« 第6節 サンフレッチェ広島 対 サガン鳥栖 | トップページ | 最後までお付き合いできず… »

2013年4月16日 (火)

100歳の骨密度

 先週の骨密度検査の結果を聞きに行った。

 診察室へ入るなり、T先生が

「これはひどいなぁ~!」と。

 ひぃーーーーーー。

「100歳くらいの骨密度だよ」

 げぇーーーーっ。80歳くらいは覚悟してたけどさぁ…100歳ですかぁ…。

 プリントされたグラフを見せてくださって

「このラインが年齢の平均値。花桃さんはここ。このラインをずっとのばすと…ほら90歳より上」(100歳の表示は無い)

 なるほど…。

「骨折しやすいラインがここ。花桃さんは、その下」 

 はい、確かに…。

 で、骨の薬(ボノテオ)を服用する事になりました。

「薬もどんどん進化してるからねぇ。今は月に1度でいいんだよ。半年に1度っていうのもあるくらい。でもあまり間隔があくと、飲み忘れるから、毎日の方がいいと言う患者さんもみえる」

 なんのなんの! このあたくしが薬を飲み忘れるなんて事 あるはずないじゃありませんか!

 月に一度…ありがたく頂戴いたしまする。

 二十歳でSLE発病して、日光を浴びるのを避け、運動は極力せず、37歳からは、骨頭壊死で、いっそう運動制限があり、歩く事さえ減った…骨に良い事は何一つやってないもんねぇ。

 薬と積極的なカルシウム摂取で「改善する人もいる。お年寄りはまず無理だけれど、若いから改善の可能性は高い」。

 へいへい…60歳以下は「若年性」ですもんね。

  今日は、なんと外の待ち合いソファーで まつちよさんとバッタリ。

 約束もせず、通院日に偶然会ったのは初めて!

 診察終了後「100歳の骨だって~~」と報告。

 今日は内科の定期診察もある。

 先ほどのプリントも W先生に見せて「100歳の骨密度だそうです~」

 するとW先生は、グラフをよーく見て ポイントから線を伸ばし

「いや、70歳くらいだろう」と。

 そう言われれば、そのようにも見える。

 まあ「私の骨は超弱い」と自覚して 用心するに越した事は無いけれど、70歳なら、まだなんとかなりそうな気がする。

 100歳じゃ、いつ折れるか…ってヒヤヒヤだもん。

 W先生マジックで、ちょっと元気にしてもらえた。

 カルシウムの積極的な摂取として、私は牛乳くらいしか思いつかなかったけれど、T先生が「スキムミルクを料理に使って」と言われた。

 おぉ! そのスキムミルク…一時期は、私 ダイエットの一環で、コーヒーに入れるミルクの代わりに使っていたのよ。

 でも やっぱり甘くないから美味しくなくて続かなかった…だから まだ残ってる(苦笑)

 明日からは 朝食のコーヒーは それで飲むか…あぁ、美味しくないなぁ

 
 ◆後で定規を当てて、自分でしっかり見てみたら…まちがいなく90歳以上でした。

  W先生は「100歳じゃ可哀想」との思いで ちょっと右上がりにフリーハンドで線を引いてくれたんでしょう。

 

 

|

« 第6節 サンフレッチェ広島 対 サガン鳥栖 | トップページ | 最後までお付き合いできず… »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事