« 広島の星 | トップページ | 食べず嫌い »

2013年9月 9日 (月)

晩夏に迷う

 センチメンタルな季節…晩夏。

 若い頃から、この時期は 心がざわつきます。


 でも今回は別の迷い話。

 土曜日、ぴっちー号の持ち込み点検に行った。

 たまにしか行かないので、なんとなく道が不安な車屋さん。

 でも一度も間違う事なく「あら?こんなに近かったんじゃん」と思えるくらいスムーズに行けた。(普通の人なら当然の成り行き)

 点検や部品交換を終えて店を出たのは4時過ぎ。

 帰りに食料品を買う予定だったのに加えて、朗読劇で使う小物製作の為に百均で材料を買う事を思いつく。

 晩夏の空のいたずらよ。

 このまま直進→左折→右折で スーパーにも寄って帰れるはずだったのに、晩夏の空を見てたら、もう少し走りたくなって(ドライブなんて苦手なのに)寄り途を思いついちゃったのねぇ。

 さて、目指す百均の店は、直進→左折→左折が 私の中にある確実な道。

 解る方は この時点で「左折→左折」が無駄なのに気づくでしょう。

 私も気づいたのよねぇ。

 で、「最初の左折の前に左へ曲がっとけ~」と^^

 …なんで そんな無謀な事をしちゃうんでしょうねぇ。

 私が運転してて道に迷うのは、すべてこういうパターン。

 脳内勝手な地図で「こっちにありそう」「多分、こうでしょう」でスタートしてしまう。

 おまけに実際の道は、碁盤の目のようになってない。

 自分では東に向かって走り始めたのに、道がだんだんカーブしてて 左折もしてないのに、いつの間にか北に向いてるのよね。

 毎回 思い知らされるのに、忘れた頃に同じ過ちを繰り返す。

 ぴっちー号にはカーナビはありません。

 あたくし、地図は読めるんですの。

 その昔、ボーイフレンドの助手席で地図を見ながらナビしてましたから。(地図は上下左右 色々動かしましたけど)

 でも今のぴっちー号には地図ものせてない。

 全然当てにならない「花桃の勘」で走り始めたんですねぇ…。

 交差点で止まる度に地名を見て「ん~この地名は知ってる。でも戻ってるみたいだなぁ」

「あれ~? ○町って事は、ぐるぐるしてるだけ?」

 そもそもその地名も地図上に表示できるほど はっきりと記憶してるわけじゃなく『以前、通った』『選挙カーで走った』程度。

 それでもね、私の記憶に残ってるって事は、満更 とんでもない所ではないって結論。

 そろそろ『道に迷ってる』事に気づく。

 夕立が迫るような暗い空なので、東西南北さえも解らない。

 交差点で止まった時、目の前の真っすぐと左右の道を眺め「こんな感じの道」で直進か右左折を決める。

 片側一車線の田舎の道なので、こんな悠長な事もできる。

 都会の何車線もの道だったら、もう道路わきに停めて硬直してるわ。

「こんな感じの道」と言っても 道の風景なんて どこも似たようなパターン。

 私が「こんな感じ」と言うのは、街路樹によるイメージが大きいし。


 「こんな感じ」に頼って、とあるスーパーに差し掛かり「ここで買い物しちゃえ」と駐車場へ。(余裕~笑)

 駐車場で夫に『百均の店に行こうと思って道に迷いました。今 ○町のFE○L。帰り道のヒントがあったらお願いします』とメールしてから店内へ。

 店内で 同じマンションの人を見かけた!

 …って事は やっぱり けっこう近い場所なんだ!

 あの人に帰り途を聞こう! と思ったものの、走って側に行けない私。大声で呼ぶのも恥ずかしい。店内でまた会える事を期待して見送る。夫からヒントメールが届いてるかもしれないしね。

 買い物を終え、荷物を積み終えて携帯を確認。

『店の場所がわかりませんので自力で帰って来てください』…夫から無情のメール!

 店に入る前の道の先に道路標識があったわ…それを見てから考えよう…と走りだす。

 …その標識には見覚えある駅の名前が! やったー♪

 駅がこっちなら、反対側へ行けばいいわ。

 変な確信の元、左折。

 案の定、思ってたのと全然違うところへ出た。

 でもうろ覚えの景色があり、だんだん「こっちの方で合ってる」気はしてきた。

 さっきまでの雲の中を走ってるのとは随分違う。

 そして本当に『私のわかる所』へ出た!

 そうなると百均の店も そんなに遠くは無いから 迷った分 行かなきゃ損と思って『家に帰る』目的を『百均の店』に戻す。

 そこで最後のぐるぐる。

 かなりの無駄走りをした。

 でも無事に材料も買え、マンションに到着。

 すると、先ほどスーパーで見かけたマンションの人が一足早く エトランスに入って行く姿が見えた。

 百均まで またぐるぐるして 買い物した事を思うと、彼女をスーパーの駐車場で待たなくて正解だった…と 自分を納得させる。

 そして車屋さんで洗車してもらったボディも 振り出した雨に ぎりぎり濡れずに済みました。

 晩夏のとんだ冒険でした。

 ちなみに、今 書きながら気づく。

 スーパーを出て 標識で駅名を見た時、右折すれば良かった…。

 でもそうしたら、百均の店には行かなかったわ。

 ☆塞翁が馬☆

|

« 広島の星 | トップページ | 食べず嫌い »

おばさんの独り言」カテゴリの記事