« (追記あり)第19節 サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ | トップページ | ドキドキ! »

2013年8月 5日 (月)

危険ゾーン!

 今日は市役所 声の広報ボランティアの録音日。

 少しずつ外で活動するリハビリのつもりで出席。

 公文と違って、大まかな時間制限の中で 自分のペースが許されるので、たまに目を閉じたり、壁にもたれたりして、やり終えた。

 さて、そこで事件は起きたのです。

 

 今日、私が組んだのは、標準語を自在に操れるお姉さま。

 大船に乗った気分で 読み合わせ。

 その最中 お姉さまが

「花桃さん、手の指が細いわねぇ~。綺麗な手でいいわねぇ~」

 …ええ、確かに太くはない。

 でもね、しわしわで、綺麗とは言えない。

「若い頃は 実は自慢の手指でした。でも今は こんなしわしわで 全然 綺麗じゃないです~。それに この指、私の病気特有みたいですよ」と 薄い皮膚をつまんで見せる。

「あらぁ…なるほどねぇ。そうよねぇ、体の様子とは全然違うものねぇ」

 体の様子って…!!

「でしょ~! 体にはこんなに肉がついてるのに、手の甲には全然 肉が無くて…若い頃は、ここがふっくらしてたのに」

「ほんとよねぇ。今日はまた特にむくんでるのかしら?」

 なんですとーーーーーー!?

 今日の服装は『これなら そこそこ誤魔化せる』と 自信を持って着て来たのに。

「え!? むくんでるように見えますか~?」

「ええ、体調が悪いって言ってたから、むくんでるなぁと思って…」

「ひぃ~~~ これむくんでるんじゃなくて、肥ってるんですーーー!」

 あぁ!やっぱりそうだったか!

 自分では毎日見てるから、じわじわ増えてても気づかない。

 体重計には毎日乗ってるんだけど、0.5キロの増減は珍しくなく、0.3キロくらい増えても また自然に戻るわ…くらいにしか考えてなかった。

 でもね…0.3増えて、0.2減って、また0.3増えて、でも0.2減って…ハイ、もう皆さんお気づきでしょうけれど、ええ、ええ、結局 一週間で順当に増えてるんですねぇ。

 花桃的危険ラインは48.5キロ(身長が147センチなので、ベスト体重は43キロ)だと以前ここに書いた。

 それを超えると 見た目が相当ひどくなるらしい。

 「らしい」と言うのは、昔、48.5キロになって、46.5まで戻った時、ボランティアの後輩(私を崇拝してくれていた)が「あの時は ちょっとひどかったですよねぇ」と 本音を言ってくれたから。

 その『ひどい』48.5キロを 近頃はちょくちょく超える。

 でも48.8…48.9…となり、たまに49キロまで行っちゃうと、48.5まで戻った時は「おぉ 減った!」と錯覚してしまうのよねぇ。

 こうやって私の限界ラインは、少しずつ曖昧に高値になってしまってた。

 一ヶ月ぶりに会うと、その変化がはっきりと解るのねぇ。

 今日は完全に『ちょっとひどい』とこまでいってたっぽい。


 何とかせねば!

 と 口では言うものの、運動はしないし、食事制限は無理なのよ。(きっぱり!)

 猛暑が過ぎて 水分摂取量が減れば、体重も減るんじゃないか?

 鉄剤の服用が終われば、体重は減るんじゃないか?

 と まったく根拠の無い自然な変化をあてにしている。

|

« (追記あり)第19節 サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ | トップページ | ドキドキ! »

痩せたいのよ!」カテゴリの記事