« やっと携帯コーナーまで | トップページ | 解放 »

2013年11月 3日 (日)

食事開始

昨日の昼から 食事が始まりました。
一昨日までは食べたい気持ちは全然無かった。
暑い時期なら喉が渇いて辛いだろうけど それもなく、口に何か入れたい欲求ゼロで『痩せられるかも〜♪』と ほくそ笑んでた。
でも昨日の朝は、同じ部屋の人達のみそ汁の匂いを美味しそうに感じた。
空腹感も少し。
最初の食事は昼…トレーには、いつもスープが入ってる器がひとつ。
蓋を開けると…無色透明の液体。
そう、まずはスポーツ飲料からなのです。
お茶が飲みたかった…。
お腹をびっくりさせないように、舐めるようにちびちびと飲む。
その後、びちになる事も無く、夕飯。
重湯かなぁと思ってたので、同じ物がぽちょんと置かれてた時は、無理矢理笑ったわ。
おまけに程よく冷えてて…寒いよ。お腹にきつそうだよ。
口の中で温めながら飲み干した(舐め尽くした)。

こりゃ、一日ずつ進化なんだな…って事は 今朝もアレかと覚悟してたら いきなり三分粥。
お粥は米粒を探すくらいしゃびしゃびだったけど、豆腐とナスのみそ汁とオムレツは 以前 食べてたのと同じ。
これが つっかえずに小腸から大腸まで流れてくれればいいのね。
25年前に 実家の市民病院で腸閉塞の緊急手術した後は 10時と3時に ゼリーなどのデザートがあったよな〜。
総合的に 私は現在のK市民病院が一番良いと思ってるんだけど あのデザートシステムだけは あっちがよかった…笑。

先程 担当のT先生から「このまま順調に五分粥、七分粥、全粥になったら水曜日に退院しましょう」と。
び、び、びっくりー!
上手くいけば週末くらいかと思ってたのに…軽症って事ね。
『入院の達人』を再確認する間も無く『普通の入院患者』のまま、看護士さんの名前さえ覚えられずに退院か…。
ブログを読んでくださった方や 偶然 うちへ電話をくださって入院を知った方が 心配してくれて申し訳ないです。
入院じゃなく、今回は『ショートステイ』って事で。
でもまだ油断は禁物。
小腸の一部は かなり狭くなってるから、まだ詰まるかもしれないもんね。(それは退院してからも同じ心配が続く)
詰まるなら入院中に詰まった方がいいなぁ。

|

« やっと携帯コーナーまで | トップページ | 解放 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事