寿人、頭を切り替えるんだよ。余計な事は考えちゃダメだよ…と、余計な事をずーっと考える私。

 これでまたしばらくは『PK苦手』のレッテル貼られちゃうなぁ…寿人本人も自信失くすなぁ…もう『PKは寿人が蹴る暗黙の了解』は消滅だなぁ…。

 悔やまれる…あぁ、悔やまれる…。

 久々のメモは この辺りはこの文字の羅列。

 雨の中の寿人の後ろ姿の映像…背中がわびしく見えるよぉ…泣。

 そんな中で1失点。 ひぃぃぃぃ!

 隣で「さあ、さっきの寿人君の1点がどういう影響を及ぼしてしまうんでしょうか…あそこで決めていれば…」と夫の解説。

 ひぃ~~~~~~~っ!!

 前半終了。

 「無念!」の手を叩く所作をしながら引き揚げる寿人。

 きっとハーフタイムには チームメイトに「ごめん!」って言うんだろうなぁ…。

 前半のハイライトシーンで PK失敗シーンが流れる。

 リアルタイムでは目をつぶってて見られなかったから見たいけど…そんなに何度も流さないでーーーー!

 

 後半開始。

「後半で得点すれば許してもらえる」と夫。

 確かに…。

 でも私だったら そういうプレッシャーは 余計な力が入ってしまってゴールは遠のくんだよねぇ(…私に置き換えるところが大笑い)

 ピッチ解説が「ソッコが準備」を告げる。航平と交代らしい。

 ソッコ投入は嬉しいけど、今日の航平も良かったじゃん。なんで替えちゃうの?

 引き挙げて来る航平は悔しさをむき出しにしてる。

 

 そして…寿人のゴール!

 体が先にゴールに向かってて、足を後ろにのばして当てた。

 あぅっ! はっ! はぁっ! よかったーーーーーっ!

 とりあえずこれでさっきのは帳消しね。

 ミキッチ・直樹 ありがとう~~~!!

 そして3点目…寿人のシュートをGKが弾き、直樹が決めた!…と思ったらオフサイド。

 んんんんんーーー。

 直樹はドリブルもいいなぁ!

 寿人、直樹にドリブルを指導してもらやぁ。

 寿人は浩司に交代。

 洋次郎がゴール左でボールを受け打つかと思ったら斜め後ろへパス。それを直樹が決めた!

 洋次郎もすごいぞ。

 すると! ベンチで裸の寿人の姿が!!

 パンツが白なので、まさに「白いパンツ一丁」 きゃぁ~ん♪ 右太ももにテーピング。

 あのゴールの時、右足を無理やり伸ばしたからかな。

 

 

 ゴール前でC大阪の猛攻。 やめてやめてやめてーーーー!ひぃーーーー!

 直樹はずっと走り続けてても衰える気配無し。すごいスタミナ。周作の神がかったセーブ。

 雨で煙るピッチの上ですごい闘いが続いてる。

 ミキッチが頑張って頑張ってゴール前へ、直樹が押し込む! 直樹2ゴール目!

 ベンチの寿人が「むふっ♪」って 河童みたいな面白可愛い顔で笑った。

 

 試合終了。

 全員が手を繋いでウィニングダッシュからの全員スライディング!

 寿人は真っ先に立ちあがって ご機嫌ジャンプまでした♪

 寿人のインタビュー。

「ハーフタイムに皆がポジティブな言葉をかけてくれた」って。

 やっぱりね!

 寿人が「決められなくてごめん」と言って「もう寿人にはPK蹴らさん!」と言う人は居ないだろうけど。

「広島から息子と嫁さんが来てる」って^^

 あのまま終わってたら「パパ~PK外した~」って責められたよねぇ。よかったよかった^^

 それにしても…実況解説の人達に「佐藤がPK外した」って まだ言われてるよ~。

 その後のスポーツニュースで、どこかのチャンネルは 寿人のPK失敗を流して直樹の2ゴールはスルーだった…唖然。

 昨日の日経の朝刊は「佐藤がPKを失敗」って…。地元紙は触れてなくて良かった。

|

2012年6月16日 (土)

そういう関係の仕事…

 またまたセールス電話のお話。

「リサイクルショップの○○の△△と申します」

 ほいほい。何を買い取りたいと言うのかな? 

