« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

じわじわ

 サンフレッチェ広島優勝で、特別号が出た。

 普段は買わない雑誌だけれど、これはやっぱり欲しい。 

 グランパスが優勝した時は買わなかったのに…苦笑。

 Img_0038
 同じ場面でも ほんの数秒ずれると景色が違ってて、当然ながら、どの雑誌にも同じ写真は無い。

 優勝シャーレを掲げて喜ぶ選手達の姿も 毎年 見る同じ構図なんだけど、まずユニフォームの色合いが違うんだよねぇ…。

 そして大好きな寿人が真ん中に写ってる。

 どれを見ても嬉しさがこみあげてくる。

 さて後方のポスターは 2枚とも裏表に写真があり、どれもいい。

 どれにしよう。

 写真を撮る時も迷った。

 どこに張ろう?

 我が家の特設Gallery(トイレですけど…)には、未だに2008年J2優勝と 2010年ACLに向けての2枚が鎮座している。

 リビングのサンフレッチェカレンダーは、11・12月が寿人だしな~^^

 まさかこの歳になって、家中に ポスターを張るとは思ってもいなかった。



 さて、明日は本当に最終戦。

 ヴィッセル神戸は降格を免れる為に必死の戦いをしてくるでしょう。

 うちはもう優勝決めてるんだから、空気を読んで「負けてくれ」って神戸のサポーターさん達からは、思われてるよねぇ。

 私も逆の立場なら絶対に思う。

 でも…優勝してみると 有終の美を飾りたくなるのよね。欲張りだ。

 そして寿人の得点王も絶対に欲しい。

 3点差あるとは言っても 2位の豊田選手は 今 勢いがある。

 ドッピエッタ決めて、スルリと得点王を掻っ攫われてしまうおそれだってある。

 ここはやっぱり寿人にもう1点決めておいてほしい!

 いや、2点でも3点でも決めて突き放してほしい。



 寿人は記念雑誌などのインタビューで、優勝が目前になった時のプレッシャーについても語っていた。

 私のネガティブな想像とほとんど同じだったので、ちょっとホッとした。

 ファンでありながら、悲観的な想像しかできない事を すごく申し訳なく思ってたから。

 そして今、得点王についても 誰もが「確実でしょう」と言うけれど、私には確実とは思えていないの。

 優勝がそうだったように『私がリアルに想像する事は実現しない』という変なジンクス(裏ポジティブ(ネガティブじゃないよ)という 複雑なからくり)で、寿人得点王も決めてくれるといいな。

 きっと寿人自身も この状況を「得点王確実」とは思ってないはず。

 …と書きながら、うぅぅ…得点王寿人がテレビ出演してる場面がリアルに想像できちゃった~~~~~~泣。

|

2012年11月29日 (木)

咲いた~☆

 11月22日に『懲りもせずパンジーの株を買って、やっぱり花が咲かなくなった』とブログに書いて、かよさんからアドバイスをいただいた。

 それを読んで まずは夜も出しっぱなしにしてみた。

 水やりは、かよさんのご主人は「週に一度」との事だったけれど、うちの子は 3日くらいでヘタ~~っとなってはいつくばってしまうので、そうなったら水やり。

 やっぱりプランターはそこが違うかな。

 そしたら…小さな蕾が付き出して、でもこのまま咲かずに枯れちゃうかも…と思ってたら 咲きました~~~!

 昨日はかなり小さかったんだけど、今日 程良い大きさになってました。

 色は買った時よりも 紫がかったような気がしますが。

 これは土の成分のせいでしょう。

Image549

 まだ蕾がいくつかついてるし、咲いてくれそう~♪

 かよさんの言われる「5度以下にならないと咲かない」のが証明されました。

 水を極力やらない、寒空に放置、どちらも鬼の所業のように思えますが、そこがポイントでしたね。

 草花が生きて、どんどん成長して、花を咲かせてくれるって 嬉しい♪

 うちの子は、背が高くて パンジーらしからぬ風貌なんだけど、花だけ切り取って小さなグラスに生けるのも楽しみ♪

 …そこまで咲き乱れてくれればネ。

 

|

2012年11月28日 (水)

母のプライド

 週に一度の実家詣で。

 今日の一番の目的はエアコン取り付けの立ち会い。


 そして事件は起こった。

 私が実家に着いた時、母は留守。

 また私との約束を忘れて、友達に誘われて喫茶店へ行ったな…まあ、私一人の方が取り付けもスムーズかも。

 業者さんが到着して、設置場所を決めたりしている所へ母が帰宅。

「何してるの?」

 耳元で大声で「エアコン取り付けるよ」とだけ説明。

 業者さんに愛想よく挨拶していた母が急変したのは その後。

 テレビを移動したり、母の布団をどけたりしていると

「どうしてエアコンなんか付けるの!?」と怒り出した。

 テーブルまで戻ってノートテイクで説明を始めるも、怒りは増すばかり。

「どうして勝手にそんな事するの!」

 そこからは、業者さんが気を遣う程の怒り爆発。

『だって電気ストーブだけじゃ寒いでしょ』

「相談してほしかったよ! お母さん、まだボケてないからね!」

 ここ数年、新しい家電製品には 強い拒絶反応を見せてきた母。

 だから居間(今は母の寝室)と台所は 30年前のクーラーしか無かった。(これがまた不思議に全然壊れないのよ)

 古い木造家屋なので、お正月に夫同伴で行く時は、電気ストーブ持参でないと 夫は寒くて居られなかった。

「エアコンを付けようよ」と言う度に 母の「要らない」で数年過ぎてしまった。

 でも最近は 電気ストーブに近寄り過ぎて、衣服を焦がしている。

 それに弟が同居したから、弟の為にもこの寒い台所は良くないし、エアコンの操作に迷っても、夜になれば弟が帰ってくるから何とかしてもらえる。

 それで私は『勝手につけてしまえ~』と決断した。

 母の怒りは収まらず、プイッと家を出て行ってしまった…。

 本来は、こういう事する母じゃないのよ。

 バッグを持って行ったから、喫茶店には行けるだろうと読んで、私は追い掛けもせず、取り付け立ち会いを継続。

 戻ってくる頃には怒りも冷めてるかも…と期待も半分。

 その間に夕飯の支度、ご飯を炊いて冷凍用に小分けして、薬を戸棚に貼りつけて。

 ちょうど終わった頃に 母が帰宅。

「いつまで工事してるの!」

『もうすぐ終わるよ』 業者さん びびるよね。

 そして先ほどの怒り発言の繰り返し。

「お母さんは、エアコンなんて要らない! どうして勝手にそういう事するの! 冷蔵庫だって 本当は怒ってるんだよ!壊れても居ないのに、どうしてあんな大きな冷蔵庫を買ったの!」 うわぁ…そこへ戻るか。

 冷蔵庫は私が入院中に壊れてました。

 5月の暑くなり始めた頃、退院後初めて行ったら、冷凍庫がなんとかひんやりしてる程度で、冷蔵室はただの棚。

 もちろん氷はできない。

 買い替える相談をしたら「お母さんは見ても解らないから、ゆうこに任せる」と言ったのに、いざ届いてみたら「こんな大きなの要らない!」

 入れ替えの作業が思いのほか大変で、今の母には そういう段取りが難しくて怒れて来ちゃったんだろうと思った。

 もちろん入れ替えは私が全部やった。(台所もすごい事になったので、我が家ではしないような大掃除をした)

 『冷蔵庫は私のミスで大きなのを買っちゃったからゴメンね。

 エアコンも私が来た時、すごく寒いから、私の為に買ったの』

 「じゃあ、お金も全部 ゆうこが払って! お母さん 余分なお金払う気ないから!」

 『うん、そのつもりだよ』

 「電気代もだよ!!」

 『それは無理かもしれない。ごめん』

 そしてまた「相談してほしかった!」に戻る。

 相談したら「要らない」って言うじゃん。

 冷蔵庫の時は相談した結果があれだったじゃん。

 言いたいことは山ほどあるけど、全部 心の中でつぶやいた。

 ひたすら『私が寒いから勝手してごめんね』

 そのうち業者さんが申し訳なさそうに

「すみません…終わりましたので…」って。

 ごめんなさいね。あなたのせいじゃないのに…。

 お詫びとお礼を言って帰ってもらった。

 久しぶりに ほんわり温まった台所で、怒り過ぎた事に気付いたのか、疲れたのか、ちょっとトーンダウンした母が

「お母さんはね、相談も無く こういう事をされると、無視されてるみたいで、バカにされてるような気がするの。それで怒れてくるの」と。

 あ~そこだったのか~!

