« 楽しかったぁ~♪ | トップページ | 共同作業♪ »

2014年1月15日 (水)

花桃 横断歩道の前で佇む

 最近、気づけばステッキを持たずに外出している。

 最初は、車でスーパーまで行き、駐車場から店内の買い物だけをステッキ無しで。

 楽を覚え、大丈夫だと自信が持てるようになると『歩く距離が限られている』スーパーでの買い物は 家を出る時からステッキ無しに。

 市役所でのボランティアは、広い庁舎内を歩くので用心して持って行ってたけど、年明けには とうとうそれも無しに。

 身近な所で一番の鬼門は横断歩道だった。

 マンションから対角線上にコンビニがある。

 そこへ行くには、片側一車線の道路を信号で渡ってから、片側二車線(右折帯もあり)の横断歩道を渡る。

 この片側二車線ってのが曲者で、私にはとてつもなく大きな川に思える。

 だからスーパーへはステッキ無しで行けても、このコンビニだけは『交差点』の為に ステッキを使っていた。

 それもとうとう無しで行けるように。

 でもね…小走りができないから要注意。

 昔、3ヶ月半の入院を終えて、横断歩道で信号が変わりそうになって 小走りしよとしたら、脚がもつれた事がある。(びっくりするくらい動かなくなってた)

 まだ二十代だったのに、たった3ヶ月半の入院生活だったのに『走らない』生活が続くと、そのための筋力はすぐに落ちるね。

 そして37歳で股関節を悪くしてから もう17年。

 絶対に走れない。

 だから信号が変わりそうな場面では、絶対に渡れない。

 よって…横断歩道の信号が青でも「これは 少し前からの青」と思ったら その場で立って待ってる(苦笑)

 信号青だよ…渡らないの? 誰か待ってるの?

 って見えるかなぁ。

 コンビニで買い物を終えて出てきた時も 目の前の信号が青だったら…待つ(笑)

 マンションから目と鼻の先のコンビニへの買い物に どれだけ時間がかかることやら。

 それとね、横断歩道を渡ってる最中に 右左折の車が来た時も とっても困る。

 心は小走りして 早く渡るのがマナーだって思ってる。

 でも小走りできないし、もし転んだら大変な事になるから、そろりそろり。

 

 実は 自分が運転中、右左折先の横断歩道を ちんたら歩いてる人を見ると「気が利かないなぁ…」と思うの。

 もちろん お年寄りには そんな事は思わない。

 どうぞゆっくり歩いてください、転ばないでね、って待てる。

 でも学生や若い人が スマホを触りながらとか、だら~っと歩いてると「ほんとにもー」って思っちゃう。

 もしかしたら、その人にも事情があるのかもしれないね。

 私もステッキをついていなければ まだ『どうぞゆっくり歩いてくださいね』といたわられる年齢では無い。

 だから、ほんの少しだけ足早に歩く気持ちを見せる。

 実際は、どの程度の違いがあるのかは定かではないけれど。

 対角線上のコンビニへ行くには、信号の変わり目と、右左折車への申し訳なさ、二つのハードルが存在するわけ。

 こうなるとステッキついていれば『足が悪いんだな』って思ってもらえるから、いいのよね。

 などと葛藤していたら、昨日から急に左膝が痛み出し(股関節から来てるような気がする)室内でもステッキが必要になってしまいました。

 ま、この方が必要に迫られて、余計な事に気を病まず、すっきりだわ。

|

« 楽しかったぁ~♪ | トップページ | 共同作業♪ »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事