 着物・貴金属は「持っていません」で済むのよ…と セリフの準備をしながら聞いていると

「ご自宅でお使いにならないお着物」 来た来た来た~♪ でも息継ぎが無いので「持ってません」が言えず、聞き続ける。

「家電製品・食器など、何でも出張買いとりいたします」

 えぇ~何でもぉ~?

 はい! ここで次のセリフは決まった。

 相手の息継ぎを待って

「夫がそういう関係の仕事してるんです~」

「あ、同業者さんでしたか…」

「はい~」

「それはどうも すみませんでした」

「いいえ、御苦労さまです」

 で すんなり切ってくれた。

『そういう関係の仕事』使えるなぁ☆

 それにしても…「何でも出張買いとり」の本当の目的は何なんだろう?

 どうやって罠を仕掛けてくるんだろう?

 …と、頭から疑ってる私って(汗)

 でも リサイクルショップに そこそこの品物を持ちこんでも 二束三文でしか買ってくれないのに、わざわざ出張買いとりしてくれるなんて、絶対に怪しいでしょ?

 本当に『真面目な買いとり』してくれるんだったら、売りたい品物はいっぱいあるし、私だけじゃなく 他にもそういう人いると思うんだけどなぁ。

|

2012年6月14日 (木)

気がつけば…

 うっかりしてた。

 左人工関節置換手術をしてから もう二ヶ月が過ぎてたわ。

 こうしてみると早いなぁ。

 手術前よりも 左を庇わなければいけなくなって、負担は増してる。

 でも近い将来「手術して良かった~」って日が来るはずと信じてる。

 その為に 自分で決めた手術なんだから☆

 で、ふと考えたら、一週間前と比べると ちゃんと回復してるのよね。

 室内でステッキ無しで移動する瞬間(まだ『瞬間』)が増えて来てる。

 まだ左足に体重をかけると多少痛いので、庇って上体を揺らしてしまうけど、数歩の移動ならステッキ無しになってる。

 寝る時は、台に手をついて布団の上に膝を付き、クッションを股に挟んでから 右を下にしてころんと横になる。(表現が難しい…実際の動作も難しい)

 ところが ゆうべ、膝をついてから無意識に普通に横になってしまった。

 その瞬間「痛い!」そして「怖い!!(脱臼しないか?)」

 しばらく布団の中で左股関節をさすっておりました(汗)

 でも無意識に動かしたって事は、それだけ体が普通に戻って来てるって事ね。

 ただ律儀な私は、クッションを挟む事だけは 眠っていても忘れない。

 これは過去の術後もそうだった。

 骨切り回転術を初めてした後は 4年間、右を下にして寝なかったし、もちろんクッションは7年くらい挟み続けてた。

 今も、夜中に右に寝がえり(今は左がダメだから)する時も ちゃんと覚醒してクッションを挟み直すし、目覚めた時は、左足が硬直してる。きっと眠ってても動かさないようにしてるんだろうね。

 右を大事にした数年間を経て「そこそこ乱暴にしても大丈夫」だと学習したので、左への寝がえりは早期にするようになると思う。

 ステッキで歩くのも、入院中は 足元にも股関節にも意識を巡らせてたけど、近頃は 手術前くらいの集中度になってきてる。(転倒は予防したいから)

 そして手術前は、ちょっとした姿勢の変化の度に、左股関節が痛かったのよね。

 それを忘れてるわ。ここがすでに手術の効果。

 クラス会(という名の『不良中年の集い』)も 店の最寄りの地下鉄駅から以前は歩けたのが、この1年は歩けなかった。それが今なら歩けそう(まだ『歩けそう』ね…『歩ける!』まではいかない)と思えるし。

 これから雨の季節、転ばないように、でもステッキですたすたと歩けるようになるといいな♪

|

2012年6月12日 (火)

久々の◎

 最近 スイカをよく買う。

 糖度が表示されてて、最初の頃は10度だったのが 12度になった時に初買い。

 でも食べてみたら真ん中の辺りが甘いだけで、後は食感を楽しむ程度。

 先日はオレンジを食べたくて見たら、なんと糖度11度。

 オレンジの11度なんて絶対に酸っぱい。

 で、あきらめてスイカを見たら これも11度。

 12度であれだったから、11度は問題外。

 その横に「ひとりじめ」とシールのある小玉スイカがあった。

 叩くとポンポンと すっごくいい音がする。

 オレンジがダメだったから半ばヤケクソで購入。

 今日のお昼に切ってみた。

 「ひとりじめ」と書いてなくても 我が家では基本 果物は私の一人占め。

 名誉の為に書きますが、夫は私が【お子様向け】に食べやすくすれば食べる。

 グレープフルーツも房ごとに薄皮をむいてフォークを刺しておけば 数切れは食べる。

 輪切りにしただけでは おそらく『自分の分』とは思わない。

 巨峰も一粒ずつむいておけば食べる。

 すいかも 一口用に切って小皿に入れておけば食べるので、そうしなければ実質一人占め♪

 だからと言って、この小玉スイカを半分に切って抱えて食べる程 私も厚かましくありません。

 今日はまず半分に切って、その3分の1をお皿に載せた。(はい、この時点で全体の6分の1ね)

 美味しい!!甘い!!!

 メロンでも瓜でも、皮を厚く残す私(果物は美味しくいただきたいの)なのに、白い所が見えてもまだ甘いから、スプーンですくってすくって食べた。

 うあぁ~~久しぶりにこんなに甘いスイカ♪

 で、冷蔵庫に入れた残りを取り出して、また一切れ。

 美味しい~~~~~~♪

 何しろ小さいからね^^

 で、もう一切れ。

 はい…皆さん 想像通りでございます。

 結局、6分の3…半分 食べてしまいました。

Image492
 見よ! この『カブトムシが食べる所が無くて泣く』皮の薄さ。
 元々の皮も薄いのよ。

 きっと今夜 まだ食べてしまうだろうな。

 はぁ…一日で一人占め完食か。


 スイカは、数年前…いや数十年前かもしれない、夫が千円で買って来てくれた小玉スイカがすっごく美味しくて、私の記憶の中でどんどん美化されて

「あれ以上のスイカに巡り会った事がない」と スイカを食べる度に言ってた。

 今回はやっと同等のスイカを堪能できた!!

 ちなみに…夫が自力で食べる果物は バナナとみかん。

 みかんは、皮をむいたら、中の白い筋はとらず、そのまま一口で食べます。

「え~~筋 ちょっとはとればいいのに~」と思うんだけど、夫にとって果物は栄養素の一つで、美味しく味わう気は おそらく無いんでしょうね。

 だから高価な果物は 私が食べた方が価値が生きる!(断言)

 まあ、今夜のスイカは、また一口大に切って分けてあげますけど^^

Image493_2


 うおぉ~写真に撮っても甘そう~♪

 

|

2012年6月11日 (月)

復帰後 初の「ねじ伏せ~♪」

 今日は市役所の音訳ボランティア「声の広報」の録音日。

 退院後初のお役目のせいか、送られてきた原稿は「図書館だより」でリライト要らず。

 でも3人で20分間という 図書館たよりにしては長い。

 
 

 リライトが不要でも、自分が読みやすいように改行したり仮名に直したりして原稿は作った。

 順番も後半なので余裕。皆でランチの後は、読みの練習をしてる人達の声を聞きながら…椅子に座って寝た。

 で、いざ本気で練習を始めたら…あぁ~~やっぱりアクセントがおかしい~!