 確かに今回は私「相談しても無駄」と最初から思ってたもんね。

 そういう事は しっかり見透かされる。

 お金も払うと言い出して「いいよ」「出す!」の言い合い。

 リモコンの電源ボタンにだけ『ここを押す』と小さな張り紙をして説明し

『ほら、あったかくなってきたでしょ~』

「寒い! こっちの方がいい」と電気ストーブを抱え込む。 可愛くないぞ~。

そして「消して!!」

 言われるままに消して帰って来た。

 まだまだ修行が足りません。

 

 

|

2012年11月27日 (火)

やってるよ~♪

 去年、手抜きを覚えてしまって、今年も本を購入しての年賀状作成。

 複数のデザインに ちょっと手を加えてから、印刷を早々に終えたところで

「今年は早いわ~」と安心してしまって、しばらく放置。

 たしか去年もそうだったわ…汗。

 で、再開しました。

 Img_0030
 またまた小物が増えた。

 左の丸いのは 今年初登場のバレンタインチョコの箱。

 右は、以前から使ってる これもバレンタインチョコの仕切りの容器。

 その奥にぼんやり写ってるのは、もう何年も使ってる袱紗の入ってた箱。

 この浅い箱に切り出した花弁を入れると 色が解り易いし取り出しやすかったの。

 でも、色の種類がどんどん増えたら、色ごとに分けたくなって、チョコレートの容器で小分けにするようになった。

 この写真だと 机の上は この3つで整然として見えるけど、実際は もっとすごい事になってる。

 毎年、色紙や和紙、シールなどがどんどん増えて、まずは小箱を増やす。

 『花弁の箱』『金粉チューブの箱』『和紙の箱』

 で、箱が3つにもなると いちいち出したりしまったりするのが面倒で、大きな箱にそれぞれの箱を入れて一つにする。

 この時点ですごく大きな箱になる。

 その箱の中の隙間にも ちょっと買い足した物を入れていくので、結局 箱の中は雑然としてしまう。

 あぁ…これは、我が家が汚うちになってしまった経緯と同じだ。

 結局、夕食後の片付けを終えて、キッチンテーブルの下に大きな箱を置き、その中から小さな箱をいくつも取り出して、テーブルの上は雑然となり、その中の狭いスペースで 小さな鋏やピンセットや糊を操って セッセセッセと作業に励むのでした。

 でもね、今回は、この小分け容器に花弁を入れる時に 相当時間がかかってる。

 数年前に色分けしたのに、作業してるうちに混ざっちゃうのよね。

 新色も増えるし。

 今年 マイブームの色を中心に また分け変えるのに時間かかったわ~。

 さて、この色分け容器が いつまで現状を保てるかしら。

 

|

2012年11月25日 (日)

第33節 サンフレッチェ広島 対 C大阪

11月24日(土)

【広島 対 C大阪】ビッグアーチ

(スカパー観戦)

 soccer4-1 広島勝利…そして優勝決定

 soccerゴール…洋次郎・アオちゃん・寿人(PK)shine・ノリ

 1時50分から NHKの寿人特集を見る。

 「ひやぁ~」照れる。

 「ひぃ~ん」泣ける。

 以前、放送されたものに最新情報を加えた30分(よりちょっと長い?)番組。

 優勝を目前にした練習風景が流れ

『寿人にゴールをさせる。激しく当たられても、寿人に正確なパスを出せるように練習する』と。

 ありがたい…ありがたい事です。涙。

 でも…そこまで盛り上げちゃって、今日 勝てなかったらどうすんの…?

 その時点で、超ネガティブな私。

 ビッグアーチからの中継が始まった。

 入場は選手の子ども達も一緒。

 私のお楽しみだったのに、それすら忘れてた!

 寿人のお子達を見て にんまり。

 でもすぐにドキドキ。息苦しいくらい。

 早い時間帯に洋次郎が1ゴール!

 うおぉーーーーーっ! びっくりーーーーーーっ!

 ちょうど画面の端に仙台の失点が表示された直後だった。

 ドキドキがますます激しくなる。

 うーうーふぅーふぅー。

 そして2点目。

 洋次郎→寿人→航平→ノリ→アオちゃん。

 この時のノリがすごかった。

 サッカー無知でミーハーな私は、見た目に解り易いプレーを「すごい!」って思っちゃう。

 右サイドを駆け上がって来て、航平からのパスにダイビング。

 頭で合わせてゴール前のアオちゃんへ。

 それをきっちり決めたアオちゃんもすごかった。

 以前の試合で、自分の不甲斐なさに顔を上げられなかったノリ…それでも頑張り続けたノリ。

 そんな事が頭をよぎり また涙。

 2点とって、チームには余裕も出てきたのかな。

 時折、笑顔が見られる。

 みんなが伸び伸びと自分達らしいプレーができる事を楽しんでる。

 航平も激しく体をぶつけられても倒れずに 要所要所でいいプレーを見せる。

 そして! PA内で倒された。レッドカード!

夫「寿人蹴れ!」

私「えーーーっ!?」

夫「これは寿人蹴るでしょう」

ちょっとぉ~ どうしよう~! 

「航平に蹴らしてやって~」と言いつつ、半分は期待。そして…もし失敗したらって心配。

 やっぱり見てられない。目を閉じて手で顔を覆ってうつむく。(三重のバリア)

 実況が「C大阪戦では、一つPKを失敗しています」 いやぁ~~~ん!

 それに待ち時間が長いよ。

 後で見たら、相手GKが時間を使ってたのね。

夫「真ん中に蹴れっ!!真ん中!」そ・そ・そんなぁー。

夫「よしっ!決めたーーーっ!」

 はぁ…よかったぁ…。

 これで3点目。

 よかったぁーーーうぇ~ん!

 さあ、次は自力でゴールして。そして航平にもゴールさせたって。(注:名古屋弁)

 画面隅に時々

『このままいくと…』と表示される。

      勝点   得失点差

 広島  61    +28 優勝

 仙台  57    +20

 ひぃ~~~! ドキドキ。

 後半開始。

 今度はノリのゴール。良かったね! J1初ゴールだって。ノリ ほんとによかったねー!

 さあ、次は航平の番だよ。

 アオちゃんが上手いカット。ドリブルでゴールに迫って来る。

 実況が「左右 どちらを選ぶ!? 佐藤を選んだ!」

 スローリプレイでは、ドリブルを開始する瞬間に、もう左側の寿人を見たじゃん^^

 1失点。

 でも4-1だもんね。

 アディショナルタイム突入。

 広島の勝利はほぼ確実だけど、その頃にはもう「どうか仙台負けますように」…あぁ、なんて心の狭い悪魔な私…。

 「仙台、底力を出すなーーー」 醜い私。

 だって、仙台は土壇場で逆転するもん…。

 時間が過ぎる。

 広島の選手達がベンチ裏に集まり始めた。 優勝によくあるシーンだ。

 仙台のロスタイムは6分。広島よりもキックオフが少し早かったけど、終了はどうなる?

 どうかどうか…そのままで終わってくれ~。悪魔の叫び。

 

 広島に終了のホイッスル。勝った!

 寿人の目が泳いでる。

 次の瞬間、画面右下に、うなだれる仙台選手の姿の映像が!

 やった!! 黒いベンチコートの広島の選手達がピッチに踊るようにしてなだれ込む。

 寿人は膝を付き、そのまま頭を抱えるようにして前に屈みこむ。

 むせび泣いてるように肩が震え、腕の隙間から唇をキッと結んだような横顔が見えた。

 そして上げた顔は…ぶちゃいく~~~涙笑。

 この時、寿人は優勝の喜びよりも 今までの苦悩の歴史を思い出してたらしい。

 J2降格、目前でスルリと優勝を逃した天皇杯・ナビスコ杯…。

 そこからは、歓喜に沸く選手・スタッフ・スタンドのサポーター達。

 涙・笑顔。

 監督のインタビューに続いて、寿人・洋次郎・アオちゃん。

 寿人ファンでミーハーで おまけにネガティブな私までもが こういう幸せな時間を味わわせてもらえて、申し訳ないような気分。

 ありがとう!

 毎年 ホーム最終戦は、家族も一緒に写真撮影するけど、今年はもっと特別だ。

 皆が笑顔で写真を撮り合う。

 奥さんと子どもを抱き締める選手。メダルを奥さんにかける選手。

 男冥利だよねぇ。奥さん達も幸せだよねぇ。良い風景。

 スタンドの人達。スタッフ。あちこちで肩を叩いたり抱き合ったり飛び上がったり。

 幸せがいっぱいのビッグアーチ。

 破れたC大阪のサポーターさん達もスタンドに残って拍手をしてくれてる。

 また涙。


 夜は、全チャンネルを見た。

 『V戦士生出演』毎年見てた光景。

 そこにサンフレッチェ広島の選手達が居る。

 夢みたい。

 各局の司会者と 数人でトークをする。

 笑顔いっぱいで 裏話あり、感動秘話あり。

 …そう、毎年 見てきた光景。

 「優勝する時は、チーム内もいい感じなんだよねぇ」と思って見てきたよ。

 今、サンフレッチェ広島が そうなんだね!

 昨日から今日にかけて、地元のサッカーには特別関心の無い友達からも「おめでとう」とメールが届く。

 私なんて 熱烈サポーターさん達のように、汗水たらして応援したわけじゃないし、称賛される立場じゃないんだけど…。ありがとう!

 さあ、本当の最終戦は来週末。

 優勝を決めて単なる消化試合じゃなく…寿人の得点王が決まる試合となる。

 チームメイト達はきっと「寿人に得点王をとらせる!」と意思統一してくれるに違いない。

 寿人は「上手いFWは、他にもたくさんいるけれど、僕ほど周りに恵まれたFWは居ない」って言ってたもんね。

 現在2位につけてる豊田選手は、ここんとこ絶好調で、得点を重ねてる。

 最終戦でハットトリックだって十分あり得る。

 優勝したけど、今度は、独走状態だった寿人の得点王がスルリと 手から滑り落ちたらたまらない。

 優勝も得点王も両方欲しい! なんて贅沢だってわかってるけど、ここはどうかお願いします!

 

|

2012年11月23日 (金)

バカ親から お知らせとお願い

 明日24日(土)は、広島対C大阪戦。

 ここで広島が勝ち、別会場での仙台が負ければ、広島の優勝が決まる。

 それ以外だと12月1日の最終戦まで 仙台と優勝を争う事になる。

 できれば明日 決めて欲しい。

 明日は、広島サポーターの熱い想いの溢れるホームでの最終戦。

 どうやらスタジアムのチケットも完売らしい。(はじめて?)

 私はホテルがとれなくて、スカパー観戦となった。

 そしたらね…明日、地上波NHKでも放送されるじゃん。

 あぁ…先週も地上波放送があり「うちの寿人を見て」と言いたいのを我慢してた方が 寿人活躍で勝って「あ~やっぱり宣伝しておけばよかった」となる…と予想して、あえて言わなかった。

 そして 試合は勝利を逃した。

 だから今回は言った!

 皆様、どうかお時間があれば うちの寿人をご覧くださいませ。

 そして広島勝利を祈ってくださいませ。

 紫のユニフォームの背番号11。キャプテンマークをつけて、コイントスもします。

 相手ゴール前に居る事が多いけれど、時として自陣深くまで戻って守備をしてる事もあります。

 キックオフ直前、チームで円陣を組んでから、全員と片手タッチをする時、寿人の左手が、みんなのムスコにもタッチしてる事があります。(私の大好きなシーン)

 そして…そして…広島の友達から「試合前に寿人特集があるよ」とお知らせがあった。

 調べてみたら なんとなんと! NHKの試合の前に『優勝へのワンタッチゴール』/佐藤寿人選手 特集  なんてのが放送されるのでした~!

 以前 『情熱大陸』みたいな番組で寿人の特集をしてる夢をみた…と書いた気がする。

 もしくは『情熱大陸』で特集してくれるといいな…だったかも。

 『情熱大陸』では無かったけれど、今季、この手の特集は けっこうあったなぁ…。

 ミーハーファンとして、バカ親としては、幸せなシーズンでした。

 …って まだ終わってない。

 今日は、J2の千葉対大分の昇格決定戦があった。

 泣ける。

 勝てばJ1に戻って、寿人と同じステージで戦える千葉の勇人(寿人の双子の兄)

 やっぱり私は勇人を応援しちゃう。

 だから負けてショック…。

 でもね、昇格を決めた大分の選手やサポーターさん達が泣いてるのも感動的で泣ける。

 広島が2008年にJ1復帰を決めた時を思い出す。

 どんなに嬉しいだろうって 良かったね!って思う。

 歓喜の涙の反対側では、無念の涙。

 もらい泣き。

 そうしてたら、私まで明日の試合にドキドキし始めちゃった。

 選手達は、この前の試合でも優勝を意識してガチガチだったそう。

 ここへ来て ようやく私にもその気持ちがわかってきた。

 ドキドキしちゃうんだ。

 負けたら優勝できない…(実際は『できない』じゃなくて『ちょっと遠のく』)って思うと もう泣きそうになる。

 6位くらいだったら「今年も降格しなくてよかったよかった」って笑顔でシーズンを終われるんだよね。

 でも ここまで優勝争いできちゃうと「優勝しなきゃダメ」って思えちゃうのよね。

 優勝を逃した2位だと 選手もサポーターも号泣だろうな…私も 鬱再燃になる気がする。

 催眠術をかけてほしい。

 広島の選手・監督・スタッフ全員に「明日は普通の試合」って。

 スタジアムが満員で、異常な興奮を見て「あれ~? 今日はなんだか いつもと違うなぁ~。観客も多いし、サポーターの声も大きいし、張り切っちゃうよ~♪」って思えるように。

 明日の夜、私は「フンフ♪ フンフッフーン♪」って歌っていられるんだろうか?

 もうすでに泣きそうなんですけど…。

 

 

 

|

2012年11月22日 (木)

ほらね!

…と自慢するような事ではありません。

 ちょっと前に、青桐の発芽で楽しみましたが、やっぱり「花の咲くものを育てたい」気持ちがむくむく湧いてきてしまいました。

 そしてよせばいいのに、何度目かのパンジーの株を買ってしまったのです。

 Img_1771 

 だって、とっても可愛い色だったんだもの…。

 淡くくすんだようなピンク。変わってると思って。

 で、青桐をまず移植した。

 あの白いプランターで大木になったら似合わないからね(笑)

 青い陶器の鉢に移植する時、心はすでにパンジーにあるので、シャベルでズボっとえぐって乱暴な扱いでした。

 青桐…ごめん。

 そして青桐のいたプランターに パンジー用の土を足して パンジーの株は 根っこを少しほぐして優しく優しく植えました。

 それからは水をやり過ぎないようにして、ベランダにわずかな時間だけ射す日を受けるようにプランターの位置を変え、夜は室内にとりこむという、至れり尽くせりの対応。

 …そして やっぱり、いつもと同じ状況になった。

 花は、買ってきた時についてた蕾が咲いたら、次がつかない。

 葉っぱだけは元気に育つ。

 今では「立派な草」になりました。

Img_1844_2

 なんでよ?

