« 久々の◎ | トップページ | そういう関係の仕事… »

2012年6月14日 (木)

気がつけば…

 うっかりしてた。

 左人工関節置換手術をしてから もう二ヶ月が過ぎてたわ。

 こうしてみると早いなぁ。

 手術前よりも 左を庇わなければいけなくなって、負担は増してる。

 でも近い将来「手術して良かった~」って日が来るはずと信じてる。

 その為に 自分で決めた手術なんだから☆

 で、ふと考えたら、一週間前と比べると ちゃんと回復してるのよね。

 室内でステッキ無しで移動する瞬間(まだ『瞬間』)が増えて来てる。

 まだ左足に体重をかけると多少痛いので、庇って上体を揺らしてしまうけど、数歩の移動ならステッキ無しになってる。

 寝る時は、台に手をついて布団の上に膝を付き、クッションを股に挟んでから 右を下にしてころんと横になる。(表現が難しい…実際の動作も難しい)

 ところが ゆうべ、膝をついてから無意識に普通に横になってしまった。

 その瞬間「痛い!」そして「怖い!!(脱臼しないか?)」

 しばらく布団の中で左股関節をさすっておりました(汗)

 でも無意識に動かしたって事は、それだけ体が普通に戻って来てるって事ね。

 ただ律儀な私は、クッションを挟む事だけは 眠っていても忘れない。

 これは過去の術後もそうだった。

 骨切り回転術を初めてした後は 4年間、右を下にして寝なかったし、もちろんクッションは7年くらい挟み続けてた。

 今も、夜中に右に寝がえり(今は左がダメだから)する時も ちゃんと覚醒してクッションを挟み直すし、目覚めた時は、左足が硬直してる。きっと眠ってても動かさないようにしてるんだろうね。

 右を大事にした数年間を経て「そこそこ乱暴にしても大丈夫」だと学習したので、左への寝がえりは早期にするようになると思う。

 ステッキで歩くのも、入院中は 足元にも股関節にも意識を巡らせてたけど、近頃は 手術前くらいの集中度になってきてる。(転倒は予防したいから)

 そして手術前は、ちょっとした姿勢の変化の度に、左股関節が痛かったのよね。

 それを忘れてるわ。ここがすでに手術の効果。

 クラス会(という名の『不良中年の集い』)も 店の最寄りの地下鉄駅から以前は歩けたのが、この1年は歩けなかった。それが今なら歩けそう(まだ『歩けそう』ね…『歩ける!』まではいかない)と思えるし。

 これから雨の季節、転ばないように、でもステッキですたすたと歩けるようになるといいな♪

|

« 久々の◎ | トップページ | そういう関係の仕事… »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事