« 優等生☆寿人クン | トップページ | クラブワールドカップ 第一戦 »

2012年12月 6日 (木)

迷うところ

 若い頃から我流で編み物をしてた。

 自分のセーターは何枚も編んだし、人にプレゼントした事もある。(義母・夫・近所の子ども・独身時代は彼氏にも)

 冬服を出していて、この子たちを久しぶりに見た。

Img_0044
 一番奥は、ヨーク部分を丸く先に編んでいく編み込みセーター。(何て言うんだっけ?)

 メリヤス編みだけなので、難しくは無いんだけど、何色もの糸を何度も何度も入れ替えながら編むのが大変。

 本の通りの色の毛糸を買わずに、自分でアレンジした組み合わせ。

 これって編み上がるまで どうなるかわからないのよね…。

 襟は 本は基本的なクルーネックだったけど、私はハイネック風にした。

 気に入ってよく着たけど、ここ数年は、さすがに「ちょっと若すぎるかな…」と衣装ケースに入れっぱなしだった。

 今年、久しぶりに見たら着たくなった。でもね、松葉つえをついていたせいもあって、わきの下から見ごろ横の毛玉がすごい。

 写真ではよく解らないけど、古ぼけた感じなのよね…。

 手前の白いのは、モヘアと不織糸を一緒に編んで、本ではビーズだったのをパール玉にした。

 これも模様編みは単純だったけど、パールをつけるのが大変だった。

 外出先で「ご自分で編まれたんですか?素敵ですね」って 知らない女性に声をかけられたのはこれ。

 編み物してる人は、目につくんだよね。

 小花モチーフネックレスの時も 声掛けられたし。

 …残念ながら、真っ白だったのが黄ばんできた。

 肩パットの入ったデザインで、今 着ると野暮ったい。

 左のは、モチーフを繋いだ完全オリジナル。

 これは重い! 着ると肩がこる。

 そしてあえてショート丈(重ね着するので、おへそが出るくらいの短さ)にしたので、お腹の辺りが寒い。

 

 

 アラン模様や、透かし編みなど、何枚も編んだのは、誰かにあげちゃったのかなぁ?

 まさか捨ててはいないと思うんだけど…。

 ショッキングピンクのアラン模様のショート丈のセーターは、今 また着たいのになぁ。

 こういう事があるから どうしても捨てられない。

 でも…この3枚を着る事は無さそうな気がする。

 もうセーターを編む根気は無いのよねぇ…。

 眼鏡をかけて編み物するおばあちゃんの姿って可愛いけれど、歳をとってからも 手の込んだ編み物ができる人って、すごいわ。

 捨てるべきか…作品として残しておくべきか…迷う。

 

|

« 優等生☆寿人クン | トップページ | クラブワールドカップ 第一戦 »

おばさんの独り言」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事