 基本的に自分のアクセントが「名古屋弁である」というコンプレックスを持ってるので、いちいち不安になって、お姉さまに聞く。

 そうするとね、最初に自分が読んだ方が正しかったりするのよ(苦笑)

「ねじれた(平板で)祈り…ですか?」

「ううん、ねれた祈り…よ」 うへぇ~~~最初はそう読んだんだけど、自分で「なんか変」と思っちゃうのよ。

 さて本番。

 私の前の前の人はホームページアドレスの所で沈没してしまった。

 同じ個所を何度も何度も言い間違え、どんどん焦り、また間違う悪循環。

 ブースの外で原稿チェックをしてる私達も 固唾をのんで見守る。

 何とか読み切った時は、外のみんなで安堵のため息。

 ところが…彼女はそのあと『叙勲、春の褒章を受章された皆さん』で、普段 口にしない褒章名と名前の羅列を読まなくちゃいけない。

「さっきの続きでこれは、きつすぎるよねぇ…」とこちらで皆が心配して囁く。

 案の定、何度も引っかかる。

 もう見てる皆もドキドキし始めちゃう。

 かなり時間超過してブースから出て来た時は、皆で拍手!

「皆さん、迷惑掛けてすみませんでした~。もう辞めたい~」とOさん。

 わかるわかる・・・その気持ち。

 で、ドキドキが伝播したまま、私達の「図書館たより」の番が回って来た。

 最初のUさんは、1回のミスで無事終了。

 次は私。

 ブースに入ってヘッドフォンを着けると落ち着く。でも顔と頭が熱いのは、やっぱりアドレナリンが出てるんだろうな。

 まあまあの調子で読み進むうち「愛と業」を『ご』と読んでしまった。

 ちらっとブースの外を見たけど、お姉さま達はこっちを見て無い…って事は いいんだ!

 えーい、時間も押してるし、このまま行っちゃえーーーー!

 何とかノーミス(ミキサーのおじ様の手を煩わせない)で終えてドアを開けて

「『ご』って読んだけどねじ伏せましたー!他に二か所くらい、怪しいとこも強引に突破しましたー」と自己申告すると お姉さまが

「はい、ちゃぁんと聞かせていただきました。おほほ」と笑う。

「『業』の他に、もう一つ。花桃さん、自分でちゃんと印つけてあったのに~って こっちで言ってたのよ~(笑)」

 え!? 『う』じゃ無い所!?

「『いなん(災難)』って読んだでしょう。『サイナん』よ。花桃さんの原稿には ちゃんと印つけてあったわよ」

 げ~~~! そうよ。練習の時にちゃんとアクセント辞典で調べて 自分が間違ってる事を認識して、原稿には太いサインペンで印つけておいたのよ。

 本番では「おし!うまく読めたぞ」って思って通り過ぎたのよ。

 なんと!最初に間違えた通りに読んで 自分では「いい気持ち」だったのだわ。

 『業』も『災難』も 時間が押してるのと、復帰初って事でお姉さま方がスルーしてくださったようです。

 ブースの中の私と目が合うと 私が止めるから、あえて顔を上げずに「あら、印と違ったわね…くすくす」ってしてくれてたのね。

|

2012年6月 9日 (土)

ナビスコ杯 対 サガン鳥栖

ナビスコ杯

【広島 対 鳥栖】 ビッグアーチ(ネット情報のみ)

 soccer5-1 広島勝利shine

 soccerゴール…浩司×2・寿人(PK)shine・直樹×2

 我が家のスカパーでは見られない(と思ってたけど、無料放送があったらしい)のと、キックオフの時刻を間違えてて、携帯速報を見たのは 後半開始後。

 それも一番上に1-2なんて出てて。(本当は2-1だった)

 慌ててだだだ~っと遡って、寿人がPKを決めたのを確認。

 でも…洋次郎がとったPKだったのね。

 洋次郎、譲ってくれたのかしらん?

 代表の本田選手が『譲ってもらった』ように(笑)

 代表の前田選手は「本当は蹴りたかった」と、朝刊には書いてあったけど、洋次郎は 寿人のゴール量産を応援してくれてるはず。

 ん~それはリーグ戦の得点王をとらせる為だよね。

 PKの練習させてくれたのかな。

 とにかく洋次郎 ありがとう!!

 もっと遡って浩司のゴールに涙。

 そして…寿人が交代した直樹のゴール。

 続けて直樹。

 おぉ~~~!! これはもしかして~~~~!!

 この前の試合で献身的に走る直樹に感動し「いつか すごいご褒美がもらえる」と思ったけど、今日 ハットトリック決めちゃうんじゃなぁ~い?

 …ハットトリックと言えば、実は私、今日の試合に寿人のハットトリックを期待してたのよ。

 消化試合ではあるけれど、そんな時に限って余計な力が抜けて、いいプレーができちゃうんじゃないか~って。

 まあほんとに サッカー無知のミーハーの勝手な妄想^^

 「流れの中で」とか「寿人の個人技で」とかのゴールじゃなくPKなのが ちょっぴり残念だったりする。

 …いや、これだって ちょっと前までは「寿人はPK苦手」みたいに思われてたんだから、決めてくれて本当に嬉しいんだけどね。

 ほんとに勝手にどんどん無責任な欲張りになっていくわ。


 最後にとどめの浩司のゴール。

 浩司と直樹が2ゴールずつ☆

 なんかすごいよーーーーーー♪

 

|

2012年6月 8日 (金)

三級☆に進級~!

 「花桃 何を頑張って3級とったんだろう?」

 「何か勉強してたのかな?」

 てへっ。

 身障者手帳でございます。

 骨頭壊死になって4級の認定がおりた時、市から『○市障がい福祉サービスガイド』なる冊子を貰った。(うちの市では『障害』『障碍』でなく『障がい』と表記します)

 4級の助成制度は、ありがたかったけれど 冊子を読んだ時の正直な感想は

「え~4級と3級って こんなに違うんだ~。3級いいなぁ~!」でした。

 夫も「頑張って3級をとれ~笑」と。

 右を人工関節にした時「もしかして~憧れの~3級に~なれるかも~♪」と思ったけど甘かった。何の変更も無し。

 それが今回、左右とも人工股関節にした事で 晴れて3級の対象に~☆

 私と夫の悲願だった3級(笑)

 で、先月、申請手続きをして「わぁ~い もうすぐ3級だ~♪ たしか4級よりも すっごくいい事があったんだよね~♪」…で、具体的には何だったっけ?

 以前もらった冊子を見ると 現在より増えるのは『タクシー券かガソリン券』くらい。

 ん~~こんな事で「4級じゃあねぇ…3級が欲しいよ~」って思うかなぁ。何か見落としてるかも。


 今日は市役所へ新しい手帳を頂きに行って来た。

 そこで受けた説明「3級になった事で増える助成」は…なんとガソリン券は廃止だそうな!

 タクシー券は毎月6枚。でも1回に1枚(630円)しか使用できない。

 んんんん~~現実的に考える。

 例えば、近場のスーパーへの買い物に利用したとして、普通に乗ったら片道千円くらい。そこで630円の券を出したら運転手さんが可哀想過ぎないだろうか?

 そして追い金の370円がなんだかもったいない。

 ぴっちー号を運転して行けば済む事だからねぇ。

 うぅ~~ガソリン券の方が使えたなぁ…。

 なんだか ちっとも「やったーーー!3級だーーーっ♪感」が無い。

 ただ一つ、医療費を全額 市が負担してくれるんだって。

 今は特定疾患の受給者票を使ってるので、人工骨頭置換の手術代(300万近かったはず)も払わなくていい。

 でも入院費は、食費やその他(何だったんだろう?)を負担。4月の手術の時は、4月に3万弱、5月にも同額くらい払った。

 2010年の外転神経麻痺での3ヶ月の入院も、各月にそれくらいずつ払った記憶がある。

 もっと以前は、SLEでの入院は、食費のみで、月に数千円だったんだけどなぁ。

 で、3級になった事で『心身障がい者医療』の助成が受けられ、点数のつく医療費は全額、市に負担してもらえるらしい。(私の理解が違ってるかも)

 内科の定期的な血液検査代、整形外科のレントゲン代も該当する(らしい)

 だとしたら かなりありがたい! けっこうこれが大きいのよ。

 でも『特定疾患医療給付事業』をはずしてしまうデメリットは無いのかしら?これは病院の窓口で相談ね。

 4級の時、一番ありがたかった(利用頻度が高かった)のは、JRの乗車料金割引。

 

「駐車禁止除外票」も使える!! と思ったのは最初だけで、実際には、私、そんなトンデモナイ場所に停めないし…行かないし。

 公共施設やスーパーなどの身障者用駐車スペースに停める時「私 いんちきじゃありませんよ~」ってアピールに使うくらいだったなぁ。

 私が一番欲しいのは、高速料金の割引。

 「本人が運転」なら4級でも割引があるの。

 でも、私 高速道路なんて運転できなーい!

 だから 今まで正規料金を払って夫が運転してましたの。

 3級になったら もしかしたら「同乗してれば割引」になるかも…と期待してたけど無かった。

 うぅ~ん。

 でも贅沢言っちゃあいけませんね!

 いろんな形でサポートしてもらえる今の制度に 心から感謝です。

 3級の新しい手帳は、前のよりかっちょいい♪

 開かなくても写真が見える。

 …ちょっとぶりっこした写真だったのが こうなると恥ずかしい。

 

|

2012年6月 6日 (水)

お出掛けが楽しくなる♪

 先日、掲示板で予告した「デコレーションステッキ」でございます~♪

 まずは、最初に自慢したラインストーンデコを もっと豪華にしたもの。

Img_0168 

 こうなると持ち手のところが剥げてるのが気になるわねぇ…。

 でもボディと持ち手をペインティングする道具も技も持ち合わせてませんの。

 で、次に自慢するのは、初代ステッキで すでに色が薄れててお役御免にしてたもの。

 室内専用(上の濃いピンクはお出かけ用…笑)で使用してた。

 これがね、こんな風にしてみたら

Img_0193
 

 おぉ!! まだ十分使えるではありませんか!

 お出掛けにも耐えられるじゃありませんか!

 ただ…無計画に購入したのは、おそらく携帯デコ用のシールなので、幅が足りず。

 そしてこれも相変わらず『試し置き』もせず、行き当たりばったりで貼ったので、ステッキの裏側は ヘンテコリンになってますの。

 誰もじっと見ないわ…いや、見えちゃうだろうなぁ。

 でも! この面だけ見てたら嬉しいの♪

「いいねぇ~~~♪」と 並べて見つめてニヤニヤしています。

 そして…こうなると「こういうデザインをやってみたい」ってのが芽生えてしまって、それには「こういう色のステッキがいい」なんて具体的になってしまいまして…もし理想通りの色のステッキを見かけたら買うでしょうね。

 まあ整形外科のT先生も「でも杖は使ってくださいね」とおっしゃったしね。

 転ばぬ先の杖は何本あってもいいでしょう♪



|

2012年6月 5日 (火)

ドクターにアピール☆

 今日は退院後、初の整形外科受診。

 先月、退院早々に内科を受診した時は、車椅子で行った。

 その時、内科のW先生に「来月は整形外科もあるので、杖で来ます…って言うか、来る予定です」と宣言した。

 今日は雨も降らず、ステッキ通院にはもってこい。

 レントゲンや採血の受け付け窓口の 何となく顔見知りになってる女性が私を見るなり

「まあ! お元気になられたんですね!」「歩けるようになったんですね!」と驚きと満面の笑み。

 ちょっと申し訳ないような気持ちで

「ええ、まだよちよち歩きなんですけど…」と言葉を濁す。

 以前から、車椅子で診察を終えた帰りにスーパーマーケットでは杖で買い物してたから…。

 勤め始めて3年以内の病院関係者は、車椅子の私しか見たことないから、杖で歩く私を見ると「歩けるようになって良かった!」って思ってくれるのよね。

 今日の内科の血液・尿検査は『花桃的合格点』

「腎臓がそれほど悪くならないからいいなぁ」とW先生。

 尿蛋白は +1や 時々+2になる事もあるけれど、他の数値がそれほど悪くないんです。

「外転神経麻痺も こうやって見ると もう全然わからないし」

 そうよねぇ…一昨年の今頃は「一生 眼帯する」って変な覚悟してたんだもんね。

 ここまで回復できた事に感謝しなくちゃ。

 さて、整形外科の診察室。

 看護師さんがドアを開けて待っててくれるところへステッキで。

「お、今日は車椅子じゃないかね」

「はい!T先生に歩けるとこ見せないとと思って頑張って来ました」

 …って事は、車椅子でも「お仕置きだべぇ~」は 無かったのか。

 ずっと気になってた事をやっと聞いた。

「先生が『まだもったいない』とおっしゃるのを 私が強引に『手術する!』と決めましたが、開けてみたら どうでしたか? やっぱり まだもったいなかったですか?」

「いや、開けてみたらよかったよ。外国なら躊躇なく手術のレベル。ただ日本人は我慢強いから、痛みを我慢して手術しないでもたせる人もいる。でも それだと歩き方も変になるから。そうなってからするよりは今した方がいい」

「じゃあ、私はいい時にしたんですね」

「そうだね」 …半ば強制したかしら?

 まあここで「うん、やっぱり早すぎたよ。もう2年くらい我慢できたはず」と言われても困るけど(苦笑)

 写真を見て「うん、きれいきれい」 と、これは先生、手術を自画自賛? いやプロの目には「きれい」に見える何かがあるんでしょう。

 緩みや異常が出てないって事で 私も喜ぶべきよね。

 ただ…右は少し緩みが出て来てるって。

 カップの中心にあるべき人工骨頭が 私の目にも多少 上部にずれてるのがわかる。

 やっぱり体重がかかってるんだよね…。

 左が違和感無くなった頃に右の置換だったら嫌だなぁ。

「今回の人工関節は プラスチックとチタンで摩耗しないから」と嬉しいお話。

(これ逆だったかもしれない。古い右側はプラスチックとチタンで摩耗するけど、今回はチタン同士なので一生もつ…だったかも)

「でも、金属アレルギーが出るかもしれない。半年から一年後」

 えええええええええ~~~!! 危険はそんなに先まで続くの~~~~~~!

 脱臼・骨折・感染と金属アレルギーか…。

「左の痛みが消えて歩けるようになっても杖は使ってくださいね」

「はい!そこはもう慎重なので。『もう杖は使わなくていい』と言われても しばらくは使う人ですから」

 T嬢も リハビリのK先生も「もう普通に歩けてるじゃん」と。

 …まだ右によりかかっては居るんだけどね。

|

2012年6月 3日 (日)

無駄な抵抗

 私は白髪染めを月に一度しないと 根元がかなり白くなって見苦しい。

 でも美容院代を節約する為に、数回は市販のヘアカラーを使って自分で染めていた。

 今年は、いつも行く美容院が「カラー会員」を募った。

 これは一定額(年に6回行けば元はとれる)を最初に支払ったら 何度でもカラーしてもらえるってシステム。

「シャンプーがてら、毎週 来てくださってもいいんですよ♪」

 それで入院前に会員になった^^

 

 先週、清○屋へノーメイクで食料品を買いに出かけた。

 ついでに2階へ上がって、ちらっとウインドショッピングをする気になった。

 地元の(田舎の)中型スーパーマーケットとは言え、服飾の専門店へノーメイクで行くのは ちょっと気が引ける。

 だからあくまでも「ちらっと…」のつもりで。

 なのにね、そんな時に限って知り合いに会ってしまうのよ。

 トイレに来た美容師さん!(私の行く美容院は、清○屋の中にある)

「あ、花桃さん~!」

「きゃぁ! 私 今日 ノーメイクなの~~~」

「大丈夫ですよ~」

「また近いうちに染めに行くね」と その場を何とかやり過ごす。

 ところが…その数分後、今度はオーナーに会ってしまった!

「あら、そろそろ染め時ね」(私より少し年上だと思う)

「やっぱりそうですか…。そろそろかなとは思ってたんだけど」 まだ そんなに目立たないつもりだったけど、プロの目は厳しいわ。

「今からどう?」

 あーーー! 時間的には ゆとりのある日だった。会員だからお金も要らないし。

 でも…でもね、ノーメイクで大きな鏡に美容師さんと一緒に映るのは避けたいのよ~!

 いつも行った時、明るい照明の当たる鏡の中に、美容師さんと私が至近距離で映るのを見るのが けっこう辛いのよ。

 美容師さんは、みんな若くて綺麗なお肌、ちっちゃい顔。

 一緒に映ると 自分の歳をひしひしと感じる。

「今日はやめときます~」


 そして昨日、念入りにメイクして行きました~!

「今日は化粧のノリがいいじゃん♪ でも、ちょっと濃すぎるかな?」

 ところがね…いざ施術が始まって 鏡の中の美容師さんと私を見たら…私 薄い!

『本当にお化粧してるの?』ってくらいに薄い。

 別に比べて見てるわけじゃないのよ。

 鏡越しに美容師さんの顔を見ながらお話して、パッと視線を自分に移すと…薄いの!

 若い頃は自慢だったぱっちりお目目も なんか薄いの!

 ふぅ~。

 なぁんだ。

 お化粧してても 結局こんなもんなんだ…。

 だったら先週「今日は買い物ついでのノーメイク!」って開き直って行けば良かった。

|

2012年6月 1日 (金)

長生きします

 昨日は、実家へ行った帰りに 借りた本を返そうとNちゃんとお茶した。

 待ち合わせの店の候補を2件 Nちゃんがあげて、私はケーキが食べられる方を選んだ。

 少し早目について ショーケースからケーキを選んでおいた。

 到着したNちゃんは、その夜 ケーキを食べる予定があるので

「私は食べるけど、Nちゃんは食べない方が良くない?」

「でも どんなケーキがあるかだけ見てくるわ」と 戻って来て

「今 フルーツが食べたい気分だから、フルーツタルト食べるわ!」と、付き合いのいいNちゃん。

Image496


 お皿を寄せて「はい、こうして撮って」と、写真撮影の間 お預け状態で待っててくれて

「こっちの方が 写真としては綺麗じゃない?」と 自分のケーキを差し出す。

Image497  

 確かに、私のケーキはビジュアル的には、パッとしなかったわ。

 さて、日頃の色んな話になって

N「でもさ、私達の中では、花桃が一番 長生きすると思うよ」(注:Nちゃんは健康です)

私「やっぱりぃ~」

N「うん、申し訳ないけど」

 ここで『やっぱり』で『申し訳ない』のが妙に可笑しかった^^

 それにしても…この場合の「私達」って Yちゃんを入れた3人なのか、もう少し広くそれぞれの配偶者(も同級生)までなのか、もっと広げて、頻繁に会う同級生までなのか…。

 どれにしても 最後まで残るのはやだよーーー。

 でも残りそうな気がするのよーーー。

 世に憚るのは・・・・・・・・・・・・・っ子か。

 
 『はなちゃんのみそ汁』を Nちゃんも新聞で見て買ってたんだって!

 で、私が好きそうだから入院中に持って行こうかなと思ったけど、なんとなく入院中に読む本じゃないな…と思ってやめたそうな。

 私も、昨日はNちゃんに貸そうと思って持って行ったし、先日 ブログに載せた写真はすでに撮ってPCに入れてあったけど、入院中に あれを記事にするのは、なんとなく…と思って退院するまで待ってたんだ。

 どこまでも似たような感覚だわ。

 ただ決定的に違ったのは あの本を読んで大きく感じた事。

「私はさ、はなちゃんを遺して逝かなければいけなかったお母さんの気持ちを思うとね…」と言うだけで、鼻の頭を赤くして涙ぐんでしまうNちゃん。

 私は、遺されたはなちゃんと夫君の寂しさや健気さを思ったの。

「やっぱり子どもが居るのと居ないのの違いだね~」


 
 色んな話に発展し、帰る予定の時刻を20分過ぎて解散。

 帰宅して、夕飯の支度をして、この頃はいつも その時点で「足がだるい~~~」となり、夫が帰って来た時は

「おかえり~」と言う声が低いんだけど、昨日は久しぶりに「おかえり~♪」と 声が高かった。

 

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »