« そんなに怒らないでも… | トップページ | 第23節 サンフレッチェ広島 対 FC東京 »

2012年8月24日 (金)

花桃 伝説になる!

 今日は、要約筆記時代のサークル仲間Hさんとお茶した。

 少し年上のHさんとは、似たような信仰をしてるので、時々 そういう話をする為に会う。

 今日も その話もし…ついで いつものように要約筆記やサークル運営の話になった。

 Hさんは 今もサークルに所属し 中心になって活動されてる。

 要約筆記も時代と共に変化しているのは、Jちゃんから 時々 聞く。

「難聴の人と手を取り合って、心を通わせ合って、要約筆記する事で手助けしたい」というJちゃんやHさんの意向とは、ちょっと違う方向に向かってるらしいのも ちらっと聞いてた。

 今日はかなり詳しく そこを聞けた。

 「要約筆記のプロを養成する」事が中心になっていくらしい。

 確かに利用する人にとっては、大切な事を正確に書いて伝えて貰わなければ困るよね。

 ボランティアの要約筆記者にも上手い下手があって「これを読んで内容を理解するのは大変だろうなぁ…」と思える要約筆記も 私が居た頃にはあった。(私も 講演の内容によっては、そういう要約筆記しかできなかった時もある)

 ボランティアの「要約筆記奉仕員」じゃなく「要約筆記者」を育てていかなければいけないって事は、私の在籍当時から言われてはいた。

 でもね…技術が無くても心がある要約筆記奉仕員も多いのよ。

 そんな事を思い出して、熱く語り合ってしまった。

 私は挫折して逃げだしてしまった身なのにね。

「要約筆記者は 嫌になれば辞めればいいけど、難聴者は、やめる事ができない」と 難聴の指導者から最初に言われたのにね…。

 さて、そんな私だけれど 辞めてからもう6年半もたつのに「K市のサークル名を言うと『花桃さんは どうされてる?』と 未だに聞かれるわよ」とHさん。

 Jちゃん(お互いが『希にみる名コンビを自称』)も 以前「県では、花桃さんは伝説の要約筆記者になってるよ」と教えてくれた。

 その事をHさんに言ったら「そうそう!! 伝説になってる」と。

 花桃伝説は 正直言って、現実からかなり遠くへ一人歩きしてしまってる。

 でももう花桃ゆうの要約筆記の実力をご披露する機会は無いので、ちゃっかり伝説になっておこうと思います。

 おいし過ぎます♪ てへぺろ。

|

« そんなに怒らないでも… | トップページ | 第23節 サンフレッチェ広島 対 FC東京 »

おばさんの独り言」カテゴリの記事