« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

年賀状の神様ぁーーー!

 遅まきながら、やっとお年玉付き年賀状の確認をしました。

 今年は4等(お年玉切手シート)が4枚のみ。

 …しょぼ~ん。

 まあ、200枚弱の年賀状なんだから、確率で言えば妥当な数字よね。

 でもさぁ…小学生の頃から毎年、心をこめて年賀状を作り続けてる私なんだから、ちょっとくらいご褒美くれても良くない?

 我が家の最高は3等が1回だけ。

 商品カタログを貰って、今半の牛肉佃煮を選んだ記憶がある。

 すごくすごく嬉しかったなぁ…(小市民)

 2等の【111316】によく似た【099316】があって、ちょっとドキッとした。

 これを見た瞬間、私の小さな脳みそは大きな勘違いをした。

 111から099を引いて「12番違いだから、Nさんが出した相手の中に きっと2等当選の人がいるんだ~~~♪」

 2等の賞品を羨ましく眺めつつ、しばらくその勘違いにとらわれていた。

 で、やっと気付く。

 12番違いどころじゃないじゃん。12000番じゃん!!


 そしてまた「もし2等が当たってたらぁ…どれにするかなぁ~」と、いじましい妄想に浸るのでありました。

 今年最初の運だめしは『そこそこ・妥当なところ』ね。

 これが2013年の運気を暗示してるとしたら、そこそこで良しとしておこう。

|

2013年1月29日 (火)

好きになっちゃった~♪

 去年の秋くらいだったか、日テレの「メレンゲのきもち」を見てて 『いとうあさこ&上重アナ』のコーナーが大好きになった。

 あの二人は恋愛関係じゃないだろうけど、それでも「なんかいい感じ~♪ 付き合っちゃえ~♪」くらいに思ってた。

 いとうあさこちゃんへの好感度は じわじわと上昇。

 そしてふと気付けば、上重アナの事も かなり気になるように。

 別の番組に出てるのを偶然 見た時は「きゃ~」なんて思ったり、真面目な顔で いかにもアナウンサーっぽい仕事(ニュースを読んでるのは見た事が無い)をしてるのを見た時は

「あら~ほんとにアナウンサーなんだ~。やっぱり声がいいわ~」なんてネ。

 そして近頃は「メレンゲのきもち」で 2人のコーナーが無いと かなりガッカリ。

 あさこちゃんと別のアナウンサーが組んでた日にゃ…「えーーー」

 先日は、美容院の週刊誌で『好きな男性アナの4位』になってるのを知った。

 そうだわ!

 私、一番好きな男性アナウンサーだわ!

 ちょっと前まではTBSの安住アナが好きだった。

 でも「安住アナ」を見る為に番組を見るってとこまで好きなわけじゃ無かった。


 それが…昨日は、朝刊で上重アナがバラエティ番組のゲストで出るのを知り、忘れないようにテレビ画面にメモ書きを貼った。

 夜10時…アナウンサーらしからぬ、ちょっと遊びのあるファッションの上重アナ。

 くりぃむしちゅーの上田さん達を相手に オモシロ真面目に魅せてくれた。

 高校時代は甲子園で活躍もしたエースピッチャーだったのね!

 そういう情報が新鮮な驚き。

 そして好感度ぐんぐん上昇。

 怪我で野球をあきらめた瞬間に 新しい道としてアナウンサーを選んだとの事だけど、それまで野球一筋だった人が いきなりアナウンサーを目指せるってのは、文武両道だったって事だろうか? だとしたらかっちょいい~☆

 妄想力が これまた「好き」をアップさせる。

 ほんと声がいいのよね~。

 私 指の綺麗な人と声のいい人…めちゃくちゃ好きです!

 私も得意な早口言葉だけど、やっぱり本職にはかなわない。

 上重聡アナ…好きだーーーーーーーー!


 そしてこれも昨日知ったんだけど「ズームイン朝」の土曜日担当なのね!

 土日の朝は、私 心行くまで起きないので、見た事ないわけだ。

 今週の土曜日から、上重アナ見たさに、土曜日も早起き(普通の人には早起きでもない)してみるか!

 実存しても絶対に届かない「好き」は、寿人一人だったけれど、上重アナも入れとくわ。

 まあ、生の上重アナを見る為に東京まで行くって事は さすがに無いけどね。

 年に数回は広島まで行く「寿人大好き」には、まだ及びませんね。

|

2013年1月28日 (月)

豆苗のオマケ♪

 少し前にテレビで「豆苗」を取り上げてた。

 ここんとこ 青物野菜が高い。

 そんな中、この豆苗は、工場で作ってるから価格が安定してるんだって。栄養価も高いんだって。

 それよりも何よりも「一度切って使いきっても また生えてくる」と!!

 翌日、早速スーパーで購入。

 確かにかなりの量で98円!

 そして「刈り取った後は、水を替えながら室内で育てると また生えてきます。たまに生えない事も…」的な説明書きがついてた♪

 ほんとに量が多いので、二人家族では一度に食べきれず、半分を鍋に、数日後、残り半分を炒め物に入れた。

 包丁でザクッと刈るのも面白かった。

 そして使わなくなったお弁当箱に入れて流し台に置いておいた。

 …生えてきたね~~~♪

 最初は数本がひょろひょろだったけど、あっという間に けっこうな量になった。

Img_0471

 もちろん最初に買った時ほど びっしりじゃなくて すかすかだけどね。

 そして、これも刈り取って(刈り取って!)、チキンソテーをした時、仕上げの頃に ささっと一緒に炒めたら綺麗な緑色のアクセントになりました♪

 さて、また五分刈りになった豆苗くん、また生えて来てくれるんでしょうか?

 下の方に大きな豆が見えてるの。発芽してない豆がある限りは生えてくると思うんだけど、どれくらい残ってるかなぁ?

 もうしばらくは ここに置いときます♪

|

2013年1月25日 (金)

ねずみちゃん来訪♪

Img_0558_2
 我が家のリビングにねずみちゃんが ちょこんと座っています。

 

 今日は、ここちゃんPhotoを いっぱいご覧くださいませ。

Img_0472_2 

 お口のまわりに たこ焼きソースをつけて、うさちゃんをぎゅー♪

Img_0476bb_4
(画像をクリックすると大きく表示されます)

 ここたんも ちっちゃな指でウインナーをつまんで入れてお手伝いしてくれました。

 ひっくり返して丸くなると「たこやきになった~!」

Img_0502bb_2
(画像をクリックすると大きく表示されます)

 

 ここたんちは電子ピアノを買いました。

 カッカはピアノが得意なの。

 今日は「さんぽ」の楽譜を持って来て弾いてくれました。 

 ただ…我が家のエレクトーンはもう20年以上 触って無くて、やはり故障してた。

 思い通りの操作ができなくなってたけど、サンバや8ビートのリズムで音を出すと、ここたんは うずうずしちゃいます。

Img_0523_5

 95円(950円じゃないよ)で購入した『対象6歳以上』のおもちゃで 上手に遊ぶここたん。

 本当に2歳なのか…?

