« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

第28節 サンフレッチェ広島 対 サガン鳥栖

9月28日(土)

【広島 対 鳥栖】ベストアメニティースタジアム
 

(スカパー観戦)

  soccer2−0 広島勝利   
  soccerゴール…寿人・野津田

 寿人、髪の毛 切ったナ♪
 この夏のくるくるより 私は好きだわ。
 先週も短かかったかもしれない…気づかなかった。

   早い時間帯に ソッコが怪我交代。
この頃、チームで存在感出てきたし、ソッコがゴールを狙う事で 寿人にも良い展開が期待できる(…それが一番だったりして)から、もっとプレーしてほしかったよ…。
軽傷であることを祈ります。

 そしてー!
洋次郎から長いボール、寿人は左でフリー。
あぁ…こういうの 寿人 上手くないんだよね(…サッカー無知が何を根拠に思ったのか)
あー!打っちゃったー。ゴール右だなぁ…あ〜ぁ。
え?入った?! 私、ゴールの見間違いも多いのよ。
サイドネットが入ったように見える事 特に多いもん…。
すると隣に居た夫が身を乗り出して
「寿人!スーパーゴール!!」と興奮気味。
実況も解説も絶賛してる!
入ったんだ〜☆ おまけに『すんごいゴール』なんだ〜〜!
そのあと何度も流れるリプレイを見ても 私は たいていのゴールを「すごーっ☆」と思うから その差が イマイチわからない(汗)
スカパーのベストゴール 3つのノミネート、寿人のは最後に出て、金田さん(じゃなかったかも)が
「これが選ばれなければ怒りますよ。これが一番でしょ」と 本音をぽろりしてくれた。
別のスポーツニュースでも『超絶ゴール』と言ってたから、ホント、かなり素晴らしいゴールだったのね。
サッカー無知ミーハーファンは、張り合いないわねぇ。
さて、寿人、せっかくだから 今日は2ゴールしとこう!
…と、私だけが張り切り、後半早めの交代。
去年からの『次節に余力を残す為』の交代なら良いけど 寿人 どこか傷めて無理してるのかなぁ…。
引き上げて来る時の顔は 『達成感』じゃなく『苦笑』だったもん。

寿人に代わって入ったのは野津田君。
風貌や落ち着きっぷりに、私は本田圭佑を重ねるの。
この日もボール奪取に全力疾走の直君が 頑張りの結果、PKゲット。
直君蹴るかな…洋次郎? アオちゃんもやるべきよね…うっそー!野津田君じゃん!
案の定 落ち着いて決めた!
新しい力が育っていくのは嬉しいこと!
でも…『交代してなければ、寿人打たせて貰えたよね…ちぇ』と思っちゃった。
だって 大久○との差をつめたいじゃん!

夜のスポーツニュースで その彼のゴールを知る…うぎぃぃぃ。
つまらん(二つの意味)なぁ。

でも、寿人もゴールを積み上げたし、チームも順位を上げたし、よかったよかった♪

 今朝の日経新聞では、またまた大きな写真付きで『佐藤、圧巻の決定力』だって^^

 『ボールをよく収め、攻撃の起点になるけれど得点は少ないFWと、この佐藤のどちらが怖いのか。佐藤は”消えている”ようなときでも、ご用心なのだ…。』ですって~~~☆

 記事を書いたのは、岸名章友さん☆ありがとうございます~~~!

|

2013年9月28日 (土)

ぴゅぅ~~~カラカラカラ

 木曜日、それまでの蒸し暑さを一掃する風が吹いた。

 家の中に居ても ぴゅぅ~~~~という音が聴こえてくる^^

 そのうち、ぴゅぅ~~~の中に カラカラカラカラ…が混ざっているのに気づく。

 この音は!!!

 私の大好きな、気になって仕方ない「初冬の使者」が舞う音だ!!

 ベランダから下の道路を見下ろすと

Img_2856big_2

 ↑クリックすると ちょっとだけ大きく表示されます。

 渦を巻いたり、さささ~っと流れて行ったりして見飽きない。

 こんなにたくさんの使者達が この時期に舞い散ってしまって大丈夫なのかな?

 例年は もっと肌寒くなってからベランダに来ると思ってるんだけど。(記憶違い?)

Img_2865_4

 急いでカメラを持って下りた。

 さっきまで道路を埋め尽くす程 舞い踊っていたのに、妙に少ない…と周りを見渡したら、側溝の中に こんなに溜まってた!

 え~~こんなに側溝に落ちちゃったら、次の発芽の期待ができないじゃん…。

 公園にも足を踏み入れて、アオギリの樹を見上げる。

 写真に撮るには、なんだか疲れ切った姿。

 植え込みの陰にも使者達がどっさり。

Img_2871_2

 この子たちは、上手くいけば発芽するかな。

 …と思いながら、よく見ると、隣の樹の根元に 見たことのある子達の姿が!!

 Img_2879

 寄って写すと こう。

Img_2874_6

 これは、去年だったか、ベランダに放置したプランターから発芽した子ではないか!

 前の年に「初冬の使者」を埋めておいたのを忘れて「これは何だ!?」とワクワクしたのよね。

 ちょっと前に散った子が土にもぐって 先日の雨で発芽したんだろうか?

 アオギリの樹の下から公園の中ほどには

Img_2873


 こ~んな風に干しブドウのような種達がばらまかれている。

 この中のいくつかは発芽するのかな。

 発芽してもすぐに踏まれちゃうよね。公園の真ん中で樹になられても困るし。


 ベランダに戻ると、うちにもたくさんの使者達が訪れてました。

Img_2863

 種をはずして 放置プランターに5つ 埋めました~~☆

 さて発芽はいつになるんでしょうか~?


|

2013年9月27日 (金)

び・みょーーーーーッ

 今週は不本意ながら毎日の外出になってしまった…と ぼやきながらも、爽やかに晴れた空の下 元気に病院へ行ってまいりました。

 整形外科のT先生に「ここが痛いんです」と訴えると

「こっちは?」と押さえる。

「痛くないです」

「ここ押さえるとどう?」

「痛いですー!」

「写真撮ろう」 え? そっか…やっぱり最初は写真か…。

「疲労骨折してるかもしれないから」

「ひぇ~~~!」

「歩き始めると疲労骨折する人がけっこういるんだよ」

「なるほど…そう言えば、今までに一番歩いた日から痛いです」

 そっか…骨折か。

 すぐにレントゲン検査予約を入れていただけて移動。

 こういう時 ほんと総合病院は助かる~。 

 でもネ、骨折と聞いた途端、私の足取りはおぼつかなくなる(笑)

 実は 最近は病院もステッキ無しで来ちゃってるの。 

 やっぱり人間 楽を覚えるとダメね。

 でも言い訳させてください。

 人工関節置換手術後、律儀にステッキを使ってる人の方が珍しいんだから(…ちょっと威張る)

 そんな状況なので「杖 持ってくればよかった…」と心で思う。

 ひびの入った非骨(腓骨かも?)の映像が浮かんじゃうのよ~。

 左足に体重をかけないように(実際はできないが)レントゲン室へ。

 数分後には写真はT先生のデスクのPCに届く。

 それをご覧になって

「うん、問題無いね。 骨折はしてない。もし腫れてくるようだったら いつでも来てください」

 え? 痛いんですけど~。

「毎晩、泣く程痛くてロキソニン服用してますが それでいいですか?」

「いいですよ。ロキソニンなら問題無い。温めるのもいいよ」

 で、10月の定期診察も 今日済ませて、ボノテオを処方してもらい「次は来年3月」となりました…。

 これでいいのか…?

 素人ながら「血流の問題は、整形外科では管轄外なのね。これは内科のW先生の予約を早めにとるしかないな…(定期診察は火曜日に済んだばかり)」と心の中で算段する。

 病院のロビーに『ふれあいショップ』のパン屋さんが来てた。

 買っちゃうと食べちゃうもんねぇ…大好きなデニッシュは、カロリー高いもんねぇ…と こんな時だけダイエット意識が蠢くも…やはり素通りできず購入!

 パンの入った袋を提げて嬉しく歩きだしたら…神降臨!

「W先生~! 今日 ここが痛くて整形外科の定期診察外で来ました~」

 経緯を報告し

「W先生の診察予約を入れるしかないですねぇ」

「血流の問題かもしれんなぁ。だったら血管エコーするか?いつならいい?」

「はい、お願いします。ここで予約できるんですか?!」都合の良い日を3日くらい伝える。

 と W先生「PCが無いと 何もできんなぁ」と事務所へ駆け込み、しばらくして

「来週はもういっぱいだから、再来週に予約いれておいたよ」

 はやっ! ありがとうございます~~~~!

 パン買ってて良かったぁ~♪ 買わずに帰ったら、W先生とはすれ違わなかったもん。

 

  これで詳しい検査は再来週まで持ち越し。

 さて、帰り途…なんだか腰まで痛い。

 T先生も「歩き方も悪いかも」とおっしゃったなぁ。

 あちこちに無理をさせてバランスとってるもんね。

 でも、今 PCの前に座ってて、昨日までは1時間くらい座ってると もうジンジン痛くなってたのが、それほどでもない。

 まさかの「検査の時には症状が消えてました~」だといいんだけど。

|

2013年9月26日 (木)

やっぱりなぁ…

 一昨日 ハンディや病気があっても「今が幸せと思える」と書いた。

 書きながら こういう事を思った直後に必ず何か悪い事が起きるんだよねぇ…とちらっと考えた。

 案の定!

 広島から帰ってから、左足脛の外側が痛かった。

 普段よりも歩いたから疲労通だろうと湿布をはったが回復しない。

 足全体のだるさから、つま先に抜ける痛みに変わっていく。

 椅子に座っていると どんどん痛みが増す事にも気づいた。

 昼間よりも夕方から夜間にかけてが痛む。

 月曜の夜、あまりの痛みにロキソニンを服用したら、少し痛みが和らぎ眠りにもすぐに就けた。

 目覚めるとほとんど痛みが無いのに、起床後、仏壇の前の椅子に座ってお参りしていると また痛くなる。

 痛みの個所が断定できるようになってきた。

 見た目の変化は無い。

 火曜日も夕方からロキソニン服用。

 で、昨日「横になっていれば痛まないみたいだから、もうロキソニンは止めよう」と飲まずに居たら、泣けてくるくらいの痛みになってきた。

 深夜0時過ぎに結局服用。

「こんな事なら もっと早く飲んでおけばよかった~泣」

 お陰で今朝 起床するのが大変だったわ。

 ロキソニン・PL顆粒、私にはよく効くのよ…眠くなるのよ~。

 痛みの個所が限定でき、脚を下していると痛みが増す事から 血流の関係かなぁと自己診断してる。

 整形外科の予約は来月だけれど、あまりに痛みが酷いので、明日 予約を入れた。

 ネットで調べた感じでは、膠原病とも関係してるみたいだから、内科の方がいいのかなぁ…迷うところだけれど、総合病院は そのあたりが便利^^

 T先生が診てくださった感じで 内科のW先生に繋いでいただけるでしょう。

 今週は 明日 初めて一日中家に居られると思ってたのに、毎日外出になってしまったぁ…。

|

2013年9月24日 (火)

『今』の幸せ

 金曜日から広島へ行っていて何度も思った。

「ああ、去年は、ここを車椅子で走ったなぁ…」

 初めて一人で車椅子で新幹線に乗ると決めた時は不安もあった。

 でも実際に行ってみれば 何とかなるもんだと自信をつけて帰って来た。

  あれから何回 行ったかなぁ。

 近頃は ステッキは持ってるけど、ぶら下げてる時間が増えてきた。

 キャリーバッグを引き、バッグを肩にかけ、たまにステッキを突く。

 スタジアムでのファンサービスの間は、ステッキも地面に置いたままだったりした。

 車椅子の頃は、スロープやエレベーターまで遠回りしたり、狭い場所へ入るのを諦めたりしたよねぇ…。

 ショルダーバッグを首から下げて膝の上に置いたボストンバッグを押さえて走行する。

 お洒落なんて二の次。

 今も「歩き易い靴」が最優先で、服は靴に合わせて選ばなきゃいけないけど…。

 それでも! 車椅子よりうんと自由で嬉しい♪

 

 右の骨切り回転術から17年が過ぎた。

 律儀に松葉つえを使用し、小走りさえしてないから、私の脚力はかなり落ちてる。

 大事にしてきたのに、ひびが入って人工関節にしてから12年。 

 ほんの半年程 TPOに応じてはステッキも無しにできたのに、手術していない左股関節が痛み出して車椅子を購入。

 去年、左も人工関節にして1年間は大事にした。

 今 やっと「限られた場所」ではステッキも無しでいられる。

 

 こういう状況で公共交通機関を利用すると 去年までの自分を思い出して

「よくまあ一人で車椅子で来たなぁ…私 よく頑張ったなぁ」と 自分を褒めてやりたくなる。(遊びの為の外出だから、褒める事じゃないけど…)

 

 右の人工関節の耐用年数は、もう半分以上過ぎた。

 普通の人よりも骨が弱いから、多分、数年後には右人工関節再置換ね。

 それまで何年残ってるだろう?

 今 このわずかに自由な時を感謝して味わいたい。


 

 色んな物を失ってきてるので、これから先も「今当たり前の物を失うかもしれない…失うんだろうな」という想いは いつも頭の中にある。

 永遠に続くものじゃないから「今」が とても大切。

 今できる事、今ある物、今の自分…どれも失いたくない。

 でも「永遠である」保証が無いのだから、今が幸せだって思える。

 …それも幸せ♪ だね。

|

2013年9月22日 (日)

満たされた広島二日間

 猛暑の夏を何とか無事に乗り越えて、やっと広島へ行ける状態に…。

 金曜日の前日練習から行って来ました!

 ちえちゃんが広島駅まで迎えに来てくれて出発。

 20日の練習は補助競技場(名前不明)でした。

 するとちえちゃんが「車に椅子が積んである!」と3人分を持ってくれて、木陰に並べて御覧の通りの優雅な見学スペース。

Img_2841
 小春ちゃんも合流。

 日向は暑いけれど、木陰は風も吹いて心地よい。

 ところが、この立派な椅子…座ると目の前の生け垣が邪魔をして 選手の頭しか見えない。(座高の高い私でも…ネ)

 で、写真を撮る為には立ったり座ったり。

 途中からスタジアムに移動。

 ちえちゃん・小春ちゃん・私…ともに背が低い。

 メインSS席最前列に座ると 足が地面に付かない!

「こういう中途半端な足がブラブラって、疲れるんだよねぇ」

 ふむふむ…そうだわ。

 これからもSS席よりSA席のベンチの方が私は楽かもしれない。

 ピッチの選手達を見て

「ねえ、ゴールの向こう側に居る黄色いスパイクの人って誰?」

「○○じゃない?」

「そうお? △△に見えるけど…」

「△△は、こっちに居るよ」

 3人とも別の人を見てたようです。

 だって、スパイクの黄色率高すぎーーーーー!

「スパイクの色 変えてくれないと区別つきにくいよね~」

 チーム三連敗中だから、練習後のファンサは期待できないと思ってたら…笑顔の寿人に逢えました♪

 寿人は 最後の一人まで、丁寧に対応してました。


 ちえちゃんと一旦別れて、直美ちゃんとランチからお茶へ。

 しゃべりまくり♪

 夕方、直美ちゃんと別れ、ホテルで仮眠。(だって早朝起きでアヒル寝もしてないもん)

 7時、またちえちゃんが迎えに来てくれて夕飯へ。(恒例の【密会】)

 今回もちえちゃんがお店を探して予約しておいてくれたんだけど、アクシデントがあって行けず…。

 ホテルに戻り近くの店で遅い夕飯。

 ちえちゃんがお水を頼んだら、すぐに一杯持って来てくれて、しばらくしたらもう一杯が来た。

「さっきいただいたから もういいです…あ、でも 貰っておくわ」

 私がわずかに飲み残しているウーロン茶のコップに注いだら なぜか泡立つ。

 飲んでみたらしゅわしゅわする!

「お酒?」

 二人でメニューを確認すると無色のお酒は無さそうなので、シトロンソーダだと確定。

 二人で美味しくいただきました♪

第26節 サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟

9月21日(土)【広島 対 新潟】

 エディオンスタジアム 行って来た!

  soccer2-0 広島勝利

  soccerゴール…ソッコ・寿人shine

 ぎりぎりに到着して、ファンクラブのバックスタンド席チケット2枚合わせ技で メインSA]席を買う。

 スタジアムで買った方が もしかしたら前の方かも…と根拠の無い期待をしてたら、なんとなんと…今までで最高に後ろ!

 ミーハーな私は後方からピッチ全体を見て試合を把握したいわけじゃなく、寿人の顔やプレーを近くで観たいだけ。

 こ~んな後ろかぁ…ところが それが功を奏する事になったのです。

 ①遅れて来たちよねえも簡単に私を見つけてくれた^^

 ②一部だけしか無い屋根の範囲内だったので、日陰だった~^^

  暑い日だったから、日向だったらずっと座ってられなかったと思う。

  時間経過と共に、日向部分が迫って来て、試合終了時には一列前までが日向に。

  ヒーローインタビューや選手達の挨拶が終わるころには私の席も日向に。

 でもその頃は後ろがもう居ないので下がる。

 お陰で最後まで日に当たらずに済んだ。

 ③寿人よりも好きかもしれない小さい人も見ることができた^^

  パパのヒーローインタビュー中も 笑顔で駆けまわってました。

  (私も寿人より そっちを見てました…汗)

 ソッコのゴールでまず泣いた。

 スタンド全体でソッココール。

 こういうのは、生観戦だから味わえる醍醐味だ。

 

 誰かがボールを失うと、誰かが取りに行く。

 ナオ君は、すごい勢いで取りに行く。ほんと猟犬。

 そして待ちに待った寿人のゴール。

 反対側のゴールなので、詳細はよく解らなかったけど、寿人が入れたのはわかった。

 「ふんぐぇ~」と泣いてしまった。

 そしてスタジアムDJに合わせて

「さとーーー」「ひぃーさぁーとぉー!」「さとーーー」「ひぃーさぁーとぉー!」「さとーーー」「ひぃーさぁーとぉー!」

 ふぐぇふぐぇしながら、両腕を突き上げて一緒にコールする。

 よかった…ほんとによかった…泣。

 スカパー観戦中の友達から「寿人の『やっと…』みたいな表情が印象的だった」とメール。

 そうだよね…寿人も重圧だったよね。 私も勝手にプレッシャー感じてました(笑)

 その後、絶体絶命の場面、私も周りも「ひぃーーーーーー!」と悲鳴。

 それも広島全力でゴールを阻止。

 新潟はチャンスがあるのに、どうしても決められない。

 こういう時 あったよねぇ…。

 終了のホイッスル。

 勝ったーーーーーーー!!

 私の生観戦の勝率は異常に低いの。

 こんな喜びを感じるのは久しぶり♪

 嬉しい気持ちでスタジアムを出て、きたんちゃん達と合流。

 久しぶりのかあさん(同い年だけど)とも会えた♪

 満たされた気持ちで広島駅へ向かう。

 新幹線ホームで、相手サポーター(レプユニやゲーフラなどグッズでわかる)と会うと…こっちが勝った時は「ごめんなさいねぇ…せっかく遠くから来てくれたのに 勝ち点のおみやげあげられなくて…気をつけて帰ってね…」と上から目線で思う。(私も遠くから来てるんだけどね)

 でも負けた時は「いいよねぇ~勝って嬉しいから長旅も楽しいよね~。私はこれからため息つきながら帰るわよ…ふぅ」と 無念さが増す。

 昨日はるんるんで上から目線になれると思ってたのに、なぜか一人も居なかった。(着替えてたかもね)

 その代わり 紫ユニの女の子と同じ新幹線だった。

「イェーイ!」とハイタッチしたかったけど、私も着替えてたし、荷物はキャリーバッグに押し込んだし どこにもサンフレ印が無い…。

 知らないおばちゃんに突然「イェーイ」ってされたら怖いよねぇ。

 心の中で「イェーイ」と言ってほほ笑んじゃいました。


 さあ、次の一週間、この二日間の充電で蓄えたパワーで頑張るぞ~♪

 

|

2013年9月19日 (木)

初冬の使者が…

 毎年、我が家のベランダに冬を告げに飛んでくる種付きの葉っぱ。

 去年、かよさんから「アオギリ」だと教わりました。

 その後、マンション前の公園に アオギリがあるのを確認し、種の素になるものも発見しました。

 なんで今まで気付かなかったんだろう?と思うくらい、目立つ!

 さてさて、先日の台風の翌日。

 なんと!この暑さなのに、駐車場に「初冬の使者」が来てたんです!

 あ~~! 台風で飛ばされちゃったんだなぁ…と 拾い上げ、持ち帰って写真に撮ろうと思ったのに、バッグに入れたら粉々になってしまいました…。

 すぐにカメラを持って公園へ。

Img_2821big_2


 ちゃんと種の粒まで見える…まだ残ってた^^

 こんな風に房がたくさんぶら下がってるの。

 Img_2823 あれだけの風によく耐えたよねぇ。

 でもね…地面を見たら、干しブドウみたいな種だけが いっぱい落ちてました…。

 あ~これじゃ初冬の使者は、葉っぱ(がく?)だけになっちゃうかも。

Img_2827big


 干しブドウだけ拾って来て、ベランダのプランターに埋めれば良かったかな…。

 でもきっとまだ半熟の種だよねぇ。









|

2013年9月17日 (火)

第25節 サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ

9月14日(土)

【広島 対 川崎】 等々力競技場

(スカパー観戦)

 

 soccer0-2 広島勝てず

 14日の記事を 今日 書いてる…汗。

 連休中、ゆっくりPCを開く時間が無かったのも理由の一つだけれど、書く気力が無かった…。しょんぼりな週末でした。

 

 入場の時、大久保選手の口元が緩みそうになるのを見た。

 去年、私は同じような表情を寿人に見たのよねぇ。

「今日も決めるぞ~」「今日はどんなゴールになるかな」って 自分でもワクワクしちゃうんだろうなと思った。

 うぅぅ…大久保選手…絶好調だなぁ…。(逆恨み)

 

 腹痛で代表を離脱してきたアオちゃんが この試合に間に合ってくれたのは嬉しい! アオちゃん ほんとありがとう!!

 試合開始。

 倒されたレナトが怒った時、すっ飛んで来たのは…大久保~~~!?

 思わず「ンプッ」と噴き出してしまった。

 解説の福田さんも「大久保がああいう事をするのは珍しい。いつもはなだめられる方なのに」って。だよねぇ~。

 やっぱり余裕があるんだなぁ…(羨ましい)

 この試合、観てるだけで、なんだか私の足がむずむずするし、胃は もにょもにょするし、胸はざわざわするし、しごく体に悪い感じ。

 早く終わって~と思う始末。

 この日の寿人係は、ジェシ。

 寿人への高めのパスは、ことごとくジェシがカットする。

 寿人に届かせようとすると、そんなに高いボールは出せないし、ちょっと低めにすれば、ジェシに簡単に引っかかるし…。

 試合が止まってる時も、ジェシは寿人を見てる~~~。見ないでーー!

 レナトと大久保が二人で広島ゴールに迫る。

 やめてーーーーーーーーーーーッ! 

 二人がパス交換し合う。

 チバちゃんが ホレ大久保に、ありゃまレナトに、と振り回される。

 大久保が決めちゃう~~~~~~~~ッ!

 ・・・と思ったら、レナトにパスして、駆け戻ったシオちゃん わずかに間に合わず レナトゴール。

 大久保選手…自分で行かなかったんだ…冷静だなぁ、余裕なんだなぁ…。

 悔しいけど、認めざるを得ない。

 ケチのつけようが無い。逆恨みしようにも非が無い。 うむむぅ…。

 後半。

 レナトがPK獲得。

 この時も大久保蹴らなかった。まあレナトが獲得したからね…でも、蹴る事あるよねぇ。

 はぁ…大久保選手…大人だ…立派だ…余裕だ…ぐやじい

 でもそのPKを周ちゃんが止めた!! 

 それまでむずむずもさもさしてた私が両手をポンポンポンと打ちならして飛び上がる。

「きゃったーーーーーーーーーっ!!」 (きゃった~って?)

 でも夜のスポーツニュースでは このシーンはカットだった。

 全国に 周ちゃんの雄姿を流してよーーーー!

 

 そして広島の攻撃。

 誰かのシュートが跳ね返る(記憶 曖昧)

 私はソファーから乗り出して「うぎゃーーーーー」

 そこに寿人が来る!

 「打てーーーー!」 あ、言っちゃった…難しい体勢でのシュート…ネットが揺れる。

 入った!!

 「いぎゃったーーーーーーーーーっ!!」 (いぎゃったって?) 

思わず叩いた膝が痛い。

 …でもオフサイド。

 あぁ…残念。

 でもゴールネットを揺らしたし、あの体勢からシュートする寿人を見られたのは良かった。

 0-2で敗戦。

 でも幸運な事に 上位チームがそろって勝てなかったので、順位に変動無し。

 おまけにゴールランキングも同様。

 大久保選手のゴールを見なくて済んだのもよかった。(大久保ファン・関係者の皆様 ごめんなさい)

 翌日の日経新聞に載ったカズと寿人のコメント…。

 あぁ…07年降格の時も 人は違えど こんな感じの事を言ってたなぁ…。

 チーム内の雰囲気が良くないのかなぁ…。

 

|

2013年9月13日 (金)

やったゼェーッ!!

 先日、晩夏に迷いながら百均の店へ行って買った朗読劇の小道具用の材料。

 それらを使って作りました~!

 船乗りさんの役に合わせて、帽子とベルトのセットは、ネットオークションで購入。(送料込みで600円也)

 後は、教室の仲間の娘さんが以前使用していたセーラーカラーを借りる事になってる。

 あと水兵さんと言えば…スカーフ!!

 水木一郎さんが「マジンガーZ」を歌う時にしてる赤いスカーフをイメージ。

 あれ ワイヤーが入ってて、なびく様子が表現されてるのよね。

 あんな風にしたいと思い、まずはワイヤー入りのカチューシャを探したけれど売って無くて、苦肉の策で、ネクタイで作る事にした。

 ちょうど良い色のネクタイがあってよかった☆

 首のまわりは、プラスティックのカチューシャを入れて いちいち結ぶんじゃなく 首にさっとはめるように。

 なびく様子はワイヤーを入れて。

 材料費…ネクタイ・ワイヤー・カチューシャ すべて百均で 計315円也。

Img_2803
 あまりなびくと、お笑いになっちゃうので、ささやかに張りを出す程度にしたけど、行き当たりばったり(毎度の事だ)の作製の割に、まあまあの出来栄え。
 

 写真下のベルトは、帽子とセットだったの。

 正直 帽子だけあれば良かったし、出品者が若いコスプレイヤーだったので、きっと細くて使えないだろうと思ってた。

 そしたら、思いのほか、ゆとりアリ。

 マジックテープで調整可能☆

 良い買い物ができました。
 

 この帽子…かぶってみたら予想外に似合ったので、本気でかぶってもいいかも…と ちょっと思っている。(かぶりませんよ!)

|

2013年9月12日 (木)

どうしても気になるのよ…

 夕べ、某ドラマを見ていたら、母と幼い二人の子ども達が歯ブラシをくわえて庭に下りるシーンがあった。

 ひぃ~~~~~~!

 私、こういうの怖いのよ~。

 幼い頃、父は「長い物を口にくわえて歩くな」と厳しかった。

 棒状の物を持って歩いて転んだら、喉にささって危険だから。

 「座って食べないとお行儀が悪い」とは違う次元の話。

 幼い頃に躾けられた事って、いつまでも消えずに影響あるね。

 私は、もちろん今でも棒状の物をくわえたら動かない。

 この年齢になると、歯磨きする時くらいしか そういう状況にはならないけど。

 近頃は足に自信が無いせいか、無意識に片手を洗面台に付く始末。

(ちょっと前までは、腰に手を当ててたわ)

 くわえて歩く→転んで刺さるイメージが鮮明なの。

 だから、ドラマのそのシーンは、怖くて怖くて顔をひきつらせてのけぞって見てた。

 撮影現場で誰か「こういうシーンは良くない」って言わなかったのかなぁ。

 歯ブラシをくわえたまま、縁台からトンと下りるんだよ。

 仲良し母子の、穏やかな朝のシーンだから仕方ないのかなぁ。他に表現する方法無かったのかなぁ。

 そんな事を危険だと言う方がおかしいのかなぁ。

 変な箸の持ち方をテレビで見ると、無意識に顔をしかめてしまうけれど、棒状の物をくわえて歩くのは、恐怖が加わって顔を小さく左右に振ってのけぞる。

 私だけかなぁ。

|

2013年9月11日 (水)

あたたかな眼差し

 先日、I先生の葬儀で、お会いしたK先生が

「お母ちゃん(フレンドリー過ぎる…笑)に よく会うぞ~」と声をかけてくださった。

 え? 先生って 私の母 ご存知だっけ? (私も受け持って貰った事が無いのに)

「どこでですか!?」

「散歩中か何かで、お母ちゃんの方から『花桃ゆうの母です~』って 挨拶してくれるぞ。同じ団地だろう」

 また驚く。同じ団地は知ってるけど、母が先生を今でも認識できるのにビックリ。

「え? うちの母からですか!?」

「そうだよ。お元気そうだなぁ」

 アルツハイマーで、難聴な事を伝えると

「そんな風には見えんぞ。しっかりしてる」

 隣に居たヤイちゃんが「そうでしょう~」と そっと頷く。

 そうヤイちゃんは ちょっと前に「駅の近くを歩いてるおばさん見たよ。日傘をさしてきちんとしてみえたよ」と知らせてくれた。

 道路の反対側を車で走ってたので、声はかけられなかったって。

 母は、クラクションも聴こえないのよね。

 でもね『徘徊』じゃなくて『きちんとして歩いてる』って情報はすごく心強かったの。

 でも友達の欲目かもしれないし「おばさんが ふらふら歩いてたよ」とは知らせにくいからなぁ…と、半信半疑。

 K先生の言葉で確信が持てた。

 I先生の葬儀では、Mちゃんにも逢えた。

 そのMちゃんは、時々、デイサービスの施設へ行くらしい。

「おばさんに 時々 会うけど、いつも『Mちゃ~ん?』って声をかけてくれるよ。食堂で洗い物なんかのお手伝いをテキパキとされてて、職員さん達がありがたがってるよ」と教えてくれた。

 母は施設でお手伝いしてるのが自慢。

 でも本当は二度手間なのも、職員さん達が 母へのベストな対応として「母桃さん、ありがとうございます!助かったわ!」と 持ち上げてくれてるのも知ってる。

 それを客観的に「ありがたがってる」と見てくれた事も嬉しかった。

 さて、本日の実家詣で。

 K先生の話、母が喜ぶように ちょっと大げさに書いて伝えた。

『K先生が、お母さんによく会うけど、いつも元気でしっかりしてみえるって言ってたよ』

 案の定

「K先生って、誰? どこの人?!」

 説明を書く。

「お母さんねぇ、K先生って名前は何となくわかるけど、顔見てもわからないわ~」

『でも お母さんから挨拶したんだって』と書いたにもかかわらず

「きっと ゆうことそっくりだから、先生が気づいて声をかけてくれたんだねぇ」

 もうそこまで来たら、何も書かずに頷くのみ。(同意のポーズ)

 続いてMちゃんの話も大げさに書くと

「お母さんねぇ、昨日の事も忘れちゃうから、Mちゃんの事もわからないんだわ。謝っておいてね」

 …でも自分から声かけてるんだってば~。と心で言うだけで、頷いて見せる。

『ヤイちゃんも おばさん おしゃれして歩いてたって言ってたよ』と 以前の情報を これまた母が喜ぶように脚色して書く。

「ほんとぉ~ どこで会ったのかねぇ」

 その後、私の書いた物を何度も何度も繰り返し読んでる。

 何度読んでも「初めて読む」感じなんでしょうけど。

 そして「これ本当? お母さん、涙が出るほど嬉しいわ。でも お母さんは、先生の事 わからないの。だから謝っておいてね」

 また読んでは「Mちゃん、お母さん きっと会ってもわからないと思うわ。Mちゃんに謝っておいてね」

 ん~~書いた事と矛盾してるんだけど、母が思い込んだ事を訂正するのは無理なので、これも「うん」と頷いておく。


 きっと御近所では 失礼な事もしてるだろうし、道で声をかけられても聴こえず「無視された」と思ってる人も居るだろうね。

 それでも こういう温かい眼差しで 母を見ていてくれる人も居る。

 ありがたい事です。


 ヤイちゃんも、歩いてる時に会えたら「中学生のような満面の笑みで 必ず声かけるわ」と。

 ヤイちゃんの事は絶対に解ると思うけど、偶然会って声をかけてもらった事は忘れる…ネ。

 母は、優しい気持ちで関心を持ってもらえる事がとても嬉しいの。

 …きっと誰でもそうよね。

 昔のようなコミュニケーションがとれなくなったから、尚更、ちょっとした事が嬉しいの。

 ちょっとした優しさが 周りに溢れていると、母は穏やかでいられる。

 たとえ、記憶に残らずに すぐに消えてしまうような出来事でも、母の中で やさしい物が積み重なって行くんだろうな。


 ありがとう。

 これからもどうかよろしくお願いいたします。

 

|

2013年9月10日 (火)

食べず嫌い

 先日 中学の同級生女子6人が集まった時、私以外の全員がスマホユーザーになっていてビックリ!

 変えた当初「なかなか慣れないわ」と言ってた子も サラサラサラ~っと使っている。

 最近 替えた子に「ここを見てみて~」と指導もしてる。

 なんででしょうねぇ…「絶対にガラケー使うもん!」と かえって思ってる。

 その心の隅っこには「でもなぁ…ガラケーがいつか売られなくなり、サポートも無くなった時、スマホに替えざるを得ず(地デジテレビみたいにね)60歳過ぎて 新しく覚えるのは、今よりももっと大変だろうなぁ…替えるなら早い方がいいのかもなぁ…」という想いもある。

 でも 現在 何の支障も無く使っている携帯を買い換える気にはならないのよねぇ。

 すでに3年近く使ってるから、そろそろ疲れて来る頃。

 次の買い替えで「またガラケーを買うもん!」と思ってるけど、いざとなると迷うかもね。

 そんな時、サンフレッチェ広島からツイッターとライン スタートのお知らせが!

 そんなぁ~~~泣。

 ところが、ここで心は揺れないのよねぇ…。

 以前、寿人が動画配信を始めた時、それまで頑なに「必要無い」と思ってたのに、パケットし放題のプランに替えた。

 そしたら…寿人 更新してたのは、最初だけで、ここ2年程は更新無し。

 私のパケットし放題は、もっぱら、ここちゃんの写メを送ってもらう時に役立ってる。

 サンフレッチェ広島の携帯サイトも 外出先で試合速報を見る時に使うくらいで、普段は全然見ないし…。

 要するに私はネットを活用できてないわけだ。

 でも最低限のネット情報でも そんなに困らないのよ。

 友達から「あの事 知ってるよね?」と振られて「初めて知った~」って事は よくあるけど。

 ネットをもっと活用するようになれば「今まで知らなかったのがもったいない」って思うんだろうね。

 でも知らない今は、不満を感じる事もない。

 何より、新しいシステムに首を突っ込むのが面倒くさい。(あぁ、おばさん道まっしぐら)

 この心の攻防 いつまで続くんだろう。

|

2013年9月 9日 (月)

晩夏に迷う

 センチメンタルな季節…晩夏。

 若い頃から、この時期は 心がざわつきます。


 でも今回は別の迷い話。

 土曜日、ぴっちー号の持ち込み点検に行った。

 たまにしか行かないので、なんとなく道が不安な車屋さん。

 でも一度も間違う事なく「あら?こんなに近かったんじゃん」と思えるくらいスムーズに行けた。(普通の人なら当然の成り行き)

 点検や部品交換を終えて店を出たのは4時過ぎ。

 帰りに食料品を買う予定だったのに加えて、朗読劇で使う小物製作の為に百均で材料を買う事を思いつく。

 晩夏の空のいたずらよ。

 このまま直進→左折→右折で スーパーにも寄って帰れるはずだったのに、晩夏の空を見てたら、もう少し走りたくなって(ドライブなんて苦手なのに)寄り途を思いついちゃったのねぇ。

 さて、目指す百均の店は、直進→左折→左折が 私の中にある確実な道。

 解る方は この時点で「左折→左折」が無駄なのに気づくでしょう。

 私も気づいたのよねぇ。

 で、「最初の左折の前に左へ曲がっとけ~」と^^

 …なんで そんな無謀な事をしちゃうんでしょうねぇ。

 私が運転してて道に迷うのは、すべてこういうパターン。

 脳内勝手な地図で「こっちにありそう」「多分、こうでしょう」でスタートしてしまう。

 おまけに実際の道は、碁盤の目のようになってない。

 自分では東に向かって走り始めたのに、道がだんだんカーブしてて 左折もしてないのに、いつの間にか北に向いてるのよね。

 毎回 思い知らされるのに、忘れた頃に同じ過ちを繰り返す。

 ぴっちー号にはカーナビはありません。

 あたくし、地図は読めるんですの。

 その昔、ボーイフレンドの助手席で地図を見ながらナビしてましたから。(地図は上下左右 色々動かしましたけど)

 でも今のぴっちー号には地図ものせてない。

 全然当てにならない「花桃の勘」で走り始めたんですねぇ…。

 交差点で止まる度に地名を見て「ん~この地名は知ってる。でも戻ってるみたいだなぁ」

「あれ~? ○町って事は、ぐるぐるしてるだけ?」

 そもそもその地名も地図上に表示できるほど はっきりと記憶してるわけじゃなく『以前、通った』『選挙カーで走った』程度。

 それでもね、私の記憶に残ってるって事は、満更 とんでもない所ではないって結論。

 そろそろ『道に迷ってる』事に気づく。

 夕立が迫るような暗い空なので、東西南北さえも解らない。

 交差点で止まった時、目の前の真っすぐと左右の道を眺め「こんな感じの道」で直進か右左折を決める。

 片側一車線の田舎の道なので、こんな悠長な事もできる。

 都会の何車線もの道だったら、もう道路わきに停めて硬直してるわ。

「こんな感じの道」と言っても 道の風景なんて どこも似たようなパターン。

 私が「こんな感じ」と言うのは、街路樹によるイメージが大きいし。


 「こんな感じ」に頼って、とあるスーパーに差し掛かり「ここで買い物しちゃえ」と駐車場へ。(余裕~笑)

 駐車場で夫に『百均の店に行こうと思って道に迷いました。今 ○町のFE○L。帰り道のヒントがあったらお願いします』とメールしてから店内へ。

 店内で 同じマンションの人を見かけた!

 …って事は やっぱり けっこう近い場所なんだ!

 あの人に帰り途を聞こう! と思ったものの、走って側に行けない私。大声で呼ぶのも恥ずかしい。店内でまた会える事を期待して見送る。夫からヒントメールが届いてるかもしれないしね。

 買い物を終え、荷物を積み終えて携帯を確認。

『店の場所がわかりませんので自力で帰って来てください』…夫から無情のメール!

 店に入る前の道の先に道路標識があったわ…それを見てから考えよう…と走りだす。

 …その標識には見覚えある駅の名前が! やったー♪

 駅がこっちなら、反対側へ行けばいいわ。

 変な確信の元、左折。

 案の定、思ってたのと全然違うところへ出た。

 でもうろ覚えの景色があり、だんだん「こっちの方で合ってる」気はしてきた。

 さっきまでの雲の中を走ってるのとは随分違う。

 そして本当に『私のわかる所』へ出た!

 そうなると百均の店も そんなに遠くは無いから 迷った分 行かなきゃ損と思って『家に帰る』目的を『百均の店』に戻す。

 そこで最後のぐるぐる。

 かなりの無駄走りをした。

 でも無事に材料も買え、マンションに到着。

 すると、先ほどスーパーで見かけたマンションの人が一足早く エトランスに入って行く姿が見えた。

 百均まで またぐるぐるして 買い物した事を思うと、彼女をスーパーの駐車場で待たなくて正解だった…と 自分を納得させる。

 そして車屋さんで洗車してもらったボディも 振り出した雨に ぎりぎり濡れずに済みました。

 晩夏のとんだ冒険でした。

 ちなみに、今 書きながら気づく。

 スーパーを出て 標識で駅名を見た時、右折すれば良かった…。

 でもそうしたら、百均の店には行かなかったわ。

 ☆塞翁が馬☆

|

2013年9月 7日 (土)

広島の星

 代表戦、朝刊ニ紙とも『川島』の写真付き記事だったし、『メンバーは変えずに守備力を高める』みたいな内容だったから、周ちゃんがスタメンなのに驚き、喜ぶ。

 試合は…パソコンで作業しながら、背中で聞く感じ(汗)
夫の反応で、慌てて振り向き、テレビ画面を見る程度。

 で、後半も終盤。昔『寿人タイム』と呼んでいた残りわずかの時間帯に アオちゃんが呼ばれた!
思わず「おぉ!」と体を回転させる。
アオちゃんは、いつも通りのプレーだ。

 出た!柿谷への長いパス!
ゴールはならなかったけど、アオちゃんらしい、アオちゃんならではのプレーができてた。

 昔、寿人タイムに やっと出られたのに、なぁんにもさせてもらえずに終わる試合を いくつかみたなぁ…。
 アオちゃんは、ちゃんと役割を果たせたよ!
 監督が 三年前から アオちゃんに目をつけていたにもかかわらず、今まで呼ばなかったのは、5年後に照準を合わせてるんじゃないかと 私は思ってる。
 今は まだヤット君や長谷部を中心に使えるからね。
 もしかしたら、アオちゃん、5年後は代表キャプテンかも〜。

 無失点で勝利!
 相手が格下とか、シュート3本しか打たせなかったとか、理由はあれど、数字の記録として残るのは『西川、無失点』
 川島選手も好きなんだけど、やっぱり広島から呼ばれたなら活躍してほしいもん。

 アオちゃんは、来年のW杯は『経験』でもいいと 私は思ってるけど、予想外に この数ヶ月で ヤットさんに代わっちゃうかも。

 いっぱいの期待に繋がる試合でした。

 でも、一つ心配よ。
代表合宿で、ますます力をつけたアオちゃんが、広島に戻った時「曜一朗なら上手くトラップしてシュートしたのに〜」とか「曜一朗なら頭に届いたのに〜寿っさんたら…」って なったらどうしよう。
 アオちゃん、どうか いつまでも『寿人のトシ』で居てね。
 寿人も アオちゃんの成長に置いていかれないように、ますます精進してくれるでしょう。
 周ちゃん、アオちゃん、充実の代表合宿や試合を経験して、怪我なく帰って来てね!

 …と、このブログを書いていた頃、アオちゃんは虫垂炎の疑いで、代表チームを離脱してました…。

 大丈夫! アオちゃんは、これで終わりじゃないから。

 

|

2013年9月 6日 (金)

泣かないお別れ

 夕べは、中学の恩師のお通夜でした。

 「身内だけで送りたい」とのお話だったけれど、I先生がすごく逢いたがっていたのりちゃんが「先生にお別れを言いたい教え子だけでも」とお願いして、娘さんから快くお返事をいただいた。

 急な事だったけれど、I先生のクラスの子達が中心に、13名ほど集まった。

 I先生の御遺志と御遺族の意向で 読経は無く

「生前 お世話になった皆様への感謝祭とさせていただきますので、しめっぽくならず、御歓談ください」と 喪主の御長男さんの挨拶。

 斎場には加山雄三の曲が流れる。

 万年青年だったI先生にピッタリ。

 焼香をし、先生のお顔を拝見し、勧められるままテーブルに。

 10月には5年に一度の同窓会があるし、親しいメンバーが大半なので、特別懐かしいという訳では無かったけれど、先生の話をして涙ぐんだり笑ったり。

 そこから関係無い話も出て、また笑ったり。

 祭壇の先生の写真も「皆 楽しんでくれよ」と微笑みかけてくれてる。

 同窓会やクラス会や水泳部の同窓会をすると 二次会・三次会まで付き合う先生だったからね。

 テーブルのお料理は「精進料理」じゃなく、本当に「会食を楽しんでください」メニュー。

 握り鮨の桶、オードブル、フルーツ。アルコール類も色々。

 最初は遠慮していた私達も いつしか本気食べ。

Image5551

 すでに空っぽになってしまった時点で写真を撮る事を思いつく。

 私の目の前のオードブルに至っては こんな感じ↓

Image5561

 普通、こういう席では ほとんど残るよね。

 揚げ物や煮物 一通り あたくし いただきました!

 極めつけは「ケーキもありますので、お好きなのをどうぞ」

 長いテーブルに ケーキバイキング並みに並ぶ色とりどりのケーキ達。

 Kと それぞれ好きなのを選んで食べ終えた頃、Cちゃんがとってきたモンブランが目に入り「一口だけちょうだい」

 一口だけのつもりが半分いってしまった頃 テーブルの端の方で 私の食べっぷりが話題になり、夫が

「帰ってからまだ食べるよ」と言ったらしい。

 ヤイちゃんが「アイスクリーム食べるんでしょう!」

 私「今日は食べないって~!」

 次の瞬間 こうなりました…↓

Tuya_4
 

 そして今日、告別式に参列してきました。

 これも「お別れ会」と言う事で、読経無し。過剰な演出無し。

 御遺族の「泣かせない」心配りを感じる送り方でした。

 それでも、流れるフォークソングに、私達は おおらかで自由だった中学校生活を思い出し、在りし日のI先生のシャイな笑顔を思い出し、目頭をおさえてました。

 こういう葬儀の形 いいな。

 近頃は 昔とはかなり違うスタイルの葬儀が増えてきてるけれど、これほどシンプルに「お別れ」をするのは初めて。

 洟をすすりながら 車を見送り…さて いつものメンバーでお茶へ。

 そこで早速 ヤイちゃんから「昨日 アイスクリーム食べた?」と詰問(←ここ大事)される。

「食べてな~い!」 9時まで食べ続けてたからね、さすがにお腹いっぱいで 何も入りませんでした。

 I先生の思い出を語り、笑い、「そんな事あったね~」と また感動し、のりちゃんが 御遺族から伺った闘病生活や、最期の頃の話にしんみりし…。

  シュロノワールが有名なお店。

Cちゃん「ミニサイズもあるんだよ」(食べやぁって事ね)

私「でもぉ… じゃあ 皆でつついてよ」

ヤイちゃん「そんなのダメだわさ。崩れるから つつくのは難しいって。全部 自分で食べないと」

で、Kと私は それぞれコーヒーとミニシュロノワールを注文。

出てきたシュロノワールは 四等分されてて 親切にフォークも人数分。

Image5571

…ええ、ええ、結局 あたくし、ひとりじめいたしましたわよ。

 おしゃべりに気が行ってて、気づいたら食べ終わってましたから。

 10月の同窓会は、I先生の逝去を悼む会にもなるね。

 ひとり、ふたりと 恩師が空へ上っていかれます。

 先に逝った同級生も複数。

 そういう年齢になってきたって事ですね。

 一日一日を大切にしたいです。

 

 

 

|

2013年9月 5日 (木)

決断☆

 昨日書いた「夢コンサート」

 一晩 考えて、突如 決断できた。

 あいざき進也が出ないのに、公文を休んでまで行く事は無いわ…です。

 あいざき進也優先の決断ではあるけれど、まあ合わせ技ね。

 公文の日じゃなければ、進也が出なくても行くし、進也が出るなら、我が儘を通して公文を休む。

 例の「ブラックリスト疑惑」に関しては、申し込む時 お詫びも添えるつもりだった。

 この挑戦でブラックリストから削除してもらえるかもしれないし。

 ちなみに…

 「お宝なんでも鑑定団・出張鑑定」の収録が春日井市である。

 観覧の申し込みはとりあえずした。

 「うちにも 何か鑑定してもらえるような物ないかなぁ…あるはずないよねぇ…」と思ってて、あっと閃いた。

 私の大切な『櫛と簪』

Image370
   Image374_3

 でもなぁ…そんな由緒ある品ではなさそうだし、これと言ったエピソードがあるわけじゃないし(母の友達に貸して、失くしてしまったと思ってたら出て来て嬉しかった…じゃ 弱いよねぇ)書類審査で落ちるよねぇ。

 でもどれくらいの価値があるか興味はある。

 しかし もし出場する事になったらなったで かなり恥ずかしい。

 応募用紙(市役所でもらえる)とにらめっこしながら、とうとう締め切りを過ぎてしまいました~。 ま こんなもんでしょ^^

 二十代の頃、欽ちゃんのお昼の番組の「夫婦の記念日」に出た事がある…。

 スタイリストさんが服を用意してくれて、ヘアメイクもしてもらって、そこで着た夫と二人分の自分では買えないようなお洋服や靴は貰えたの。(一人十万円相当だと言われてた)

 でもね、欽ちゃんの笑いのセンスを全然生かせない『素人丸出し』だったので、こういう番組には不向きだと 以後 自粛してました。

 今回も 行動しないで締め切りを迎えて良かったわ。

 以前のブログを探してみたら、2012年1月19日「もう離さない!」と題して、その一件を書いてました。

http://hanamomodiary.cocolog-nifty.com/hanamomodiary/2012/01/index.html

 お宝鑑定団の事にも触れてました。

 どういうわけか「お宝鑑定団には出しませぬ!」と。

 どういう心境だったのかな。

 …ええ、結局 出しませんけど。

|

2013年9月 4日 (水)

再びの「夢コンサート」

 夢コンサートの広告が入った。

 …花桃ブログを読んでくださってる方は覚えておいででしょうか?

 数ヶ月前、代引きで届いたチケットを 申し込んだ事を忘れて「送りつけ詐欺だ」と思い、運送会社さんに引き取らせた事を…。

 「私、送りつけ詐欺を きっぱりシャットアウトしました~!」と自慢げに書いた数日後『あのコンサートのチケットだった!』と気づき 青くなったんでした。

 コンサート当日は「あぁ…本当なら 今頃は…」と思い、コンサート後、地元紙の夕刊の読者欄に『夢コンサートで青春を思い出した』『素敵な時間を味わえた』との投稿が続けて載り、ますますしょげてたんです。

 さあて、今回は何と春日井での公演。

 願ったりかなったりよ!

 でもね…木曜日は、公文がある。

 ◆今月から部分的に復帰し、木曜だけの2時間にして貰ってるのに、その木曜に早引きなんてできない。

 ◆あいざき進也が出て無い。

 ◆もしかしたら㈱夢グループのブラックリスト(一方的に不条理に引き取り拒否した)に 花桃は載ってしまってるかもしれない。

 3つの理由で、広告を眺めながら、申し込みできずに居ます。

 でも広告を捨てる事もできない。

 特別割引チケット発売は、9月5日まで。

 どうする花桃!?

|

2013年9月 3日 (火)

中津君♥

 午後の再放送で「イケメンパラダイス・花ざかりの君たちへ」やってる。

 ストーリーや、若手俳優達のドタバタ学芸会みたいなのには、さすがにもう興味無いけど、中津君こと 生田斗真が見たくて、家に居る時は見ちゃう。

 あのドラマで、私は彼の存在を知り、その後 色んな役(重厚なものまでするようになったよねぇ)を見た。すごい役者なんだなって思う。

 でも私にとっては「中津君」が原点。

 あの純情なチャラ男ぶり、好きなんだなぁ~♪

 妄想のひとりしゃべりシーンが特に好き♥

 ああいうタッチのドラマ、またやってくれないかなぁ…。

 映画は まだ観てないけど、高校生から大人までの恋愛もやったよね。

 高校生役の彼の恋愛演技も絶対にはまる!

 あんな顔で ふざけられたり見つめられたりしたいなぁ~♪


 ちなみに、近頃は『種市先輩』見たさに「スターマン」も見てます。

|

2013年9月 2日 (月)

大好きな映画

 昨日は、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を観て来た。

 この映画 大好きなのよねぇ。

 小学校5年か6年の時、近所の母仲間と子ども達数名で観に行った。

 その時からずーっと好き。

 大人になってからテレビで放送されたのも 何度も何度も観た。

 観る度に感動したし、年齢を重ねて初めて見えた事もある。

 「ドレミの歌」はもちろん、いくつかの歌は 今でも鼻歌で歌える。

 こんなに好きな映画なので、劇団四季が、どんな風に舞台化したのかみてみたいし、オーディションで選ばれた子ども達が大勢出るのも楽しみ。

 オープニング…これから観る人の為に詳しくは書かないけれど、四季のメンバーの歌声は本当に素晴らしい。

 そして、記憶に残る山の景色も 見事に舞台に再現されていて、そこにマリアが登場して最初の歌を歌った途端…もう泣けた(笑)

 歌に感動してじゃなく…ただただ泣けた。

 その後の展開を想像したからかなぁ。

 映画のいくつかのシーンは、舞台に上手く再現されてた。

 映画の子役達の顔は、男の子の一人を除いて、後は全員、今でも思い浮かべる事ができる。

 『あ、あのシーンだ^^ 映画では こんな顔してたなぁ』

 『映画とは違うとこで歌ったなぁ』

 『次はあのシーンで あの歌だ』

 色んな想いが込み上げて、私はほとんどずっと泣き顔で笑っていた。

 子役たちの熱演には、感動して涙が出たけれど、他の場面で泣けるのは どうしてなんだろう。

 ♪わたしのお気に入り♪は、大好きな曲。

 そこでも泣けたわ~。

 声を殺して、唇を震わせて耐えてたけど、途中で鼻水が出ちゃったので、すすりました。

 マリア役は、江畑晶慧さん。

 序盤は顔も発声も『えぇ~ アニメみたいな女優さんだなぁ…』と ちょっと不満だったけれど、気づけば ぐんぐん惹きつけられて、途中からは、私も大好きになってた。

 トラップ大佐は、深水彰彦さん。

 彼の顔は 私が思うには ちょっとあくが強かったな…。

 映画のトラップ大佐も、ちょっとニヒルな顔だったけど、深水さんは悪役顔(ごめんなさい)で色気もあり過ぎ。

 違う役者さんだったら、どんなトラップ大佐になるのか、ちょっと観てみたい。

 演劇の舞台ってすごいなって いつも思う。

 広大な空間を、あの小さな舞台の上で表現し、短時間で違う場所へいざなう。

 ああいうのをデザインする(考える)人の話を聞いてみたい。

 クライマックスでは、私が楽しみにしていた映画のワンシーンは無かった…。

 (これに関しては、普通の人は さほど期待してないシーンなのかも)

 私は、最初に修道女が出てきた時点で「あ、最後のあのシーンは、この人達が ああするんだな^^」って ワクワクしちゃったもん。

 子どもにもわかりやすい脚本・演出にしてあるとのことで、映画とは違うところもあったけど、それはそれでスッキリしてて良かった。

 また映画も観たいと思った。

 ちなみに私が好きな映画トップ3は、サウンド・オブ・ミュージックと ターミネーター1と グーニーズだなぁ。

 何度でも観たいわ。

|

2013年9月 1日 (日)

第24節 サンフレッチェ広島 対 FC東京

8月31日(土)

【広島 対 FC東京】エディオンスタジアム

(スカパー観戦)

  soccer1-2 広島勝てず

  soccerゴール…寿人

 入場前の選手達のこっち側に、エスコートキッズとは違う感じの子どもの姿が…もしや!?

 …そうでした~~~♪ 画面に食いつく私。

 J300試合出場の表彰に、寿人ファミリーがスタンバイ。

 次男坊君、大きくなってる! もう「少年」だ~。(ちょっと寂しい)

 前に出てきた寿人の目線の先は、花束を抱えて立つ家族ね、寿人の優しくて嬉しそうな微笑み。

 「お父さん」の顔だねぇ^^

 花束を抱えて歩いてくる3人。長男君は、ちゃんと役割を果たそうと真剣な顔。次男坊君は…笑ってるよねぇ~~~^^

 大好きなパパに花束渡すの嬉しいもんねぇ~。

 エスコートキッズ達との撮影。次男坊君 すごく笑ってるよー☆ピースサインまでしてる。

 キッズ達が去って、選手と家族だけの撮影…ぎゃーカメラは、FC東京の方へ。

 あぁーーーーん! 左!左を映してーーーーーーー!

 メインスタンドから見たかったな…。

 FC東京の千真くんの先制ゴール。

 うぅぅ。 こりゃぁ…寿人 頑張らないと。

 アオちゃんから絶妙なロングパスが出るんだけど、寿人決められない。(詳細は覚えてない)

 ひぃ~~~!

 このままじゃ、アオちゃんに愛想尽かされちゃうよ~。

 『柿谷のアオちゃん』になっちゃうよ~~~~~泣。

 でも後半、CKから、ゴール前のごちゃごちゃの中から、寿人が決めた!

 珍しく私 この瞬間をちゃんと見られた! 寿人だけを見てたからね^^

 リプレイで、ソッコのヒールパスだったのが解った。

 ソッコ! ありがとう~~~~~!!

 寿人ぉ~ まずソッコのとこへ走って行かないと~。

 一番に追い掛けてくれたヒョンジンに気づかないまま、スタンドへ走り、他の選手とハイタッチをし、ソッコにタッチしたのは随分後だったねぇ…。

 ごめんね…ソッコ。 寿人に代わって、心からお礼言います。(何の威力も無いけど)

 直君は、今日も全力で攻守に走り回ってた。体もぶつけてた。本当に本当にありがとう。

 

 

 もう1点取って!

 …願い叶わず、まさかの失点。

 はぁぁぁ…。

 でも まだ首位との差は大きくない。まだまだ優勝争いの中にいる。

 寿人の得点ランキングは…5位まで下がって来た。

 今季3回目のハットトリック頼みますよ。(それでも まだ大久○選手に追いつかないのね…泣)

 

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »