« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

これ なぁんだ!?

 早速ですが、これ何だかわかりますか?

Image544_2


 カタログ通販で見つけて、迷わず購入しました。

 ブーツ脱ぎ器です。

Image545
 先の丸いところにブーツをはめ、●印の所に反対側の足を載せて、ブーツの足を引きあげれば…まあ!なんということでしょう! あんなに苦労して脱いでいたブーツが すぽっと簡単に脱げるではありませんか!

 健常だった頃でもロングブーツの着脱は ちょっぴり面倒臭かった。

 でも股関節を悪くしてからは、禁肢位と曲がらない膝と引きつけられない股関節の三重苦で本当に大変。

 夫と出掛ける時も、ブーツの日は着替えをしてる夫より一足先に玄関へ向かう。

 そこで必死に履いて、何とか夫と合流できる。

 帰宅して脱ぐ時は、もう夫は私の事など『知ったこっちゃない』

 夫がソファーで一服し始める頃、ようやく脱ぎ終わって部屋に入る。

 私も 夫に側で待たれたら申し訳なくて困るし。

 それが、これを買ってからは、履く時は相変わらずだけれど、脱ぐ時の楽な事楽な事♪

 ストレスが減るわ~。

 これは股関節を悪くした人だけじゃなく、妊婦さんにもおススメらしい。

 ただね、外出に持って行けないのが残念。

 食事する店が「靴を脱いであがってください」だった時には 「しまった~~~」となる。

 靴脱ぎ用の椅子を置いてくれてる店もあるけど、それでも難しいのよ。

 『誰か引っ張って脱がせてよ~』と心の中で叫ぶ。

 だから脱ぐと解ってる場所へ行く時は、ブーツは履かない。

 それでもこれから寒い時期、ブーツは防寒にもなるし、コーディネイトに必須な時もあるのよね…。

 これを折りたたんで持って行ければいいんだけどねぇ。



|

2012年10月29日 (月)

慣れ…

 夏の間、シャワーのみで済ませていたのを、久しぶりに浴槽にお湯をはった。

 我が家の浴槽には、特殊な蓋がつけてある。人が載る為の蓋。

 蓋には手摺がついていて、洗い場で立って、腰を蓋にのせ、手摺を掴んで体を回転させて、足先を浴槽の中へ。

 そのまま浴槽の中に立てば ハイ! 浴槽に入れました~♪

 健康な人には さっぱりわけが解らないと思いますが…苦笑。

 股関節を患っている者は、浴槽をまたぐ事ができないの。

 半身不随の人も この蓋を利用して入浴されるみたいね。

 で、この便利な蓋ですが、5月に退院した時は、これを使っても浴槽に入るのに苦労した。

 禁肢位に細心の注意をはらうし、可動域も狭いし、怖いし。

 先週、久しぶりに浴槽に入ろうとしたら、おぉ! 手術前に近い状態で入れた。

 ただし、手術前には無かった『左股関節脱臼の用心』が増えたので、多少 面倒は残ってる。

 動かし方も自分で自然に編み出してるし、慣れもでてきてるんだろうね。

 自分の体ながらすごいな~。

 目覚めて布団の中で伸びをした時に一番感じる激痛は相変わらずだけれど、それも慣れて来た感じ。

 「これをやったら痛いぞ」と覚悟しながら、伸びたり、体勢を替えたりと、無意識に痛みを最小限にする工夫をしてるんでしょうね。

 こうやって痛みや不便に 私はどれだけ慣れてきたことか…。

 普通に立ったり座ったりする方法ももう忘れてしまった。

 人様の前で畳にお尻をつくのは無理。すんごい体勢をとらないといけないから。

 もちろん布団に横になる時もアクロバティック。

 どこも痛くなくて、何も庇う必要が無くなったら、どんな感じだろう?

 …それでもね、歩く分には、手術前の痛みは無くなってる。

 左も人工股関節にして良かった。

 ただ、筋力の低下で歩ける距離はわずか。

 これは自主トレで鍛えれば ある程度は回復する…はず。

 …それをしない『地道な努力が苦手(…というより 地道な努力をしない)』な私が悪い!

|

2012年10月27日 (土)

第30節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪

【広島 対 G大阪】万博記念競技場

(スカパー観戦)

 soccer1-1

 soccerゴール…カズ

 今日は、母のショートステイの為の面談で昼前に施設へ。

 終了後、ついでに実家まで足をのばして 母をランチに連れ出した。

 本当は、午後からゆっくり二人でウインドーショッピングでもしたかったんだけど、2時からスカパー観戦したいからさ…さっさと帰って来た私って鬼だね…汗。

 ぎりぎりの時刻に帰宅。

 ところが、すっごく眠い…。帰りの運転中も 目を閉じたいくらい眠かったの。

 よってメモは ほとんどありません。

 今季はコイントスの時、審判の声をテレビが拾う。

 今日の審判は、寿人の着てるアウェイユニは何色と言うのかと聞いてた。

 寿人~ちゃんと「宮島の鳥居の色」って言わんと~。(注:名古屋弁で「言わないと」)

 審判は、さらにG大阪のキャプテン ヤットさんと寿人に

「お互いに握手だけでいいので」と促す。

 握手だけでいいって…他に何をしようと思うのだ?

 さて、私の最初の注目は、キックオフ直前のチームでの円陣ハイタッチの場面。

 寿人のいたずらな左手が 今日も仲間のムスコ達を一通りチェックしていくのかどうか…。

 上半身しか映らないなぁ…あ!下げた左腕の動きが怪しい!

 普通の顔で、右手はメンバーが上げた右手にタッチしてるのに、左の二の腕が別の動きしてる~^^

 洋次郎は間違い無くタッチされたな…。

 皆も普通の顔して、されるがままになってるのね…(笑)

 キャプテンの試合前の暴挙儀式に耐えるメンバー。

 試合開始。

 周作の頭を越えたヤットさんのシュートをミズがヘディングで跳ね返した!

 すごーーーーーーっ!!

 「寿人起きてーーー! ミキッチがドリブルでどんどん上がるけど、誰も居ないじゃーん!」

 良太の髪型は あれでいいのだろうか…?

 白いかっぽう着を着せて、買い物かごを持たせたくなってしまったのは、私だけ?

 1失点。

 広島は先制されると勝てない。

 うぅぅぅ…。

 カズのゴールで同点に。

 勝てるかも!

 広島のCK。

 お、寿人が煽っとる煽っとる^^ 

 ゴール裏のサポーターさん達に「もっと応援してくれ」って両手を上げて煽る。

 それに応えるサポーターさん達☆

 こういう一体感を味わえるのって、スタンドで一生懸命応援してる人達の特権だね。

 ミキッチに代わって後半出たノリにボールが渡り、ドリブルで上がって行く。

「さあ~ノリ! 寿人特訓の成果を見せてよ~! 寿人にどうぞってクロスを上げてよ~!」 願い空しくカットされる。

引き分けで終了。

 仙台も浦和も引き分けたらしい。

 まだ首位キープだ。

 負けなくてよかった…。

 でも寿人ゴールを ずっと見てない気がする。

 今季は3試合以上のノーゴールは無い。

 以前「2試合以上のノーゴールは無い」と言われて 2試合ノーゴールになっちゃった次の試合で2ゴールしたのよね。

 って事は、今度はハットトリック決めてくれるって事かな?

 あ~私が変な期待をしたからダメか…。


 選手達は「意識してない」「まだ何も手にしてない」と平静を保っているみたいだけれど、やっぱり優勝が見えてきて、普通では無いのかなぁ。


 さて…数ヶ月前 寿人が「テレビの収録をした」とブログに書いた。

 いつ放映されるのか、まさかお蔵入り?と心配してたら、今夜でした~!

 (デル・ピエロと一緒だからお蔵入りって事はないよね…)

 ロボキーパーとのシュート対決。

 『日本代表・現在リーグ得点王独走中』ってナレーション。

 うふふ…収録した時は『元日本代表』だったし『得点王も狙えるか…』だったはず。

 こんな事でちょっと嬉しいミーハー♪

 デル・ピエロがしゃべってる背景に、槙野と寿人と陽介が居るんだけど、槙野が乗り出すから、寿人が陰になって映らないじゃ~~ん。

 も~槙野 テレビカメラに映るポジション取り上手すぎ。

 寿人もちょっと乗り出そうとしたけど、すぐに諦めたように見えた。

 全国放送のスポーツバラエティ番組に出演できて良かった~♪

 

 

 

|

2012年10月26日 (金)

よそ様のお子を

 ちょっと前の新聞の投稿欄(悩み相談コーナーみたいな感じの)に

『幼い子どもを連れて外出すると「かわいいね」と声をかけてくれる人が居る。

 それは嬉しいけれど、勝手に子どもを触られるのは困る』って投稿があった。

 ぎゃぁーーー! 私の事だーーー!

 それについて、後日、読者から寄せられた意見が掲載される。

 『私も嫌だけれど、厚意は無下にできないので、その場では笑ってお礼を言うけれど、別れたらすぐに消毒ティシューで拭いてます』

 『この子はアレルギーがあるので、触らないでくださいと言う』

 『ほんのわずかの期間だから、ありがたいと思って我慢しては?』 と 色々 意見があった。

 そうだよねぇ…。

 私は可愛いと思った子どもは 絶対に触りたい。

 ほっぺや髪や指。

 でもそれは、私の「可愛いから触りたい」っていう勝手な欲望。

 もしも私が着てる服を「素敵な服ですねぇ。生地もいいし」って触られたら嫌だもん。

 まして生きてる子どもだもんねぇ。

「なでてもいい?」って聞いてるような気もするんだけど「いつも聞いてから触ります」って断言できない。

 それに「なでてもいい?」って聞かれて「ダメです」とは言いにくいだろうしなぁ。

 昔、友達が赤ちゃんを産んだばかりの頃は「抱っこしてやって」と言ってくれて、私は指輪や腕時計をはずして抱っこしたっけ。

 ここたんの時は、どうだったかなぁ?

「握手してくれる?」とは言った記憶がある。

 でもほっぺは勝手に触っただろうなぁ…汗。

|

2012年10月25日 (木)

現在の青桐

 すっかり秋になりました。

 今朝、玄関ドアを開けたら…来てた~~~♪ 金木犀の香り。

 どこかのお宅の金木犀、まだ切られてなかったようです。

 さてさて、我が家の青桐兄弟は、まだ健在です。

 いつか枯れるだろうと、覚悟はしてるんだけど、予想外に長生きです。

Image542


 Tから「ベランダで咲かせたハイビスカス」の写真が送られてきた。

 夏の花だとばかり思ってたら、11月まで咲くんだって。

 ラナンキュラスもアネモネもポピーもビオラもパンジーも その昔にはコスモスも、花株で買って来ても枯らし、切り花にして楽しんだ事のない私からすれば、Tのハイビスカスはお見事!!

「Tって 花咲か女子(おばさんとは あえて言わず)なんだね!」と返したら

 蕾で買って来て、咲く直前にポロリと落とした事もあったって。

「越年できる花なので、来年も咲かせられたら『花咲かおばさん(…って自分で言っちゃったよ)』の称号をありがたくいただきます」と。

 そんなねぇ、越年なんてできたら、私は『師匠』と呼ばせてもらうわ。


 

 我が家の青桐兄弟は、いつまで元気なんだろうか?

 そろそろロザリオの種を埋めたいのよ。

 ついでに柿の種も埋めちゃおうかと思っています。

 来年の春、いろいろ出て来るぞ~~~♪

 でもあの小さなプランターに、青桐兄弟が君臨している限りは、何も埋められないよ。

 あぁ…私のこの浮気心が、植物を枯らしてしまうんだろうか。

|

2012年10月24日 (水)

甘い香り

 10月のある朝、新聞をとりに玄関ドアを開けると、甘い香りがする。

「あぁ、今年も金木犀の季節だ」と 毎年思う。

 でも今年はまだそれが無い。

 毎朝、ドアを開ける前に『今日は香るかな』と期待するのに。

 出掛けた先で咲いてるのを見ることはあるので、全般的に開花が遅れてるわけでもなさそう。

 マンション3階まで香を届けてくれる どこかご近所の金木犀が切られてしまったのかもしれない。

 昨日は、内科の定期診察。

 小雨になった頃、診察を終えて正面玄関を出たら…あ、甘い香り。

 いつもの事ながら「イヴの香だ」と最初は思う。

 『イブ』ってね、私が中学生の頃、発売されたいい香りのガム。

 パッケージも赤色の模様が大人っぽくて、お洒落なガムだった。

 今 思うと、あのガムは金木犀の香りだったのねぇ。

 …で、病院の正面玄関のイヴの香りが金木犀だと気づいて立ち止まり、周りをぐるっと見まわした。

 あったあった!! こんな所にあった!

 今まで全然 認識してなかった。

 Image541
 携帯で、背伸びして撮ったので、こんなピンボケだけど、撮ってる最中も金木犀の香りのシャワーを浴びてる感じで気持ち良かった♪

 

 

|

2012年10月22日 (月)

どこでも「ここたん♪」

感受性の強いここたんは、短調の曲を聴くと悲しくなって、時には泣いてしまうんだって。

 この前、カラオケに一緒に行った時は、ちょっと前の ここたんビデオを見せて貰ってたら

「これ、ここちゃん ちょっとこわかったの…」と 遊園地の遊具に乗るシーンで説明してくれた。

 続くそのシーンを見て「ここちゃん、これ こわかったの…これ こわかったの」と言ってるうちに、怖かった事が鮮やかに蘇ってしまったらしく うえぇーんと泣き出した。

 あの時を思い出させる「しんかんせん のるぅー うあぁーん」なのです。

 大好きなキャラクターパンを食べさせて忘れさせて お昼寝したそうだけど

 『起きたらまた「けいたい みせてよ~」が始まると思う』との事。

 ここたんは、カッカと私と3人で食事してる最中に アッタンマンの写真を見ると 覗きこんで にこ~~~ってするの。

 今度は、夫と私の写真を覗きこんでくれてるかな…と 思うと にっちゃらにっちゃら♪

 今日も『あれから毎日「だんなさんと ゆうこさん みせて」です』と ココス通信が届きます。

|

2012年10月21日 (日)

第29節 サンフレッチェ広島 対 柏レイソル

10月20日(土)

【広島 対 柏】ビッグアーチ 行って来た!

 soccer1-2 広島勝てず

 soccerゴール…浩司

 スタジアムに到着したのは、選手バスよりも後…。

 でも 広島のお友達(一人関東)が バスのお迎えを終えても そこで待っててくれました。

 皆に会えて握手握手握手。ほとんどは、先月の名古屋戦で会ってるけど、久しぶりのSちゃんも居て嬉しかった~♪

 車椅子席に座ったら、まず皆の横断幕を確認する♪ 友達が作った横断幕は みんな素敵に見えるのよね。

 昨日の前日練習が予想以上に寒かったので、使い捨てカイロを背中と腰に貼っての観戦。

 

 前半、相手ゴール前で ごちゃごちゃごちゃ!っとなった(この貧しい表現…)

 寿人が密集の中からゴールに一番近い位置に出たように見えた…あくまでも 私の願いのこもった視線。

 スタンドも「おおぉおぉぉーーー」とどよめく。

 でもゴールならず。

 帰宅後、録画を早送りして見たら、確かに寿人は狭い隙間を抜け出してた。

 でもボールの上で両足がレレレのレみたいに動いてて、結局 打ててなかった。(…ように私には見えた&表現力不足)

 この試合、スタンドが期待で「うおぉぉぉぉーーー」とどよめいて「あぁぁぁぁ…」で終わった事数回。

 私も手摺を両手で叩いてしまった。

 後半、浩司のゴールには泣いた。

 ミキッチが、航平がボールを持つとスタンドが期待で一気に盛り上がる。

 あと1点! …きっととれると思った。

 メインスタンドも手拍子はやまない。

 広島のチャンスになると、メインスタンドの手拍子が一層強くなる。(ゴール裏の応援はずっと大音響)

 皆が勝利を願って一緒に戦ってる。

 この日、タクシーのお迎え予約をお昼に電話した。

 ところが「申し訳ありません。今日は車の確保ができないので、試合が終わった時点でお電話をいただきたいのですが。いつもご利用いただいているのに、申し訳ありません(私の携帯番号と名前は登録されてる)」と。

 きっとマスコミもいつもよりずっと多いんだろうな。

 終了後に電話しても長時間待たないといけないんだろうな。

 少し早目にスタンドを出ようか…。

 試合前に 夫とそう相談していた。

 

 1対1のまま、アディショナルタイムに突入。

 出るなら今。

 でも…ここで出て、勝ち越しゴールを見逃したら後悔する…と考えてたら、なんと! 柏のゴール!!

 ええええええええ~~~~!?

 その瞬間、メインスタンドは、立ち上がって帰り始める人がいっぱい。

 うぅぅ…ここで一緒に立ったら、選手達や一生懸命応援してるサポーターさん達に申し訳ない! 最後まで観るよ!(泣)

 終了ホイッスル。

 …負けた。

 次の瞬間「タクシー確保しなきゃ!!」

 感傷に浸る間もなく、その場で電話してみたら、なんと手配してくれてた。

 ホッとしてエレベーターに向かったら…そこで車椅子のエレベーター待ち行列。

 ああ、これを忘れてました。

 数十分かけてタクシー乗り場へ。無事乗車。

 そこからタクシーがスタジアムを出るまでに40分…動かない車…上がるメーター…誘導する警備員さんが下手だと怒る運転手さん。

 やっとスムーズに走り始めた時、負けた悔しさがやっと湧いて来た。

 そして寿人ゴールが無かった無念さも。

 寿人ゴール無しで負けるって、私にとっては最悪のパターンだ。

 タクシーを降りてコンビニで夜食を買おうと車椅子を走らせてたら、通りがかりの人から

「今日 勝った?」と聞かれる事 3回。(夫婦共にレプユニ・タオマフだから)

「負けた~」

「負けたかー! 何 対 何?」

「1対2 浩司ゴールよ」

「そっかぁ…負けたかぁ…」

「負けたー? くっそー」

 広島の人達がみんな期待してるんだよね。

 私も 前日練習のファンサービススルーの後「寿人ゴールで勝利してくれればいい」と思ってた。

 決めてくれると簡単に思いこんでた。

 こうなると、全部が残念無念。

 

 仙台が勝ったけど、まだ首位はキープしてる。

 残り試合、どうかどうか勝って。

 そして寿人ゴールも まだまだ増やしていって。



 ちなみに、私が今季観戦したのは5試合。

 そのうち広島勝利は3試合。勝率6割か…。

 ところが、寿人ゴールは1回のみ。

 20ゴールもしてるのに~!?

 私 行かない方がいい?

|

2012年10月19日 (金)

今季最後の前日練習

今朝6時にタクシーに来てもらって 家を出発。
いつもはビッグアーチで行われる前日練習が 隣の補助競技場に変更になった…と 広島の友達からのお知らせ&タクシー降車場所へのお迎えのお陰で、無事に見学できました。
ビッグアーチで見るのと違って 同じ平面で、距離も近い。
なぁんか新鮮で嬉しい♪
皆で、おばさ…いや、乙女トークしながら・それぞれお目当ての選手の動きをチェックしながら・写真も撮る。口も手も頭も忙しい(笑)
私は時々、寿人を見失う。
一時間くらいでビッグアーチに移動。
なぜ補助競技場でやったのかな?
私は毎回やって欲しいくらいだわ。
スタンドは予想以上に寒い。
3月、開幕戦の前日練習に来た時は、ステッキで階段を下りるのを最小限にしてたけど、今日は おっかなびっくりながら、痛みは ほとんど無かった気がする。
ミニゲームでは、皆がお気に入り選手のナイスなプレーに声をあげる。
みんな見てるとこが違うのよね。
私は小春ちゃんと並んでるので 同じタイミングで「きゃ!」「うわっ」と。
カメラのシャッターを押すのも同時。

居残りシュート練習を終えて 寿人達も引き上げ、私達も外へ。
寿人の車を確認して「こっちから出ちゃうとしても、ここに居れば会う事はできるね」とポジションどり。
他の選手が出て来て、サインや写真撮影してる。
「良太、いい顔してるよね〜」「シモさん素敵〜(もう選手じゃなくコーチだけど)」などと 囀りながらも、私は写真も撮らない。
おばさんは寿人オンリーなの。
で…「ゆうさん!寿人、来たよ!」と 聞こえた瞬間、ドキン!
やっぱり特別なのよね。
他の選手を見ても「かっちょいい〜!」と思うけどドキドキしないもん。

寿人が目の前の車のドアを開ける。
黒地のシャツ、白いショートブーツみたいな靴にパンツを無造作に突っ込んで、おぉ、なかなかオシャレ♪
車に荷物を置いたら、こっちへ来てくれるのかな…え?ドア閉めたし…。
Nさんが スタッフのMさんに「もしかして寿人、無しなの?」
「すみません。今日は人を待たせてるから、急いで帰らなきゃいけないんだって」とMさん。
ええ…何となく そんな予感がしてましたよ。
練習を見ても「調子良さそう」とか「今日はキレキレ」とか 皆が言うような事は 私には解らない。
私が前日練習に来る一番の目的は、至近距離で寿人を見て、ツーショット写真を撮らせてもらう事。
そして、ちょっぴりでいいから、言葉を交わす事。
だけど目も合わさず、サーッと帰ってしまった事も数回あり。
今回はそれでした…ショボン。
こんな事もあろうかと、先にMさん経由で『スパイクにサイン』を頼んでおいてよかった〜。
今回は、これが最優先。
達成できたからヨシとしましょう!

皆とさよならして向かったのは広島県立美術館。
『花桃、高尚〜』と思った?笑。
実は、少し前に 小春ちゃんが新聞を送ってくれたの。(寿人ドドーンの記事があると、わざわざもう一部買って送ってくれる)
その中にヴェネチアン展の切り抜きがあり『寿人君が奥さんと観に行って、そこを出た時に代表招集の電話があったの』と。
ヴェネチアン展をわざわざ広島で観る必要も無いんだけど、寿人が絡むと別の意義が…。
幼なじみがヴェネチアングラスの店をやってた事もあり、古いヴェネチアングラスを見るのは楽しかった。
寿人がこれを見てる時は まだ招集されるなんて思って無かったんだよね〜。
イタリア好きな寿人は 一人でイタリア旅行もしてるから『この景色を見たのかな〜』などと考えながら絵と同じ場所の現在の写真を見た。
有意義な午後の時間になりました。

明日も、小春ちゃんから『寿人と次男坊君のサインのあるイタリアンのお店』を教えて貰ったので、そこでランチの予定です。
この5年半、広島には10回以上来てるけど、宮島さえ行ってないのよ。

明日の試合は夜。寒いだろうなぁ。
代表遠征で不完全燃焼だった寿人が 鬱憤を晴らすゴールを決めてくれるらしい。

|

2012年10月18日 (木)

ここたん…その後

 この数ヶ月、私が家で ここたんの事を口にしない日は無かった。

 そして とうとう夫までが「ここたんマニア」になってしまった。

 火曜日、カッカからメールが届いた。

 いつもなら朝、起きてしばらくはソファーでボーっとしているのに、火曜日は、和室の隅へ直行して座ってるので「何してるの?」と聞いたら「だんなさん きょう くるから まってるの」と答えたそう。

 可愛い…可愛すぎる…涙。

 夫に話して、二人でお腹をよじって笑った。

 夫婦二人だけの家って、うふふと笑う事はあっても、大笑い・お腹が痛くなるほど笑う・涙が出るほど笑う…って事は滅多にない。

 ここたんネタで どれだけ笑わせてもらった事か。

「もう ここちゃんの家で ダンナわらし(座敷わらし)になろうかな。毎晩 夢枕に立とうかな」と夫。

 それからさらに驚きの言葉が続いた。

「仕事中でも ここちゃんの顔が ここら辺(と、おでこをぐるぐる指差す)にある」と。

 わかるよ!

 私も ここたんと会ってから数日間は、そうだもん。まるで恋してるみたいなんだもん。

 でも夫までが そんな人だとは思って無かった。

 「さすがに それはいいです」と言うだろうなと思いつつ

「じゃあ、ここたんの写真 携帯の待ち受けにする?いつでも見られるよ」と聞いてみたら、思いがけず 嬉し恥ずかしそうに「します」って。

 私のおススメ写真(カッカから貰ったのが携帯にいっぱい保存してある)をあげた。

 こうして花桃夫婦は、二人して よそのお子様の写真を待ち受けにしてるのであります。

 ところが、夕べ、帰宅した夫が「待ち受けの写真 替えた」と。

 戻したのかなと思ったら

「最初に貰ったカウボーイハットみたいなのをかぶってる写真にした。昨日のは ここちゃんの顔と なんか違うから」って。

 『僕のここたんの顔じゃない』って、どんだけここたん好きか。

 夫の待ち受けは、私が退院後、お外デートする前に カッカから貰った写真になりました。

 「ここちゃんって 今年 七五三?」

 「そうだって。おばあちゃま達が楽しみに着物買ってくれるだろうねぇ」

 「可愛いだろうねぇ」

 よそさまの お子さんの七五三を楽しみにしてる花桃夫婦って…苦笑。

 目下、私のブームは、アッタンマン(ここたんパパ)が イタズラちょっかいで「これ頂戴」と デザートのカップを指した時のここたんの反応の真似。

 咄嗟にカップを胸の前で抱え込んで90度 クルリッと アッタンマンに背を向けた。

 すんごい速さだった。

 私が真似しても全然 可愛くないんだけど、ここたんがすると めちゃくちゃ可愛かったのよ~~~涙。

|

2012年10月17日 (水)

久々の代表戦 その2

 夕べは、家事も早めに済ませて、本気モードでテレビの前に座った。

 でもね、寿人が出るとは ほとんど思って無かったの。

 2010年までは「どうか使われますように!」から始まって「早く交代してよ」「いつ出すのよ」って じりじりしたけど、今度は不思議に「多分出ない」と達観。

 ベンチが映るのを楽しみに、誰かのゴールに真っ先に祝福に飛びつく姿を見るのを楽しみに。

 結局…一度も映らなかったじゃん!!

 まさか、売店でお菓子買ってないよね?

 

 カカが疾走する背景に、寿人の代表バージョンの横断幕が映ったのが 一番嬉しかった。

 すっごく大きいの。

 センターラインの延長にあるから、嫌でも目に入る。

 ベンチの寿人は それを見て奮い立った事でしょうね。

 今回、寿人の代表入りは突然だったけど、そこから急きょ、横断幕を持って(もしかしたら作って)ポーランドまで応援に行けちゃう人ってすごい!!

 そしてありがとうございます!!

 寿人には、こんな心強いサポーターが付いててくれるんだ。

 本田が1トップって…Jリーグで ずっと1トップで結果を出してる寿人が居るのにね。

 監督は寿人を使うつもりで呼んでるんじゃない…と 無知なミーハーファンながら思ってた。

 以前「なぜ佐藤を呼ばないのか」という記者の質問に監督は

「佐藤の活躍は知っているが、このチームでは未知数」と答えた。

 未知数なら一度呼んで 近くで見てみればいいじゃん。

 使ってみればいいじゃん。

 でもその気は全然無いのよね。

 「未知数」と言い換えてくれたけれど、本心は「このチーム(私の戦術)では、使い道が無い」なんでしょう…と その時も思った。

 仮に練習でゴールを量産しても、監督は使う気にはならないだろうな…とも思ってた。

 監督が描いてるサッカーには 寿人を使う場所が無いんでしょうね。

 こればっかりは仕方ない。

 前田の負傷で、穴埋めを探す時、マスコミや世間が「得点王独走中の佐藤を呼べ」「呼べ」ってうるさいから、とりあえず「呼びました」ってとこだろうなぁ。

 寿人は 本田選手が怪我明けの初戦で、1トップに起用されたのを見て、プライドは傷つけられたと思う。

 でも寿人は そこで俯かない、腐らない。

 何が自分に足りないのかを考えられる人なんだ。

 普段、海外でプレーしていて 試合でも会う事の無い選手達と一緒に練習して、間近で見て感じて きっとたくさんの物を吸収してるに違いない。

 久々の代表戦、私は不貞寝もせず、落胆もせず、清々しい気持ちで見終えた。

 まあ…あえて言えば、試合終了後の引き挙げるとこでいいから、ちらっと映してほしかったけどね。

 あの縦ラインの青いユニフォーム姿 見たかったよ。

|

2012年10月16日 (火)

単純♪

 今日は術後半年の整形外科の診察。

 左股関節の痛みは 手術のお陰で消失したけれど、左太ももの前面の痛みが 日ごとに増してる。

 特に朝、起きようと力を入れると激痛。

 夜中もちょっと体位を変えようと、力が入ると激痛で声が出ちゃう。

 先月、痛みが気になって、予約日じゃないのに受診し

「よくある事です」と言われて、安心したものの、その時よりも痛みが増してる。

 当たり前の痛みになりつつあるけれど、どう考えても「正常」では無い。

 今日は、T先生に必死でうったえるぞ!

 レントゲンを見た先生

「あ、すごくいいですね~!きれいですよ」

 はい、先生の手術はきれいですよ~。でも痛いんですってばー!

 そしたらね「だんだん痛みも無くなりますから」

 え?そうなの?

 あ、そうなんだ…。

 そうだったのか~~~^^

 何と言う単純な私。

 そして「リハビリ行って来てね」

 ???

 急にリハビリ?

 と思ったら、7月にもした「評価」を受けてこいって事でした。

 あ~またそんなつもりじゃないから、ややこしい服装じゃん。

 レントゲンだけは撮り易いように、ワンピースにしてきた。

 注:パンツだと股のチャックが邪魔。

 スカートも横のファスナーが邪魔。

 要するに、股関節や太腿あたりに 金属の物が無いワンピースがベスト。

 で、本当ならブーツをはきたかったんだけど、これもレントゲンの時に 脱ぐのに手間取るから…と 7分丈のレギンスにぺたんこ靴にしてた。

 これがよかった♪

 リハビリ室へ行くと、他の先生がK先生をピッチで呼んでくれた。

 いつもの奥のベッドで 足を窓側に向けて計測。

 開きや曲がり具合は、7月よりもちょっと悪くなってた。

「だって、ここが痛いんだもん」

「なんでかなぁ?筋肉が硬縮してるのかなぁ」と ほぐしてくれて、再度計測すると

「40度(だったかな?)7月と同じ。これならいいわ」

 力を入れるテストでは 3つの形で

「全部 満点!」

 ふひぃ~~~♪

 歩く速さも 以前より自信を持って歩けるから速い。(リハビリ室内限定だけど)

「歩き方を見るから、壁まで歩いて」

 後ろから見てくれて「いいよ~!綺麗に歩けてる!」

 うひぃ~~~~♪

「みんなに『綺麗に歩けるようになったね』って言われない?」

 そう言えば、広島の友達には言われたなぁ。

 でも 前から(この半年くらいは痛みでダメだったけど)ステッキでそこそこ歩いてたつもりなので『手術したから上手に歩けるようになったって先入観で見てくれてるんだろうな』と思ってた。

 そっか…客観的に見ると「良い変化」が起きてるのねぇ。

 数年前は「ステッキなんか要らないじゃん。普通に歩いてるように見える」って言われてたんだけど、少しずつ悪くなってたからね。

 なんだか すっかり自信がついちゃった。

 リハビリ室から会計までは、さっきよりもスタスタと(ステッキは使用)歩いてる。

 おまけにスーパーでは、ステッキ無しで買い物しました。

 もちろん店内はカートが頼りだけど。

|

2012年10月15日 (月)

お家ここたん♪

 昨日は カッカのご招待で、ここたんのお家へお邪魔しました。

 ご主人がお休みの日に、私の夫も一緒に…とのお誘いでした。

 夫は 私の交友関係に、深く参加しようとするタイプではありません。

 私自身も私に付き合わせて 夫の貴重な休日を潰すのは好きじゃない。

 で「ご主人もって誘ってくれたけど…行く?」と聞いてみた。

 おそらく「僕はいいから、一人で行ってください」と言うだろうな…と思ってたら、なんと「いいですよ」って。

 実は、夫は既に『ここたんファンクラブ会員№2』なのです。

 私がランチデートした時の報告とか、カッカから送られてくる『ココス通信』や写メを見せると 私と同じ個所で「くふふ」だったり「ぐふっ♪」だったり、同じ反応をするの。

 一緒に行くのは決まったけれど

「もしかしたら ここたん、ゆうこさんだけだと思ってたら、知らないおじさんが一緒だから、玄関で『ここたんのお家に入らないでよ~』って泣くかも…」と ちょっぴり心配も。

 日曜日、朗読教室のミニ発表会を終えた頃、カッカからメールが。

 朝から「ピンポン鳴ったらゆうこさん来る?」の繰り返しで「夕方だよ」と言っても「もう来るもん」だったそう。

 可愛い…涙。

 約束の時刻にマンションに着くと、駐車場までカッカとここたんが迎えに来てくれた。

 ぴょんぴょんするここたんと手を繋いでお部屋へ。

「私の旦那さん、よろしくね」と紹介。

「ユウコサンノ ダンナサン?」

 さてさて…お家へ着くと、私の予想通り 嬉々として玩具を見せてくれる。

Bimg_1411

 リビングの隣の和室は『ここたんプレールーム』

 ジャングルジム・ブランコ・滑り台のセット。

 アンパンマンの乗馬みたいなやつ。

 アンパンマンのキッチンセット(子どもにはリアルな大きさ)

 隅にはドールハウスやこまごまとした玩具置き場。(玩具は数ヶ月毎に 大きな箱で入れ替えるんだって)

 そして…「ダンナサン コッチ キテ」と。

 夫にも一通り 遊具の使い方を見せてくれる。

 ジャングルジムに上り「ココチャン コンナニタカク ノボッチャッタ」

Bimg_1426

 アッタンマン(ここたんパパ)とカッカが「いつも怖がって、そこまで上らないのに」って。

 滑り台もジャングルジムも すごい勢いで何度も何度も上がったり降りたり。

 片言で、なにやら一生懸命説明してくれたり、笑ったり。

 もうその笑顔を見るだけで、夫も私も ふにゃ~~~~。

 夕食が始まると

「ダンナサン ココニスワッテ」と椅子を勧めてくれる。

 20年前には、夫の友人たちの集まりで、彼らの子ども達と遊ぶ事もあったし、甥っ子とも遊んだけれど、こんな「御指名」は おそらく初体験。

 そして…突如

「ココチャン ダンナサン ダイスキ」

 ちょっとぉ~~~!

 もう顔を見合わせて笑ったわよ~~~。

 その後も 独り言のように「ココチャン ダンナサン ダイスキ。ココチャン ユウコサン ダイスキ」と。

 ええ、ええ…ここたんハート爆弾は、見事に花桃夫婦を直撃よ。

 夫はどうやら「ダンナサン」と命名されたようです。

 「チョットマッテテネ」と紙とペンを持って 背中を向けて何やら書きながら

「ダン・ナ・サンッテ カイタノ」

 字を書いてるつもりかと思ったら、大きな○が描いてあった。

「ユウコサンニハ オハナモ カイタ」 花を描いてくれたのかと思ったら「お鼻」でした。

 二ヶ月前は 小さくもじょもじょに丸っぽく書いてたのに、直径5センチくらいの○が書けるようになってて、目と鼻の位置には小さな丸が書いてある。

 おそるべし2歳児の発達。

 いつもはご飯をもりもり食べるのに、昨日は 心ここにあらず。

「遊びたいばっかりです」とカッカ。

 跳んで跳ねてしゃべって歌って踊って…お顔が真っ赤。

Bimg_1407

 再びプレールームで

「ダンナサン ココヘ スワッテ」と部屋の角を指して夫が座ると、自分も玩具を持って隣へ座った。

 お? 私と最初に会った時は、こんな近くには来てくれなかったぞ…と思ったら、次の瞬間「ココチャンハ ココ」と1メートルくらい離れた(笑)

 無意識に座ったものの、あまりに近くて自分で驚いたのね。

 アッタンマンが イタズラちょっかいをかけると威張って怒る。

 アッタンマンを叩こうと右手を高く振り上げて

「ペンはダメよ」とカッカに言われたら、上げた右手をそのまま まるで「はぁ~い」してるみたいにしてプレールームへスタスタ。

 涙が出る程笑った。

 デザートタイムには、色んな物を持っては奥の夫のところまで持って見せに来てくれるまでに。

 その合間にも さらっと「ココチャン ダンナサン ダイスキ」爆弾も落とす。魔性の二歳児。

 デザートが終わる頃

「ココチャン マダ ダンナサント アソンデナイヨネ~?」

 大人4人は「・・・・・・・」(さんざん遊んだし…)

 すると ここたん「『そうだねぇ』って言ってよぉ」

 この「○○って言ってよぉ」は、最近のここたんのブームなんだそう。

 カッカは指示されたセリフを言うんだって。

 この時も「そうだねぇ」とカッカ。

 これはもしかして「まだ帰っちゃダメ」って事かな? うきゅん。

 夫がトイレに行ったら

「ダンナサン オシッコ?」

「うん、おしっこに行ったよ」

「オムツ カエル?」 

 ダンナサンは 一体 いくつなんだろう?

 …気付くと8時過ぎ。

 私達が席を立つと、ここたんは夫のショルダーバッグを指して「コレ ダンナサンノ?」

 「そうだよ」

 「カケテ」

 夫もお暇するつもりでバッグを掛けたら「バイバ~イ」と あっけなく。

 あら? 「マダ カエラナイデ」って泣くかも…と思ったのに。

 駐車場まで送ってくれる時、エレベーターに乗ったり、玄関を出たりする度に「コッチヨ」って。

 ここたん一家3人に見送られて帰った。

 帰りの車中では「ここちゃん 旦那さん 大好き」を私が何度も復唱する。

 二人で「くふふふふ…」と笑う。

 帰宅して「(お付き合いと運転)ありがとう」と言ったら「楽しかったです」って。

 昔、社宅で、私がすっごく可愛がってたMちゃんは、男の人が苦手だった。

 夕方、ママが夕食を作る間、私の家で遊ぶのが日課だったんだけど、夫が帰宅すると襖の陰にかくれて、でも顔だけそっと出し、夫の姿が見えると目をつぶる…という具合。

 最後まで目を合わせてくれなかったので、小さな女の子に あんなに笑顔を間近に寄せられて見つめられて遊んで貰ったのは初めてだったんじゃないかしら。

 私も嬉しかった~☆

 無事帰宅とお礼のメールをしたら、しばらくたってカッカからのメールには

「モウ ユウコサント ダンナサン カエッチャッタ?」と連発。

「マタ クルカナァ?」

「きっと また来てくれるし、会えるよ」と言ったら

「ピンポンナッタラ クルカナァ」と10時近くまでゴネてたと…。 可愛い…涙。

 さて、今朝、いつものように夫を起こす時の呼びかけは

「ここちゃん 旦那さん 大好き」でした。

 夫も「へへへ…」と起きました。


 さて…ここたんの今朝の第一声は「ユウコサン マタクル?」だったとメールが来ました。

「今日は来れないけど、また会えるよ」と言ったら「ダンナサンハ ネンネシテルノ?」

「今日はお仕事だよ」

「ココチャンモ オシゴト イク」だったって。

 も~~~~~~~~lovely

 

 ↓オマケは、スリッパを自ら揃える二歳児。

Bimg_1464

 当分、花桃家では ここたんの物真似が繰り広げられる事でしょう♪

|

2012年10月13日 (土)

久々の代表戦

 寿人を知る前までは、サッカーにさほど関心は無くても、代表戦だけは楽しみにして観ていた。

 寿人ファンになって、寿人が招集されるようになったら、もう必死で観た。

 ほとんどが「いつ使うのよ~」「早く交代してよ~」だったけど…。

 そして、2010年W杯の時に寿人が外れて 代表戦の放送時刻は「見るもんか」と不貞寝をしていた。

 月日は流れ、寿人の達観に合わせて、私も代表への執着を失くした。

 そうなると、リーグ戦で広島の試合を見る程の興奮が 代表戦には無くなってしまってて、最近は何かしながらとか 観るともなしに見てる…感じ。

 それが一変。

 負傷離脱の前田選手の穴埋めとはいえ、まさかの招集後は、スポーツニュースで「今日の代表合宿は…」から目が離せない。

 そう言えば、2年前までは、合宿・練習映像にも寿人の姿を必死で探したなぁ。

 なんだか懐かしい感触。

 

 ファンでありながら、この招集をポジティブには受け止めてないので、試合に出られるとも思ってはいない。

 でもね…ここがミーハーファンの複雑で繊細で勝手な心理。

 金曜だったか、現地に行ってるサッカー解説の清水さんに女子アナが

「佐藤寿人選手の出場はどうでしょう?」と 期待の笑顔で聴いた時の答えが…

「初めての招集ですからねぇ(ここで まずドアが閉まる)まあ、流れによっては(だよね…とドアに鍵がかかる)使うかもしれませんね(ドアの前に鉄の壁がドーン!と落ちたわ)」

 端的に言えば「まず無いですね」

 地元紙の朝刊には 香川選手とボールを蹴る寿人の写真が。

 もちろん記事は香川選手の事なんだけど、写真の横には

『フランス代表との国際親善試合に向け練習する佐藤(左)と香川』って。

 良いポジションで練習していた寿人の嗅覚を褒めるべきか、もしかしたら記者さんが寿人を応援してくれてるのかも…と 勝手な妄想。

 友達は憧れの人が、Jリーグでは別のクラブを応援してるけれど「佐藤寿人を代表に呼んでくれ」と言ってるそうで「私も応援しようかな」とまで言ってくれた。

 土曜の夜のスポーツニュースでは(どのチャンネルか忘れた)

「帰って来た佐藤寿人!」なんて女子アナが声高に言ってくれるし、追加招集された酒井選手と並列表記の寿人の名前だけが赤かったりして、何なのこれは?!

 フランス戦は今朝の4時キックオフ。

 さすがに、目覚ましをかけてまで起きる気は無かった。

 そりゃ寿人先発とか、起用濃厚だったら目覚ましかけるよ。

 でも「99%無いから、もし目が覚めたら見よう」って、録画予約だけはした。

 5時に目が覚めたので 途中から見た。

 フランスゴールの方へボールが行くと 実況が「サトウ! サトウ!」と言う。

 え? 寿人出てるの!?

 青ユニだとばかり思い込んでるから、日本が白ユニだと気づくのも遅く「サトウ」じゃなく フランスチームの「サコ」だと やっと解って ホッとした。

 なんでホッと…?

 ベンチでもいい、ピッチ脇でアップしてるとこでもいいから、寿人の姿が見たい。


 そして…映ったーーーーーーーー!! 寿人映ったーーーーー!

 どこで映ったかは、まだ試合録画を見てない人(結果を知らずに見たい)の為に書きません。

 うん、寿人 いいポジショニングだったよ。あの位置に行けたのは、飛び出しが良かったんだろうね♪


 広島の友達は 寿人招集を喜んであげたいとは思うけれど、やっぱりチーム優勝がかかった大事な時に離れてほしくない、怪我してほしくない、遠征で調子を崩してほしくないって思いがあるそう。

 それも寿人をかってくれてるからこそだから、ありがたい。

 ブラジル戦、どうかなぁ。

 使われる可能性は きわめて低いだろうなぁ。

 今回は【海外で活躍してる選手達とのトレーニング付き海外旅行】かもしれないなぁ。

 本当のファンなら「せっかく与えられた貴重なチャンスなんだから、絶対にものにしろ!寿人ならできる!」って応援するんだろうなぁ…ヘタレですみません。

 でもね、寿人は間近ですごい選手達を見て、絶対に何かを吸収してくる。

 そして 次のチャンスを掴む為に、一層の努力をするよね。

|

2012年10月11日 (木)

新登場☆

 ロザリオの季節到来です。

 先月半ば頃から「シャイン・マスカット」なる品を見かけるようになった。

 最初は「ジャイアント・マスカット」とうろ覚えしてました。

 綺麗な黄緑色。ロザリオよりも色が濃い。皮も厚いように見えた。

 でも皮ごと食べられるんだって。

 食指は動くんだけど、高いから見るだけ。

 

 そして一ヶ月、最近、ちょっと値が下がって来たので買ってみた。

  買ってきた食料品を冷蔵庫などに入れながら、一粒口に。

 美味しい!!

 ほんとだ! 皮ごと食べられるわ!

 ロザリオとは また違う青臭さ。

 片づけながら、一粒、また一粒と食べて、気付いた時には、形が変わってしまってたので、写真撮れませんでした…泣。

 ロザリオも皮ごと食べられるような気がするけど、どうしても剥きたい。

 シャイン・マスカットも剥いて食べてみようかな。


以前、かよさんと小春日和ちゃんから教えてもらった「藤稔」もあった!

 でも、私が見つけた時は、賞味期限間近のワゴンの中。

 しょぼくれた房を食べても、本当の美味しさは解らないだろうと思って、その時は買わなかった。

 今度 出たら迷わず買おう!

 …そして それ以来、一度も巡り会いません。

 そうやって見逃した果物…苺の弥生姫ってのもあったなぁ。

 

|

2012年10月10日 (水)

まさかの…大・どん・でん・返しー♪

 夕べは奇跡でした…。

 私の携帯は 夜間はマナーモードにしてバッグの中に入れっぱなしの事が多い。

 だからメールも電話も着信しても朝まで気付かない。

 ところが、夕べは充電してた。

 そして いつもなら1時くらいに布団に入るんだけど、夕べに限って「なんだかもう眠いからお先に」と 12時半に布団へ。

 すると枕元の充電中の携帯が着信してる。

「こんな時刻に…?」いぶかしがりながら開くと Tから

『おめでとうございますheart佐藤寿人、ザックジャパン初召集。活躍を期待していますscissors』とのメール。

 え? えええーーー!?

 T~~~何か間違えた?

 まさか乾選手の写真を見て「お!寿人だ!」って思った?

 半信半疑どころか、ほとんど疑いながら、夫に一応知らせた。

 夫は慌ててテレビのチャンネルをあちこちに替えてみる。

 私は布団に横になったまま(PC開こうとは思わなかったのよねぇ…)

「え~?」「え~~~?」と言いながら Tに『どこ情報?』とメール。

 すぐに『Yahooニュース』と。

 えぇぇーーーこりゃほんとか。

 信憑性が増して 私はにやにや顔で

「ひょっとしたら、前田がリーグ戦に集中したいからって離脱してたりして~」と。

 夫がちょうど代表合宿の映像の番組を見つけた。

 画面の隅の字幕に「負傷の前田に代わり、佐藤寿人を招集」と。

 きゃぁーーー! ほんとだ!! 

 メールしてるんだから、携帯は手元だろうと、深夜にも関わらずTに電話。

「T~~~ありがとう~~~!」

 ちょうどTは『今TV1チャンネル』と送信してくれたとこでした。

「よかったねぇ~~。今夜は嬉しく眠って」と言ってもらって電話を切ってからも

「へぇ~~~upwardright」「寿人よかったねぇ~」「えぇ~~?up」「はぁあ~よかったなぁ~」「寿人 嬉しいだろうなぁ~」と、私は言い通し。

 前田選手は負傷だから、軽々しく喜んでは居られないけど「リーグ戦に集中したいから離脱」って言う私の勝手な妄想が 部分的に当たってたわ。

 今朝の新聞にも載った。

 Tのお陰で新聞より7時間早く知る事ができて、嬉しい気持ちで眠りにつけたから 得した~♪

 でもね…バカ親は、こういう時、ネガティブなバカ親になります。

 呼ばれたからと言って、必ず使われるとは限らないのよね。

 …うん、きっと使われないだろうな。

 そして広島では 寿人の代表召集を喜ぶ人と「チームの優勝がかかったこの大切な時期にエース不在なんて とんでもない!」って人がいるだろうな。

 使われなかったら、後者の思いは尚更強くなるよね。

 それとね…もし使われたとしても、不本意なポジションだったり時間帯だったりして 寿人らしいプレーができず(今までの代表戦では、そんな感じだった)

「やっぱり広島限定だな」って烙印を押されちゃうかもしれない…。

 浮かぶのは そういう想像ばかり。

 サッカー無知のミーハーのバカ親の私の意見なので、ほんとに無責任ですが、寿人は

『寿人にゴールさせろ監督』と『寿人にゴールさせようチーム』だから、あんなに得点できるんだと思うの。

 今の代表チームみたいな『俺が決める』『イヤ 俺が!』『イヤイヤ 俺でしょう!!』がひしめく中では 居場所が無いんじゃないかしらん。

 ごめんね…寿人ファンなのに、寿人の能力を低く見過ぎてて。


 

 代表については、私は執着はしてないつもりだった。

 2010年のW杯で代表落ちして以来「もう代表なんていいじゃん。広島の星で十分だよ」って思ってた。

 その一方で「私が寿人ファンになってから、一度も代表ゴールを見てないから、一度だけでもいいから見たい」というファンの勝手な想いもあった。

 寿人自身も「息子達の記憶に 代表チームの父親の姿を残したい」と何かのインタビューで言ってた。

 「今は代表よりもチーム優勝」とも語ってたなぁ。

 先日の前園さんとの対談でも「イタリアの監督だから、ゴール量産すれば引っかかるくらいはするかなと思ったけど、それすらも無く。悔しいですね」って言ってたもんねぇ。

 色んな想いはあれど、プロ選手なら誰だって代表チームでプレーしたいと思うよね。

 よだれかけ模様の代表ユニの寿人は見た。

 でも最新の縦ラインユニは見てないのよ。

 もう無いんだろうなぁ…と思ってた私。

 ザック監督が更迭されない限りは無いな…そして年齢的にも無いな…と、自然に諦めてたのに。

 寿人のブログを見ると、やっぱり嬉しそう。(別に嬉しいとは書いてないけど)

 バカ親としては、寿人が嬉しければ私も嬉しい。

 寿人が「今はチームの事しか考えてない。呼ばれて迷惑」と思ってたら、私も「呼ばないでよ」と思う。

 バカでしょ~~~~~。

 だからとにかく今は嬉しいです。

「おめでとうメール」が4通届きました。

 サッカーには関心の無い人からも^^

 息子でもないし、体を張って応援してるわけでもないのに、寿人にあやかって「おめでとう」と言ってもらえて…本当にありがたいです。

 どうか怪我しないで、合宿で良い刺激を受けて帰って来てください。

 …あれ? そんな願いで良かったっけ?

 

|

2012年10月 9日 (火)

やり終えました☆

 10月5日に「声の広報」の今回担当のリライトが大変だと書いた。

 結局、あれからも 原稿を見る度に ため息だけが出て、なかなか取りかかれず、日・月曜(祝) 二日間かけて…正確に言うと、月曜の夜遅くにやっとこさ完成させた。

 今日は、その録音日。

 部屋に入ると、同じ個所を分けて担当したOさんとFさんが声をそろえて

「花桃さ~ん、今回 大変だったでしょう~」と。

「はい~~大変でした~~~。もう半泣きでリライトしました~」

「そうでしょう。私の所 すごく短いから、花桃さんの半分を私がやってもいいくらいだと思って…。どうして こんなに偏ったんでしょうねぇ」

 こう言ってもらえるだけで報われた。

 3人で読み合わせをしたら…嫌々やった私のリライト原稿がミスだらけなのが発覚。

 『平成24年度』は『平24年度』

 平均給料のところでは『技能労務職…32万3537円』

 『統括』が『括』

 これは読み合わせの時に、二人が気付いてくれたので、すぐに訂正できた。

 あとは3人のスタイルを合わせる為に それぞれが ちょっとずつ手術。

 手を加えて完成。

 次は、広報公聴課の職員さんの前で読む。

 そこでも 職員のSさんが「花桃さん、すごく長い担当ですみません。大きな項目で切ると そこになってしまって…」と平身低頭。

 また溜飲が下がる。

 昼食後、本気の読み練習に入ったら、Fさんが

「花桃さん、あまり読みこまない方がいいわ。疲れるから」と。

 確かに~!

 私の読みは9分近かった。それを何回も練習したら、声が枯れる。

 おまけに桁数の多い数字の羅列で、頭が混乱しそう。

「もうアクセントも 読んだとこ勝負でいいですよね~。どうせ聴いてくれるのは、この地域の人達なんだから」と私。

「そうそう! 標準語よりも聴き易いかもしれないわ」

 と、励まされて、半ば開き直って順番を待つ。

 

 いよいよOさんから録音開始。

 それが今日は珍しくミキサーのトラブル。

 一度は 終了したOさんと交代で録音室に入って 少し読んだのだけれど「Oさんの録音の一部が消えてしまった」との事で、再びOさんが入室。

 集中力が途切れた。(…いや、それほど集中してたわけじゃないけど…汗)

 そして私の番。

 2回間違えた。

 半分くらい進んだあたりからは、もう「伝える」のではなく「読む」だけ。

 数字を間違えないように。

 月額なのか、年額なのか、間違えないように。

 「○○などの」は、私が苦手なフレーズ。

 「ど」を意識する。

 もう こうなってくると内容を伝える読みでは無くなってる。

 早く終われ~。もうミスするな~。

 …やっと終わった。

 録音室を出る時は、酸欠になりかけてる感じ。

 頭と顔が熱い。

 ブースの前には、次の担当の人達も来ていて

「花桃さん、すごい大変だったねぇ~!」

 ここでまた うひひ…と 嬉しくなる。

「ここは 花桃さんじゃないとできなかったわ」とまで言ってもらう。

 皆さん、いい人!

 ベテランで、私が真似をしたいとずっと思ってるOさんからは

「聴き易い読みだったよ」と。

 ふぅ…。アクセントはめちゃくちゃですけどね…。


 帰宅後、PCに保存してあるリライト原稿に、今日 手直しした部分を加えて、再び保存した。

 来年、もしまた私の担当になったら、今度はこれを使うんだもんね♪

 ええい! 来年も私にやらせてくれていいからっ!

|

2012年10月 8日 (月)

ほんとに…似た者母娘

 日曜日、毎年恒例の「松茸買い」に出掛けた。

 注:夫が1年間 500円玉貯金をすると けっこうな額になり、それをお札に替えて岐阜県の山奥まで行って松茸を買うという、いじらしい楽しみ。

 今年は「休日に母さんを連れ出してほしい」との弟の希望に応えて、母も連れて行った。

 爽やかな快晴の元、夫の運転で、私は母と一緒に後部座席に座ってノートテイクする。

「今日は 弟桃に朝市につれてって貰ったの。露天が30くらい出ててねぇ~」

 3回目の報告(笑)

 初めて聞いたように「へぇ~~~」と大きく頷いて見せる。

 4回目は「露天が50くらい出ててね~」と。

 運転席の夫に「20増えたよ」と。

 こうやって 誰かに言って笑えるといいんだよね。

 一人だと「もう…4回目! おまけに20増えてるし!」って 一人ツッコミするしかないもん。

 長いトンネルに入った瞬間、母が「きゃ」と 嬉しそうな声をあげた。

「お母さんねぇ、こういう所好きなんだわ…」と 少し恥ずかしそうに言う。

 えええええええ~~~!? そうなのーーーー!?

 私もだよーーーーーー笑。 正確には「私もだったよー」ですが。

 若かりし頃、ボーイフレンドとドライブ中、トンネルに入ると すっごくワクワクしたもん♪

 天井にずっと並ぶライトが夜空へいざなってくれるような感じがして。

 出口が明るい小さな窓に見えて、それも好きだったけれど、夜空へのハイウエイが ずっと続いてくれるといいのに…って思いもあったなぁ。

 そう言えば、最近は、夫の横でトンネルに入っても 全然 感動してなかったわ…苦笑。

 こうやって可愛げを失っていくのね。

 ドライブの楽しみ、道の駅などでの冷やかしや買い物。

 そこで蜂の巣を見つけて、母にも見せようと呼んだら

「なにこれ?」と言いながら近づいて来て

「あ゛!! うわぁーーーー! 寒気がする!」と跳びのいた。

 あはー、やっぱりこういう細かいびっしりはダメよねぇ~^^

 私も 蜂の巣と認識した後は、凝視してないもん。

 で、母も私も 寒気がするくせに、ちょっとだけ見たいのよ。


 松茸も無事購入でき、温泉にも入っての帰り道。

 足先はぽかぽかして、風は気持ちよく、後部座席でうとうとし始める母。

 私も実は猛烈な眠気に襲われていた。

 でもね…夫に運転させておいて、自分だけ寝るなんて申し訳ないじゃない。

 だから あえて窓から あちこち眺めて眠らないようにしてた。

 すると寝てると思ってた母が「あれはツツジだった?」と コスモス畑を指して言う。

『寝てると思ってたのに』(ノートテイク)

「すごく眠かったけど、夫桃さんに運転させて お母さんだけ寝たら申し訳ないでしょう」

夫が「僕は寝ててくれても 全然 構わないです」 そう、私にもいつもそう言う。

『寝てても構わないって』

「そんなわけにはいかないわ~」

 その後も一度 ぐらっとしてたけど、最後まで寝ませんでした。

 私も2~3回 落ちそうになったけど、ちゃんと起きてました。

 ほんとに どこまでも似てるな…母と私。


 今日、いつもの日課の電話をしたら

「昨日だった? 7日だったね? ありがとうね。すごく楽しかったわ。夫桃さんに お礼言っておいてね」って。

 う~~~ん、どこへ行ったのか、何をしたのかは忘れてる感じです(笑)

 

|

2012年10月 5日 (金)

ダメダメちゃん

 来週は「声の広報」の録音。

 届いた原稿を見てガーン!!

 なんでまたこれーーーーーーー!?

 『人事行政の運営等の状況について』

 去年も担当した。

 ブログに書いた記憶がある。

 表・大きな数字の羅列・使いなれない言葉。

 読むのも難しいけれど、その前にリライトするのが大変なのよ~~~泣。

 『人事行政の運営等の状況』は、三人で分担になってて、その中でも一番面倒くさそうに見えるのよ~。

 去年やったとこと 全く同じだと気付いて、もしかしてPCの中にリライト原稿が残ってないかと探したけど…削除してあったわ。

 うぅぅ~~去年、リライトと録音を済ませた解放感から、詳細を書いたと思う。

 歳出総額(A)▶○○○億○○○○万円 

 実質収支▶○○億○○○○万円

 人件費(B)▶○○○億○○○○万円

 人件費率(B/A)▶○○、○%

 このまま読むと 人件費率のところが聴いてるだけの人に伝わりにくい。

 だからひと手間かけるわけよ…。

 数字に単位をつけるとアクセントが変わって これも読むのが難しいんだわ…。

 あ~~~そうやって原稿を眺めて ため息をついて2日間が過ぎてしまった。


 公文の教室で レベルが上がって、青息吐息でやってる子どもの気持ちがわかるわ。

 プリントを見ただけで「うわぁ…今日もこれやるのかぁ…いやだなぁ…」ってしかめっ面でため息をついて、手が動かない。

「じっと見てたって 鉛筆持って書き始めないと終わらないよ~」と注意するけど、実は『その気持ち よくわかるよ~』なのです。

 

…そして、今日も午前中から 原稿を穴のあくほど眺めてるのに Wordさえ開いてない私なのでした。

 もう買い物行く!

 夜だ夜!!

 

 

|

2012年10月 4日 (木)

思いやり

 昨日、エコバッグを提げて(カートに載せる程じゃなかった)駐車場からマンション入り口に向かって歩いていた。

 マンションの正面入り口は階段が3段。

 自転車置き場からの入り口は ちょっとした段差のみ。

 だから私は自転車でいっぱいじゃない時は こっちから来る。

 駐輪場の入り口で「この隙間なら通れるな…」と自転車の位置を確認してると、後ろから来てた小学校低学年の男の子が 私の横をすり抜けて、自転車の隙間に入って行った。

 私がモタモタするだろうと思って急いで先に行ったんだな…と思ってたら、ドアを開けて通り抜けたら、重いドアを押さえて待っててくれた!

 え? もしかして その為に急いで私を追い越したの?

「ありがとう~! 助かったわ~」と お礼を言ったら、黙って頷いてた。

 うちのマンションの子じゃ無かった。

 私が松葉つえを付き始めた頃、当時、小学生だったサッカー少年S君も こうして正面玄関の重いガラスの扉を押さえて待っててくれたんだよねぇ。

 こういう事って どうやって身についていくのかな。

 近年は、学校で車椅子体験や視覚障碍体験など、障碍を持った人の事を知る為の授業はあるけれど。

 

 この前、ここたんとカラオケに行った時の事。

 受け付けをする為にカウンターの下に立てかけた私のステッキが倒れた。

 カッカとここたんが 屈んで拾おうとしてくれてるのを目の端で捉えながら受け付けを済ませた。

 そして振り返ると…ここたんが 両方のおててで 私のステッキを立てて支えて持ってるの。

 その姿が可愛くて可愛くて まずそこに感激しちゃったんだけど、後から考えたら…二歳よ。

 ゆうこさんのステッキが また倒れるといけないから持っていよう…と思ったんだよね。

 普通、大人から何かしてもらう事はあっても、してあげる事ってあるのかなぁ。

 プリクラを撮りに行く時も カッカに手を引かれて先を歩きながら、私を何度も振り返って誘導してくれたのよね。

 カラオケルームの階段を えっちらおっちら昇降してるのを見たから、ちゃんと歩いて来られるか心配してくれてたんだろうなぁ。

 大おばあちゃまも手術をされて長いリハビリ入院をされてたから、普通の子よりも こういう状況を見慣れてるのもあるかな。

 親の行動を自然に見てるんだろうなぁ。

 スーパーの身障者駐車スペースに堂々と車をとめて、小学生くらいの子どもとスタスタ歩いてたお母さん…あのお子さんは気配りを学習する機会を一つ失ったよね。

 昔、社宅には、同じ学齢の子が3人居た。

 屋上で私も よく一緒に遊んだ。

 今にも雨が降り出しそうなある日 ママ3人と私でお喋りしつつ、遊ぶ子どもたちを見てたら、降り出した。

 すると傘を持ってたMちゃんが、持ってないA君に傘をさし掛けて入れてあげたの。

 まだ幼稚園前。

 それを見てたMちゃんママが「教えたわけじゃないのにねぇ」と我が子ながら感心してたっけ。

 親も驚くくらい知らないうちに思いやりの心って育まれるんだよね。

 公文の教室でも、私が落としたプリントをさっと拾ってくれたり、成績表を出す時も 私が書き易いように向きを逆にしてくれたりする子がいる。

 そう言えば、私も子どもの頃「鋏を渡す時は、相手に刃を向けないで、取り易いように持ち手の方を相手に出すんだよ」と 父か母から教わった記憶がある。

 思いやりとマナーは繋がってる。

 

|

2012年10月 3日 (水)

母の家計簿

 実家詣での日。

 約束の時刻にドアチャイムを鳴らすも反応なし。

 これはよくある事。

 テレビつけてると 家中に鳴り響いてる(あえて何度も鳴るように設定した)チャイムも聴こえないの。

 携帯で電話しつつ(いきなり入ると驚くから)鍵を開けようとしたら開かない。

 あ~内鍵もしてるのかぁ…これは出て来るまで呼ぶのが大変だ…と思いつつ、もう一度鍵を回したら…開いた!

 げっ! …って事は施錠してなかったって事か。

 急ぎ家に入る。

 母の姿は無く、変わった様子も無い。

 私の家よりは うんと綺麗(笑)

 バッグと靴が無いので「出掛けたんだな」と判断する。

 おそらく近所の喫茶店でしょう…と高をくくって、待つ間に いつもの用事を済ませる。

 ①お米を研いで炊飯器オン。

 ②持って来たおかずを器に盛り、ラップをかけて冷蔵庫へ。

 ③持って来た昼食を食べながら、デイサービスの連絡帳を確認。

 ④カレンダーに記入。

 ⑤毎日の飲み薬の補充。(一包化してあるので、一袋ずつ日付と曜日を書いて戸棚のガラスに貼る)

 ⑥ゴミのチェック。

 これだけしてると ご飯が炊きあがるので

 ⑦一食分ずつラップに包む(冷凍する為)

 あっと言う間に一時間。

 母を待つ間、家計簿を見た。

 母はずっと家計簿をつけている。…私も(笑)

 ここ数年の家計簿は、外食やお付き合いの記録と医者代ばかり。

 以前から、メモ欄には、母のちょっとした覚書や感想が書かれてたけど、今日は久しぶりにじっくりと それを読んだ。

 『ゆうこと夫桃さんが食事に連れてってくれた。美味しかったです。ありがとう』

 『弟桃が朝市に連れてってくれた。風が涼しくて気持ち良かった。ありがとう』

 『○○の郷(デイサービス)で、花を生けたら褒めてもらった。嬉しかった』

 簡易認知症テストでは、短文を作る課題があったけど、何の問題もなくやってのけたのよねぇ。

 日々のメモが生きてたね。

 でも…日付が曖昧。

 明らかに日曜日の出来事を火曜日くらいに書いてたりする。

 きっと火曜日の夜「今朝の事」って思っちゃったんだろうね。

 私がノートテイクした用紙の一部(母を褒めた文章など)や、弟が『これを食べてください。夜は遅くなるから、先に寝ていてください』とイラスト付きで書いたメモも挟んであった。

 そこに いちいち「ありがとう。お母さん 嬉しかったよ」などと書いてある。

 見せるわけでもないのに(笑)

 そして母は 面と向かって「ありがとう」を言える人なのに。

 日記みたいに書きながら、嬉しさがこみあげてくるんだろうね。

 で、感情のままに「ありがとう」と書いちゃうんだね。

『お寺へ行く日。忘れないように』

『忘れてしまいました。ごめんなさい』ってのもあった。

 うん…ここに予定を書いても忘れるよね。

 なんか可愛い。

 あと30分待って帰って来なかったら、もう帰ろうと思い始めたところへ帰って来た。

 以前はこういう時 玄関先から大きな声で

「ゆうこ~~~来てたの~~!」とケロッとしてたけど、今日は無言で台所まで来た。

 そして「ゆうこ ごめんね~! 心配したでしょう!」

 家の前の車を見て、約束を思い出して「しまった!」と思ったんだね。

 こういう所は 昔の母に戻ってる。

 老いを自覚し始めて葛藤する時期を越えたんだろうな。

 葛藤中は 自分の老いを見せたくなくて、こういう時に変に開き直ってた気がする。

『心配してないよ』

「Oさんがねぇ、久しぶりに電話くれて、J(喫茶店)に行くって誘ってくれて、行ったら こんな時間までしゃべっちゃって」

 夕方だったら心配もしたけど、この時刻だから、そんな事だろうと思ってたの。

 だから本当に全然 心配してなかったんだ。

 それにね、もし私が帰ってしまって、母が夜まで帰らなかったら、弟が帰宅して気付くっていう砦もあるし。

『昼ごはんは食べた?』

「Oさんが 久しぶりに誘ってくれたから、Jで食べて来たの。お腹いっぱい」

 私ももう済ませたからよかった。

 私が納得して頷いてるのに、母はまだ反省してるらしく

「ごめんねぇ~。Oさんが久しぶりに電話くれてねぇ…(以下ループ)」

 わかったわかった…と 肩を叩く。

 デイサービスのお迎え時刻のプリントがあったので、母に確認をし終えたら、また

「ごめんねぇー。Oさんが…」が始まったけど 今度は

「玄関まで迎えに来てくれたから、断るわけにいかなくて」と 話が盛られた(笑)

 よっぽど約束をすっぽかした事を気に病んでるのね。

『来週 また来るね。S医院へ行くよ』

「はい、お願いします」

 素直じゃん。

 ちょっと前は「どうして医者なんかへ行くの?!

 腰も痛くないし、薬なんか飲まなくてもいいのに、年寄りだと思って、薬をたくさん出して儲けてるだけなんだから」と憎まれ口を叩いたのにね。

 これも老いの進行なのかな。

 私も どんどん慣れて来てるね。

 泣きながら帰る事も最近は無いわ。

 

|

2012年10月 2日 (火)

こんな時もありました…

 2本のアオギリのプランター、台風の時は室内に入れて ちゃんと保護しました。

 今日も先に発芽したお兄ちゃんと まだちっちゃな弟は 元気にしています。

 思えば、このプランターには いろんな子達が居たんだよねぇ。

 ビオラとパンジーの株をたくさん買って移植して、全滅させた事もあったなぁ。

 今夏、思いがけないスイカとアオギリの発芽で復活したけれど、1年弱 ベランダの隅っこに放置されてたのよね。

 その最後の活躍がこれでした。

 去年の春(一昨年だったかも)母がどこかで貰った袋入りのポピーの種を蒔いた。

 ポピーは大好きな花の一つ。

 プランターで次々に咲かせたら切り取ってテーブルに飾ろう♪

 そう思って 袋の説明書きに従って、真面目に種を蒔いた。

 待ちに待った発芽がこれ。

Img_8820

 わさわさと ちっちゃな芽がたくさん出て来た時は嬉しかった~。

 ますます一生懸命にお世話した。

Img_8830

 ちょっとずつ間引きもしたりして。

Img_8847


 ほんとにほんとに大事にしたの。

 Img_8853


 でもね…これが最後の姿。

 間引きをして残した子達は、ひょろひょろ。

 以前、ビオラの株を移植した時も 移植数日後には なんだかひょろひょろして もやしみたいに茎ばかりが伸びて 買う時にはついてたたくさんの蕾も 小さく咲くだけで、次の蕾が付かなかった。

 どうもひょろひょろになるとダメみたい。

 一度でいいから、プランターで花を咲かせたい。

 うちのベランダは 南東向きで、日が射すのは午前中だけ。

 それがいけないんじゃないか…と思ってるんだけど。

 おまけにベランダは手摺じゃなくて壁なので、日が当たるのは本当に一部分だけ。

 …と自己弁護。

 病院の前庭から切り取って来たアイビーだけが元気に増殖しております。


|

2012年10月 1日 (月)

二人の想いは…?

 一昨日の土曜日『メレンゲの気持ち』を楽しみにしてた。

 前の週は、いとうあさこちゃんと上重アナのコーナーが無かった。別の男性アナウンサーだったの。

 何か別の仕事が入っちゃったのかな…これが無いと つまんないんだよねー。

 で、期待してたのに、また今回も別のアナウンサー。

 これは!? …もしかして、上重アナの仕事の都合じゃなくて、番組ディレクターの配慮?

 前にブログを書いた時は「二人は恋愛感情というよりも 姉弟みたいな感じ」と書いたけれど、もしかするともしかするかも~~~~~~!

 あれから、別の3つの番組で上重アナを見たの。

 一つは あさこちゃんとのコーナーの似たような『女性タレント達と流行りものを探すコーナー』

 この時も 笑顔で明るくヒントを出したり茶化したりしてるんだけど、ん~~~あさこちゃんとの雰囲気とは違うんだよねぇ。

 二つ目は、ちらっとしか見てないけど、MCのちゃんと居る番組で中継みたいに小窓で何かを紹介する役目。

 いかにも「若手アナウンサー」って感じだった。

 3つ目は、羽鳥アナに代わって『ぐるない』の ごちになりますのMC。

 これは途中から見たので、彼の喋りはほとんど見てない…。

 私が見た時は、羽鳥アナが登場したせいなのか固まってた。

 無理な笑顔をはりつけてた。

 こうして見ると あさこちゃんとのコーナーは 心から楽しそうなのよね。

 リラックスしてて、彼の良さが出てる。

 これって やっぱり「好きな人と一緒」だからなのかなぁ。

 私のブログには相変わらず二人の連名で検索があるので 二人に注目してるのは、私だけじゃないって事だ。

 まさか?…が本当になったら素敵だよ~♪

 でも 二人のからみを見てると、あさこちゃんが平気過ぎるのよねぇ…。

 大人だから?

 どこかに「好き」が出ちゃうと思うんだけどなぁ。

 上重アナの方が嬉しそうだもん。

 どうなんだろう~~~? 

 早くまた二人のコーナーが見たいよー♪

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »