« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

完了~~~☆

 洟をすすりながら、せき込みながら、何とか年賀状全部を書き終わりました。

 昨日 半分を投函し、今日 残りを投函。

 きっと元日には間に合うよね?

 今回は、私の年賀状作成の歴史の中で最短期間。

 やればできるんだなぁ…。

 と言うよりも、今まで時間をかけ過ぎてたんじゃないか…とさえ思えてきた。

 多分、今までは 貼り絵の枚数も多かったから、ハガキ10枚も作業すれば 手指も肩も目も疲れて来て「今日はもう止め。後は明日」って 小刻みにやってたんだろうね。

 今回は割り切って 貼り絵の枚数も減らしたから、一度にできる量が増えた。

 そして「今日はもう疲れた…いや、でもやらないと間に合わない!」で、もうひと踏ん張りができた。

 短期集中するのも良いかもしれない。

 明日は 天皇杯準決勝を見るのをメインに、風邪を治す為に 一生懸命休む!!

ふふふ…都合の良いサボり宣言。

|

2013年12月26日 (木)

やればできる☆

 手つかずになってて 実は気が気じゃなかった年賀状作り。

 なんとか貼り絵と金ペンの描き足しとラメのデコレーションを全部 完成させた~☆

 もう年内は無理かと思うくらいドキドキしたわ。

 例年なら、10日間程かけてする行程を4日でやり終えた。

 去年のブログを見たら「手抜きした後ろめたさ」と書いてあったけど、今年はさらに

「例年のように手を入れてたら、絶対に間に合わないから、仕方ない!」と強気に割り切って、花の貼り絵は平均で3枚。

 少ない物は1枚のみ。

 夫関連に出そうと決めているものについては、縁取りの貼り絵のみ。

 花の貼り絵が少ないと、金ペンでの描き足しも少なくて済むので、1枚にかける時間も大幅短縮。

Img_3965 

 プリントゴッコ時代のスタンドは20枚が立てられるものを2つ持ってる。

 ①貼り絵をして立てる。

 ②乾いたら金ペンとラメデコして立てる。

 ③宛名を書いて立てる。

 それぞれの間に 2時間程 乾かす時間が必要になるので 一回にできるのは40枚まで。

 ところが細かい作業は40枚続けられない。

 例年は たいてい20枚くらいずつ(スタンドには 用心のため1枚おきにたてた)しかやらなかったと思う。

 今年は「もう疲れた~~~無理~~~」とよぎっても「いやいや、ここで止めたら 間に合わない!」と鞭打って40枚は頑張った。

 1日に40枚できれば、4日とちょっとでできる計算。(170枚)

 ①の作業の前には、花の切りだし(パンチで)もあるし、けっこう 手が疲れるのよ。(箸しか持った事がないお手手なので…)
 
 ①をしてる最中に「オレンジ色の花が無くなったなぁ…もうここはピンクでいいか…あ~でも やっぱりオレンジじゃないとな~」と葛藤があり、結局、貼る作業を中断して また切り出し作業。

 だから計算通りにはいかないの。

 台所のテーブルはすんごい事になってました。

 なんとか②まで完了したので、後は③のみ。

 ここまで来れば ちょっとほっとする。

 …と、去年のブログを見たら、なんと12月14日には②まで完了してました。

 12日の遅れ…。

 今年は、大掃除は無しだ!!

|

2013年12月22日 (日)

ここちゃんとクリスマス♪

 昨日は、ここちゃんが来てくれました♪

 ちょっと早いクリスマスパーティです。

 「おはな かってきたの」

 花屋さんで ポインセチアかユニファースリムゴールド(小さなもみの木みたいな木)か迷って、ここちゃんが決めてくれたのが クリスマスカラーのリボンのついたユニファースリムゴールドでした。

 「これ ゆうこさんに」 と 綺麗な色のスーパーボール。

 「おてがみ ゆうこさんに かいた」

 綺麗な折り紙を折ってシールがいっぱい貼ってありました。

 開くと 無数のボールペンで書いた筋。 何やら長文のお手紙のようです。

 ピザ屋さんは サンタクロースの衣装で配達してくれる。

 「ここちゃん、サンタさんが来てるよ」と呼ぶと、笑顔で飛んできて…

 お兄ちゃんサンタを見て、まず目をぱちくり。

 声も出ず…そのうち 目線が下を向き…眉間にしわが…笑。

 歓迎されていないのを察したお兄ちゃん すごすごとお帰りになりました。

 おひげが無いのがダメだったらしい…大笑。 お兄ちゃん ごめんね。

 我が家のプレゼントは 粘土セット。

Img_3783
 ここちゃんの家にも別のセットがあって、カッカと二人で スイーツを作ったりしてるので、粘土細工はお手の物。

 こんなちっちゃいおててで、上手にこねこねして、豆粒を作って飾りにしてくれます。

 そして…手元の作業に夢中になると…私の大好物の『とんがりお口』

Img_3808

 つけまつ毛みたいな長い睫毛も かあいい~~~heart

 積んだレンガを抜き取るゲームでは、本来の目的とは違う使い方。

 ひよこの玩具で つついてドミノを倒します。

「かっか ならべといてね!」

Img_3885
 私にプレゼントしてくれたスーパーボールは「だんなさんには これ」と 夫の分もあり、それを使って

「ゆうこさん、だんなさんと こうやって  ゆうこさんが こうやって だんなさんが こうやって あそんでね」と ボールを二人でやり取りする真似。

「よる ふたりで あそんでね。ふたりでしたら さみしくないでしょ」

 ここちゃんが帰った後のわびしさを紛らわす心配までしてくれてる(涙)

 雨も上がった公園。

Img_3923


 1年前 初めてうちへ遊びに来てくれた日も この場所で写真を撮った。

 午後の光が綺麗で 公園も素敵に写るから好きなの。

 あの時は もう半分眠たくて、朦朧としてたなぁ^^

 1年で 大きくなるなぁ…。

 最後は 公園の遊具で

Img_3948

 上の手摺は「無理だよ」と言ったら、自分で下の手摺を掴んで支えて見せた。

 びっくり!

 私はできないかもしれない…汗。

 大人みたいな気遣いを見せてくれるかと思うと、子どもらしい面白可愛さもいっぱいで、一緒に居ると もう触りたくてたまらなくなっちゃう。

 ぎゅーさせてもらって満足♪

 こうして我が家のクリスマスは終了~♪


|

2013年12月21日 (土)

『デニー○宣伝係』も苦悩する

 昨日は「言の葉ひろば」会報の編集会議でした。

 何の取り柄も無いただの主婦である私が『いついつまでに、こういう事をして』と お役目を頂き、頭を悩ませたり、時間を使ったりできる事の幸せを感じている。

 高い能力を持ちつつ控えめにされてる先輩方と 親しくお話させていただける事も貴重な体験。

 私にとっては、そんな高尚な場でしたが…。

 急きょ決まった会議なので、公的な部屋が借りられず、今回は「花桃さんが一番近いところにしましょう」との代表のご厚意に甘え、御用達のデニー○で7名が集合した。

 さあ…お得意のデニー○。

 飲み物を選ぶ時、皆さんがデザートメニューも見てる。

 で、つい

「この林檎ミニパルフェ、美味しかったですよ~!」

 そしたら、カロリーなども見て「じゃあ、私 食べてみようかな」と言い出す人が…。

「花桃さんが美味しいと言うなら、私も!」

花桃「じゃあ、私も!」 あれ?

 7人中3人が注文しました~。

Img_3741
 3つ揃うと壮観☆

 そして二人は口々に「ほんと 美味しい~」

 私も美味しかった…。

 夕飯後だったのに…。

 デニー○さん、こんな私に宣伝料をあげたいと思ってくれないかしら…。


そんな事をしつつ、大事な話もでき、wordもちょっと教えていただき、あっと言う間の2時間半でした。

 「年明けまで 会報は触りません。これから年賀状に専念します」と宣言したものの、教えていただいた事を実際にやってみないと 絶対に身につかない。

 たたき台として形にしたデーターをこれから修正していくので、復習のつもりで気になる個所を 今 触ってみたら「うんうん! こういう事ね!! 簡単じゃん!」☆

 でも「う~~やっぱり全然 解ってなかった…」って事も…。

 結局、私がやりたかった事は完全にはできず…。

 今日はもうヤメ!

 …もう 手つかずの年賀状を見ると ドキドキしてきちゃう。

|

2013年12月19日 (木)

wordと格闘中

 「言の葉ひろば」で会報の編集を担当する事になりました。

 wordで文書は作った事がある。

 その中にちょっとした画像を入れた事もある。

 ワードアートも使用した。

 でもそこまで…。

 最近はPhotoShopで年賀状やカードも作るので、wordは文書作成のみ。

 その状態で、会報誌を作る…。

 私の自信の無さを汲んで 代表が助っ人を紹介してくださった。

 年内発行の予定も「年内は年賀状作りがあるので無理です」と私が申し出て、来年1月末までに延期していただいた。

 でもね、ある程度 形にしてみないと いつも頭にあり「私に本当にできるんだろうか…無理かもしれない」と 気になって気になって年賀状どころじゃないの。

 自分だけの事なら「明日やろう」「まだ日数あるし」なんだけど、公的な事になると 小心者の私は、なるべく早く形にしておきたい。

 wordの使った事の無い機能をあれこれいじる。

 PhotoShopのイメージで画像を触ると 全然 思ったようになってくれない。

 PhotoShopである程度 作っておいてから、wordで使うという荒業も。

 毎日 PCにかじりついてます。

 

 そして先日、一面だけイメージが完成して、助っ人を引きうけてくださった人に送信した。

「テキストの文字だけをフレームの中に入れるには、直接 打ち込むんでしょうか?」

 ↑この質問の意味…わかんないでしょう~(苦笑)

 ところが、私が送った書面のデータをご覧になったAさんは

「枠線を消す・塗りつぶし無しでいいんですよ」とお返事を添えて、実際に修正してくださった。

 おぉーーーーーー☆

 これ!これなのよ~~~! 私がやりたかったのは~!

 で、早速 教えていただいたのを利用して、他の事もやってみたら…簡単なのねぇ。3秒でできるじゃん。

 前日、この挑戦に どれだけ無駄な時間を使った事か…。

 せめてwordの本くらい買うべきか…。

 今日も思考錯誤しながら、次のページを作り

「ここをこうしたいんですが、こうなってしまいます。こうしていただけませんか?」とメールに添付して送ってみた。

 『ここをこうする』事に 3時間かかってもできなかったんだけど、きっと これも5分で済む事なんだろうなぁ…。

 思いがけないお役目で、存在すら知らなかったPC内の百万人の小人達にも出番がやってきました。

 知らなかった事を知るのも、形になっていくのも 楽しい作業。

 でも…先日「年賀状作りに突入!」と宣言しましたが…まさかの手つかずでございます。

 『夫関連は、貼り絵無しにする!』も もう物理的にそうするしかなくなりそうです。

 

|

2013年12月18日 (水)

母のイリュージョン

 実家詣ででの重要任務の一つに、届いている郵便物の確認がある。

 以前、福祉課からの大切な郵便物に気づかず、ケアマネさんの言葉で 申請ぎりぎりセーフだった事も。

 近頃は、必ず台所のテーブルの上や棚に積まれている書類をだだだ~っと見る。

 一週間で増えるのよねぇ…。

 急ぎの物以外は、全部 持ち帰って家で精査し、捨てたり、また実家へ持って行って、然るべき場所におさめたりする。

 先週は 墓地の使用料請求のハガキに気づき、無事 振りこむ事ができた(これはもう銀行引き落としにすべきだ)

 さて、今日も たくさんの書類を さささ~っと見ていると、小さな白い紙が出てきた。

 何かを挟んでたたんである。

 ひろげたら…千円札が出てきた。そしてその白い紙は、ファミレスのレシート。

 あーーっ☆ これーーーーーーーーっ!!

 

 あれは何月だったかなぁ。まだ寒くない頃、母とファミレスで食事をした。

 料金は1650円。

 母が財布から小銭で650円を出した。

『あと千円いるよ』と私が書いて、母が千円札も出した。(母にご馳走してもらいます…照)

 テーブルの上に1650円が置かれ、母が「トイレに行く」と。

 さっきも行ったけど、場所を覚えて無いだろうなぁ…と 母の行く先を目で追う。

 あ、迷ってる…やっぱり私が一緒に行かなきゃ…と立ち上がろうとしたら、店員さんに聞いてるわ。

 出て来ても、今度はこのテーブルを探せないだろうから、手を挙げて注意を引かなきゃ…と トイレの方向をちらちら見る。

 あれ?

 さっきテーブルに置いたはずの1650円のうち 千円札だけが無くなってる!

 もしかしたらトイレに持って行っちゃったかなぁ。

 案の定、トイレから出て、違うテーブルに座る女性を私だと思って、そっちへ行く母。

 慌てて飛んで行って引っ張る。

 で、テーブルに戻って『千円札はどこ?』と書く。

「何の千円?」

『ここの支払い』と書いて伝票を見せようとしたら、それも無い。

「650円あるがね」

『1650円だよ』

「じゃあ あと千円だね」と財布から出そうとする母。

『さっき出したよ』

「どこに?」

『さっき テーブルに置いたじゃん。どこへやった?』

「何を?」

 もうね、こうなると珍問答。

『伝票と千円札、どこへやった?』

 バッグやポケットを探す母。

 私はトイレへ探しに行く。

 店員さんに「伝票とお金 落ちてませんでしたか?」と聞く。

もちろんテーブルの下も探した。

まるで神隠し。

ほんの一瞬のうちに消えたんだもん。

 結局、見つからず もう一度 伝票を出してもらって支払った。

 その…その伝票と1000円札じゃん!!

 どこにあったのよーーー?

 ほんと不思議。

 こういう事は頻繁にある。

 実家の台所で、私が流し台の方を向いたほんの一瞬に、さっきまでテーブルにのせてあった布巾が無くなる。

 テーブルの前に座ってる母に

『布巾はどこいった?』

「布巾?そこにない?」

『ないよ』

「あ、きっと弟桃が持って行ったんだわ!」

 失念した物については、一番 身近な人に「とられた(盗られた)」と言うのも アルツハイマーの症状の一つ。

 布巾まで持って行っちゃうなんて、可哀想な弟…苦笑。

 それにしても、あの伝票に挟まれた千円札が どこから出てきたのか、この数ヶ月、どこにあったのか…知りたいわ~。 

 残念ながら唯一の目撃者である母には、聞いても無駄…苦笑。

|

2013年12月16日 (月)

花桃 絵付け師になる

 二日間、ブログをお休みしておりました。

 物理的にも忙しかったけれど、頭がフリーズして ブログを書く力がありませんでした。

 土曜日は、「言の葉ひろば」の設立総会。

 朗読サロンの先生に ただついて行けば良いと気楽に構えていたら、けっこうお役目も頂戴し、ぼやぼやしてられない状況に。

 それも何とか無事終えて、次は本日 月曜日の朗読サロンの年に一度の発表会。

Img_3680
 皿の絵付けをご披露するわけじゃありません。

 皿屋敷のお菊を演じる為の小道具です。

 紙皿10枚に絵付けしました。

 これがけっこう時間がかかった…汗。

 何とか完成したら、入れておく箱も欲しくなってくる。

 絵の具を乾かす間、家事(小掃除)もちょっとやってたら、丁度良い空き箱を見つけた。

 そのままじゃなぁ…和紙を貼ろうか…

Img_3682


 毎度のことながら、無計画・思いつきでの やっつけ仕事。

 これをしながら、窓ふきとレースのカーテンを4枚 洗濯もしたよ。

 そんなこんなで、一日が過ぎてしまいました。

Img_3697

 でも こうして写真に撮ったら、なんだか紙皿には見えなくない?(笑)…見えるね。

 そして今日、私は付け毛と三角頭巾(?)をつけて「うらめしや~ い~ちま~い、に~ま~い・・・・・・・・・」とやってきました。

 紙芝居本体を教室のお仲間にお願いして、合わせる練習も無しで、ぶっつけ本番だったので、私の出来はイマイチ。

 でも狙いは ちゃんと伝わったようで、笑っていただけました。

 皿屋敷のお菊で なぜ笑う?

 なんででしょうねぇ~~~^^

 さぁて、明日からは年賀状作りに突入よ!

 今年こそは! 夫関連の年賀状は 貼り絵をしないでシンプルにするぞ!!!

 (ん~~去年も言ったような気がする)

|

2013年12月13日 (金)

歌って踊って☆うわぁ~~~~い♪

 昨晩は、地元の市民会館で、劇団四季のソング&ダンス。

 市役所音訳ボランティアのお姉さまが行くとおっしゃってたので「逢えるかも」と思ったのに逢えず、その代わり、行くのも知らなかったたえこ嬢や、塾の前オーナーから「花桃さん」と呼ばれてびっくり。

 おまけに着席してみたら、オーナーの前の席。お陰で少しおしゃべりもできた。

 さて…舞台の方は。

 もうねぇ~~~~☆☆☆☆☆

 市民会館なので、四季の劇場みたいな設備は無く、ソング&ダンスは、元々 シンプルな舞台装置だけれど、幕が開いてダンサーが登場した時は「文化祭みたい…」と思ってしまった。

 でもね、やっぱり四季の舞台はすごい!

 歌いながらのダンスの迫力。

 残念ながら、私が観たことの無い作品からのナンバーも いくつかあったけれど、知ってる曲は、本編とは違う演出が新鮮で、歌がいっそうよく聴こえた。

 役者さん達の鍛えられた肉体も堪能した。

 何気なく立ってるようでも、指先まで神経が行き届いていて、力が入ってるのがわかる。

 ダンスしてる時の 様々なポーズがいちいちカッコイイ。

 歌う時や 挨拶で話す時にお腹がびくんびくんとへこむのも見える。完璧な腹式呼吸だね。

 コーラスは「あの人の声が聴こえる」って特定できるんだけど、全体で一つの音になる。

 鍛錬された美しい歌声が重なって、重厚さを増し、素晴らしい楽器になるんだと思った。

 あんな風に歌えたら楽しいだろうなぁ。

 さほど詳しくない私でも、いくつかの舞台で見覚えのある役者さん達が確認できて、そんな事も嬉しかったりする。

 「オペラ座の怪人」から♪マスカレード。

 「美女と野獣」から♪ビーアワゲスト。

 「ライオンキング」から♪サークル・オブ・ライフ

 どれも大好きな曲。

 豪華な舞台の時の派手さは無いけれど、それはそれで歌の良さが伝わってくる。大興奮。

 シンプルな設えでも、へぇ~こんな演出いいなぁ~♪ 上手く表現してるなぁ~♪と かなり感動しちゃう。

 さすが四季だね。

 もちろんイリュージョンも随所に。

 すごいスピードで行われるから、本当にマジック見てるみたい。

 涙は出る、驚く…そして笑える…ぽか~んと口を開ける。

 これから観る人の為に、詳しくは書けませんが…通路側に座っていると、とっても良い事があるかも☆です。

 客席と一体となって、本当に楽しい時間。

 私は残念ながら、一番苦手な列のド真ん中で、着席する時「すみません。すみません」と端っこから入るのが本当に大変でした…(横歩きが難しいのです)

 スターじゃない役者さんにも素敵な人がいた。

 一人、とっても気になる男性が居て、途中からはその人中心で観てました。

 帰りの送り出しでは、彼の居る出口を目指し、握手の時に「今日、貴方のファンになりました」と ちゃっかりアピール。

 今、ネットで調べたら、どうやら松出直也さん。(違ってるかも…)

 数年前のソング&ダンスの時も、同様の事があり、名前を調べたのに忘れちゃった。

 その後、ラルブが届くと、彼を探してたけれど見つけられず、もしかしたら辞めちゃったのかな。

 ちなみに、松出直也さんは、なんだか寿人に似てる(笑)

 前の彼は、マイケルJフォックスみたいだった。

 可愛い男の子が好きなんだよねぇ。

 帰宅後は、大興奮で 夫に「こうでね、ああでね、こうなって ああなって、もうすごくて!」と報告。見てないと解らないだろなぁ…。

 「はぁ~~楽しかったぁ~~」「はぁ~~すごかったぁ~~~」「はぁ~~~面白かったぁ~~~」と 寝るまでつぶやいてました。

|

2013年12月12日 (木)

晴れがましさと ちょっぴりの心残り

 火曜日の夜の事で、すっかり遅くなってしまいましたが…

 今年もJリーグアォーズを真剣に見ました^^

 昨年「チーム全員であのステージに立つ喜びを味わったら、また上がりたいと思う」と 寿人が言ってたのが、本当に叶った。

 その発言を聞いた時「誰だってそう思うよね。でも簡単な事じゃないんだよね」と思った私は、まさか実現するなんて、最終戦の朝でさえ思って無かった。

 優勝を信じて諦めなかった選手やサポーターさん達には 心からお詫びしなくちゃ。

 

 「もし行くのなら、チケットきいてみますよ」と言ってくれた友達がいたけれど この時期、初めて行く遠方(余分な歩きの可能性が高い。知識が無いから危険回避もできない)は リスクが高い。

 また大勢の人達の中で、何時間も座ってるのも大変。

 無謀な事はしない慎重派の私には鬼門とさえ言える無縁の場所だった。

 スカパーで見てるだけでも十分幸せ☆

 …優勝チーム以外は、代表選手が3名のみ参加だったんだわ。

 

 最後に「優勝 サンフレッチェ広島」の全選手が登場。

 シャーレを持った寿人と監督(二人は普通に)を先頭に、ワールドオーダーばりの団体演技(笑)で登場してきた。

 完成度は高くは無かったけれど、私としては とっても良かった!

 これもっと練習して、サンフレッチェ広島の 弓矢ポーズと並ぶ自慢のパフォーマンスにしてほしいわ。

 昨年に続き、この場所に全員で居られる幸せを 皆 ひしひしと感じてるんだろうな。

 会場の一番前には、ドレスアップした奥さんも一緒に着席する円卓があって『夫冥利・男冥利に尽きる』よね。

 そしてミーハーファンの私でさえ、こんなに晴れがましい気持ちにさせてもらえる。

 寿人…いい時にキャプテンさせてもらえたね^^

 来季は、アオちゃんに譲るかなぁ。

 さて、ベストイレブンは…期待半分でした。

 柿谷選手がWF枠だったので、ほんのちょっぴり期待が膨らんだんだけど…まあ 当然と言えば当然よね…。

 去年の初優勝のアウォーズは、あまりに寿人祭り過ぎたもんねぇ。

 ミーハーファンの私は、あれを味わってしまったから、今年は ちょっと物足りない。

 フェアプレー個人賞は嬉しかった。

 そして柿谷選手のスピーチが可愛かった~~~!

「去年、寿人さんが受賞したのを見て かっこいいと思ったから、自分も…と思って 今季は心がけてプレーをした」(私の記憶による要約)

 以前から、柿谷選手は 寿人を尊敬してるっぽいコメントがあったし、寿人も声をかけてるようなので、得点王争いではライバルになる彼だけど、好感を持ってた。

 このスピーチを聞いてますますその感を強くした。

 最優秀ゴール賞は、かなり期待したけれど、柿谷選手じゃ仕方ない…許す!(上から言ってみた)

 三連覇…したいなぁ!

 去年の「二連覇を目指す」よりも もっと現実的で、強い想いになった。

 小春ちゃんが、優勝を大きく扱った地元紙と こちらでは入手できないカレンダーを送ってくれた♪

 翌日の新聞は、そこら中にサンフレッチェ優勝関連の記事。

 さすがに こちらの新聞とは扱いが違うわね。

 切り抜いてたら、新聞紙はぞろんぞろんになってしまいました。

 そして初めて知る情報もあって、また涙。

 

 さあ、残る天皇杯。

 そこでは寿人ゴールを見せて貰えるはず!…見せてよね!!

 せっかく優勝した2013年を「10月以降、寿人ゴール無かったなぁ…」で終わるのは心残りだもん。

|

2013年12月10日 (火)

老眼仲間♪

 今日は、じゅんちゃんとデニー○で ランチからの~ティタイムからの~ロングステイ。

 メニューをひろげた時、じゅんちゃんがバッグからおもむろに取り出したのは…おぉ、初めて見る☆老眼鏡☆

「あ~とうとうじゅんちゃんも~?(笑)」

 お互いに老眼鏡をかけてメニューをにらみ、そこから長考。

 なぜか友達と外食する時だけカロリーを気にする私。

 スマートなじゅんちゃんも 不思議に気にする。(私に付き合ってくれただけかも)

私「ランチのアジフライとハンバーグは食べたいんだけど~ これだとパンもつくし~ でもパン抜きで700カロリー越えなんだよねぇ。パンも食べたら1000越えだよ」

じゅんちゃん「パンは食べたいもんね。じゃあ晩御飯を減らす!」

私「それは無理なんだよねぇ~」

じゅんちゃん「デザートをやめる!」

私「もうデザート決めてるし…単品和風ハンバーグ(577Kカロリー)にしようかなぁ」

じゅんちゃん「本日のランチの方が お財布には優しいんだけどね~」

私「お財布より カロリーだ」

じゅんちゃん「じゃあ、デザートは、ジェラートにしたら? これだとカロリー低いよ」

私「ジェラートじゃあねぇ…白玉のパフェのつもりだったからな~」

 じゅんちゃんの妥協案をことごとくはねつけて、結局 初志貫徹。和風ハンバーグと石窯パン。

 さて、お待ちかね石窯パンがテーブルにのせられた瞬間、二人とも顔を見合す。

 店員さんが去ると同時に「ちっちゃい!」「ちっちゃいよね!」

Image5821
 ↑この写真だと大きく見えるけど。

 やっぱり小麦の高騰のせい? と 二人で納得しながら、食べると…あ~やっぱりおいしいーーーーー☆ きっと小さくなった分、カロリーも減ってるはずだから良しとしよう。

 食べつつ、しゃべりつつ。

 要約筆記の話は毎度のことながら、いろーんな話に発展し、ブログにも書けないかっちょ悪い話もし「ゆうこちゃん よく頑張ってるよ!」と言われて元気を出し、じゅんちゃんが食べ終わった頃、しゃべり過ぎの私のお皿には まだ残ってる。

 もうデザートが食べたい私は「これ残す」

「ほうれん草だけ食べたら?」(関西出身のじゅんちゃんは『食べやぁ』とは言わない)

「そうだね!」

 

 そしてデザートタイム。

 小さなデザートメニューを二人で覗く。

 するとじゅんちゃんが「ゆうこちゃん、これのカロリー見て」「○○カロリー」

「じゃあ、これは?」「○○カロリー」

「ついでに これも見て? これと どっちが多かった?」

 そう…じゅんちゃん 自分の老眼鏡はもうバッグに入れちゃったの。

 私も 着け始めた頃はそうだった。使わなくても大丈夫な時がけっこうあったから、使い終わるとすぐにバッグに入れちゃってた。

 今じゃ、またすぐ使うから…と思って、テーブルの上に出しておく。(家では、PCの前、台所のテーブルと2か所に それぞれ置いてある)

 で、じゅんちゃんの目の代わりとなって、見てあげました~~~♪

Image5831


 大どんでん返し。

 白玉抹茶パルフェはいつでも食べられる。季節ものにしよう!と 私が選んだのは 林檎のパルフェ。(350Kカロリー…ジェラートの3倍)

 じゅんちゃんは「どっちが多い?」と 私に見させて、結局 カロリーの高い方を選択。

 フリードリンクのシステムが変わって、毎回100円に。

 それはブラックリストに載ってるであろう私のようなロングステイの客を抑制する為かも…。

 それが功を奏して、本日は3時間半で終了。

 私は 4時半の時点で 壁の時計を2時半だと思ってました…汗。

 これは老眼のせいでは無さそう。

|

2013年12月 9日 (月)

最終節 サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ

 超遅まきながら…

12月7日(土)

【広島 対 鹿島】 鹿島サッカースタジアム

 (スカパー観戦)

 soccer2-0 広島勝利…逆転優勝shine

 soccerゴール…ナオくん×2

 土曜日、ここちゃんの体操発表会の後、ランチのお誘いをお断りして リアルタイムにテレビの前へ。

 実は先週の心の温度低下が尾を引いていて、ただでさえネガティブなのに、浮かぶのは残念な結果予想ばかり。

 32節が終わった時点で「マリノスが二連敗するはずないもんね」と思った。これはきっと私だけでは無いはず。

 マスコミも『早ければ次節でマリノス優勝が決まる』と騒いでたしね。

 それが予想外にマリノスが負け、広島が勝ち、風前のともしびだった優勝が 再び現実味を帯びてきた。

 それでも…私は朝から「でも最終節はマリノス勝つでしょう。広島が勝っても、マリノスが勝てば優勝できないんだもんね…」としか思えず。

 それどころか「広島が鹿島に勝てるかどうかさえ危ぶまれるじゃん。もし負けたら、一気に3位? まさか、土壇場でオセロゲームが ぱたぱたぱたとひっくり返るように、もっと下がっちゃう? あぁ…今夜の私は もっとブルーか…ブルー越して群青色だわ」とまで リアルに想像した。

 「いや、可能性はゼロじゃないんだよ。広島が勝って、好調川崎がマリノスを破ればいいんじゃん。大久保、こういう時にゴールしやぁ(注:名古屋弁で ゴールしなさい)今回に限ってはハットトリックだろうが、ドッピエッタだろうが許す!」と偉そうに思ったりもした。

 でもそれは無理矢理…。

 だから試合が始まっても、体が痛くて重くて、息苦しくて、動悸がして、ソファーに埋もれてた。

 夫はPC立ちあげて、他の試合のチェック準備。

 ナオ君のゴールが決まった!

 あら? なんかいいんじゃない?

 後は寿人が決めてよ。

 そして川崎が1点先取。

 え~~~もしかしたらいけちゃう?

 ここちゃんビタミンも効いてきたのか、ちょっと体も楽になってきてる(笑)

 寿人の早い交代では「え~~~寿人ゴール無しじゃーーーん」と またブルーになったけど、さすがに こうなると「優勝できればいい!」

 ナオ君の追加ゴールがあってからは「優勝したら、MVPは誰かな? 周ちゃんかなぁ。アオちゃんと洋次郎にも権利も可能性もあるよねぇ。カズにもあげてほしいなぁ」などと想像し始める。

 失点するなーーーーーー!

 アディショナルタイムに突入。

 ベンチでナカジが準備してるらしい。

 引退セレモニーをしたナカジを最後にピッチに立たせるなんて…優勝の瞬間にプレーさせるなんて…監督 素敵です!

 きっとスタジアムに行ってるであろうみきちゃんが泣いてるだろうな…と想像して、私も泣く。

 鹿島を破り試合終了。

 我が家では、すでにマリノスの敗戦を確信してたけど、最終結果が出るまでは、選手達も呆然としてる。

 次の瞬間、寿人がピッチに飛び込み、選手達・監督・チームスタッフ・スタンドのサポーターさん達が抱き合う。

 優勝したんだ…ほんとに二連覇したんだ…。

 寿人が あちこちのインタビューで「信じられない」と言ってた。

 私も夢みたいに感じる。ほんとなんだ…ほんとに二連覇しちゃったんだ…。

 寿人ゴール無しでの優勝決定だったから、飛び上がる歓喜では無かったんだけど、やっぱり優勝の力は大きいわ。

 ここちゃんビタミンと優勝の力は じわじわと効いてくる。

 夜のスポーツニュースに、見慣れた顔が並ぶ。

 笑顔笑顔笑顔。

 あ~~このシーンがまた見られたんだ~☆

 まだ夢の続きみたい。

「アウォーズの舞台にチーム全員で立つ快感を味わったら、もう一度立ちたいと思う」って言ってたけど、叶っちゃったんだなぁ…。

 周ちゃんの移籍の噂…きっと本当なんだろうなと覚悟してた。

 優勝が決まった瞬間、寿人と周ちゃんが泣きながら抱き合ってたけど、寿人のあの泣き顔は『優勝した喜びの涙』じゃなく『別れの悲しみの涙』に見えた。

 以前、陽介とハンジェと抱き合ってた時 ああいう泣き顔だったもん…。

 そしたら、翌日のスポーツ紙に「浦和のACL出場が無くなったので、広島残留の可能性あり」って。

 だったら嬉しいなぁ。

 私にもあちこちからお祝いのメールが届く。

 朗読教室のお姉さまが 以前「今年も広島が優勝するって、テレビで言ってたよ」と。

 それ以来「優勝するんだからね!」と言ってもらい その度に「…う~ん 今年はどうかなぁ…」と弱気だった私。

 お姉さま 大当たりでございました!

 レミちゃん(高校の同級生でグランパスファン)からは『ひさっちゃん(夫は寿人君をこう呼ぶ)がDF引きつれてスペース空けてるから、半分はひさっちゃんのゴールみたいなもんだと言ってます。最後の優勝争いも ひさっちゃんは いい人だから、広島優勝がいいなぁと言ってました。広島はフェアプレーのチームだし サポーターも礼儀正しくて、どこよりも優勝にふさわしいと思ってる』って。

 寿人ぉ~~こんな所でも評価されてるよ~☆

 お陰で、今日は ほぼ「ふつー」の温度になってました。

 単純…というか、心と体が直結しすぎ…というか、お恥ずかしい次第で。

 あぁ…来年もまた「王者」って冠詞がつくんだねぇ…。

|

2013年12月 8日 (日)

ぴょんぴょん妖精♥

 昨日は、ここちゃんの体操発表会に行って来ました。

 今年の初めに『初めての発表会』に行った時は、許可リボンを貰ったにも関わらず、杖を持って撮影するのが難しく、会場へ下りる事はしなかった。

 2階の観客席からの撮影のみだった。

 でも今回は、少々なら杖無しで歩けるので会場へ下りて、大勢の親御さん達に交じって カメラウーマンになった^^

 最近まで着ていた水色のレオタードが小さくなったので、ピンクのレオタードを新調したの。

 それはそれは可愛らしい^^

 でね、色んな運動するのを至近距離で撮るんだけど、どの写真も可愛い…そして色っぽいのよ。

 今年1月は、まだオムツしてたから、もっこりヒップだったけど、今はそれも無くてスッキリ。

 でも新調したレオタードがちょっぴり大きくて、シャツもパンツもはみ出ちゃう。

 そこがまた可愛いんだけど~~~泣。

 マットの上で前転を披露する時も、ちゃぁんと両足・両手をきちんとついてて、上手なの~~~!

 でも写真はお見せできないの~~~。

 顔を隠しても全身が可愛すぎて…見せたい…でも見せられない…画像を前に腕組みして「うーん、これは ちょっと可愛すぎるなぁ…うーん…やっぱりこれは公開しちゃダメだよねぇ」と考え抜きました。

 本当の可愛らしさの半分をカットしての御披露です。

Img_3442

 ↑すごい真剣な顔で 両足を曲げて地面から離してぶらさがってます。

 マット運動は 前転の他に、棒状になってごろんごろんと転がるのもありました。

 それももうめちゃくちゃ可愛いんだけど、加工のしようがありませんでした。

 両腕をひろげて 指先までぴんと伸ばしてポーズをとったり、バランスポーズも決めてくれて、可愛い写真がいっぱいなんだけど、どれもこれもブログに載せられるように加工はできませんでした…。

 カッカとばぁばにはそのままを送りましたが…。

Img_3455


 開脚して、前屈や片側に体を倒すのを、次々と見せてくれる^^

 空いてるマットの上では 跳び跳びしては降り、また上がって跳び跳び。

 きっと上のクラスの人達がバクテンを披露してるのを見て 自分もやってる気持ちなんでしょう。

 

 演技が終わると、恒例のプレゼントタイム。

 たくさんある玩具の中から、自分の好きな物を選ぶシステム。

 前回は、おっとりな性格が災いして、不本意な物しかとれず、お友達がもらった玩具が欲しくて 最後には泣きだした(それがまた私達には 可愛かった…泣)

 今回は 失敗を教訓にしたらしく「○○教室のお友達~」と声がかかると、真っ先に飛び出してかっこいい走りで玩具の前に! 

 なのに…「うそ~ん、そんな物…?」って言うような物を手にとった。

 後で聞いたら、カッカも 上から見てたばぁばも 同じ事を思ったらしい。

 結局、その場で違う物にしたみたい。

 大きな空気入りの金槌を抱えてご満悦。

 どうやらアッタンマンと戦う武器になるもよう。

 ちゃぁんと「トイレ」も自分で言えるし、どんどん成長していくなぁ…。

 ほんのわずかの移動に ここちゃんと手を繋ぐ。

 ちっちゃくて柔らかいおてて。 しゃーわせー♪

 

|

2013年12月 5日 (木)

ふぅ・・・

 昨日の実家詣では、自己嫌悪で帰って来た…。

 先週、弟の為に 複数の野菜を切って保存容器に分けて入れておいた物が 手つかずで残ってて…。

 冷蔵庫内の古い食品を庭に埋める…。

 庭の落ち葉が濡れて こんなに溜まってるの 初めて見た気がする。

 今までは 母が掃除してたんだなぁ…。

 ため息まじりで戻り、流し台で洗い物をしていると、母が隣から手を出すけれど…邪魔でしかない。

 「それ、そうやっておいて(=余計な事しないで)」と叫んでも 母には全く聴こえず、嬉々として続ける。

 私が 湯飲みにあえて入れておいたお茶を さっき洗った急須に入れる…やめてよ~(泣) 

 子どものイタズラだよね。

 でも 子どもなら「ダメよ!」って言えば済むんだけど、大きな子どもには それが効かない。

 危険な事でないなら、母のしたいようにさせておく。

 急須に戻したお茶を 今度は電動ポットに移す。

 このポットがまた曲者で…。

 母は すでに自分で急須でお茶を淹れる事ができないので、電動ポットを押せばお茶が出てくるのがベスト。

 私が行った時や 弟がお茶を淹れた時、残りをポットに移してると思われる。そして洗って無い。

 だから、ポットの底はどろどろ。

 さっき洗って見せたら

「お母さん、毎日 洗ってるよ」と あっけらかん。 絶対 洗って無い。

 そして もう それすら忘れちゃってるよね。

 ポットがいっぱいにならなかったら、薬缶をガスにかける。

 最近、母にはガスを使わせないようにしてる。

 炎の調整をする認識が無くなってるので、鍋は必ず焦がすし、薬缶は炎に包まれてる。

 だから電子レンジで温めるだけにしたり、お湯はティファー○で沸かすように設置したけれど、残念ながら、使いこなせず。

 それが久しぶりにガスに点火…。

 もうやめて~~~~~!! 心で叫ぶ。

 私が注意して見ておけばいいわ…と したいようにさせておく。

 お湯が沸騰すると

「お茶の葉 入れていいねぇ?」

 あ~薬缶に直接入れちゃうんだな…そう言えば、去年あたりから、薬缶の中が大変な事になってたっけ。

「お茶の葉 どこだったかしら?」

 冷蔵庫に入れてあるけど教えなかった…。

「お茶の葉 無いかしらねぇ。買って来ないといけないねぇ」

 こんな事 珍しくもないのに、なんだか私は どんどん心の温度が下がって行く。

 お茶の葉の入って無い急須にお湯を注ぎ、その急須からポットに移す。

 子どものままごとだね…。

 私の心が元気な時は ここで苦笑して終わるのに、イライラするばかり。

『おせち料理は予約したから、安心して任せておいてね』と大きく書いてカレンダーの横に貼り、来週来る予定も書いて 母に見せる。

「ゆうこ お節作ってくれるの?」

『違うよ。毎年、立派なおせち料理届けてもらうじゃん。私が作るのは煮しめだけ』

 来週の水曜日に『ゆうこ 昼頃』と書いたのを指差して

「この日に作るの?」

違うってーーーーーーーーー!! もう書くのも面倒で、手振りで。

「そんな事してないで、口で言って!」 

言ってるじゃん!! 言っても聴こえないだけじゃん!!!

 温度は下がりに下がり、つららが あちこちに突きだした私の心。

 私が なんで怒ってるのかは 母には伝わらない。

 聴こえないのは、エスカレートしなくて済むから かえって好都合かもしれないな。

 でも私の顔を見れば 怒ってるのはわかるよね…ただ、理由が母には全然 解らないだろうから、混乱するんだろうな。混乱するから、よけいに言動がおかしくなるんだよね。

 認知症の思考システム…解ってるんだよ。

 怒りでも無く、泣くでも無く、虚無な心で運転して帰って来た。

 あるとすれば自己嫌悪。

 ここちゃんの面白報告のメールを読んで、ふにゃ~っと笑うけど、心の奥の温度が上がって来ない。

 同居してないから、離れていられる時間があるのは助かる。

 見ないで居れば 嫌な気持ちも薄れて行く…はず。

 今朝、母から電話。

「ゆうこ~? 今日 ゆうこ 来るって言ってたけど、お母さん デイサービスのお迎えが来ちゃったから、今から行ってくるわ。 だから今日は来ないでね」

 昨日 行ったばかりじゃん。

 デイサービスがある日は 私 ちゃんとわかってるじゃん。

 来週行くって書いたじゃん。

 『介護』してるとは まだ思ってない。

 だから自分の事を『介護する者』とは言えない。

 …『側に居る者』の心が元気じゃないとダメだね。

 私が穏やかに笑って無いと 母を余計に混乱させて、認知障碍を進行させてしまうよね。

|

2013年12月 3日 (火)

退化

 一人で遠出をして帰って来ると、普段使わない筋肉を使うので、体のあちこちが痛む。

 新幹線とスタジアム、できる限り歩く距離は短くしてるつもりだけれど、それでもやっぱり日常生活よりは うんと歩くんだねぇ…。

 スーパーで買い物をして帰る時は 相当な重さだけれど、カートで運ぶ。だから重いバッグを提げて長時間歩くことは ほとんど無い。

 車椅子の頃は、重い荷物は膝に載せてたし。

 今回のように、荷物を腕で提げて出掛けると、翌日どうなるか…覚悟してなかった。

 腕も肩も びっくりする程 痛むのよ~。

 ああ、こんなに私の体って退化してるんだ…と あらためて思う。

 最近は杖も無しで出掛ける事が増えてたのを、さすがに用心して、広島へはステッキをついて行った。

 そのせいで、股関節へのダメージは ほとんど無かった。

 …ところが、昨日の午後、ロングブーツとパンツを合わせてみたくて穿こうとしたら…痛っ!!

 左の膝のちょっと上に激痛。 動けない。

 足をひきずって杖にたどり着き、その後はもう杖頼り。

 室内で杖を使うのは久しぶり。

 

 年明けてからだったか、室内で杖を使わないのって すごく楽で嬉しいと ブログに書いた。

 室内を移動するのに、いちいち『杖を持つ・杖を立てかける』動作が必要なのよね。

 それを省ける爽快さ。

 そして両手で物を運べる便利さ。

 昨日は 久々に 片手を杖に束縛されたら、もういちいち不便で不便で。

 アイロン掛けした数枚のワイシャツを箪笥に入れるだけで、ごちゃごちゃごちゃごちゃ。

 え?どうやるんだっけ? 

 こう持って・・・あ、落ちる・・・こっち支えて・・・あー面倒臭~!

 37歳で、右股関節の骨切り回転術した後は、松葉つえを両手について、家事も買い物もしてたんだよねぇ。

 どうやってたんだろう?

 もう無理だ!

 今日も、外科(腸閉塞の経過)にかかる為に 市民病院へ行った。

 ここんとこ病院も杖無しなので、心苦しくて身障者駐車場が使えず(身障者の証明は持ってるんだけど)、今まで止めた事の無い遠いスペースへとめて、けっこうな距離を歩いた。

 今日は久々に杖ありなので、堂々と身障者スペースに止めた。

 こういう時は楽だ…。

 股関節が悪いのを免罪符に どんどん甘えていくなぁ。

 そして体は退化していくなぁ…。

 60歳になった時、私は きっと90歳くらいの体力しか無いだろうなぁ。

|

2013年12月 2日 (月)

第33節 サンフレッチェ広島 対 湘南ベルマーレ

11月30日(土)

【広島 対 湘南】エディオンスタジアム

 (行って来た!)

 soccer1-0 広島勝利 優勝戦線に残る!

 soccerゴール…アオちゃん

 行こうと決めたのは火曜日。

 すでにメイン指定席は完売。

 当日、チケットを買うつもりで、早く入場する広島の友達にサポーターズシートの席を確保してもらおうと お願いしてみたら快諾。

 ところがサポーターズシートまで完売。

 仕方なくバックスタンドシートをネットで買う。

 でもね、バックスタンドまで歩けないのよ…。

 急な決定だったけど新幹線の指定席は買えた。

 ところが、金曜日あたりから喉がいがらっぽく鼻がつまる。

 風邪気味だ…。こんなんで行ったら絶対ひどくなるなぁ…「言の葉ひろば」の役員会もあるしなぁ…やっぱり止めておくべきかなぁ…。

 当日の朝まで迷ったけど、やっぱり行けちゃうのよね。

 ちよねえが『ゆうちゃん用の膝かけを持って行く』と言ってくれたので、二つだった荷物をなんとか一つにまとめる事もできた。

 スタジアムに到着して、きたんちゃん達マダムにも逢え、ちよねえが確保してくれた席へ。

 重くて大きな荷物(フリースポンチョ・タオルマフラー・座布団・カメラ・ポット)を下げて、杖をついてるんだけど、荷物に足がとられてふらつく。

 人混みの中、段々の横を歩いて行くのが怖い。

 すると前から小春ちゃんが! 荷物を持ってくれるって。女神だ!

 メインの入り口から入ったちよねえも、遅い私を心配して迎えに来てくれて、いつもの場所へ移動中のみきちゃんとも遭遇。

 ちよねえが確保してくれた席に 小春ちゃんが「荷物見てる」と座ってくれて、私はトイレへ。

 はぁ…助かった。

 

 ホーム最終戦のこの日、スタンドのベンチ全部に、紫と白のパネルが貼り付けられてた。

選手入場の時 それぞれ座った位置のパネルを掲げて コレオグラフィーを作るの。

 これだけの数のパネルをよく貼ったわ…。サポーターグループの人達が手分けしてやったんだろうなぁ。

 バックスタンドの端っこまで全部だもん…すごいよ。

 席はとっても見易かった。本格的なゴール裏では座ってられないけど、ここは座ったまま、私レベルのタイミングで周りが「ひやぁーーー!」とか「行け行け行けー!!」って叫ぶので 私も居心地よく一緒に叫んだ。

 アオちゃんのゴールでは、周りと一緒に両手を突き上げて歓声。

 後半、寿人の幻のゴールの時も さっきのアオちゃんゴールの1.5倍くらいの歓喜の渦。

 その瞬間 私は珍しく「あ、寿人 変な体勢…でも入るんだよね~」と思った。

 オフサイドでした…涙。

 今年、一番ピッチに近い席だったから、選手の息遣いや体がぶつかる音が聴こえる。

 ボールをとられてもすぐ取り返し、あんなのが繋がるんだ~と感心したり、体をぶつける迫力のシーンの連続で感動しっぱなし。

 後ろの席から「浦和 負けてる」「新潟先制」と他会場の状況が聴こえる。

 夫からもメール。

 え~~~今日 勝ったら、本当に優勝戦なんだ~!

 試合終了。

 隣の子どもとパパとハイタッチ。

 寿人ゴールが無かったのだけが残念。

 ナカジの引退セレモニーで涙。

 感動的な演出に泣いてるのに、ナカジの挨拶で『酔っぱらってるの?』と思えて笑っちゃう。

 他県から移籍してきたのに、引退後は広島で起業するって。

 前に引退したストヤノフもそうだった。

 広島って そんなに住みやすい街なんだね。

 それだけじゃなくて、広島ではチームメイトや、ファン・サポーター達に愛された実感があるんだろうなと私は思う。

 帰り際には、ちえちゃんと息子君達にも逢えて、正面の長い階段を下りる時は、ちえちゃんが荷物を持ってくれて…助かったぁ。

 27000人の観客で、帰りは大渋滞予報。

 どうせタクシーを呼んでも すぐには来ないからと バス見送りをし、きたんちゃん達とも

「今からタクシー呼ぶから」「大丈夫?」「うん、大丈夫! 上まで来てもらえるから」と元気に別れた。

 …ところが、タクシーは来なかった。

「1時間くらい待ってください」って。

 以前もそう言われて20分くらいで来たから…と高をくくってたんだけど、スタジアムからは 人がどんどん居なくなる。

 あれほど渋滞してた駐車場からの出口ももう真っ暗。

 慌ててシャトルバス乗車口まで降りたら とっくに最終が出てる。

 ぽっつーーーん。

 どうすんの…?

 30分程前に別れたみんな、まさか私が この時刻に まだスタジアムに居るとは思ってないだろうなぁ…苦笑。

 タクシーを待つしかない。

 新幹線 余裕を持たせて買っておいてよかった…涙。

 なんとかタクシーも間に合って、新幹線にも乗れたけれど あのだだっ広いスタジアムに、ひとりっぽっちの約1時間、心細かったわ~。

 新幹線の通路をはさんだ隣の席に サンフレッチェのタオルマフラーをバッグに結んだ男の子が。

 私もパンパンのバッグの中には、サンフレグッズがぎっしりなんだけど、表には何も出て無いの…ただの旅行中のおばさんにしか見えないよね。

 心の中で「やったね! まだ優勝の望みあるね!」と言った事でした。

 家に着くと、録画の入場シーンだけを見る。

 寿人ジュニアの予想通りの面白可愛い姿を何度も何度も見る。

 そして昨日は一日中 風邪薬を飲んで寝てました。

私「遊びに行って、風邪ひどくして、ご飯も作らずに寝ててごめんね」

夫「よくある事です」

 寛容な夫で助かります。

 それにしても…結局、皆に助けてもらうのね。

 それはとっても嬉しくてありがたい事だけれど もし私が病気じゃなかったら、脚が悪く無かったら、どんな風にしてたんだろう…自分の力でもっと活動的に生きてたのかなぁ…と ちょっぴり歯がゆいような気持ち。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »