« 第19節 サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ | トップページ | 姉なんて ちょろいもの… »

2012年8月 1日 (水)

意外に単純

 昨日は 内科と整形外科の診察でした。

 血液検査は「花桃的合格ライン」

 W先生が「何十年もSLEやってると、腎臓機能が落ちて来る患者さんが けっこう居るんだわ。透析にするかどうか悩ましいところ。花桃さんの経過はいいなぁ」と。

 もちろん私の腎臓は弱よわ。検査数値も正常値からはずれる項目がある。

「まあ、これくらいならいいか」と受け入れて来たけれど、本当はもっと喜ぶべきなんだと気づいた。

 二十歳で発病した時は「いずれは人工透析になる」と言われたもんね。

 33年、もちました。ありがたい事です。

 真面目に前向きにSLE患者をやってきた自負もあるけれど、良い医師に巡り会えた事が大きいね。

 先生が信頼できるから、二人三脚でここまで来られたんだと思う。

 


 昨日は、二つの科の受診とレントゲン・採血・採尿が、あったので、ベテラン患者は工夫した。

 予約は内科が11時、整形外科が11時半。

 結果が出るまでに一番時間がかかる採血を最初に。次に、同じ場所でできる採尿。

 そのまま下へ下りてレントゲン。

 その階の内科の受け付けを済ませる。

 でも…採血の日は、かなり待つので、整形外科の受け付けへ行って「複科受診である」事を伝え、T先生の診察の進行具合を聞く。

 こっちが先だな…と判断して、整形外科の待合室で待つ。

 診察を終えて内科へ。

 ちょうど呼ばれたような感じ。

「今 私 呼ばれましたか? 先に整形行ってたので」と扉を開ける。

「呼んだよ。花桃さんの方が僕よりもよく解ってるからなぁ。コンシェルジュみたいな人が居てくれると助かるな」

 はい^^ ベテラン患者は K市民病院のコンシェルジュに任命されました。

 整形外科では

「横向く時、クッションを挟んでますが、まだ挟んでた方がいいですか?」

「もうしばらく挟んでください」

「左を下にしていいのは、いつくらいからですか?」

「もういいよ。左を下にした方が脱臼しないから安全」

 え~~~そうなんだ~~~~~! そうだよねぇ。

 私って、右をした時、数年間はクッションを挟み、左向きしかしなかったんだよね。

 まさかドクターも 患者が律儀にそんな事を継続してると思わないから いちいち「右向いていいよ」「クッション挟まなくていいよ」とは言わないよねぇ。

 

 レントゲンでは、正面を3枚も撮り直した。

 おそらく最初に撮ってみたら、右膝の近くまで骨折縫合のプレートが入ってるのに気づいて「全部を入れなくちゃ」って思うんでしょうね。

 3回目を撮る時「膝まで入らなくてもいいはずです…」と言ったけど、自信は無い。

 T先生に確認したら 案の定 不必要って。

 次からは「ドクターが要らないと言ってました!」って言って1回で済まそう。

 T先生から「この後、リハビリ室へ行って、評価うけてください」と言われた。

 評価ってのは、どれくらい動けるかとか、どれくらい開くかとかを計測したり、問診したりして、点数を付けること。

 私 そんな事をすると思って無いからワンピースで来ちゃったわよ。

 ただレントゲンを撮るから、パンツ型のペチコートははいてる。それでやるしかない。

 

 懐かしのリハビリ室に ちょうどK先生もみえた。

「こんな格好で来ちゃった」

「じゃあ、あっち向いてやろうか」 武士の情け。

 どれくらい開くか・曲がるかをやった時

「あらららら!」とK先生。

「?!」

「こんなに曲がるの? え~こんなに開くじゃん!」

 どれくらい力が入るかの測定は、先生が手で押さえるのに反発して曲げる。

「お~こんなに力入るようになってるんだ~! 三ヶ月でここまでなんて すごいなー」

 いやいや^^ K先生 ほんとに褒めるの上手いんだから。

「T先生が 60点くらいは いってるかな?って おっしゃってた」と言ったら

「60点どころか…ナントカントカだけでも 20点プラスだから…」

 正確なところはよく解らないけど、とにかく良いお点だったよう☆

 
 地道な努力が苦手(と言うより…しない)私なので、実は退院後、筋トレもしてない。

 でも日常生活で禁肢位だけはとらないように気をつけながら、けっこう家事などでアクロバティックな事をしてるのが効いてるんだろうな。


 と 言う事で、内科も整形外科も「私って すごいじゃん」と自己満足に浸りました。

 単純だねぇ。

 でもね、T先生が「金属アレルギー」をやけに口にされるので、新しい人工関節で金属アレルギーを起こす患者さんが けっこう居るんでしょうね。

 それと「くれぐれも転ばないように。花桃さんは前科があるから」とも。

 てへっ…前科者ですの、あたくし。

|

« 第19節 サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ | トップページ | 姉なんて ちょろいもの… »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事