 以前 失敗した時は、もっとひょろひょろした草で、そのうち枯れた。

 抜いてみたら、根っこはポットに入ってた時の形のまま固まってた。

 今回は おそらく根っこは ある程度 成長しているんだと思う。

 でも…花が咲かないのよ。

 肥料もやったんだけどなぁ。

 花咲おばちゃんには やっぱりなれないか…。

 でもまだ「花枯らしおばちゃん」ではないよ。

 

 そして引っ越しさせられた青桐は、新しい住まいでひっそりとしています。

Img_1845

 心なしか成長が止まってるような…。

 私の心が無いのを感じてしまったんだろうなぁ。

 そう言えば、青桐のプランターの空いてる場所に埋めたロザリオの種は、どうなっちゃったかな?

 青桐と一緒に引っ越ししてるか、パンジーのプランターに残ってるか…?

 鉢植えに対する私の愛情って気まぐれで無責任で ダメね。





|

2012年11月21日 (水)

冬の使者の正体

 数年前にトップ画像にしたり、Galleryにも載せた(と思う)青桐の種子。

 去年も このブログに写真を載せた。

「ベランダにやってくる謎の植物」の正体を「アオギリ」と教えてくれたのは、かよさん。

 面白半分に あの干しぶどうのような種を埋めたら この夏の終わりに発芽して その時も「なんだこれは~!?」と騒ぎ、葉っぱを見て「青桐か…あ、私 埋めたんだった」と記憶を繋いだ。

 そしてとうとうその源を発見♪

 マンションの前の公園に青桐あったのよねぇ…。

 我が家のほんとに真正面。

 そりゃ 種子もたくさん飛んでくるわ。

 先日、カメラを持って黄色く色づいた枝葉を下から見上げて居たら、おぉーーー!

Img_1847


 葉っぱとは異質な塊。

 あれこそが、我が家にやってくる冬の使者達ではないか!

 葡萄の房みたいに連なってるのね。

 Img_1848

 ズーム。

 汚れた葉っぱみたいで、ちっとも可愛くないぞ。

 でも これが一枚ずつベランダに落ちてると 可愛いんだなぁ~♪

 今年はまだ いらっしゃいません。

 ベランダで対面するのが楽しみ♪

 

|

2012年11月19日 (月)

ここたん初舞台♪

 なんと!

 ここたんの歌の発表会を見て来ました。

 詳細はあえて書きませんが(…と言っても書いてしまう部分もあり) 驚きのここたん初舞台でした。

 複数の課題曲の中から選んだのは♪ドンパン節♪

 カラオケへ行って アンパンマンや散歩を歌う時も、途中から映像に注目してしまって、ちゃんと歌ったのを聞いた事が無い。

 それがいきなり大勢の人の前で 不慣れな民謡なんて歌えるんだろうか…。

 会場には、着物を着たり、凝った衣装をつけた子ども達がいっぱい。

 赤いウールのアンサンブルを着て現れたここたんは、私の姿を見て近づいて来ても、いつもの笑顔が無い。

 アッタンマンのご親族一同もいらしてて、ここたんは ちょっと固まり気味。

 歌えるのかなぁ…心配度アップ。

 出演する子ども達の中で最年少のここたんが舞台へ上がる。

 特別にカッカと手を繋いで、腰が引け気味でマイクの前に。

 前奏が鳴り、いよいよ歌い出したら…ひぇ~~~ここたん、歌えるんじゃ~~ん!!

 もうびっくり~~~!

 左手でマイクスタンドを抑え、右手はカッカと繋いでリズムをとってる。

Img_1894

 会場からは自然に手拍子が。

 すごいすごい~~~!!

 歌詞の解らないところは 鼻歌でメロディを繋いで、落ち着いて最後まで歌いきった。

 まだ2歳よ。

 「どんどーんぱんぱーん」って一回言えれば良しだと思ってた。

 

 歌い終わると、自分の席で待つ。

 そこから大勢の子ども達の歌が続くので、ここたん頑張れるかしら…。

 ここでもここたんだけは特別に カッカが一緒に座ってた。

Img_1900
 まず七五三に アッタンマンのばぁばが買ってくれた草履が片方脱げてました。

Img_1906_3


 そのうち、残りの右の草履も脱げ、足袋だけに。

 他の子が ドンパン節を歌うと、この足が自然にリズムを刻んでました(笑)

Img_1907
 そして足袋も嫌になったらしく、靴に履き替え。
 
 

 他の子の歌を聞きながら、目は ここたんのあんよを見ていてごめんなさい(汗)

 2時半を過ぎると、ここたんは普段ならお昼寝タイム。

 カッカもそれを心配してた。

 Img_1917


 案の定、眠くて足があったまってきたんでしょうね。

 裸足になって こんな風になってました~~~かぁいいーーー!

 そしてとうとう泣き声が…。

 眠いのに寝かせてもらえないもんね。

 まだ2歳だもん。

 カッカに抱っこされて泣いてるここたん…まだちっちゃいのよ。

 会場で着物を着て走りまわってる小さな女の子が居て「ここたんと同じくらいかなぁ」と思ってたら 幼稚園児でした。

 そう、ここたんは背が高いのよ。

 で、しっかりしてるから、すごくお姉ちゃんに思えちゃうの。

 でも…2歳なのよ(泣)

 そして最後の表彰式。

 なんとここたんは「アイドル賞」に選ばれました。

 泣いてたから大丈夫かな…?

 ちゃぁんと カッカと舞台に上がって、偉い人から賞品の玩具をもらって「ありがと」と言えました。

 2歳とは思えない。

 
 まさか あんなに歌えるとも思ってなかったから、びっくり満足だったけど、ここたんマニアの夫婦としては『私達に向けた特別な笑顔』が貰えなくて ちょっと残念。

 ここたんの笑顔は媚薬で麻薬。

 継続的に与えられないと寂しいのよ~。

 休憩時間には、棒付きキャンディを見せに来てくれたんだけど、そこでも顔は固まってたのよね。

 あんな場所は初めてだし、着なれない着物だし、幼心もいろいろだったんでしょう。

 

|

2012年11月17日 (土)

第32節 サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ

【広島 対 浦和】埼玉スタジアム2002

(スカパー観戦)

 soccer0-2 広島勝てず…

 朝刊で NHK地上波、リアルタイムに放送されるのを知った。

 友達に「うちの寿人」の雄姿を見てもらうチャンスだ。

 お昼前に、返信メールや連絡メールをする機会が3件あった。

 どの人も私が寿人ファンだと知っている。

 『今日、NHKで放送あるから もし時間あったら見てやって』と、添えようかな…と思った。

 でもね、私はこういう変な色気を出して力むとダメなのよね。

 それよりも あえて知らせずにおくと 寿人大活躍で「あ~やっぱり知らせておけばよかった~~」って思う事になりそう!

 だから 放送には一切触れずにメールした。

 

 そして我が家では、スカパーは録画、NHK放送を見た。

 

 あ~寿人、そんな後まで下がってボールを奪ってるのね…。

 で、せっかく奪ってもシュートまでいかないし…。

 広島の選手の事も 戦術も 何もかもよく知ってる浦和の監督ミシャだもんね。

 寿人に仕事をさせない策は十分練ってる事でしょう。

 画面の端っこに仙台対鹿島の得点経過が出る。

 仙台1点。

 ぐわーーーーーーー。

 今日、仙台が勝って、広島が負けたら、首位は入れ替わる。やめてーーーー。

 試合は、一方的に浦和が攻め込んでる…ように私には見えてたら、解説と実況が

「押し込まれているのではなく、広島は意図して守っている」と。

 へ~そうなんだ~~~~^^ よかった^^

 アオちゃんの見事なカット!! そして寿人へ。(も~忠犬アオちゃん♪)

 その瞬間、私は『力むな私!』と意識をし、次いで息が止まる。・・・ああ、十分力んでいる。

 うがーーーーーーっ! 寿人のシュートはゴールの上。

 そして画面の隅っこには 仙台2点目。ひぃーーーーー!

 広島のチャンスが潰れる度、花桃家のリビングには、夫と私の

「うぎゃぁーーー!」

「どぅうあーーー!」

 ヒキガエルが潰れるような声が響く。

 そして1失点。

 うあぁ…広島って先制されると 勝率悪いんだよねぇ…。ネガティブ始動。

 浦和まで応援に行っている広島マダム達に申し訳ない。

 後半。

 早々に曲芸みたいなボール回しでゴールに迫る広島。

 いいじゃーーーん♪

 そこからの寿人シュートは、オフサイド&GKクリア。

 ん~~~オフサイドでもとりあえずネットを揺らしてくれないと。

 なんて暢気な事を思っていたら、2失点目。

 ここから追いつく力をつけたはず!

 さあ、ロスタイム、良太タイムよ~~~と思ったら、とっくに交代してたんだった…。

 寿人のヘディングシュートはGKが触った。

 あ~~~あれはGKを褒めるしかないか…。

 私は右に体を倒しながら、もうメモもほったらかし。

 もう寿人じゃなくてもいい、誰でもいいからゴールしておくれーーー!!

 またも寿人のヘディングシュートはGKキャッチ。 くーーーーーー。

 寿人は猛然とボールを奪いに走ってる。

 まだ諦めてないんだ。

 画面端の仙台対鹿島が3対3で終了を告げた。

 おぉ! 鹿島さまさま☆

 ヴェガルタ仙台は好きなチーム。でも今だけは「勝たないで」なの。

 鹿島ありがとう~~~~!! なの。

 心の狭い、自己中心でごめん。

 広島の試合も無得点で終了。

 次節は、チバちゃんとミキッチが出場停止。

 うあぁ…きついな。

 でもノリやソッコやナカジが きっとやってくれる!



 あぁ…結果的に 友達にお知らせしなくて良かったね。

 もしお知らせしてたら、3人ともが「なんてメールしよう…」って 今頃 困ってたわ。

  夜のスポーツニュース、首位争いで、広島と仙台の試合は注目されてる。

 どのチャンネルも 寿人のインタビューが付いてる。

 勝ってたらなぁ…寿人ゴールしてたらなぁ…。

 独走してた得点王も ひたひたと迫って来る2番手が視界に入って来た。

 次に広島が勝って、仙台が負ければ、そこで広島の優勝が決まる。

 それ以外だったら、最終節まで持ち越し。

 最後までハラハラドキドキするのも楽しいけれど、できれば早く決めてほしい。

 

|

2012年11月16日 (金)

泣きたくなるの…

 水曜日の後遺症なのかな。

 ちょっとした事で泣きたいような気持ちになる。

 

 子どもが頑張ってる姿や 皆が力を合わせて何かを成し遂げるドキュメンタリーを見て

「ここはまだ泣くとこじゃない」ってとこで涙が出ちゃうのは、私の心が充実している時。

 ハートが潤ってて、アンテナが敏感な時で、良い兆候。

 ところが、この数日(思えば、先週くらいからだ)ドラマの切ないシーンの直前で 泣きたい気持ちになる。

 …これも感性が豊かになってる兆候ではあるんだけど、あまりに頻繁すぎるのが ちょっと変。

 さっき「オレンジデイズ」の再放送を見てた。

 これが放映されてる時、私 見てないのよね。柴崎コウさんが好きじゃなかったから、見ようという気にならなかった。

 今は彼女も素敵だなって思うので、まだ若かったコウさんや、他の俳優さん達を楽しんで見ちゃう。

 ストーリーも、私好みの「若い恋」

 片想いやすれ違いや、酸っぱくて切なくて ちょっぴりだけ甘くて。

 毎日 見られる訳じゃないので、ストーリーはとびとび。

 だからなのか、ストーリーとは無関係な ちょっとしたシーンで うっとなる。

 今日は下駄箱のところで、成宮君(役名すら覚えてない)と (役者の名前もド忘れした)女の子が向き合ってるだけで泣けたわ。

 これで、思いっきり声をあげて泣けると、すっきりするんだけど、そこまでは泣けないので、心に何かが溜まっていくんだろうなぁ。

 うるっときて、顔がくしゃっとなって「ひぃ・・・ん」とつぶやいた頃には、もうおさまっちゃうから。

 来週は金曜日くらいしか見られないから、お話も進んでしまうだろうね。

 録画して見る程では無いのよねぇ。

 NHKの朝ドラでも たびたび「うっ」となるから、ちょっと鬱気味なのかなぁ。

 この季節は センチメンタルになるから…よくないよくない。

|

2012年11月15日 (木)

ここたんパワー

 昨日、帰宅した夫に 母の事、弟の事で愚痴を言った。

 黙って聞いていた夫が最後に一言

「こういう時は、ここちゃんの写真を見て元気を出しましょう」

 おっしゃるとおり♪

 帰り途に それはやりました。

 で、夫と一緒に また写真を見て「このおてて!」「ほら 栗になってる!」「かぁわいいにぁ~」と 言ってるうちに、顔がゆるんできた。

 そして 保存してある『ココス通信』を読んで、ここたんの面白可愛い言葉や行動を思い出し、真似をしてるうちに、笑えてきた。 

 やっぱり同居してない分、深刻さは薄れてくるね。

 昨日、何がそんなに辛かったのかさえ、今は曖昧になってきてる。

 心の奥には、まだ澱のように重い悲しみが溜まっているけれど「考えても仕方ないな」って思えきた。

 辛い事があった時、若い頃は、大好きな人の事を思うと元気や勇気が湧いたけれど、今は、私は「ここたん」だわ。

|

2012年11月14日 (水)

どんより

 ここんとこ、母が穏やかだった。

 デイサービスに喜んで行ってくれてて、これも ありがたい事だな…と思ってた。

 弟が同居するようになってから、私は「外の娘」の立場になり、弟がその分「一番身近な身内」になって、母の不条理を引きうけてくれてるんだと理解してた。

 だから、弟の負担を少しでも減らそうと、私なりに色々頑張って来た…つもり。


 今日は 月に一度のケアマネさんの面談。

 あまり嬉しくない報告を聞いた。

 母は 私や弟にも気を遣ってるんだなぁ…と気付かされた。

 母も可哀想。

 弟も可哀想。

 だけど…弟には もう少し頑張って欲しい。

 今までもずっと『本当はこうして欲しい』という願いの1割くらいしか伝えていないのに…。

 残りの9割は、私ができる範囲でカバーしてきたつもり。

 別居している姉の勝手な思いなんだろうか…。

 「私は こんなにやってるのに…」って思いがあるのが いけないんだろうか…。


 なんだか何もかもが面倒になっちゃった。

 でも…私は とりあえず自分の家に帰ってくれば、母の事は少しだけ遠くなるんだよね。

 これが「忘れていられる」とは ならないとこが親子の辛いとこだけど…。

 毎日、母と顔を付き合せなければいけない弟は、私よりもっと辛いはず。

 …でも…でも…でも。

|

2012年11月12日 (月)

来年の年賀状

 今年の取り掛かりは まずまず…かな。

 でも 去年に続き、本を買ってしまいました。

 これは私にとっては「怠惰」

 それでも出来上がりは、やっぱりオリジナルよりもクオリティが高いのよね。

 もちろん、そのままを出す事はありません。

 素材を組み合わせて、その時点で「他に無い」デザインにはしてる。

 そして、最後は いつもの貼り絵があるからね♪

 一種類だけ、自作のイラストで作った。

 …でも、やっぱり素人丸出し。

 目上の人に出せるデザインでも無いし。

 いつもごくごく親しい友達には、真心いっぱい込めた(出来のいい)一枚を送っている。

 今年は…オリジナルのこれかぁ…。

|

2012年11月 9日 (金)

第31節 サンフレッチェ広島 対 コンサドーレ札幌

随分 遅くなりましたが…

11月7日(水)

【広島 対 札幌】ビッグアーチ(行って来た!)

 soccer3-0 広島勝利

 soccerゴール…カズ・寿人・ミズ

 

 ビッグアーチは山の中だから、夜は寒いよ~と 広島の友達からさんざん「防寒対策を」と言われて覚悟してた。

 今回は一人広島。おまけに 車椅子じゃなくステッキで! その方が大きな荷物が持てるの。(ころころスーツケース)

 防寒具(ひざかけ、座布団、手袋)だけで、バッグはパンパン。

 行く前にネットで「サンフレッチェフリースポンチョ」の発売を知り「これを現地で買おう(会員割引きくし)」と決めて、ダウンコードじゃなくトレンチコートで出発。

 ホテルにころころスーツケースなどを預け、防寒具を入れたバッグとお出掛けバッグを持つ。…う~ん、トホホな感じ。

 広島駅からタクシーで行く予定だったのが、Cちゃんが乗せてってくれるって 新幹線内で決まる♪

 Cちゃんの子どもを送る都合で、出発が遅くなり、時間ができたので、ホテルでちょっと寝る(笑)

 薄暗くなった頃にビッグアーチに到着。

 小春ちゃんから「先着1万名に紫色の新聞(中は寿人特集)が配られるよ」と情報があって、間に合うかなと心配してたら、それもCちゃんが先に着いてる友達に頼んでおいてくれた。

 ポンチョも来年の卓上カレンダーも買い、会員引換券も交換、会員証チェックも済ませた。これで一安心。

 Cちゃんは 今回はバックスタンドで札幌側に こっそり紛れるの。

 一誠が来てるからね。(ファンの心は複雑なのよ)

 私はメインのSS席を奮発したのはいいけれど、発売開始と同時にPCに張り付いて買ったのに、なんと11列目。

 10月に来た時に 場所は確認しておいた。

 SA席のC姉(年下だけど)とは、スタンドで会えた。

 私はショルダーバッグを斜めがけして、防寒具を入れた大きなバッグを提げ、その上に買ったばかりのポンチョを着ている。

 ちびっこいけど「どでん!」としてるだろうなと 自分で想像できるんだけど、通路で会ったC姉は「なにぃ~ どこのお嬢さま~?!」と。

 いや、こんなお嬢様は居ないと思う!

 試合開始直前まで、C姉が、すぐ動ける席に仮に座って付き合ってくれた。

 試合が始まったら、私はハーフタイムも立たないから、開始直前にC姉に荷物を預けてトイレへ。

 私が本当の席に着くところまで付き添ってくれて しばしのお別れ。


 ぼっち観戦だけど、隣にもぼっちのお兄さんが居て、無言のうちに なんか心が通じ合ってた。

 寿人がゴール前で倒れて、周りが「PK!」と騒ぎだした時「あれ?寿人 蹴らないの!?」とお兄さんと顔を見合わせた。

 倒れた寿人は しばらく突っ伏してた(倒れてるぞアピール?)けど、ごろんと仰向けになってボールをぽんと 誰かに投げたように見えたの。

 普通なら『僕が蹴る!』とガシっとボールを抱え込むのに。

 これについては、名古屋のTから「どうして寿人君はPK蹴らなかったの?」と質問メールが来てた。

 後に公式コメントで「PKを取った人が蹴ると決められない事が多い」のと「足が痛かった」って。

 自分のゴールよりもチームの勝利が目的だからね。

 ミーハーファンの私「ダメでも蹴ってみればいいじゃん!決まれば儲けもん♪」と思ってごめんなさい。

 浩司が決めた瞬間は、周りも一斉に両手を突き上げて歓声。

 ホームはこれだから嬉しいね。

 そしてPKを譲った寿人のゴール!

 泣けた。

 開幕戦ゴール(現地観戦)は、去年 不調だったから「ああ、決まった!」って安堵を含む喜びで泣けたけど、今回はどうしてかなぁ。

 しばらく鼻をすすってました。

 そして、今気付いた。

 どうしてかな…じゃなく、私が生観戦で寿人ゴールを見たのは、今年は開幕戦とこの日の2回だけだったのでした。

 だから生でゴールを見ると泣けるって事だったんだわ(笑)

 今季は それまでで5回の生観戦。そのうち勝利は3回。寿人ゴールは1回だった。

 7日の試合で6回中4回勝利。2回ゴール。勝率もゴール率も ちょっとだけ上がりました。

 途中でお兄さんが他試合の経過を携帯で見せてくれて「仙台は負けてる」のを確認。


 ハーフタイムの時、近くの人達がコーンスープを買って来てて、とっても美味しそうな匂いがして、私も欲しかった…。でも買いに行って戻って来る自信が無かった…。

 フリースポンチョのお陰で寒さはあまり感じないまま後半へ。

 寿人の惜しいシュートもあり、ジタバタしたり「きゃぁーーー」と叫んだり「うあぁ…」とため息をついたり、周りも一体化してて楽しい。

 そしてミズのゴールでダメ押し。

 勝ったーーーーーーーっ!!

 お兄さんは、またも携帯を見せてくれて「仙台追いついた…」と。

 でも広島勝ったし、3点とったし…と二人でガッツポーズ。

 勝ち試合はやっぱり充実感が違うわ。

 帰りもCちゃんの車♪ Cちゃんの広島の友達と札幌サポの友達も一緒に。

 3人で食事をするから誘ってくれたけれど、ここは無理をしないようにホテルへ。

 案の定、12時前にテレビを見ようとしてたのに、眠ってしまいました…子どもか。


 翌日は、昨日のタクシー往復が浮いた分で、Cちゃんと ちょっぴり贅沢ランチ。

 Cちゃんとは 一人広島の時は いつも「夜の密会」をするんだけど、久しぶりに「昼間の逢瀬」となりました。

 夜の密会も昼間の逢瀬も 怪しいぞ~笑。

 トークテーマは 家族・美容・サンフレッチェ・その他もろもろ…全然 怪しくないんですけど。

 いや…その他もろもろが大いに怪しい。

 帰宅したら、夫が「○○トが映ってた」と 私の大好きな広島のお子の事。

 試合終了後、挨拶を終えてから、寿人がスタンドの端っこに走って戻ったのよね。

 誰か居るのかな?と思ってたら、お子でした。

 早速そこだけ録画を見た私。(夫が既に再生してて、そこで止めておいてくれた)

 めちゃくちゃ嬉しそうな顔して手を振ってるの。女の子ファンが振るみたいな振り方♪

 周りのファン・サポーターと一緒になって「ひさとーーーー!」とかって叫んでたりして。

 あのね…うちへ帰れば会えるじゃん^^


 今季最後の広島生観戦は、本当に楽しかった。

 来春までさよなら広島。

 さあ、残りの試合で またワクワクさせてもらいます♪

|

2012年11月 6日 (火)

女の友情…?

 今日は、頼んでおいた年賀状を届けにOちゃんが来てくれる日。

 昨日「最近、また太り始めたから、明日はポンデ3個だけにしてね」とメールした。

 これは『ポンデリングは買って来てね』って事でもある(笑)

 本当に痩せたいのなら「何も買ってこないで」でしょう。

 Oちゃんの返信は「でも この季節、甘栗ははずせないでしょう」

 …Oちゃんが買って来てくれる甘栗は、いつも焼き立てで美味しいしなぁ…だから、断らなかった(汗)

 心配してた雨も上がったのに、いつものお寿司屋さんが臨時休業。

 急きょ、回転寿司屋さんへ。

 それぞれ好きなお寿司を食べながら、流れて来るデザートを見て

私「これ美味しそうだねぇ」

Oちゃん「でも おやつはあるからね。ここでは我慢我慢」

私「お寿司 まだ食べられるよねぇ」

Oちゃん「でも おやつの分を見越して、そこそこでやめとこ」

 Oちゃんの絶妙なブレーキが功を奏して、回転寿司屋さんでは、長居もせず帰宅。

 部屋に戻ると、Oちゃんが いろんな物をバッグから出す。

①朝日新聞の寿人の記事の切り抜き

②年賀はがき180枚

③清○屋のポイントシール(シートいっぱいになると500円券になるので集めてる)

④ポンデリング(いつもは箱だけど、今日は袋)

⑤3種類の葡萄

⑥甘栗

⑦りんご

「これで忘れ物は無し」とOちゃん。

Image547

 早速、3種類のポンデを半分に割って、カフェオレと共に、3種類ずつ食べる♪

「やっぱりポンデリングは美味しいねぇ~」

「いつもの箱買いだったら、もう一つ食べられるよねぇ。この買い方でよかったよねぇ~」

 甘栗は5個だけ小皿に入れる。

 私は一人で食べる時も このようにして数を制御する(…ような姿勢を見せる)

 で、今日も結局、いつもと同じで 食べ終わると小皿に追加してエンドレスになってしまうのでした。

 さてさて、本日の葡萄は「珍しい3種類だったから、少なめだし」とOちゃん。

Image548
 どれも初めて見る名前でした。

 Oちゃんも私も「スイートスカーレット」が一番美味しかった♪

 いつもなら、Oちゃんが帰った後「これは夜の分、夫桃さんと一緒に食べてね」と言われたミスドの残りを また食べ始めるんだけど、今日は無い。よしよし☆

 今日の議題は

「この頃、楽しそうだねぇ~。この子 可愛いよねぇ~」と 食器棚に貼ってあるここたんの写真から『ここたん可愛い話』 

 そして母の事、弟の事。

 いつもの事ながら、聞き上手なOちゃんに あれこれぶちまけて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

|

2012年11月 5日 (月)

ぞぞぞ

 今日の写真は、ぞぞぞっとします。

 見る時は心してください。



 ベランダのアイビーを剪定する時、いつだったかのようにシャクに驚いて腰を抜かさないように、用心して茎をさぐる。

 そして今日、こんなのを見つけてしまった~~~!!

 嫌かもしれない人は 薄眼でどうぞ。

 いきますよ。

 Image546 

 
 細かい物がビッシリ…私の苦手な絵面です。

 で、ぞぞぞ~~っとしながら、じーっと覗きこむMな私でもあります。

「ぎもぢわる゛いーーーーーーー」と叫びながらも まだじっと見ています。

 寒ぼろがでました。

 これは何かの卵でしょうか?

 裏側は やや白っぽい。

 さすがに すぐに切って 枝ごと、燃えるゴミに入れてしまいました。

 これを書きながら、時々 画面を上にスクロールして、またあの写真を見て、ぞぞぞ~っとしてる変態な私なのでした。

 ちなみに こういう写真は、単なる記録なので 携帯で撮ってます。

 デジカメでマクロで撮った方が良かったかな…いや やめといて良かったんだ。…ちょっと惜しかったかな。

|

2012年11月 3日 (土)

休日のここたん♪

 付き合い始めた恋人同士のように逢いたがってしまう…汗。

 今日は、夫も同伴でカラオケルームデートでした。

 お互いの都合が合うのは、次は二週間先になるので、夫が休みなのを承知で今日に決めた。

 夫も行きたいのを確認。

 そして「一部参加にする? それともずっと一緒に居る?」と聞いてみた。

 おんな子供の集まりだから、ずっと一緒に居るのは気づまりかなと思ったんだけど

「どっちでもいいですよ」と。 

 え?「途中から行きます」じゃないの?!

「どっちでもいい」ってのは「邪魔なら一部参加にしますけど…」って事だ。

つまりは「最初から最後まで居たい」って事。

 夫も そこまで ここたんに惚れてしまいました(笑)

 

 今日は可愛いニット帽とそれに合わせたケーブル編みのセーターにパンタロン(裾が本当に広がっててパンタロンなの)も~めちゃめちゃ可愛い♪

 来る時に、棒付きチョコレート(2個セット)を「ゆうこさんと たべる」と言って買ってくれたんだって。

 部屋へ入るなり「たべる!」と。

 そして私にも一つくれた。

 で、遠慮なく私は一口かじったら、半分口に入ってしまった。

 ところが あれだけ「たべる!」と張り切ってたここたんは 手に持ったまま ちっとも食べない。

 カッカが「食べていいのよ」と言っても ためらってる。

「私とここちゃんだけ食べて、カッカとダンナサンには無いのね」と 私の不用意な発言が、幼い心を躊躇させたらしい…。

 自分とゆうこさんだけ食べたら悪いような気がしちゃったのねぇ…可愛い。

「じゃあ ゆうこさんの半分 ダンナサンにあげてもいい?」

「いいよ」 …で、あげました。

 ここたんも遠慮勝ちにぺろりと舐めて、まだ迷ってたのか、しばらく手に持ってて落としました~~~涙。

 夫は その後も、今まで食べた事の無いお菓子をいくつか食べさせてもらいました。

Img_1616b

 この前の学習から、ここたんが好きなのは「さんぽ」のボイスガイド付き。

 一部分しか歌えないけど、全身でリズムをとってるの。

 特に両足がぴょん!って動くのが もう…もう…可愛いのだーーー!!

 他にもお気に入りの曲を入れてみて、ボイスガイドが無いのがわかると

「きょくが ついてないよ~」と。

 そしてボイスガイドがついても背景の動画に見入ってしまったりする。

 この前、遊園地のジェットコースターのソフト版みたいなのの映像を見て「あれ、こわいの」と言ってたけど、今日は それが見たいって。

 怖いけど見たいのね。

 入力も カッカのを見よう見まねで「ちょっとまっててね。いま かいてるから」とタッチペンを操作する。

 で、たまにとんでもない曲が入ったりする。

 フリードリンクを取りに私が行こうとしたら「ここちゃんもいく~」

 二人で手を繋いで廊下を歩く幸せ♪

 その後も何度か出掛け、私が「ここちゃん、次はぶどうジュース飲む?」と聞いてみると

「ここちゃん、まだあるから いいの」って。

 この前 ここたんち訪問の時も、デザートのいちごをあげようとしたら「ここちゃんは ここにあるから いいの」って言ったなぁ。

 欲が無いなぁ…可愛いにゃぁ~~~。

 廊下の鏡に一緒に姿が映ったのを見て うきゃーって嬉しそうな顔をする。

 こんな事でも嬉しいのねぇ。

 そして私は そんなここたんの笑顔を見ると 胸きゅんで嬉しいのだ。

Img_1652b
 

 「ドラえもん音頭(だったかな)」では、面白可愛い踊りを踊る。

 写真撮ったんだけど、さすがに動きが激しくてブレブレでした。

 3時間はあっと言う間。

 帰り支度をしてる時の一枚。

Img_1703b_3

 これね、後で見たら、ふくれっ面みたいなのよ。

 それが何ともまた可愛くて。おてても可愛いでしょ♪

 カラオケルームを出たら「げーむせんたー いくぅ~」と大張りきり。

 夫と私の間で手を繋いでぴょんぴょん。

 孫が居たら こういう風なんだろうなぁ~♪

 プリクラ、今回は夫も一緒に撮りました。

 半分に切って 夫のところへ「はい」と持って行く…可愛い(涙)

Img_1716b

 そして恒例となった「駐車場での撮影会」

 「ここちゃん ここにすわる」で始まります。
 

 ここたんの一挙手一投足に笑って笑って。

Img_1733b


 これは、私のリクエストに無理矢理応えさせた「バランス」

 自慢のブーツの底に星がついてるのも楽しくて カッカやゆうこさんの靴に星がついてるかどうか確認してました。

Img_1741b
 体操教室へ行ってるからか、何気なくポーズが決まるのよねぇ。

 お昼寝の時刻になってて眠くて仕方ないので、変なハイテンションで「はしりたいの~」

 何をしても可愛い(涙笑)

 名残惜しくお別れして、夫と二人の車内…「ここたんが ああ言ったね」「こう言ったね」「ああだった」「こうだった」そして静かになる。

 家に着いて すぐに写真を2人で見て また色んな事を思い出して「おでこ くっつけてたね」「なんか触りたくなるよねぇ~」

 ここたんを 我が家に招待する為には「リフォームするしかない」と夫。

 PCに今日の写真を取り込んだら、ついでに以前の写真を全部見る。

 可愛い写真がいっぱい♪
 

 


 

 

|

2012年11月 2日 (金)

壮大な予知夢?

 今日のアヒル寝タイムにみた夢は 何かを暗示しているような気がして、忘れないうちに書いておきます。


 私の夢はほとんどが色つき。そして辻褄が合わないのは「夢」だから…。



 私はどこかのサッカー場にいた。

 どうやら大きな競技場で、複数の試合を同時にやってるらしい。

 衝立から覗けば、別の試合も見えちゃう。

 …で、覗いてみたら、見慣れた紫のゲーフラや大きなフラッグが揺れている。

 「おぉ! 広島 得点したんだな!」

 私が観てるのは、どこの試合なのかは残念ながら、まったく記憶が無い。

 広島が得点したのかどうか、携帯サイトを見れば解る…と 夢の中でも思った。

 でもなぜか「ここでは見てはいけない」だった。

 目覚めてから気付いたのは、おそらくリーグ最終戦なんだろうって事。

 私は何とかして他試合の結果を知ろうと必死だった。

 車椅子特権を使って(現実には そんなものは無い)スタンドの裏側へ行ってみた。

 ベアバックの若い女性の集団が居て、その背中はなぜか赤銅色。

 「あらまぁ…若い女性の背中なのに あんな色で…」と思う。

 不思議にそこでは「鹿島の女性サポーターさんは あそこまでするんだ。すごいなぁ」と思った。

 目覚めてから思えば、あの赤銅色はヴィッセル神戸のエンジ色だった。

 満員のトイレを越えた広場には、黄色い揃いのシャツを着て、黄色い小旗を持った子ども達が整列してる。

 「おぉ、出番の前に最後の確認か。きっちりしてるなぁ。柏の子達かなぁ」

 目覚めて気付く…仙台じゃん。

 そして事務室のホワイトボードに 広島の公式サイトの「試合速報」で表示されるような表と文字があり、一番上に「わ1」とあった。

 「浦和か~。それとも渡辺のゴール? 渡辺ってどこの?」

 少なくとも寿人のゴールでは無いんだなぁ…と思う。

 そうやって一通り、車椅子で巡回した私は、その後、なぜか実家の庭でバスタオルやタオルを何枚も何枚も干してるのでありました…。

 結局、何を予知したのでしょうか?(笑)

 それらしい事が起きた時に、こじつけるのを楽しみにしておきましょ。

|

2012年11月 1日 (木)

ついていきます!

 よく利用している花屋さんに 特に懇意にしている店員さんがいた。

 私は花束やアレンジフラワーを作ってもらう時のこだわりが強い。 

 お任せはしたくなくて、贈る相手に似合う色や花を選び「この花を中心にして」からの

「元気な感じ」「優しい感じ」「ロマンティック」「アンティークな雰囲気」と 細かくお願いする。

 アレンジフラワーだったら、籠も選ぶ。

 家からアイビーの蔓を切って持って行き「これを使って」と頼む事もある。

 作ってる最中には「そこに黄色を足して」「葉ものがあるといいかな」と提案もする。

 最後のラッピングペーパーもリボンの色も私が決める。

 この面倒な客を喜んで迎えてくれるのがHさんだった。

 彼女が居ると安心して 細々と注文する。

 二人で

Hさん「こうしてみましょうか」

私「わぁ!いいわ~!」

私「こういうのはプロ的にはダメ?」

Hさん「いいですよ」 やってみて「あ~いいですねぇ~!」

 と話し合いながら、素敵なアレンジフラワーを完成させる。

 

 半月ほど前、アレンジフラワーを作ってもらいに花屋さんへ行き、彼女が店を変わったと知った。

 この店の本店で、私の家の近所!

 ただ表通りに面してないので、存在は知ってても 今まで一度も行った事が無い。

 昨日は、またアレンジフラワーが必要になり、意気込んで本店へ行ってみた。

 ちょうどHさんは休憩中でした…。

 若くてかっちょいい男性店員さんに「お悔やみの花なので、白いトルコキキョウと紫のカーネーション…」と 店で見つけたいくつかの花を指示して、お願いした。

 ステッキの私を見て「あちらの椅子でお待ちいただいてもいいですよ」と店員さん。

「作るのを見てるのも好きなので、ここで見させてください」

 そして…店員さんが白い大きなダリア(だと思う)を手にした瞬間

「あ、それ使う? …それは あまり好きじゃないので」 うわぁ~やなおばさん。

 白いダリアは素敵なんだけど、私がイメージしてるお悔やみの花とは ちょっと違うのよね。

 …プロにお任せすれば、私の発想に無いアレンジもあったかもしれないなぁ…と 後で気づいた。

 「じゃあ、その代わりにカサブランカを使ってください」と私。

 小さな花を探した店員さんが水色のストックを手にしたので

「あ~それも好きじゃないの…これ ブバリアだったっけ?」

「ブルースターです」

「そうそう。ブルースターにしてください」

 うあぁ~ますます『やな客』

 ほぼ全体像が出来上がった頃、Hさんが休憩から戻って来た。

 他の店員さんが伝えてくれたらしく

「あ~花桃さ~ん! お店を変わる時、お知らせのハガキを書いたんですけど 切手が無くて出せずにいました」

「こっちの店の方が近いし、私はHさんのアレンジが好きなので、一緒にこっちへ移動します」

 そしたらね…先の男性店員さんが 最後の仕上げをHさんに代わってくれちゃいました…失礼だったかなぁ…だったよねぇ…。

 そしてやっぱりHさんが「もう少し足しましょう。何がいいですか?…かすみ草とか?」

「う~ん かすみ草はちょっと…」 私ね、かすみ草自体は好きなんだけど、薔薇の花束のかさ増やしに使う時のかすみ草は嫌なの。

 その思い込みが強くて、アレンジの仕上げに根元を隠す為にもかすみ草はダメなのよねぇ…。

 するとHさんは、ささっと数種類の薄黄色いミニカーネーションを足してくれた。

「お悔やみだけれど、華やかさもあって 素敵になりましたね~」とHさん。私もにっこり。

 車まで運んでもらう。

 以前の店は会員証で一割引きだったけれど、本店にはその制度は無いんだって。

 ポイントシールが集まったら、5000円の花束プレゼントだそう。

 自分用に5000円の花を貰うのも嬉しいから、それを楽しみにしましょ。

 

 かっちょいい男性店員さんは、顔見知りのお年寄りのお客さん達に 気さくに声をかけてて感じ良かった。

 私も「やな おばさん」じゃなくて「花が好きなおばさん」だって事を 少しずつ解ってもらおう。

 待ってる間に、変わったシクラメンを買ったお客さんと会話してて、そこで「鉢植えは絶対に枯らしてしまうんです」って公表しておいたので 今のところ「花は好きだけれど、育てられないおばさん」で インプットされたね。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »