« 第20節 サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田 | トップページ | ここちゃん恋しや »

2013年8月13日 (火)

生命力☆

 パンジー・ラナンキュラスの季節が終わり、プランターには昔からのアイビーだけになった。

 そのアイビーも どうやら病気っぽくて、茎に黒い小さなつぶつぶがついて、粘り気まで出てきたので、思い切って一掃した。

 で、土の養生もせずに、数日放置しただけで、新しいアイビーの株を植えた。

 ここまでは、5月頃の事。

 
 ところが、いつまでたってもアイビーがすくすくと育つ気配が無い。

 以前はアイビーは みるみる茂って、蔓が下に垂れさがり、切ってグラスに生けて台所の水道の蛇口の側に置いて楽しんだ。

 そのグラスの中の蔓から小さな根が伸び始めると またプランターに戻す。

 そこからまた新たな茎が伸びて、プランターはますます大賑わいになってた。

 それなのに、今度のアイビーの葉っぱは固く、鮮やかな黄緑色の新しい葉が出てこない。

 そして…とうとう あの忌まわしい黒いぶつぶつを発見。

 あぁ…土がすでに汚染されてるんだな…。

 やっぱり養生しなきゃダメだったな。

 どうしようかなぁ…。 また引っこ抜くのは簡単だけど 土を買って来るのが億劫だし、この土をどこに捨てればいいのだ?

 などと考えるだけで なかなか実行できない。

 苦し紛れに土をほじくり返して「日光消毒」してみた。ぶつぶつの枝は チョキンチョキンと切り捨てた。

 


 全然期待してなかったのに…連日の猛烈な日差しが 見事に消毒してくれたらしい。

 気づいたら…

Img_2519

 こんな葉っぱが出て来てた!

 そうよ! こういうのを待ってたのよ!

 普通なら5月に こうなるでしょう。

 柔らかくて鮮やかな黄緑色。

Img_2524_2

 可愛いなぁ~♪

 日ごとに長く伸びて行くので、また切ってグラスにも挿してある。

 根が出て来たら、また戻して賑やかにするのよ♪

 この子と一緒に買って来て植えた斑のあるアイビー(違う名前かも)は、まだ完全復活ではなさそう。

 茶色に変色した葉もある。

 それらは摘み取って 土はほじくり返して、直射日光で焼き、こっちも復活してくれるといいなぁ。

Img_2531

 …なんて恐ろしい素人の所業。

 ちなみに 縁っこに移植した『ヤイちゃんのワイルドストロベリー』は、梅雨前に どんどんしょぼくれて、ある日 跡形も無く消えてしまってました…。

 もちろんヤイちゃんにはメールでお詫びしました。

 最初から期待してなかったヤイちゃんは怒りませんでした。

 

|

« 第20節 サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田 | トップページ | ここちゃん恋しや »

日々のこと」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事