« 人体の不思議 | トップページ | ワクワク→どうかな?→ああ、やっぱり→とほほ→ホッ »

2013年6月26日 (水)

怠け者にも涙

 昨日は無事に美容院へ行ってこられました。

 ただし、ノーメイクで出掛け、最初の2時間は、ひたすら目を閉じてましたが…苦笑。

 ちらっと鏡にうつる顔は、むくんでくすんで、ブッサイク~でした。だから尚更、直視できませんでした。

 美容師さんは「いつもと何だか違うなぁ。元気が無いのかしら」と思ってたそうです。

「体調悪くて、ずっと寝てたので、今日は最後までもつかどうか自信なかったのよ~」と 最後の30分くらいでやっと説明。

 その頃には、シャンプーによるヘッドマッサージや、施術後の肩や背中のマッサージで、顔色がかなりまともになってたわ。

 ここまでくれば大丈夫(途中で気分が悪くなったら困るなぁと思ってた)と、最後の30分は、いつものように、美容師さんの恋バナを聞き、ファッション談義もできました♪

 夕飯は、出来あいの物にしたけれど、ちょっと自信がついたわ。


 で、今日は実家詣での日なんだけど、弟が「任せて。姉さんは、自分の体を優先して」と言ってくれてるので、甘える事にした。

 今日なら涼しいし、雨で紫外線も少ないから、行けなくも無かったんだけど、ダラける事を選びました。

 私はつくづく怠け者なんだなぁと痛感する。

 こんなに家に籠ってても 全然 嫌にならないんだもん。

 何も予定の無い日が続く解放感。

 

 いつもの水曜日には無い『気が済むまでアヒル寝』から目覚めたのは、12時過ぎ。

 いつもの水曜日には見られないテレビを見ながら、トウモロコシを食べる。

 静かで涼しくて、気分も良く、ゆったりした午後………。

 そしたら急に母の姿が浮かんだ。

 一人には大きすぎるあの家で、今頃、ぼんやり過ごしてるのんだろうな…。

 私の来ない水曜日(…私が先週から来てない事さえ認識してないかもしれないけど)手持無沙汰で やり場の無い思いをしてるんじゃないかな。

 毎日夕方の電話は、母の難聴が進行し、まったく用をなさなくなってる。

 以前は「ゆうこの声は聴こえるけど、何を言ってるのかわからない」と言い、自分の話だけを一方的にして切ってた。 

 5月頃からは、私が閉め切った部屋(外に聴こえるのを防ぐため)で、受話器を手で囲い、精いっぱいの大声で「おかあさん! わたしだよ! ゆうこだよ!げんき?」と叫んでも 母には何も聴こえないらしく「もしもし?」「もしもし?」と数回繰り返し 無言のイタズラ電話だと思って切る。

 ある時は「こらぁーッ」と威嚇する事も。

 先月実家へ行った時、電話の上に『毎晩、7~8時の電話は、ゆうこから。イタズラ無言電話じゃないから、安心してね』と大きく書いて貼って来たけれど、効果無し。

 だから、母との交流は、私が会いに行くしかない。

 それを休んでる10日間。

 雨降りの薄暗い家の中で、母が一人で何をしてるかな…と思ったら泣きたくなっちゃった。

 デイサービスも 今は週に5日行ってるので、一人で過ごす日は限られてるのが救い。

 そして夜には弟が帰って来るのも心強い。

 夫も友達も「ゆっくり休め」と言ってくれるけど、ここんとこ涼しくて体も楽なので、これはもしかしたら怠けてるだけなんじゃないか?と思えてくる。

 でももう少し休んでおく。

 気温が再び上昇した時に大丈夫だったら活動再開。


 …まずは 掃除機をかける事からだなぁ…。

 もう半月 かけてないから 

|

« 人体の不思議 | トップページ | ワクワク→どうかな?→ああ、やっぱり→とほほ→ホッ »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事

母の老い」カテゴリの記事