« 長生きします | トップページ | ドクターにアピール☆ »

2012年6月 3日 (日)

無駄な抵抗

 私は白髪染めを月に一度しないと 根元がかなり白くなって見苦しい。

 でも美容院代を節約する為に、数回は市販のヘアカラーを使って自分で染めていた。

 今年は、いつも行く美容院が「カラー会員」を募った。

 これは一定額(年に6回行けば元はとれる)を最初に支払ったら 何度でもカラーしてもらえるってシステム。

「シャンプーがてら、毎週 来てくださってもいいんですよ♪」

 それで入院前に会員になった^^

 

 先週、清○屋へノーメイクで食料品を買いに出かけた。

 ついでに2階へ上がって、ちらっとウインドショッピングをする気になった。

 地元の(田舎の)中型スーパーマーケットとは言え、服飾の専門店へノーメイクで行くのは ちょっと気が引ける。

 だからあくまでも「ちらっと…」のつもりで。

 なのにね、そんな時に限って知り合いに会ってしまうのよ。

 トイレに来た美容師さん!(私の行く美容院は、清○屋の中にある)

「あ、花桃さん~!」

「きゃぁ! 私 今日 ノーメイクなの~~~」

「大丈夫ですよ~」

「また近いうちに染めに行くね」と その場を何とかやり過ごす。

 ところが…その数分後、今度はオーナーに会ってしまった!

「あら、そろそろ染め時ね」(私より少し年上だと思う)

「やっぱりそうですか…。そろそろかなとは思ってたんだけど」 まだ そんなに目立たないつもりだったけど、プロの目は厳しいわ。

「今からどう?」

 あーーー! 時間的には ゆとりのある日だった。会員だからお金も要らないし。

 でも…でもね、ノーメイクで大きな鏡に美容師さんと一緒に映るのは避けたいのよ~!

 いつも行った時、明るい照明の当たる鏡の中に、美容師さんと私が至近距離で映るのを見るのが けっこう辛いのよ。

 美容師さんは、みんな若くて綺麗なお肌、ちっちゃい顔。

 一緒に映ると 自分の歳をひしひしと感じる。

「今日はやめときます~」


 そして昨日、念入りにメイクして行きました~!

「今日は化粧のノリがいいじゃん♪ でも、ちょっと濃すぎるかな?」

 ところがね…いざ施術が始まって 鏡の中の美容師さんと私を見たら…私 薄い!

『本当にお化粧してるの?』ってくらいに薄い。

 別に比べて見てるわけじゃないのよ。

 鏡越しに美容師さんの顔を見ながらお話して、パッと視線を自分に移すと…薄いの!

 若い頃は自慢だったぱっちりお目目も なんか薄いの!

 ふぅ~。

 なぁんだ。

 お化粧してても 結局こんなもんなんだ…。

 だったら先週「今日は買い物ついでのノーメイク!」って開き直って行けば良かった。

|

« 長生きします | トップページ | ドクターにアピール☆ »

おばさんの独り言」カテゴリの記事