« 第2節 サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟 | トップページ | ACL 北京国安戦 »

2013年3月12日 (火)

春のお洒落はまだ遠い…

 3月…季節はもう春。

 寒い日もあるけれど、日差しはもう冬のそれとは違う。

 こうなると、春のお洒落をしたくなるよね~。

 先週まで着てたグレーのセーターが 急に野暮ったく見えてくる時期。

 気持ちはね、春のお洒落する~♪なのよ。

 でも 本当に着るとなると 私には高いハードルが…。

 寒い!

 冬場でも、若いお洒落な人は、コートを脱ぐとブラウス一枚だったりする。

 私は真冬は『ニットを重ねて着る』じゃないと、気分的に寒い。

 タートルネックに慣れた首回りを 急に開けると…寒い!

 トップをニットでゆったりさせて、ボトムは丈の短いスキニーなどで締めるとバランスがいいんだけど、足首を出すと…寒い!

 ブーツで甘やかした膝下は なかなか出せない。

 昨秋、スェードの可愛い靴を買った。

 冬場は上記の理由で出番が無く、今はかないと、本当の春になったら、スェードはおかしいでしょう。

 でも…履けない気がする。

 薄手のお洒落ニットは、冬場は一枚だけじゃ寒いから、やはり出番が無かった。

 これも今月中が限界。

 それなのに まだ一枚だけで着るのは寒い。

 もちろんババシャツは着てるんだけど、どうしてもニットを重ね着したいのよねぇ。

 これって、思い込みなんだろうな。

 寒いと言っても、真冬の寒さじゃないんだから、コートを着て ちょっとだけ我慢すれば凍えるような事は無い。

 解ってるんだけどねぇ…。

 毎年、こうしてぐずぐずして、やっと薄手のニットを着た~!と思ったら、翌週から暑くて暑くて、一気に半袖シャツになったりするの。

 その半袖シャツも、体躯は暑い(熱い)から丁度いいけど、腕(特に肘)は寒い。

 でも長袖だと熱さが籠るので、半袖を着て、アームカバーをするという…苦笑。

 ブティックに並ぶ春のお洋服は、半袖どころか袖なしだったりする。

 『洋服の季節感』は、もう一昔前とは違うね。

 冬場のスカートは 大昔はウールと決まってたけど、もう30年前には、薄いひらひらした生地のスカートを 私でもはいてたもん。

 その流れで、この頃は、スカートは特別な物を覗いてはフルシーズン着用する。

 ただし、スカートの下は、毛糸のパンツならぬ腹巻をし、使い捨てカイロを腰にはり、タイツにロングブーツだけどね。

 真夏にも涼しい顔して、ファー付きの服を着たり、真冬に袖なしワンピを着たりしてるお洒落な人が羨ましいわ。

|

« 第2節 サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟 | トップページ | ACL 北京国安戦 »

おばさんの独り言」カテゴリの記事