« 第34節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸 | トップページ | 迷うところ »

2012年12月 4日 (火)

優等生☆寿人クン

 ゆうべは、Jリーグアウォーズ。

 一般の人も観覧できるんだけど、この日は、市役所音訳ボランティアの1年に一度の「オープニング担当」の日なのと、公文のスタッフが一人 休む事が以前から決まってて、二重の枷。絶対に休めない。

 だから応募もしなかった。

 スカパーで見ればいいわって納得させてた。

 でも、夕べ、公文から帰って、途中からスカパー放送を見たら「やっぱり会場で見たかったなぁ~」でした。

 去年までも スカパーでちらっとは見てた。

 でもね、やっぱり優勝した年は違うわ。

 そして…寿人は複数の受賞をした。

 優勝チームのキャプテンとしてのスピーチは 最初から解ってたけど、受賞の度に、壇上で話す姿を見られたのは嬉しかった。

 そして毎回、ちゃんと違う話をしたのよねぇ…。

 ここは「バカ親」じゃなく「親バカ」で、寿人 中身の濃い話を上手に話したわ~♪

 フェアプレー個人賞も サッカー無知な私は「もしかして貰える位置にいるのかな?」くらいにしか思って無かったの。

 寿人のスピーチの基本はどれも「感謝」なんだけど、得点王受賞の時は チームメイトへの感謝を具体的に話した。

 「チームメイトに感謝します」だけなら、ありきたりだけど「GKとDFが体を張って守り、MFが汗をかいてボールを運び、僕は最後を決めるだけ(私の理解なので ちょっと怪しい)だったから、この得点王は自分だけでとったのではない」って。

 よく言った!!

 そして…最優秀選手賞。

 優勝チームで、ベストイレブンで、得点王で、フェアプレーで、そりゃもう寿人でしょう…と思うものの、もしかして まさかの「高萩洋次郎~!」もありかもと妄想してた。

 見事に寿人でした。

 今まではレンタルだったタキシードを 今年は新調したと 何かで語ってた。その頃は、優勝も得点王も 未定だったはず。虫の知らせだったのかなぁ。

 エンジのようなこげ茶のような蝶ネクタイがとってもお洒落でよかった^^

 最優秀選手賞受賞挨拶は「愛する妻 奈○と○○ト・○○トの二人の子どもに捧げたい」って。

 天真爛漫な自由人の下息子君、きっと会場のどこかに居るでしょうけど、ちゃんとパパのスピーチ聞いてたかしらん。

 後ろ向いてお菓子食べてて、ふいに名前を呼ばれて びっくりしてたりして^^

 奈○さんは、素敵にドレスアップして座ってた。

 不調の時も、怪我の時も、いつも夫の側に居て、夫と同じくらいの もしかしたらそれ以上のプレッシャーを感じて苦しい時もあったはず。

 本当に本当におめでとう。そして ありがとう!


 毎年、ちらちらっと見てたアウォーズ。

 いつも「いいなぁ~ 優勝チームは、あんな特別扱いなんだなぁ」

「あ~すごいなぁ~! 得点王って あんな風にしてもらえるんだなぁ」

「MVPなんて かっちょいいなぁ~」だったのが、今年は全部、サンフレッチェ広島と寿人だったんだ。

 何年も熱烈に応援しているサポーターさん達は、私の何倍も何倍も嬉しくて感動してるだろうな。

 私なんかが喜ぶのは おこがましいとは思うけれど、でも嬉しい。

 そしてこの幸せを存分に味わわせてもらった。

 


 それとね、正装すると、サンフレッチェ広島の選手達のイケメン度の高さが再認識できたわ。

 ミズは「この子は歳を重ねるごとに どんどんいい男になっていくだろなぁ」

 アオちゃんは「ほんとハンサムだわ。全国のサッカーファンの女子たちが『あら、こんなかっちょいい人居たの?』って思ってるんじゃない?」

 ソッコも航平もじゅんじゅんも 可愛いイケメンだもん。

 全体的に「清潔でお洒落」な感じがする。

 もうここは、ミーハーファン丸出しで、頬がゆるみっぱなしでした。

 これは身びいきだろうか…。


 夜は「すぽると」に寿人生出演。

 寿人 もう寝る時刻なんじゃな~い? と テレビの前で茶化しながら見た。

 現役選手らしい映像分析(これは、いずれコメンテイターとして売り込むのに役立つかな)があったかと思うと、CMに入る前に「チャンネルはそのまま!」とお茶目なポーズを見せたり。

 チャーミングな寿人を全国の皆様にも見てもらえた♪


 このお祭り騒ぎの中で、次のCWCは、目前。

 練習する状況も 今までとは違ってしまってる中で、普段通りの試合当日を迎えるのは難しいだろうと思う。

 どうかまず一勝してください。

 そして豊田スタジアムまで来てください!

|

« 第34節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸 | トップページ | 迷うところ »

佐藤寿人(サッカー)」カテゴリの記事