Img_0584_4

Img_0606_3
 

 お絵描きタイム。

 今日は『きのこ』をたくさん描いてた。

 長い線をひいて上に丸をつけると「きのこー」

 「ゆうこさんを描いて」と頼んだら

Img_0622_3

 生花桃を知らない方へ 念の為…あたくし モヒカン刈りではありません。

Img_0626_2
 

 中学の同窓会で 天使のコスプレをした友達に貰った羽。

 やっぱり本物の天使ちゃんがつけるとよく似合う。

Img_0632_3

 でも この天使ちゃん、おちゃらける。

Img_0645_3
 

 哀愁漂う背中…。

Img_0660_3

 先月来た時、ブランコは尻込みしてたのに、今日は「ここちゃん ぶらんこのる」

 そっと押してたら「もっと」「もっと~」

 カッカがけっこう力を入れて押してもへっちゃら。

Img_0698_2

 かなりの角度まで行っても「きゃぃ~♪」と嬉しそうな悲鳴。

 私の方が冷や冷やよ。

 …そう、私 子どもの頃、ブランコはけっこう怖かった。

 今日のここたんは、『ぎっこんばったん』にも挑戦。この前は「のらない」だったのに。

 私が蹴りあげる事ができなくて(初めて知った!)ここたんを上下に動かしてあげられなかった。

 カッカが支えてくれて、一番高い位置で止まっても笑顔。

 …私、小学生になってからでもシーソーは怖かったんだった。

 そして最後は滑り台。

Img_0712_4
 

 両足交互に出して梯子段を上がって行く後ろ姿…なんだかちょっと感動よ。

 でもねずみですけど…。

Img_0719

 フードの正面には2本の白い歯もついてて間違い無くネズミなんだけど、この後ろ姿は小熊にも見える。

 幼児には「耳付き」だよね~♪

 そしてこの幼児、鉄棒の前に行って 一番低いところはスルーして2番目の高さにぶら下がる。

 それでは満足せず、一番高いところへ。私の身長くらいあるよ。

 カッカに持ちあげてもらってぶら下がりました。

 体操教室すごいわ。

Img_0721_2

  ねずみここたんが帰ってから、カメラ内の画像を見ていると

「ゆうこさーん!」と ここたんの声!

 胸がドキンとする!

 そうです。今回は録音成功。カッカのメール着信音に設定しました。

 でも「ゆうこさーん!から…(私の笑い声)ここしゃん…めーるきたよー!」

 録音直後に 皆の前で再生してみた時は「メール」が なぜか「おなら」に聴こえる。

「ゆうこさーん、から…ここしゃん、おならきたよー」それも本人は気に入ってた模様。

 これで私の携帯の待ち受けも カッカメールの受信音も「ここたん」です♪

 日中 思いがけない時に 携帯からここたんに「ゆうこさーん」と呼ばれるなんて…嬉!

 

 

|

2013年1月24日 (木)

浮遊うさちゃんと目が合う!

 うさちゃん、ベランダに吊るされてお日様を浴びて数日過ぎました。

 すっかり乾いてるんだけど、念のために室内でも 裸んぼさんで吊るし続けてます。

 ゆうべ、夫がリビングに居るうち(消灯してない)に布団に入って上を見たら…

Img_0416

 びっくりしたーーーーー!

 あまりにしっかりと目が合ってしまうので、ちょっと位置を変えてみた。

 ねぇ…やっぱり ちょっと怒ってる?

|

2013年1月22日 (火)

雨上がりの贈り物

 今日はちょっぴり寒さが緩んだ。

 スーパーへ買い物に行った時も「冷たい」って思わなかった。

 年が明けると、同じ冬でも12月とは違って感じる。

「春に向かってる冬」

 

 以前は夫を送り出して洗濯物を干してからアヒル寝に突入してたんだけど、この頃、横着になって、夫を送り出すと朝刊を読みながらうとうとしてしまう。

 で、脱水機が止まった音がするのに「ちょっとだけ寝る!」と布団の中に。

 今朝なんかは「どうせ雨だから、急いで干しても同じだわ」と そのまま本気アヒル寝をしてしまった。

 11時にやっと起きたら、薄日も射しててグッドタイミング♪

 脱水機から洗濯物を取り出してベランダに出ると…おぉぉ!




Img_0393_3


 

 この写真じゃ小さくてよく解らないけど、公園の端っこにある私の大好きな欅の木に、雨粒がついてて白い花のよう!

☆画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 カンガルーエプロンのポケットに洗濯物を入れたまま、慌ててカメラを取りに行く。

 日に照らされて輝くと、小さなダイアモンドが枝にちりばめられてるみたいにも見える。

Img_0401_4

Img_0402_14

Img_0406_2

 PCにとりこんだ大きな画像のまま見ると 細いたくさんの枝が春に向かって一生懸命伸びてるみたいにも見える。

 気付けば、ポケットに洗濯物を入れたまま、ベランダで一時間近く樹を見てました。

 そしてこんな一コマも…オマケ。

Img_0409_4

 今回、画像をクリックすると大きく表示されるようにしてみました。

 

|

2013年1月21日 (月)

PCも叩いて直す…(!?)

 先日、花桃掲示板で『電子機器を叩いて直そうとしてないですよね?』と かよさんに問われて『単純な作りの物は叩くけれど、PCや携帯などは叩きませんよ~』と答えた矢先…叩きました~!


 夫のPCが ここ数カ月ずっと調子が悪く、年明けにとうとう買い換えた。

 我が家が初めてPCを買った時、セットアップに数日かかった。

 夫と二人でPCに張り付いて、ああでもないこうでもない…あ、固まった…ハイ、強制終了…今日 何度目の強制終了だ?…今日はもうヤメ!

 この繰り返しで 三日目くらいに ようやくネットに繋がった時はホッとしたっけ。

 その後、重くなって買い替えたり、共有だったのをそれぞれが持つようにして、今までに私は4つのPCをセットアップしてきた。

 もうこれは、私の役目なんだな…。最初の時みたいに手間取る事はないけど、でも人にやってもらえるものならやってほしい。

 それが今回は、私が実家へ行ってるうちに 夫が自分でセットアップを完了させた。

 もちろん事前に私が必要な書類を一揃い出しておきましたわよ。

 そして古いPCから 夫は色々移してる様子。

 今回はほんとにノータッチだった。

 …あら 私が居なくても何の影響も無いんだわ(…ここ数年、何度も思い知らされる現実。だって『私が居ないと困るでしょ』って思ってたんだもん)

 ところが、一昨日「古いPCがとうとうダメだ」と夫。

 まだ青息吐息で使用できていたのが、突然 プツっと切れてしまうそう。

 再起動しても またプツっと切れる。

 『必要なデーターなどは全て移動させたから 旧PCはもう必要ない』事を確認してから

「叩いてみたら?」と提案してみた。

 夫は素直にノートパソコンの上から叩く。

 ん~~叩くなら、裏側じゃないかなぁ。(←何の根拠も無い感覚的な発想)

 で、裏返した瞬間「バッテリーをはずしてみたら?」と閃いた。(←何の根拠も無い感覚的な発想)

 夫は素直にはずしにかかる。…その外し方は力づく。

 そう言えば、携帯でも調子悪い時、バッテリー(という名前じゃなかったかも)をはずして入れ直すと直ったりしたじゃん…と思い出して、これは全く根拠の無い事ではないなと勇気を得る。

 バッテリーをはずしてみるのは、いいかも!

 だんだん頭の中のパズルが埋まって行く。

 そして「バッテリーを買い替えたら また使えるのかも」と 今度は無知丸出しの発言。PC内臓のバッテリーって買い替えられるものなのか?…知りません(笑)

 で、一旦はずしたバッテリーを元通りに入れ直す事に。

 先ほど 力づくではずした夫は、そこでもグリグリと押し込もうとする。

 ん! それはいくらなんでもまずいんじゃないかな?

 先っぽに何やら繊細な部品がついるみたいだから、それをきっちり合わせて差しこまないと。

 老眼鏡を取り出し、台所のテーブルに載せて 花桃先生の出番。

 まずPCの裏のボタンをいじってみる。

 二つのボタンでバッテリーの取り付けをしてるのを確認。

 これを押すと、中のポッチが こっちへ移動する。そしてこれを押すと、こっちのポッチが動く。

 取り外したバッテリーのその位置を見ると、意味ありげなくぼみがある。

 くぼみとポッチの移動を確認してから、二つのボタンを操作して 見事はめ終わる。

「さあ どうでしょう!?」

 起動させた夫が「なんか良さそう!」と。

 充電ランプがちゃんと点いてるって。

 突然 何度も切れた時は、このランプが点いて無かったんだって。早く言ってよ~。

 


 そして、無事に復活しました。

 まあバッテリーがダメになってるんだから、一時的な復活でしょうけど。

 それでも気分がいい♪

 そして密かに「やっぱり私が居て良かったでしょ」とほくそ笑む花桃なのでした。


 このブログを見た『まっとうな知識のあるお方』は「ギャーーーなんと言う無謀な事を!」と思われるだろうなぁ。

 我が家のPCは、どれもこれも4年くらいしかもちませんが、理由はこれかな。

|

2013年1月20日 (日)

花桃 残虐行為(!?)

 うちにもう何年も居るうさちゃん☆

 大掃除の時、とても汚れてるのに気づき、近いうちに洗わなくちゃ…でも いつになることやら…などと思った。

 一昨日の夜、やっと一緒にお風呂へ連れて入った。

 人間の赤ちゃんくらいの大きさなので、最初は膝に座らせて おててを洗う。

 (股関節が悪い私は、洗い場では椅子使用)

 毛だから、私のシャンプーでいいよね。

 赤ちゃんを膝に載せてる感じで、あんよも洗う。

 なんか可愛さ倍増。

 今度はお耳…これは、膝に座らせてては うまく洗えないので、膝の上に寝かす。

 幼い頃、こうやって両親に洗髪してもらったなぁ…不思議に父に洗ってもらった時の記憶の方が濃い。

 あの頃、父のおてぃんてぃんは、どこにどういう形で収納されていたんだろう?

 この体勢だと、私の体のどこかに当たってたんじゃないかなぁ?

 などと考えて笑えて来る。

 うさちゃんは、お耳が特に汚れてたのよねぇ。

 おまけに私がリボンなんて結んでやったので、変なへこみもできてる。

 念入りに洗うけど、どんどん私の身体が冷えて来て切り上げた。

 ボディは、服を着てたので あまり汚れてない。

 頭部も人間の赤ちゃん並みの大きさ。

 この辺になると、扱いがどんどん乱暴に。

 後頭部は、膝にうつ伏せに寝かせてぐるぐる撫で洗い。

 うつ伏せついでに、丸いしっぽも洗う。

 顔面は、黒いおメメとピンク色の口がついてるから、人間の赤ちゃんだったら水が目に入らないように細心の注意が必要だけど、ここはぬいぐるみ。

 後頭部と同じように ぐるぐる撫で洗い。

 全身をシャンプーで洗い終わって…温かいシャワーを頭からジャー!

 人間の赤ちゃんだったら泣き叫ぶわ。

 完全なる虐待だわ。

 さて、次は私のコンディショナーで仕上げ。

 フットバスにぬるま湯とコンディショナー液を入れて そこにうさちゃんを入れる。

 最初は下半身を入れたので、ちょうどちっちゃなお風呂にうさちゃんが入ってる感じ。

 これはとっても可愛かったので「あ~写真撮りたいなぁ」と思った。

 その間に私も湯船につかり、ちっちゃなお風呂に入ってるうさちゃんを眺めて ほっこり。

 しかし、残虐行為は ここから加速していく。

 今度は上半身をコンディショナー液につけたいよねぇ…。

 両足を持ってつりさげる…。

 ぎゃぁーーーーーーー! ひどい!

 『犬神家』の冒頭のシーンみたいな恰好でしばし放置する。

 ごめんよーーーーうさちゃん!

 こうして全身コンディショナー仕上げをして…軽くシャワーですすぎ、手足を絞る。

 もうかなりの重さ。

 タオルで体表の水分を吸い取る。

 でも いつまでも手足から水が滴る。

 

 …次の展開 ご想像されましたか?

 はい…まさかの脱水機でございます。

 もちろん最短の3分に設定しましたわよ。

 ごごごご・ごとん・ごごごご・ごとん・ごごごご・ごとん・・・・・・・

 一定のリズムは、どこかが当たってるって事だろうなぁ。

 3分を待てずに2分で止める。

 先ほどよりも、かなり軽くなったうさちゃん。

 「怖かったねぇ…ごめんよ~」バスタオルで抱きしめる。

 
 でも残虐行為は まだ終わらない。

 夜のベランダに連れて行き、物干しざおに吊るす!

 ひどいよね…花桃 残虐だよね。

Usagi3

 翌朝のうさちゃん。

 お日様をいっぱい浴びて、表面はすっかり乾いてる。

 でも体内の奥深くは簡単には乾かないだろうから、干し続ける。

Usagi2
 空中浮遊してるみたいで、ちょっと面白可愛い。(あくまでも個人的感想です)

 ちなみにこんな顔。

Usagi1

 やっぱりあまり楽しそうでは無いね。

 裏返したり、場所を移動したりして、今日もずっとお外。

 先ほど、洋服にもアイロンをかけ終わり、うさちゃんをお家に入れました。

Usagi4 

 ホッとした様子のうさちゃん♪

 ちなみに後ろ姿も可愛いので披露。

Usagi5

 尻尾が出るように作られたワンピースなの。

 ご丁寧にフリルエプロンも可愛いでしょ~♪

 自分でもこういうエプロンが好きなのだ。

Usagi6


 丸いしっぽちゃん♪

 


 そして思い出した。

 この子が、この残虐行為に遭うのは二度目。

 一度目は、数年前に ぴっちぃ号に載せていたこの子の あまりの汚れ方に母が耐えられず 数日間 実家に引き取られたの。

 そして「洗濯機で洗ったよ~ 綺麗になったでしょう~」と得意満面の母から この子を受け取った時の私の驚愕。

「洗濯機~~!!」

 今回、お風呂で手洗いしただけマシかなぁ。

 でも最終的には脱水機使用だから一緒かぁ…。

 

 おめかしして写真撮ってて また思い出した。

 首の下についてる花飾りは、母が付けてくれたんだった。

 最初はリボンだったの。

 でも洗濯機と脱水機でへたれてしまったので、母がアームバンドについてたオーガンジーの花飾りを付けてくれたんでした。

 すっかり違和感無く馴染んでたわ。

 さすがにワンピースの花柄は、色あせてたし、エプロンのフリルも黄ばんでたなぁ。

 服とエプロン…作りますか!



 さて、一応 服まで着せたけれど、念のために、もう少し この子は、干します。

 また裸んぼさんにされて ベランダで空中浮遊です。





|

2013年1月18日 (金)

う・ふ・ふ ポンデ♪

 今日は 今年最初のOちゃんデー♪


 家に入ったOちゃんの第一声。

「わー! ゆうこー ほんとだー スッキリしてるー! 言うだけの事あるじゃ~ん」

 てへっ。

 去年の暮、ここ姫ご来訪の際、夫婦で必死の掃除をして「綺麗になった」とブログで自慢しまくったものの、もしかしたら自己満足かもしれない…と。

 でもOちゃんが自らそう言ってくれたんだから、ちゃんと目に見える変化はあったって事だ♪

 ただし…「うん、これなら『普通の家』だわ~」とOちゃん。

 …はい、自覚しております。

 さてさて本日は「新作の『生ポンデ(だっけ?)』を3個限定でお願いします」とメールしておいた。

 3個限定が大事。

 3個すべてをOちゃんと半分こして3種類を食べても1個半のカロリーだもんね♪

 そしたら、Oちゃんが笑いながら申し訳なさそうに

「それがさ~ 新作ポンデ4種類あったんだわ~。だから4個買って来ちゃった」

 それは望むところです。

 Image563

 まずは袋から全部出して並べて見た。

 以前『リッチなんとか』が出た時、すごく期待しただけど、食べてみたら、どこがリッチなのか全然解らなかった。

 今回は見た目もちょっと違う。

 普通のポンデよりもぺたーんっとしてる。柔らかいって事だね。

 箱入りのも2種類。

 味わい&評定は、いちごを先に食べてから。

 Oちゃんがお土産にくれたせっかくの「あまおう」だから、甘いドーナツの後じゃもったいない。

 あまおうを全部パックから出して洗おうとしたら

「全部 洗っちゃう? 傷むよ」

「だね」

 って事で、3個ずつ頂く事にして、6個だけ洗った。

 残り5個の贅沢あまおうは、今晩、私が頂きます。

 やっぱり高価だけあって美味しいわ♪

 果汁がじゅわ~っと出て来る。


 ひとしゃべりしてから、ポンデタイム。

 4個をそれぞれ半分に切る。

 ポンデは分け易いのよね~♪

 そして手でちぎろうとすると…もっちゃ~~~~~~~♪

「わぁ!これはいいねぇ~!」

 普通のポンデよりも高いのは許せる。

「美味しいね~♪」

「どれだけでも食べられちゃいそうだね~」

「お昼ごはんとしてなら、4個を半分ずつで、2個でもいいけど、お昼は普通に食べて…だもんね。2個は多いでしょ~」

 でも全部食べちゃった。

 ちなみに、チョコレート大好きな私だけれど、ポンデは上にチョコレートがかかってないシンプルなのが一番気に入りました。

 今日は、Oちゃんも私も 二人ともが「話したい事がいっぱい」だったので、夢中で話した。 

 …結果的には、毎度のごとく、私の話の方が圧倒的に長かったけど。

 Oちゃん、いつもごめんよ~。

 今年も付き合ってね。

|

2013年1月16日 (水)

空へ旅立った病気仲間

 昨日、寒中見舞いのハガキが届いた。

 見覚えのある顔の写真が隅っこに。

 みさおさんに最後に会ったのは、もう20年以上前になるかな。

 でも年賀状で時々 写真を見てたし、若く見える子だったから、私の記憶と全然違わない笑顔。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・!!

 毎年 元旦に届く年賀状が 今年は無くて、家族写真じゃなく、一人だけの笑顔の写真の寒中見舞い。

 ・・・のろのろと文面を読んだ。

 年賀状のお礼の後

『実は、昨年12月8日に 妻みさおが53歳で永眠いたしましたので、新年のご挨拶を遠慮させていただきました。

 前もって、この旨をご通知申し上げなかった失礼をお許しください』

 そして、相手の体調を気遣う文章でしめくくられていた。

 差出人は、みさおさんのご主人と二人のお子さん。

 ご主人がPCで作られたであろうハガキには

『今までずっと仲良くしていただき、ありがとうございました。お体 大切にしてくださいね』と手描きの文字が添えられていた。

 そっかぁ・・・・。

 そっかぁ・・・・・・・・。

 そっかぁ・・・・・・・・・・・・・・。

 何度も口をついて出るのは、この言葉だけだった。

 みさおさんと出逢ったのは、私が22歳、SLE再燃で二度目の入院(7ヶ月半の後半二ヶ月)の時だった。

 その二ヶ月は、最年長22歳の私と、同い年だけど学年が一つ下のみさおさん、高校生のKちゃん(今も時々会ってるし、ブログにも登場する)と、名前忘れちゃったけど、もう一人高校生の4人の女の子部屋だった。

 看護師さん達からも可愛がられ、私達の部屋は合宿所のように明るかった。

 ネフローゼで入院していたみさおさんは、経過も良く、退院後しばらくして職場復帰(教師)もした。

 ずっと付き合ってたポンちゃんと結婚もした。

 ネフローゼ患者の妊娠出産は慎重にならざるを得ないけれど、彼女は果敢に挑戦した。

 でもなかなか妊娠せず、体外受精に踏み切った。

 当時は電話で 体外受精の苦労を面白可笑しく報告してくれた。

 そしてついに妊娠。

 …でも死産だった。

 彼女から悲しい電話を貰った。

「こんな事なら、体外受精なんてしなければよかったのかな」と嘆く彼女に

「何も悪い事をしてない赤ちゃんのまま亡くなったんだから、きっと 今度はもっと幸せに生れてくるよ」と、生まれ変わりを信じてる私は言った。

 数年後、またも体外受精で妊娠し、無事に出産した彼女から

「あの時、ゆうこさんが言ってくれた言葉が勇気をくれた。あの子は絶対に私の所へ生まれ変わってくるって信じてた。だから再挑戦できたんだよ」と。

 その数年後には、自然な妊娠で第二子も出産。

 年賀状には、毎年少しずつ成長していく元気な二人の子どもの笑顔の写真があった。

 一緒に入院していた仲間の中では(病気も違うけれど)一番 元気で順調な人生を歩んでいた。

 それが10年程前だったかの年賀状に「去年、白血病を発症したけれど、今は復活!」と。

 当時の私は 鬱病まっただ中で「復活したなら大丈夫だね」と勝手に思って、連絡をする事もできなかった。

 

 年賀状だけのお付き合いが何年も続いていたけど、仕事再開や、家族旅行や、子どもの運動会の写真や近況報告などがあり、すっかり病気が影をひそめていた。

 そして2012年の年賀状には「家族は私を不死身だと思ってて、少々体調が悪くても 全然心配してくれない」とあった。

 私も年賀状には「肥ってしまった」とか「母がアルツハイマーと診断されて、ちょっと大変」とか「左股関節まで痛み出した」とか、愚痴や弱音もよく書いてたので、あぁ…頑張り屋のみさおさんだから、頑張っちゃうんだろうなぁ…と思った。

 あの時、すでにしんどかったのかもしれないな。

 愛知県内だけれど、私の住まいとは北と南で遠い。

 お悔やみに行きたい…ご主人にお話を伺いたい。

 いろんな思いが胸を駆け巡っても「そっかぁ…」としか言えなかった。


 そして、携帯に着信があるのに気づいた。

 4人女の子部屋の隣の部屋で、おば様達と入院していたNちゃんからだった。

 慌てて電話する。

 「ゆうちゃーん、元気だったー?」

 Nちゃんとも年賀状はやり取りしてて、うちへ遊びに来た事もあったけど、ここ数年は会ってないし、電話もしてなかったの。

 久しぶりの電話は、やっぱりみさおさんの事だった。

 会える時に会っておかないといけないね…と しみじみ。

「みさおさんが 引き合わせてくれるんだよね」と言うわけで、春に集まる事になった。

 親しくしていた看護師さん数人と、当時「お兄さん的存在(既婚者)」だったIさんご夫妻にも声をかけようって。

 Iさんご夫妻とも ここ数年は年賀状だけのお付き合いになってた。

 病棟で「パジャマのゆうこちゃん」だった私も 53歳(もうすぐ54歳)です。

 あの頃、Nちゃんと私は、病棟の年長の患者さん達に可愛がってもらってた。

 Nちゃんが「病院のお母さん」と慕ってた方も、私を「娘にしたい」と言ってくださってた方も、すでに鬼籍に入られた。

 春には『生き残った人達』が再会して、賑やかで楽しかった入院生活や、亡くなられた人達の思い出話ができるでしょう。



 もう一度、ご主人からの寒中見舞いを見つめる。

 どんな気持ちでこのハガキを作られたのか。

 宛名も手書きだった。

 一人ひとりの住所と名前を、どんな思いで書かれたのか…。

 残された子ども達は、元気でいるんだろうか。

 一足先に空へ旅立った友には、かける言葉がなぜか見つからない。

 やっぱり「そっかぁ…」だけだ。

|

2013年1月15日 (火)

怒り→→→好感度アップ

 日曜日、母とお寺へ行く前に、セルフサービスのうどん屋さんへ入った。

 ちょうどお昼時で満員。

 でもいくつかの空席を確認してから、レジ前に並んだ。

 そして注文を終えて、うどんをトレーに載せて、目をつけていたカウンター席を見ると…椅子に服がかけてある。

 あら、先客がいたのか…。

 私が会計してる間に、席をとっておく才覚は、今の母には無いもんね。

 で、他のテーブルを見ると…え~~空いてると思ってた全部のテーブルに何かしら置いてある。

 うどんのトレーを持ったまま呆然とする。さっきまで空いてたじゃん。

 ここで怒りメーターが ずずず…と上昇。

 そこへお店の人が飛んで来て「申し訳ありませんね」と空席を探してくれた。

 2人掛けテーブルをくっつけた4人掛けの席の奥が空いてるのを私が見つけると その店員さんが「私が頼んできます」と。

 で、食事を始めてらしたお二人も快く詰めてくださって、母と二人で無事に座る事ができた。

 トレーを持って困ってた私を店員さんが目ざとく見つけて「私が頼んできます」と言ってくれて、先客さんも快く詰めてくれた事で 怒りメーターは、ずずずと下降してゼロに。

 座ってから、よくよく見ると、私の後ろに並んでいた大家族(おそらく8人以上)の一部が 先に入って席を確保したらしい。

 なんだかなぁ…と思ってたら、先ほどの店員さんが、その大家族に「注文してから着席を」と頼んでいる。

 結局、大家族は かけておいた服や テーブルに置いたタバコなどを それぞれに回収して出て行く様子。

 店員さんは「申し訳ありません」と平謝りしつつ送り出した。

 おぉ! 店員さん お見事☆ 私は溜飲を下げた。

 ところが……私が頼んだ天丼が いっこうに出来ない。

 母は、すでにうどんを食べ始めてて(これは、認知症とは別で、うどんはのびるから、先に食べて貰うよね)半分以上 無くなってるのに、まだ出来そうにない。

 番号を呼ばれても聴こえないかもしれないと思って、受け渡し窓口の側まで行った。

 セルフサービスにしては、厨房がなんだか もたついてる感じ。

 こういう店は「速い」のも売りでしょう。

 もっと流れ作業でできるんじゃないの? …すべきじゃないの?

 怒りメーターが再び上昇。

 怒りオーラを察したのか、窓口の店員さんが「お客さん、何番ですか?」と。

 「003番です」

 すると並べられた札を確認して

 「この後、三番目なので、もう少しお待ちください。お呼びしますので、お席でどうぞ」

 えーーーーーーーーーー!! まだ3人も居るのーーーーーーーー!?

 席に戻って待つ間に、母はうどんを完食した。

 二人で来て、一緒に食べられないってどういう事よ。

 そこからさらに待って、やっと「003番のお客様~」と呼ばれた。

 その時点で、私は憮然としてトレーを受け取った。

 普段の私なら、少々待たされたって、店の状況を見れば仕方ないと思って「ありがとう」と言えるのに、さっきの怒りのマグマが残ってたようで言いたくなかった。

 ドスドスドスっと歩いてテーブルに着くと、先ほどの店員さんが また飛んできて

「お待たせしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした」と。

 待ってる間「もう二度と この店には来ないだろうな」と思ってたけど、この対応で逆転した。

 母のうどんを相伴する事はできなかったけれど、天丼は揚げたてサクサクで美味しかった。

 あの店員さんは、たえず店内に気を配ってるんだろうね。

 少しでも問題が起きそうだったら、すぐに自分が行って対応する。

 大家族を引きとらせる事だって、勇気がいったはず。

 普通なら、見て見ぬふりしちゃうんじゃないかな。

 私と母も座れたんだし、大人数のお客をみすみす帰したんでは、それこそ遺恨を残して、損害に繋がりそうだし。

 安い・うまい・速い…そして気が利く店員さん(もしかしたら店長さん?)が居るから、今度は もうちょっとすいてる時に行くわ♪

 憮然としてごめんね…。

 使用後の食器を戻す棚へは、母と二人でお椀ごとに きちんと並べて、箸や蓋は重ねて返し「ご馳走様でした」と言って帰りました。

 

|

2013年1月10日 (木)

動くここたん♪

 商品入荷待ちしてたデジタルフォトフレームが入ったと連絡があったので貰って来た。

 いつもの事ながら「とにかく映してみよう!」

 取説は、最初の基本ページのみを見て、とにかく「電源ON」

 これを購入する時も 毎度の事ながら、カタログで事前研究もせず、店頭で見た目だけで手に取り「USBメモリーが使える」だけで決定。

 そんな訳なので、とりあえず今 使ってるUSBメモリーを突っ込んでみた。

 この中には、メインPCのブログ用に作業PCから移動させたここたんの写真が入ってるの♪

 ところが~~~出ないー!

 仕方なく取り説を見る。

 もしかしたら、私のUSBメモリーは対応してないやつかも。

 しっかり読めば書いてあるはずだけど、とにかく今は「映し出す」事が最優先!

 付録の中に『PCと繋ぐ』という一節を発見。

 デジカメを転送する時のケーブルが使えるような気がして(…気がして!) 差しこめる穴に差し込んでみた。

 でーきまーしたーーー!

 このフォトフレームは『SDメモリーカード・メモリースティック』を使うのが基本らしい。

 でも私にとって、SDメモリーカードなんてのは、デジカメや携帯に最初に入れたら、絶対に抜かないモノなのです。(大笑)

 それに写真は加工したいから、撮ったそのままを映し出すつもりも無いし。

 で、一応 映し出す事に成功したので、PC内のファイルの画像をトリミングしなおして、再度読み込ませた。(この時、すでに読み込んだ画像を削除するのを覚える)

 あちこち触ってるうちに、いろんな表示に出くわし、その度に「あ、こんな事ができるのね」と学習していく。(取り説読めば解るのに)

 デジカメやPCと共通するイメージもあって、何となく触ってると、何となくできる。

 感覚的に操作するから「まずこうして、次にこうやって、それからこうする」って説明ができない(汗)

 とりあえず(あくまでも『とりあえず』)スライドショーで再生。フェードに設定したので、切り替わる画像の残像があって繋がって見える。

 あるタイミングに集中して、ここたんをだだだ~っと撮った物が再生されると、アニメーションみたいに動いて見える。

 表示時間を3秒にしてみたら、それが顕著。

 ゴールデンボンバーのダンスシーンなんて、もう可愛い事可愛い事!

 夫とずーっと見入ってしまいました。

 きっとファイルの整理もできると思う。

 ここたんの写真も フォルダーに分けて「今日は、民謡発表会の」「今日はおうち訪問の時の」って再生できるんだと思う(あくまでも『思う』)

 まあ、詳しい事は おいおい取り説を読むとして…。

 と言ってて、現在の設定がそのままになっちゃうのよね。

 ま、私にとって必要な事さえできればいいんだから。

 ここたん画像をちょっと動かしながら、最初から内臓のBGMが流れてれば満足。

 自分で撮って気に入ってる風景や静物の写真も たまには長時間静止画像として表示させてみようかな。

 

|

2013年1月 8日 (火)

これ あり?

 去年、ビッグアーチへ行った時に購入した防寒ポンチョ。

 暖かいし、見た目もけっこうイケる(と私は思ってる)

 でもね、極寒のスタジアムへ行くのは、年に1回か2回。

 こんな可愛い(と私は思ってる)ポンチョが 年に1回か2回しか出番が無いなんて、もったいない。

 で、大晦日、使ってみた。

 毎年、義母宅で紅白歌合戦をフィナーレちょっと前まで見てから、中学の恩師のお宅(お寺)へ鐘つきに行く。

 焚火の側で暖をとりながら、夫は鐘の数を数える役をさせてもらう。(私達夫婦は、小・中学の同級生)

 その間、ここ数年は、私は車の中で待つようになった。

 この車内待ちが けっこう寒いの。

 貧乏性なので、エンジンかけっ放しで暖房するのが嫌(バッテリーも心配)で、キーも抜いて、縮こまって待ってる。

 それで今回(去年だ)は、いつも着ているダウンコートの上に、サンフレッチェ防寒ポンチョを着てみた。

 よかった!!

 コートだと どうしても膝のあたりで開いてしまうけど、ポンチョは全体を覆ってくれるからね。

 こうなると、もっと着たくなる。

 体型隠しもできるし、スーツの上にだって着られる。

 以前、サンフレサポの男性が、通勤にもサンフレレインポンチョを着てると言ってた。

 私も この冬、公文の教室までの片道、徒歩10分に着てはダメでしょうか?

 夫に聞いてみたら「・・・・・・・・・」でした。

 夫は私のしたい事に「ダメ」とは絶対に言わない。

「いいんじゃない?」→(言葉通り)

「別にいいんじゃない?」→(ちょっとなぁ…)

「自分がいいなら いいんじゃない?」→(げー。でも本人がしたいなら仕方ないか)

 だいたいこれで真意が測れるんだけど、今回は「・・・・・・・・・・・」でした。

 これは直訳すると「やめといたら?」でしょうね。

Image564

 これね、裏は紫の入ったチェック柄だけど、表は濃い紺色なんだよ。

 フードもついてるけど、これは日常には被らないよ(…つもり)

 ニットマフラーは、桃色が効いてるのが気に入って買ってしまいました。

 さすがに これは公文へは巻いていかないよ。

 胸のエンブレムだって、よく見なきゃ解らないと思うんだけどなぁ。


 買い物に着て行っちゃおかな。

 …と書きながら迷ってるのは、自分でもやっぱり変かも…と思ってるからなんだよね。

|

2013年1月 5日 (土)

ぴょんぴょん☆ここたん

 今日は、ここたんの体操教室の発表会。

 第三のばぁばは カメラを持って 勇んで出かけました♪

 もうね レオタードを着たお豆ちゃん達が ちょろちょろしてるんだから、可愛い可愛い。

 でも私のカメラは ここちゃんだけを追う。

 ものすごーく可愛いショットが いっぱい。

 でもね…レオタード姿の幼子って、めちゃくちゃ可愛くて、顔を隠してもここに載せるのは躊躇します。

 カッカも、アッタンマンも ばぁばも「顔も出してくれていい」と言ってくれるけれど…。

 花桃ブログを見てくれる私の友人知人は何の問題も無いけれど、不特定多数の知らない人の中には、違う目的で検索して来る人もいるかもしれない。

 めっちゃくちゃ可愛くて見せたい気持ちはいっぱいだけれど、ここは自粛して『普通に可愛い』物だけにしておきます。

Img_2295b

 小学生の演技やゲームの後は 私のちょうど真下の広いスペースで、おマメちゃん達が 前転・跳び箱・鉄棒・トンネルくぐり・ケンケンパを 順番にこなしていく。

 MCの人が「泣いてる子は、親御さんと一緒でもいいですよ~」と言ってる。

 たしかに泣いてる子もいた。

 でもここたんは へっちゃら。

Img_2347b
 あちこちに補助の先生達がいらして、上手にやらせてくれる。

 私、開脚跳びなんて出来ないよ。

 各演技を終えると いちいちポーズ♪

Img_2397b

 全身の神経を集中させて、ぴしっと伸びてる写真もあるんだけど…全身の姿が可愛すぎて自粛です。

 一通りの演技を終えると、スタンドの上にいる私達に向かって

「あったんまーん、ゆうこさーん、ばぁばー ここちゃん がんばったよー」

 ぐひっ…可愛すぎるーーーーーーーー泣。


 最後には、全員におもちゃが貰える。

 ここたんは、紐で引っ張って走る救急車を貰って、しばらく一生懸命 引いて遊んでたけれど、本当は紐で引く犬が欲しかったの。

 周りで犬を引いてる子がいっぱいいて、きっと葛藤してたんだろうなぁ。

 そして眠いのと両方で、カッカの所へ行ってうつむいたり、カッカにうったえてるような姿の写真が数枚。

 次の瞬間「えーん!」 涙の粒まで写り込んだ1枚☆

 これは顔出しになるから載せられないけど。

 そしたら、救急車が欲しい子が居て、交換に来てくれました。(これは後でカッカから聞いて解ったの。その瞬間は、アッタンマンとばぁばが『泣けば何とかなると思ってるな~』と苦笑いでした)

 泣き顔のここたんに 犬の紐を差し出すお友達…可愛い二人の姿に スタンドの上で 私は泣き笑い。

 着替えを終えてホールを出る時も「ひいていく!」 階段も「ひいていくのー」

 ばぁばが「名前は何にするの? シロちゃん?」

 ここたん「いぬー」 口をとがらせて。

 ばぁば「犬じゃなくて 名前をつけないと」

 ここたん「いぬぅー」

 ばぁば「白いから しろちゃんにしなさい。しろちゃんって呼んでごらん」

 そこでは納得したかどうか定かでは無かったけれど、その後 ちゃんとしろちゃんになってました。

 …可愛い。


 私もお邪魔して、高級中華のランチへ。

 ランチ中に ばぁばが「しろちゃん、車の中で寝てるかなぁ?」

 ここたん「ねてないよ。たってる」 も~ いちいち可愛い♪


 豪華ランチを ばぁばにご馳走になって、車に戻ると…はい、確かにしろちゃんは立ってました。

 駐車場は暗いので「しろちゃん くろくなっちゃった」 二歳って そんな事を考えるのね。…と言うか、そんな事 考えられるものなの?

 時々「ほんとに二歳なのか?」と疑いたくなるここたんなのでした。

 そこからの帰り道、ここたんは いつもならお昼寝の時間。

 寝る時はおしゃぶり(ねんね)が欲しいんだけど、最近は、外ではちょっと恥ずかしいんだって。

 そしてばぁばが「ねんね欲しいでしょ」とからかうので 余計に「いらないのー」

「『でもあめ』がほしい」 でもあめ? レモン飴の事でした。

 またもばぁばが「飴はトランクの中だから 今は出せないの。代わりにねんね貰ったら?」とからかうも「いらないのー。『でもあめ』がいーい」

 棒付きレモン飴を貰って、かちゃかちゃ舐めて…そのうち、目は開いてるけど、何も見えてない様子。最後までねんねを口にしないまま、落ちました…。

 このちっちゃな体で、朝から体操やって、葛藤して、お昼ごはんをモリモリ食べて、体は鍛えられ、頭や心には栄養がいっぱいだわ。

 仕事始めで発表会に行けなかった夫に写真を見せながら、状況説明。

 ちなみに夫はとうとうデジタルフォトスタンド(だったっけ?)を買いました。

 設定操作するのは私の役割になるけど、私も楽しいしね♪


|

2013年1月 4日 (金)

いただき物☆

 三が日も終わりました。

 まだお正月気分は抜けません。 

 おせち料理も まだ残ってます。

 手前みそだけれど、今回の煮しめは どれも美味しい☆


 暮れに お隣の奥さんから 恒例の野菜をいただきました。

 いつも私の在宅を確認してから、さっと洗って持って来てくれるの。

 「今回のターツァイは、背が低いんだけど…」

 低かろうが肥っていようがかまいませんのよ!

 だってスーパーでは売ってないもの。

 で、持って来てくれたのがコレ↓

Img_2170

 たしかにぺったんこ。たんぽぽの葉みたいに、地面をはってる感じ。

 でもつやつやで柔らかそう。

「人参はおまけ」

 きゃぁ~~♪ おまけも嬉しい~♪

 煮しめを炊くつもりで居たので、人参を贅沢に使える!

 で、出来たのがコレ↓

Img_0301


 以前、いただいた柚子も皮を刻んで里芋を炊いた。

 花れんこんも 包丁を持つ手が痛くなるほど。

 こういうのを3セット作って、大晦日に義母宅へ。

 行きに実家へも寄って置いて来た。

 元旦に実家へ行った時には、半分くらい食べてありました。


 昔は、母が昆布巻きも黒豆もたつくりも作ったなぁ。

 この煮しめだけで、私はぐったり。

 この上、昆布巻きなんて無理!

 昔の人は ほんとに偉かったね。

 さて、今年は ちょっとだけ綺麗な我が家の新年。

 『見える所に物を置かない』

 『どんどん捨てる』

 『出した物は、元の場所にしまう』

 …こんな基本を 今年は意識していきます。

|

2013年1月 1日 (火)

まだ じわじわと…

 明けましておめでとうございます。

 

 2012年は「良い年」でした。

 やっぱり印象的なのは、サンフレッチェ優勝と左人工関節置換手術。

 無事に手術も終えたし、寿人の得点王・MVPで締めくくった、満ち足りた一年でした。


 私にとっては、優勝よりも 寿人の個人賞受賞の方が 実は嬉しかったりして…。

 ただのミーハーファンなので、たいした応援もしてないのに、大喜びするのは気が引けて、ちょっとおとなし目に喜びを表現しておいたけれど、本当はすっごくすっごく嬉しかった。

 あの喜びの瞬間が、今もまだ続いているのを実感する事がある。

 12月終わり頃、マンションの駐車場で、サッカー少年S君(もう高校生)と半年ぶりくらいにバッタリ会った。

私「久しぶりだねぇ~」

S君「はい。あ、サンフレッチェ優勝おめでとうございます!」

私「ありがと~」

S君「良かったですね!」

私「優勝だけじゃないのよ。得点王とMVPとフェアプレー個人賞も」

S君「そうでしたね。おめでとうございます(笑顔)」

 ちゃぁんと覚えててくれたんだなぁ。

 

 大晦日には、毎年恒例で中学の恩師のお宅(お寺)へ鐘つきに。

 そこでも先生のご長男(もう二児の父)Tちゃんが

「ゆうこさんに会ったら 絶対に言おうと思ってたんです。優勝おめでとうございます。佐藤寿人、得点王とMVPもおめでとうございます」

 あ~Tちゃんも覚えててくれたんだ~。

 先生が横から「誰~?私 全然 知らないわ~」

 するとTちゃん「すごくかっこいいんですよ~」

 いやいやいやー!

「かっこよくは無いんですよ~!」 私が否定する立場じゃないけど…汗。

「でも、今が旬だから、しばらくはテレビや新聞でも取り上げられると思います~」

 カッカ(ここたんママ)のお母様までもが「佐藤寿人選手、背番号11。顔も覚えました」とおっしゃってくれたしなぁ。

 「イケメンじゃないけど、チームメイトを引っ張って行く素敵な人ねぇ!」とも。

 はい! それが一番 寿人評として正しいです☆


 

 そして年賀状にもたくさんの「おめでとう」が。

 全然 会ってなくて 年賀状だけのお付き合いになってしまってる人からも。

 私、そんなに「寿人ファン」って言いまくってたんだなぁ。

 『寿人は代表に入るべき』と書いてくれたのは、小・中学の同級生のE。

 彼女は海外住まいしてた頃、セルティックの俊輔に会いに行ってツーショット撮ったり、日本代表のサポーターとして旗を振ったりする本物のサッカーファン・サポーター。

 そんなEからの「入るべき」は、とっても心強かった。

 正直なところ、私は「残念ながら、代表チームは、寿人の活躍の場ではない」と 思ってるんだけど、それでも「入るべき」と思ってくれる人が居るのは、本当に本当に嬉しい。

 東北チャリティマッチの録画放送では、現地のMC(?…進行やインタビュー役をしてた)の男性が「僕もファンになってしまいました」と2回も言ってくれた。

 社交辞令じゃなく本心なんだと思えた。

 そうだよね。

 浮ついたところが無いし『苦労と努力の人』だもんね。


 ここ数年、年の初めに作る「今年の目標」

 家族の事や自分の健康などを書いて、最後の行に

『寿人10年連続二桁ゴール』と書いた。

 去年は『J1 100ゴール』と書いたのが 早々に達成できてしまい『9年連続二桁ゴール』と書きなおし、それもすぐに達成したので、最後は欲張りすぎかな…と思いつつも『得点王』と書いた。

 こんなに順調に願いが叶う事も珍しい。

 優勝の感動を一度味わうと「もう一度!」って思うね。

 リーグ優勝を続けるのは とても難しいと思うけど、天皇杯優勝は狙ってもいいかな。

 寿人の2年連続得点王を願うのは、あまりに調子乗り過ぎだよね。

 『2012年、森保監督率いる新生サンフレッチェ広島』を さらに熟成させて、2013年も ワクワクするような試合をたくさん見せて欲しい。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »