« 病院内応援団 | トップページ | 厳しく育てる! »

2013年11月 7日 (木)

日常再開

 晴天の昨日、退院してきました。

 その前に【よわよわさん同士の10分間の奇跡】も見事に起こし、診察前のまつちよさんと30分程 おしゃべりできました。

 こういう機会に逢えるのが、よわよわさん同士には貴重なのよ^^

 今回の短い入院、いくつものありがたい偶然が重なってる。

 『用事で家に電話くれた』『数年に1度くらいメールをくれる友達が 子どもを見せたいと連絡してくれた』などなど…で、本来なら入院を知らずに済む人達までもが偶然知って心配してくれることとなったのよね。

 本当にありがとうございました。

 さて、晴天の昨日、たった3つの荷物(入院の歴史で初めて)を持って帰宅。

 そしてね、退院後、入院前と同じように動けるのは17年ぶり。

 ・37歳(骨切り回転)…両松葉つえ

 ・42歳(右人工関節置換)…両松葉つえ

 ・47歳(右太腿骨折)…両松葉つえ

 ・51歳(外転神経麻痺)…左目斜視

 ・53歳(左人工関節置換)…片松葉つえ

 今回は見事に身軽! 無制限!!

 足の筋力が落ちてるから、ちょっとふわふわするけれど、こんな自由に動けるなんて嬉しいよーー☆

 木曜日は雨だと聞いているので、すぐに洗濯を始めた。

 荷物も解体し、入院セットも中身をチェックしてメンテナンス。

 ちょっとやってはソファーで横になりながら…そして 事あるごとに「ありがとうございます」と小さくつぶやいて…その度に ちょっと涙ぐむ。

 なんだろうね…心が過敏になってる。

 何となく選んだCDは『石川セリ』で、それをBGMに洗濯ものを干して空を見上げて「ありがとうございます」とつぶやいたら、はるか遠い昔の失恋まで思い出しちゃったワ(苦笑)

 たった一週間のショートステイだったけど、やっぱり退院直後は 家に居る自分に違和感がある。

 すごく親しい友達の家…しょっちゅう入り浸ってる恋人の家に来てる…そんな感じ。

 一週間の旅行から帰ってもこんな感じなのかなぁ?(経験無いからわかんない)

 

 時間の経過と共に、一週間前の現実と 今の空間が重なって来て、夕方頃には「実家」くらいの感じになってきて、冷蔵庫にある物で夕飯も作り、夜には完全に「自分ち」に戻りました。

 そして今日は、アヒル寝をたっぷりとして、すっかり『いつものだらけた花桃』の出来上がり~♪

 いつもの入院の後は、家に帰っても さっきまで居た病棟にまだ私が居るような、もしくは、私が居なくなった病棟がなんだか寂しいような(誰も思っちゃいないが)気がしてた。

 そして特定の時刻ごとに「あぁ…携帯コーナーでブログ打ってたなぁ」「お茶を貰いに行く時刻だなぁ」「この時刻はちょっと寂しかったなぁ」「もうすぐ消灯だなぁ」って いちいち思い出すのが かなり長く続いてた。

 でもたった一週間だと そこまで体に沁みつかないねぇ…。

 さてさて、そんな私に ここちゃんから「おすくり」が届きました。

Img_20131107

 カッカのお母様が ブログを見てくださって、私の入院をカッカに知らせ、カッカがここちゃんに伝えると…

 『伝えない方が良かったんじゃないかってくらいめちゃくちゃ心配して「なんでーなんでー」と半泣きでした』との事。 うぴっ

 入院セットには、このハガキを入れておきます。

 

 

|

« 病院内応援団 | トップページ | 厳しく育てる! »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事