« 第24節 サンフレッチェ広島 対 FC東京 | トップページ | 中津君♥ »

2013年9月 2日 (月)

大好きな映画

 昨日は、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を観て来た。

 この映画 大好きなのよねぇ。

 小学校5年か6年の時、近所の母仲間と子ども達数名で観に行った。

 その時からずーっと好き。

 大人になってからテレビで放送されたのも 何度も何度も観た。

 観る度に感動したし、年齢を重ねて初めて見えた事もある。

 「ドレミの歌」はもちろん、いくつかの歌は 今でも鼻歌で歌える。

 こんなに好きな映画なので、劇団四季が、どんな風に舞台化したのかみてみたいし、オーディションで選ばれた子ども達が大勢出るのも楽しみ。

 オープニング…これから観る人の為に詳しくは書かないけれど、四季のメンバーの歌声は本当に素晴らしい。

 そして、記憶に残る山の景色も 見事に舞台に再現されていて、そこにマリアが登場して最初の歌を歌った途端…もう泣けた(笑)

 歌に感動してじゃなく…ただただ泣けた。

 その後の展開を想像したからかなぁ。

 映画のいくつかのシーンは、舞台に上手く再現されてた。

 映画の子役達の顔は、男の子の一人を除いて、後は全員、今でも思い浮かべる事ができる。

 『あ、あのシーンだ^^ 映画では こんな顔してたなぁ』

 『映画とは違うとこで歌ったなぁ』

 『次はあのシーンで あの歌だ』

 色んな想いが込み上げて、私はほとんどずっと泣き顔で笑っていた。

 子役たちの熱演には、感動して涙が出たけれど、他の場面で泣けるのは どうしてなんだろう。

 ♪わたしのお気に入り♪は、大好きな曲。

 そこでも泣けたわ~。

 声を殺して、唇を震わせて耐えてたけど、途中で鼻水が出ちゃったので、すすりました。

 マリア役は、江畑晶慧さん。

 序盤は顔も発声も『えぇ~ アニメみたいな女優さんだなぁ…』と ちょっと不満だったけれど、気づけば ぐんぐん惹きつけられて、途中からは、私も大好きになってた。

 トラップ大佐は、深水彰彦さん。

 彼の顔は 私が思うには ちょっとあくが強かったな…。

 映画のトラップ大佐も、ちょっとニヒルな顔だったけど、深水さんは悪役顔(ごめんなさい)で色気もあり過ぎ。

 違う役者さんだったら、どんなトラップ大佐になるのか、ちょっと観てみたい。

 演劇の舞台ってすごいなって いつも思う。

 広大な空間を、あの小さな舞台の上で表現し、短時間で違う場所へいざなう。

 ああいうのをデザインする(考える)人の話を聞いてみたい。

 クライマックスでは、私が楽しみにしていた映画のワンシーンは無かった…。

 (これに関しては、普通の人は さほど期待してないシーンなのかも)

 私は、最初に修道女が出てきた時点で「あ、最後のあのシーンは、この人達が ああするんだな^^」って ワクワクしちゃったもん。

 子どもにもわかりやすい脚本・演出にしてあるとのことで、映画とは違うところもあったけど、それはそれでスッキリしてて良かった。

 また映画も観たいと思った。

 ちなみに私が好きな映画トップ3は、サウンド・オブ・ミュージックと ターミネーター1と グーニーズだなぁ。

 何度でも観たいわ。

|

« 第24節 サンフレッチェ広島 対 FC東京 | トップページ | 中津君♥ »

日々のこと」カテゴリの記事