« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

激動の二日間

 土曜日は、スカパーで「サンフレッチェ広島 対 徳島ヴォルティスを観る。

 徳島は J2から初昇格で、第4節まで一得点もできていない。もちろん未勝利。

 …失礼を承知で言いますけど、寿人にたくさんゴールさせてくださりそうな予感。

 ヒサ婆が こういう浅はかな腹黒い考えにほくそ笑んでいたからなのか…。

 いいシュート放ったんだけどなぁ。

 GKを褒めておこう…涙。

 シオ君のFKは「真っすぐしか蹴れないんで」なんて つい最近まで言ってたのに、あれは嘘だったのねーーー^^ って弾道でゴール。

 監督は、寿人がゴールするまでは交代させないつもりだったんじゃないかと憶測。

 ありがたい事です(涙)

 洋次郎の技ありパスに…「寿人 遅いわー!!」 思わず怒鳴る私。

 あれ決めてたら、広島らしいゴールだったのにぃ~~~。

 徳島にJ1初ゴールを献上して、3-1で試合終了。

 勝ったのは良かったけど、ヒサ婆は、不完全燃焼でございます。

 さて、試合の余韻を味わう暇も無く名古屋へ。

 劇団四季「美女と野獣」の観劇。

 今月誕生日の人には素敵なアニバーサリープレゼントが頂けるの。

Image560

 レターセットでした♪ (便せんは、お皿の模様ね)

 「美女と野獣」を最初に観たのは、15年くらい前。

 劇団四季の舞台は、歌と踊りはもちろん素晴らしけれど、舞台装置やイリュージョンみたいな仕掛けが私は大好き。

 前回、口を開けてほぉーーーーーっと観てしまったいくつかのシーンを 今度は狙いをつけてしっかり観よう!と 密かに思う。

 ところが、記憶がいくつか違っていた。演出も多少違ってるみたい。

 それでも ♪ビー・アワ・ゲスト♪は、記憶通りの盛り上がり。

 洟をすすりながら泣き顔で笑ってました。

 夢の世界を堪能して帰宅。 

 実は日曜日は、3時半起きでお寺参りなのです。

 翌日分の洗濯も済ませて、早めに床につく。

 そして雨の…いや、嵐の日曜日。

 末寺の人達とバスを借り切ってのお参りなので、移動は楽なんだけど、広い総本山の中では徒歩。

 ほとんど嵐を予想して、私はビニールポンチョを持って行った。

 サンフレッチェ広島の簡易ポンチョ。 透明ビニールで300円(だったと思う)

 これが優れ物なのよ。

 紫の本格的ポンチョも買ったけれど、あれは観戦専用。

 お寺の皆さんが傘をさしても ずぶ濡れになる状況で、私は足元以外は心配無用。

 お参りを終えて、バス駐車場へ向かう頃には、本格的な嵐に。

 さすがに私のブーツの中もずくずくしてきた。

 皆さんは「下着まで濡れてる~」とおっしゃってた。

 私、以前は車椅子でも来てたし、病気の事は皆さん よくご存知なので、いつも親切にしてもらう。

 この日も「ポンチョ着てるから大丈夫です」と言っても、傘をさしてない(ステッキと両方は難しいのもあった)私が不憫に見えるらしく、専属で傘をさし掛けてくれる方が2名。

 バスの運転手さん達(愛知県の7つの末寺分)が渋滞に巻き込まれて到着しないアクシデントもあり、暴風雨の中で何百人が震えて待つ。

 バスが見えた時には、皆から歓声が^^  

 そしてやっとバスに乗って出発した時には、さっきの暴風雨が嘘のように晴れてきた。

…うぅぅ、皆の信仰心が足りなかったのか。

 帰りのSAでは、飲食や買い物も楽しんで帰宅。

 やべっちも見ずに PL顆粒を服用して10時就寝。

 今日はだらだら。

 週末の二日間が夢の中のようだけど、今日は足腰が痛だるいし、濡れた物の片付けが、夢では無かった事を証明してました。

 晴天だったら、逆に私は紫外線を浴びて、もっとしんどかったと思う。

 どっちみち日傘もさすから、私にとってはポンチョで居られた方が良かったかも。

 さて、この苦行のお参りの御利益は、来週、名古屋戦での寿人ゴールかなぁ。

 

|

2014年3月28日 (金)

今度こそ

 一年前くらいだったか…昔のアイドルを集めたコンサートのチケットを着払いで注文しておいて、すっかり忘れ、配送業者に引き取らせてしまった。

 そのコンサートが、今度は極々近所で開催される。

 おまけに「あいざき進也」が出る。

 これは買わなきゃでしょう!!

 電話してみたら、まずうちの電話番号を聞かれ答えると

「花桃ゆうさまですね。いつもありがとうございます」と言われてしまった(汗)

 いいえ、一度も貴社に貢献していないんですが…。

 今度こそ、ちゃんと着払いでお支払いしますからぁ~。

 …って、事で無事に予約できました。(ブラックリストには載ってなかったもよう)

 コンサート一週間前までにチケットは届くそうです。

 今度こそ、ありがたくお支払いして、チケットをいただきまする。

|

2014年3月26日 (水)

まだ終わらない…

 雨の中、実家へ行くと、母が居ない。

 あぁ~あ、またか…。

 …と思ったらテーブルの上の新聞紙に

『アメを買って来ます。11時50分』と書いてある。

 おぉ! ちゃんと私が来る事を覚えてたんだ。 メモも残しておくとは、今日の母は冴えてるぞ☆

 ただ…私が到着したのは11時40分でしたが…笑。

 飴を買いに出かけて、空腹で喫茶店に入っちゃうかもね。

 また2時間待ちぼうけコースかな…と覚悟しながら、いつもの家事をこなしていると

「ただいま~~~♪」と母の声。

 あらま、早かったわ。

「田んぼをずっと歩いて来た~」

 え? 飴を買いに行ったんじゃなく?

 新聞紙のメモに気づいて

「あ、お母さん 飴買って来なかったわ」

 

 持って行ったおかずとタイ焼きとみたらし団子。

 どれを見ても「可愛いねぇ~」 ???

 タイ焼きを食べて「こんなの何年ぶりかだから、美味しいわ~!」

 まあご機嫌さんだからいいでしょう。

 そして「ゆうこに 誕生日のお祝いをあげたいんだけど、お母さん 通帳 どこへやったかしらねぇ」 ほら来た。

 『通帳は私が持ってる。お祝いはもうもらった』と書く。

 「あ、そうだった?」

 今回はやけに いつまでも忘れないぞ…。

 ”お祝あげる”キャンペーンは、今日も何度も繰り返された。

「ゆうこにお祝いあげるつもりで用意したんだけど、どこへやったかな?」

「ゆうこにお祝いあげたいから、来週までに銀行でおろしてくるね。今日は無くてごめんね」

 その度に話は変わるけど、キャンペーン継続中なのは揺るがない。

 そしてその度に『もう貰ったよ』と書いた部分を指差し(こういう時 ノートテイクは便利)

「あ、そうだった?」

 数分後には キャンペーン再開。

 今日も手指のマッサージを施した。

 先週と違って「自分でやれるからいいわ」と すぐに手をひっこめる。

『お母さんの手を触っていたいの』

『人にしてもらうのがいいんだよ』

「お母さんねぇ、お父さんには何もしてあげなかったのに、お母さんばかり こんなによくして貰って申し訳ないんだわ」

『お母さんは、お父さんも大事にしてたよ。私が手術した時は、半月泊まり込んで、足の指 マッサージしてくれたじゃん』

「そんな事あった?」

『動いちゃいけないから、ベッドの上で排便もして、全部 お母さんしてくれたじゃん』

「え~~全然 覚えてない」

 え~そうなの?

 最近の事はどんどん忘れちゃうけど、ちょっと昔の事も忘れちゃうのね?

 私が帰る時は、玄関で掌を合わせて お題目を唱えられちゃいました。

 私 どうやら生き仏です。

|

2014年3月25日 (火)

駅の伝言板

 地下鉄の駅の伝言板が全面廃止されると新聞で読んだ。

 そうそう…そう言えば、まだあったなぁ。

 まだあった事にもびっくりではある。

 あれ、今思うと風情があったよねぇ。

 でも携帯電話が普及した今は、使う人 いないもんね。

      ***伝言板***

 「F君、支瑠比亜にいるよ。 ゆぅ」

 もう逢えないあなた宛てに書いた伝言。

 改札口の雑踏、発車ベルの音。

 私だけが色も音も失くした静止画像。

 ほんとにそこで待つつもりなんか無いよ。

 そんなに馬鹿じゃない…。

 そこまで馬鹿じゃないもん。

 心でつぶやいたら、涙がこぼれた。

 たくさんの人が行き交う駅の雑踏の中で

 あたしは、ひとりぼっち。

 こんな事があったような気がする(苦笑)

 十分 おバカさんだ。

|

2014年3月24日 (月)

第4節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪

3月23日(日)

【広島 対 G大阪】 万博記念競技場

(スカパー観戦)

 soccer1-1

 soccerゴール…寿人(PK)

 寿人が序盤から守備に走ってるなぁ…と思って見てた。

 うんうん、自分のゴールじゃなく、チームの勝利の為に まず走って!(…と 無責任なミーハー監督)

 今季は先制されても「まだまだ大丈夫」と思える。

 後半、直君が いつものように全力プレーの結果、PKを得る。

 蹴るのは誰!?

 直君は 多分 蹴らない。

 以前、寿人に「蹴ってください」って言ってくれたよね。

 でも…昨秋から、寿人のゴールは減ってるし、近頃は若手がどんどん成長してきてるし。

 岳人君が蹴りたいかもねぇ。

 絶好調、チーム最多得点中のシオ君もいけそうだよねぇ…。

 私はすでに画面を見る事ができない。

 夫が「寿人 ボールついてる」 ひぃ~~~~~。

「いやいや…ボールをついて張りを確かめてから『岳人どうぞ』かも」

 ゴールのチャンスは欲しい。 だから蹴ってほしい。 でも もし失敗したら…。

 ちらっと画面を見る。

 うあぁ~~ もう寿人がボールを置いてるわ~。蹴る気だ~~~。

 どうしよう。見ようかな。いつも見ないようにしてて、今日だけ見て 外したら困るな…一瞬の躊躇。

 寿人が口をとがらせて「ふーっ」と息を吐いてる。

 あ~~もうダメだ! 見られないよ!

 やっぱり目をつぶり両手で顔を覆い、その上うつむく。

 心臓をもまれてるみたいな気持ち悪さ。

 ドガッ! とか バスッ! って音が聴こえないまま 夫の「よしっ」の声で画面を見る。

「早く、リプレイやってよ~!」 ←急に威張る。

 リプレイで、右隅に鋭く決まったのを確認。

 はぁ…よかったぁ…。

 なぜか息苦しさが倍増する。

 数分は、再開されたゲームを見る事もできなかった。

 直君がPKを得た場面は、解説の名波さんが「これは、ちょっとG大阪が気の毒」と言うし、夫も「これPKは、ちょっとなぁ…」と。

 でも、直君やチームが画策して獲ったわけじゃないものね。

 そして、当事者の直君でなく、岳人君やシオ君でもなく、寿人に蹴らせてくれたチームメイトに感謝の気持ちでいっぱいです。

 さあ、次は『寿人らしい、寿人ならではのゴール』を見せてください!

 

|

2014年3月22日 (土)

幼稚園入園前に♪

 プレ幼稚園の1年を終えて、この春から本当の幼稚園へ通い始めるここちゃん。

 そうなったら、土日は貴重なお休みで、ばぁばや アッタンマンとも過ごしたいよね。

 だから我が家へも今までほど頻繁は来てもらえなくなるかもしれない。

 次に会うまでの『ここちゃん補填』

Img_4447 

 我が家のぬいぐるみは、毎回 可愛がってもらいます♪

 一月単位で どんどん成長していくここちゃん。

Img_4570
 うさぎの絵が上手に描けるようになってました☆

 ちょっと前までは 丸に棒で「きのこ」だったのに~笑。

Img_4575
 

 我が家の和室は、なぜかここちゃんの体操披露スペース。

 いろんなポーズを決めてくれるんだけど、今日はこの1枚。

 全然 ピントが合ってないけど、めちゃくちゃ可愛いでしょ~~~~!

Img_4480

 リビングに溢れるここちゃんの笑い声と 可愛いおしゃべり。

「だんなさん、これ もって」

「はい」

 夫は嬉しそうに しっかり侍従を務めます。

「持ってください…でしょ」と カッカに注意されて

「もってください」

 どっちでも嬉しいんです♪

 入園のお祝いに アンパンマンのレジの玩具を買った。

 偶然、ずっと欲しかった物だったそうで、嬉々として遊ぶ。

「だんなさん! ぜんぶ かってください!」

 強制的に全商品を買わされる夫。

 でもお金を払う段階になると

「はい」と ここちゃんがレジを開けてプラスティックの硬貨を全部出してくれる。 お札もくれる。

 バーコードをピッとするのもお手の物。

 ちゃんと見てるのねぇ…。

 笑って笑って、さんざん遊んで。

「ここちゃん かえりに ぶらんこしたい」

 もちろんしますよ♪ 私達もそれも楽しみの一つなので。

Img_4588

 

 こんなにぶっ飛んでます♪

 キャッキャと声を上げる。

 日中、室内に居て、公園から子どものすっごく嬉しそうな悲鳴が聴こえて、思わずベランダから覗いちゃう事があるけど、今は ここちゃんがそれやってるなぁ^^

Img_4624_2

 片手でぬいぐるみを抱っこしながらブランコもシーソーも乗っちゃう。

 慎重なここちゃんなんだけど、ここでは大胆。

 私の方が落っこちないかハラハラしちゃう。

 この前までは、カッカに抱っこして掴まらせてもらってた鉄棒も もう自分でぶら下がれるくらい大きくなってた。

Img_4676_2

Img_4677_5 

 そして前回り♪

 元気に手を振って帰って行きました。

 しばらくして、カッカから

『帰りまして 早速カートやら食品やら出して来て、お買い物ごっこ本格化しています』と 写真付きのメールが届きました。

 すでに持っているカートや食品が並んで、お店の規模は、我が家で開店した時の倍になってます。

 きっとアッタンマンが帰宅したら、全商品 買わされる事でしょう。

 でも アッタンマン お金も貰えますから♪

 

 そして我が家では恒例の

「ここちゃん ああ言った」 「こうやった」 うふふ。

「ここちゃん こう言った」 「ああだった」 へへへ。

 

 今度 来てくれる時は もうアンパンマンのスリッパ 小さくて履けなくなってるだろうなぁ。

 

|

2014年3月20日 (木)

母の手

 指ヨガのインストラクターをしているMちゃんが 時々 私にしてくれるハンドマッサージ。認知障碍の傾向のある人にも 穏やかな効果をもたらすと聞いてた。

 ゆったりと手を撫でさすられるのは、誰だって気持ちいいよね。

 昨日 やっと母に施せた。

 Mちゃんの本格的なのとは全くの別物だろうけど、見よう見まねで。

 母の指先は、数年前から釘形に曲がっている。

 この手で、私を育んでくれたんだなぁ…。

 私37歳の大腿骨骨切り術の時は ベッドにはりつけの私の為に 病院の指示で個室に泊まり込み、下の世話もしてくれた。

 食事直前の『大』にも嫌な顔どころか「いいのが出てよかったねぇ~~」と笑顔だった。

 そんな事をあれこれ思い出しながら、指を一本ずつ、掌、手の甲と マッサージしていく。

 母は「ゆうこが疲れるから、もういいわ」と何度も言うけれど、実は私は 母の手を触っている事が だんだん楽しくなってきてた。

 ずっと触っていたいと思い始めてた。

 Mちゃんが私にしてくれる時、私はすっごく気持ち良い。長くしてもらうのは申し訳ないけど、ずっとされていたいと思う。

 素人の私がしてる事なので、母にはそれほどの快感は無さそうだけれど、私に幸福感が生れたのは、予想外の効果。

 でも母がいつもよりも饒舌で、楽しい報告(同じ話の繰り返しだけど)が多かったのは、やっぱり良い効果なのかな。

 その勢いで、近くの梅園で梅まつりをしてるので、連れて行った。

 ちょっと遠い駐車場に止めてしまったので、上り坂を上がるだけで、母は疲れてしまったみたい。

 足腰は私より丈夫だけれど、心臓は年相応に弱ってきてるんだね。

 梅園の入り口にたどり着いた時には「お母さん、もう こんな所 来たくないよ!」と怒りだした。

 なんとかなだめたり誤魔化したりしながら、奥の梅の丘まで歩く。

 もう少し中まで入れば、もっと素敵なんだけど、私もそろそろ足が怪しくなってきたので、遠くから眺めるだけで引き返した。

 そして出口に来た時、母をもう歩かせられないと判断し

『車を取ってくるから、ここで待ってて』と大きく書いた紙を持たせた。

 持ってれば忘れないだろう…と思った。

 紙を見て うんうんと頷いたのを確認して、急いで歩き出すも 急げない私。

 そこへ子ども連れの人が来て、母が「可愛いねぇ~」と声をかけているのを背中で聞きながら 出来る限り早歩きする。

 50メートルくらい先の駐車場から車を出して、母を待たせた入り口を見ると…いな~い。

 あ~ぁ やっぱりダメだったか。

 車を寄せて探すと、隣の駐車場の方へ歩く母を発見。

 ここで待っててって書いたのにぃーーーーーーーーー! なんでじっとしてられないのよぉーーーーーーーーー! と 心で叫ぶ。

 【今回学んだ事】

 歩くのを嫌がっても 一人で待たせるよりは良い。

 そうそう…『ゆうこの誕生日キャンペーン』は 昨日もまだ継続中だったので『もうもらったよ』と書いて見せた。

「あ、そうだった?」と納得したけれど、数分後には「ゆうこにお祝をあげたいから、今度 一緒に銀行へ行ってね」

『もうもらったよ』

 …数分後

「今日 ゆうこに連れてって欲しいところがあったんだった。ゆうこのお祝をおろしたいから、銀行へ連れてって」

『もうもらったよ』

 いつまで続くんだろうか…苦笑。

 

|

2014年3月18日 (火)

お茶が美味しくて♪

 今日は半年に一度の整形外科の診察日。

 なんと偶然、まつちよさんも同じ日だったので、弱よわさん同士の待ち合わせに最適な病院待合室での逢瀬に。

 ちょっとでもたくさん話そうと、気合いを入れて早めに出掛けたら、なんと予約の1時間前に中待ち合いに呼ばれ、おまけに まつちよさんが診察室を終えて出てきた!

 二言三言 言葉を交わしたら、私が呼ばれちゃった。

 ゆっくり話せなかった…。

 今日は私の診察が終了次第、Oちゃんとランチの予定。

 あまりに早く終わったので、Oちゃんが慌てて飛んでくる事になっちゃった。

 いつものお店で寿司と天ぷらのランチを食べて家へ。

 

 実は今日は、広島の小春ちゃんがくれた超美味しいお茶がある。

 あらかじめ知らせておいたので、Oちゃんのお土産は、いちご(練乳付き)と京都のお菓子と桜餅!

 小春ちゃんにもらった「雁が音」を丁寧に丁寧に淹れた。

 貰ってすぐに、どうしても飲みたくて、休日のおやつのお伴にした時も すごーく美味しかったけど、今日は 時間をかけて ゆったり淹れたので、今までで一番美味しくはいった。

 とろ~りと甘い。

 いつも私の淹れるお茶を褒めてくれるOちゃんだけど 今日は「こんなの初めてのんだ~」と感激。

Image5591
 お茶が美味しいので、桜餅も二個目に手が出る。

 甘くなった口に、今度はのり巻きあられ。 

 そしてお茶…のり巻きあられ…エンドレス。

 ブログを読んでくれてるOちゃん 今日は会った瞬間に「太ってないじゃん」と言ってくれたけど、お腹がぽんぽんになって、服がぴちぴちになった頃 「ほんとだ・・・」と納得されちゃった。

 今日も9対1で、私がしゃべって 時間はあっと言う間に過ぎました。

 

|

2014年3月17日 (月)

根拠の無い自信

 懇意にしているブティックの暮れのバーゲンで春先にはけるスカートを買った。

 買う時、ウエストは少々きつかった。

 でも「春先には痩せるから大丈夫!」と思った。

 …春までにダイエットをする予定や覚悟があったわけじゃない。

 なぜ「痩せるから大丈夫」と思えたのだろうか…?

 そして予定通り、何の努力もせず、食べたい時に食べたい物を食べて、のったりと冬を過ごした。

 そろそろあのスカートの出番だわ~♪

 はいてみたら…買った時よりも さらにきつい!!

 そりゃそうだ。

 体重もじわじわと増えてるんだから。

 無理矢理ウエストのホックを留める。

 ダイエット食品の『ビフォアー写真』に売り込める見事な絵面。

 ホントは トップをインして着ると綺麗なシルエットになるスカートなのに、ぼよぉ~~んなお腹を見せるわけにいかないので、セーターを被せてはく。

 せっかくのスカートが五割減。


 こういう事、初めてじゃないのよね…。

 なぜか「きっと着られるようになるから大丈夫」と買ってしまって、結局、その季節になったら、全然着られなくて、箪笥の肥しになるケースは多い。

 教訓…願望と自信を錯覚しないこと!

|

2014年3月14日 (金)

お試し

 今日は 声の広報の回収ダビング作業。

 ダビングする市役所の地下から、まず隣の文化フォーラムへ、利用者さん達から返却されたカセットテープを取りに行く事からはじまる。

 台車にケースを載せて ゴトゴト。

 そしてダビングと発送準備をしたら、道を渡って郵便局へ出しに行く。

 台車にケースを載せて ゴトゴト。

 実は私、このボランティアを初めて13年たつのに、これをした事がないのです。

 足が悪いのを免罪符に 皆さんが交代でしてくれてました。

 

 

 今日は、郵便局へ出す時に初めて「私 行って来ます!」と志願した。

 もちろん皆さん「花桃さんは無理しないで。行ける人が行けばいいんだから」と言ってくださった。

「ここ数年で一番動ける時なので、行きます!」

 で、Aさんと一緒に ゴトゴト出掛けた。

 ところがね…台車を押すのが前かがみになって けっこう辛い。

 途中でAさんが「私が押すよ」と代わってくださった。

 そして…Aさんが押し始めたら、進む速度がアップ!

 郵便局へは 信号の無い小さな横断歩道を2回渡る。

 そんな場所では、私は 待って待って待って、車が完全に途絶えないとスタートできない。

 でもAさんは、ちょっと小走りで行けちゃう。

 私もちょっと頑張って付いて行く。

「小走りできないんです~」と言いながら。

 帰りは「そうだったね。気がつかなくてごめんね~」と ちょっとスピードダウンしてくれた。

 でもね、広い市役所の地下の放送室へ到着する前に、脚がつりそうになってた…。

 あぁ…やっぱり自分のペースでゆっくり歩く事はできても、周りに合わせて 早歩きは無理なんだ…と知る。

 次からは、前のように皆さんに甘えよう。

 最初で最後の『ゴトゴト体験』でした。

|

2014年3月13日 (木)

『ゆうこの誕生日』キャンペーン継続中

 ここんとこ、日課の『夕方電話』をする度に、母が「ゆうこ 誕生日おめでとうね。お祝いをあげたいから、覚えておいてね」「お祝あげたいんだけど、今 手持ちが無いから、ちょっと待っててね」と言う。

 昨日、実家へ行ったら またも!

 いつもは、どんどん忘れていくのに、これに関しては ずっと頭に残ってるみたい。

 実家詣での際の私の作業の中に、家計簿のチェックがある。

 母娘そろって、家計簿をずっとつけてる(笑)

 市販の家計簿は、私が毎年、同じものを購入して、母に渡す。

 この数年の母の家計簿は 日付も買い物も めちゃくちゃだけれど、私の行かない日の母の生活がちらっと見える事もあるので、毎回 見る。

 まだ先週のページに鉛筆がはさまったままだったけど、3月3日のところには『ゆうこの生まれた日』と書いてある。

 『誕生日』じゃなくて『生まれた日』ってのが親心なんだね…。

そして、昨日もまた「ゆうこにお祝あげるつもりなんだけど、今 手持ちが無いから、ちょっと待っててね」

 これはもうそろそろ『もう もらったよ』と言うかな。

 来週も覚えてるかどうか、ちょっと楽しみではある^^

|

2014年3月11日 (火)

知らないうちに…

 Uさんとランチ。

 いつもならデ○ーズなんだけど、彼女が「ピザが食べたい」と言うので マ○ノへ。

 ここへ来るのは久しぶり。

 そしてシステムが変わってるのにびっくり。

 10種類以上のピザは食べ放題。

 各テーブルには ピザを温める鉄板とコンロが置いてあるので、好きなピザをとってきては、そこにのせておく。

 いつまでもアツアツ、パリパリ、サクサク。

 フリードリンク、パスタに デザートかサラダを選んで ひとり1380円!

 Uさんと「サラダにする? でもデザートも食べたいよねぇ」と迷う。

 食べ放題のピザの中には スイーツ系の物もいくつかあったので

「あれをまず食べよう。それでもまだ食べたかったら デザートだけ追加注文しましょ」と決定。

 フリードリンクも、ジュース類がいっぱい!

 件のファミレスのジュースとは違って『ヒアルロン酸入りアップルマンゴー』とか『ローヤルゼリー入りピーチなんとか』とか『コエンザムQ10入り巨峰ナントカ』など、おばさん心をくすぐる物がずらり。

 色も綺麗でそそる。

 それぞれを少しずつ 3種類は飲んだ^^

 ピザは薄い生地なので、何枚でも食べられちゃうし。

 11時開店から、3時のオーダーストップまで、食べて飲んでしゃべって…。

 結局、デザートは、いりませんでした。


 しばらく、この店は 私のお気に入りからはずれてたけど復活だわ♪

 でもね、セットメニューの名前がイタリア語らしくて、全然 覚えられない。

 おまけに店員さん達の掛け声も イタリア語で、さっぱりわからない。

 新規オーダーや、お客さんが入店した時、店員さん同士で声をかけあってて、活気があるし、イタリア語がなんだかかっちょよく聴こえました。

|

2014年3月10日 (月)

第2節 サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ

3月8日(土)
【広島 対 川崎】 エディオンスタジアム
(行って来た~)

 

 soccer2-1 広島勝利

 soccerゴール…寿人・シオ

 本田望結ちゃんが来場。真冬並みの寒さの中、薄手シャツにレプユニを重ね、ニーハイソックスで笑顔を見せる望結ちゃんのプロ根性には感動。

 でも私は、望結ちゃんよりも、寿人ジュニアの二人(笑)

 彼女のキックオフセレモニーの時も、私はジュニアを凝視してて見そびれました。

 まみちゃん・ピカさんとも再会。美味しい和菓子もいただきました♪

 この日はね、私の中の最大のライバル(笑)大○保選手が相手チームに居るわけ。

 昨年から絶好調の彼のゴールだけは目の前で見たくない!

 ところが、途中から私 彼の存在を忘れてた! 彼の怖さを見る事が無かった。それくらい広島の守備が良かったんだと思う。

 周りでは「残念、そこはカズだ」 某巨大掲示板でよく目にするフレーズが聴こえたりして、やっぱりホームゲーム(県外のよそ者だけど)は楽しいね。

 隣にも私同様一人観戦のお兄さんが居て、お互いに「うまい!」とか「ひゃぁ~!(これは私だけ)」とか 最初は小さな声で言ってたのが、だんだん言葉を交わすように。

 ちょっとした解説も聞きながら。

 前半終了間近に失点。

 先制されると勝てない広島…私も すっかり意気消沈。

 ところが、この日 不思議な事に(単なる加齢のせいかも)後半が始まった時、私 1失点してた事をすっかり忘れておりました。

 そして寿人のゴール!

 私は 打った瞬間「あ~ん、寿人ぉ~ そんな無理矢理~」

 ところが…え? 入った?

 スタジアムが うおぉぉぉぉぉーーーーーーー!!

 私は嗚咽…鼻水。だって、昨秋からシュートがちっとも決まらなくて、すっごくすっごく心配してたんだもん…。

 私が「これは無理でしょう」と思ったシュートが決まるのは いつもの事なんだけど、このゴールについては、後で会った きたんちゃんやまこちゃんも「決まるとは思わなかった」「誰もがそう思った」「本人もそう思ってるんじゃない」って口々に^^

 帰宅後 スポーツニュースの映像を見たら、ポイチ監督も「え?決まったの?」みたいな顔してたわ^^

 そして「スーパーゴール」だの「とんでもないゴール」だの^^

 直後のプレーでは、寿人は自陣深くまで走って戻り守備してた。

 周りから「寿人 ゴールして気分良くなって、あんな所まで走りよる(笑)」…私もそう思う(笑)

 前半に1失点してた事をやっと思い出したのは、後半終了が近づいたころ。

『引き分けでもいいか…寿人ゴールしたし』とミーハーファン根性丸出しで思い始めた時、ゴール前でFKをゲット。

 ボールの前には、洋次郎とシオ君。

 隣のお兄さんが「アオちゃんが壁に穴を開けて、シオがズドン!」と言ったら…言葉通りのゴール☆

 思わず二人でハイタッチ。

 周りも終了間近の逆転ゴールに大興奮。

 ひあぁ~~~開幕二連勝だ~! 寿人ゴールだ~~~~!!

 ゴールでご機嫌の寿人を見送ろうと待ってたら、選手バスの いつもの席に寿人が居ない!

 このまま空港からACL戦のオーストラリアへ向かうはずなので、胸がドキドキ。

 30歳以上は、行かない事になったんだと知ってホッ。

 寿人もカズも 家族の車でお帰りになりました。

 うんうん、寿人はリーグ戦で頑張ってくれる方が 私は嬉しい。次のリーグ戦に向けて、休養と練習をしっかりしてください。(ミーハーファンの勝手な願い)

|

広島行って来た~♪

 3月7日(金)

 今年最初の広島遠征。

 前日練習から行って来ました。

 「寒い」とは聞いていたけれど、スタジアムは粉雪が舞ってたわ…。

 カイロを3つ貼り、膝かけも持って行って正解でした。

 あこちゃん、ちよねえとも再会し、震えながら、ちっこい3人組で座る。

Hisa1
 ミニゲームで、寿人がゴールを決めると、観客席からも拍手。

 皆が期待してくれてるんだ…涙。

 Hisa2


Hisa3


 その後のシュート練習でも、寿人のゴールが決まる度に 小春ちゃんと私が小さく拍手。

 以前は、居残りシュート練習をしても、寿人は球出しばかりしてたけど、この日は 自分もたくさん蹴ってた。

 あれはキャプテンとして『自分の練習よりも、チームの練習』という目的で、やってたのかもね。

 キャプテンをアオちゃんに託して、これからは自分優先で練習できるといいな。

 岳人君のシュートはすごい威力。

 ギュン!! と飛んでいく。

 今季最初のホームゲーム前日だから、ファンサービスは無理かなと思ってたけど、レプユニにサインは貰えました♪

 ちえちゃんは、サンチェにも貰ってました(笑)


 

 その後は、いつものように、小春ちゃんとランチして~の お茶して~の おしゃべりタイム♪

 夜は、ちえちゃんとの密会(なぜか この呼び名)

Img_4380

 以前から、ちえちゃんが「ゆうさんを連れて行きたい」と言ってて、今までに2回 予約したら団体予約が入ってた。

 3回目の正直でやっと行けたお店。

 1時間ごとに照明が暗くなりムード満点。

 すでにお腹がいっぱいなのに、どうしてもパフェが食べたくて、もうやっこした。

Img_4382


 ホテルに戻ると、入浴を済ませ、泥のように眠りました。

 だって朝4時起きで、アヒル寝も無しだったんだもん。(新幹線内でちょっと寝たみたい…記憶無し)

|

2014年3月 6日 (木)

久々に代表戦を見る!(「観る」に非ず)

 夕べの代表戦、広島からアオちゃんが選ばれてるし、長谷部選手が居ないので『きっとアオちゃん出るね!』と期待してテレビを点けた。

 そしてびっくり!!

 『きっと出る』は、無意識に途中出場だったの。

 それが!! スタメンにいるじゃない!! テンション上がる~!

 君が代斉唱をするアオちゃん。胸をはって(普通にしてても張ってるように見えちゃう)堂々としてる。

 あぁ…寿人にも これをもっと味わわせてあげたかった…と ちらっと思う。

 でも きっと寿人も この画面を見ながら「トシ! 輝いてるぞ! さあ、プレーでも魅せてくれよ!」って思ってるよね。

 普段は、ゴール近くばかり見てる私だけれど、ゆうべはアオちゃんを探して 真ん中へんを見る。

 不思議ねぇ…走り方で なんとなくわかるんだもん。

 まあ、他の選手をじっくり見た事がないので、アオちゃんは 他チームの選手よりは見慣れてるって事でしょうけど。

 入場の時は、ちょっと顔が緊張してるかなと思ったけど、プレーは いつものアオちゃん。

 ん~トップが柿谷君だったら、もっとアオちゃんが生きるのになぁ…などと思いながら、でもいい仕事してるじゃん! と、素人が偉そうにつぶやく。

 岡崎選手の先制点は、私 てっきりアオちゃんからのパスだと思ったわ。

「そう! いつも寿人に出してるヤツです!」って叫んじゃった。

 香川選手からだったのね…残念。

 前半で4点とって「こりゃあ、大量得点だわ! もう子ども相手の練習試合並みに やりたい事やって勝っちゃうな♪」と思った。

 後半、アオちゃんが交代したので、他ごとを優先して テレビを離れる。

 …で、終わってみたら、後半は無得点で おまけに2失点しちゃってる。

 これは…! 前半にアオちゃんの良さが生きた証拠なんじゃないの?(あくまでもサッカー無知のたわごと)

 実は、今回 長谷部選手が居ない事で、もしかしてアオちゃんキャプテンもあるかも~~と思ってたの。

 長谷部選手がキャプテンになった時だって「え?! どうして急に彼が?」と 私は思ったの。

 その後、誰もが知ってるように、彼はキャプテンとしても代表選手としても 頼りがいのある存在になった。

 数年後、アオちゃんが代表キャプテンになってる姿が なぜか浮かんでしまう私。

 さて、代表帰りのアオちゃんは、すぐにリーグ戦を控えてる。

 代表チームの練習や試合で体にしみついた技術やセンスを広島に還元してほしいけど、それを受ける方にも それようの能力が必要よね。

 アオちゃんだけが進化しても、受け手が停滞してたら、せっかくのアオちゃんが生きない。

 寿人ぉ~~~しっかり アオちゃんについて行ってくださいね!!

 アオちゃんが「やっぱり 俺は寿人さんが一番 出しやすい」って思ってくれるように!

 サッカー無知の寿人ミーハーファンは 無責任に寿人を鼓舞しております。

|

2014年3月 5日 (水)

母の記憶

 実家詣でで、母が「ゆうこの誕生日は3月3日だったねぇ」と言う。

 あら…覚えてたんだと ちょっとびっくりする。

 数年前までは、おしゃれなワンピースが買えるくらいのお小遣いを誕生祝いとして用意してくれていた。(50歳過ぎてお恥ずかしい…)

 この3年くらいは、忘れて過ぎてしまってたのに、今日は母の口から誕生日が出た。

『お母さん よく覚えててくれたねぇ! ありがとう!』

「そりゃあ、ゆうこの誕生日だもん、忘れるはずないわ。それに覚えやすい日だしね」

『いい日に生んでくれてありがとう!』

 雨降りの今日は、家の中が暗くて、私が着いた時、母は寝ていた。

 隣の台所で私がかなり派手な音をたてて家事をしていても気づかず、半分起きで

「お父さん! 早く迎えに来てください!」とか「さあて、もう寝るわ!」とか、大きな声で叫んでた。(けっこう切ない)

 そんな調子で起きて来たので、私がテーブルに食事を並べてる間も、ぼんやりしたり、大きなため息をついたりしてた。

 その母が 上記の会話(私の言葉は筆記)で覚醒。

 ここからは「ゆうこは、34年3月3日でしょ。お父さんが おひなさまの誕生日をすごく喜んで すぐに届けたから3月3日なんだわ」から「弟桃は、産まれてから4~5日後で届けた」とか「友達に 娘は3月3日生れだって言うと 皆がいいねぇ~!と羨ましがる」とか「夫桃さんは、ゆうこより10日遅れだったっけ?」とか、どこまで本当か解らないような&全然違うし…な話を嬉々としてする。

 …元気でよかった^^

 でもね。

「ゆうこに 誕生日のお祝いをあげたいんだけど、用意してないんだわ。来年はしておくから、近づいたら教えてね」

 えっとぉ…まず お母さんの生活費は私が管理してるので、お母さん自分ではもう用意できないのよ。

 そして一昨日が誕生日だったんだけど、来年までもらえないのね(笑)

 今日が何月何日なのか、曜日も、もうわからないし、季節感も狂いだした。(もう少し涼しくなったら、この服を着る…などと言う)

 それなのに、3月に入ったからと私の誕生日を思い出したのは不思議。

|

2014年3月 4日 (火)

Tの致命的なミス

 去年11月、突然の入院をした直後にTから、素敵なカードが送られてきた。

 私にぴったりのメッセージが印刷されたカードなんだけど、宛名を見て驚いた!

 とっても素敵な毛筆の書体!

 え?Tって こんな事ができる人だったの?

 高校3年生で同じクラスになって、仲良しグループは違ったんだけど、なぜか ずっと仲良くしてきた。

 でもTに こんな才能があるのは全然 知らなかった!

 …と 本人にも伝えた。

 すると 昨日 誕生日に またまた素敵なカードを3枚封書で送ってくれた。

 今度は絵手紙風の鉛筆画も添えて。

 そして名前の一文字ずつを頭にした『あいうえお作文』も 素敵な書体で書いてくれた。

 T~~~素敵~~~! ありがとう~~~~!!

 だが…待てよ?

 ここからは、私の本名をご存知の方しか理解できない領域になります。

 封筒の宛名は なんと 誰もが間違う方の名前が書いてあったの。

 初対面の人とか、ビジネスライクな相手には もうそれでいいよの名前

 何かを申し込んだり予約したりする時の電話も 本当の名前を言っても 一度では絶対に聞きとってもらえないので、一般的にそう思いこまれる方の名前を 自ら言う事もある。

 でも…Tよ。

 卒業してからは、学生時代よりも濃いお付き合いをしているではないか。

 Tに限らず 長くお付き合いしてくれる人には あえて「本当はこういう名前なんです」と 間違いを指摘して 訂正してもらう。

 でもTとは、その段階はとうに過ぎてるではないか。

 よくよく見れば「あいうえお作文」の方も ご丁寧に 間違った名前で作文してくれてるじゃないの~~。

 で、お礼がてら すごい才能を褒め、最後に間違いを指摘して「だから減点1」と。

 そしたらTは ビックリ仰天大慌てで

「え~~○○○○じゃなくて○○○○なの~!? 変わった方だと思ってたから、てっきり○○○○だと」

「変わってるのは、○○○○の方じゃん。○○○○なら、そんなに変じゃないでしょ」

「減点1どころじゃないわ」と Tは いたく反省したけれど もしかしたら高校の友達の多くは ○○○○だと思ってるかもしれないって事に はたと気づいた私。

 みんな「ゆう」と呼ぶから、結婚後の苗字なんて年賀状くらいしか使わないもの。

 かく言う私自身、中学時代、夫の事は ○○○○君だと思ってましたから…苦笑。

(夫は 小・中学の同級生です)

 今度のクラス会では、是非 みんなを試してみるわ。

 ちなみに11月のハガキは、ちゃんと正しい名前が書いてありました。

 T…どこで間違った?(笑)

 

|

2014年3月 3日 (月)

心のお薬

 昨日は、朗読の先生がK市の依頼を受けて公演される朗読コンサートでした。

 第一部は、去年 好評だった「詩と歌で綴る 金子みすゞの生涯」

 去年のセントレアでの大々的な朗読コンサート、私はサンフレッチェ広島の開幕戦に行ってて観られなかった。

 後でDVDを購入して見た。 それでも十分感動したけれど、やっぱり生で観ると何倍もいいねぇ~!

 あんな風に朗読できたらなぁ…。

 あまりに高くて遠い。

 第二部は、先生の構成による、市民の朗読。

 「先生の舞台だけ観ればいいわ」くらいの気持ちで行ったのに、これが思いのほか良かった!

 一般公募の「ありがとうの気持ち」の作文を 本人も含む市民が読む。

 先生がしっかり指導されたようだけれど、皆さん お見事!

 スポットライトを浴び、BGM(これも私の所属する朗読グループのお仲間が担当)がついて朗読する…いいよねぇ~~~!

 「私もやってみたい」 身の程知らずの目立ちたがり屋の本性がうずく。

 そして…もっと上手に朗読できるようになりたい。

 第二部では、子ども達の合唱団も参加。

 その中に めちゃくちゃ可愛い男の子(小学1年生くらい)が居て、私はその子に釘付け。

 ちゃあんと指導を受けてるのがよくわかる。

 声を出しきって 一気に息を吸うのが 全員一致してて、その可愛い男の子は、一生懸命気持ちを込めて正確に歌おうとしてるのもよくわかる。

 最後は朗読した人達や、満席の会場も一緒に歌う。

 心地よい時間が過ぎた。

 抑鬱状態は 日毎に回復してたつもりだけれど、この数時間で一気に気持ちが上昇したみたい。

 また、思いがけない人からメールがあって「こんな私でも認めてくれてるんだ」って 勝手に思えて、それも予想外の治癒効果。

 帰宅後は、ハイテンションで饒舌になってました。

 さて、今日は ピンチヒッターで、声の広報の記事選択作業に行って来まーす!

|

2014年3月 1日 (土)

ふひぃ・・・

 Jリーグ開幕戦。

 寿人ゴールは無かったぁ…。

 まだ始まったばかりなんだけどね…。

 チームは、シオ君のゴールでC大阪に勝ったんだけどね…。

 明日から、来週の9日(日)までの8日間、毎日 外出の予定あり。

 楽しい予定も含まれてるけど 連日のお出掛けは ちょっとなぁ…。

 何の予定も無くて、好きなだけアヒル寝して、だらだら過ごす日が 週に2日は欲しい私…(多いわ!)

 数時間だけの外出もあって、別にめちゃくちゃ大変な事じゃないのよねぇ。

 たとえ1時間の外出であっても、お化粧をするのが面倒臭いのかもしれない。

 お洒落をするのは好きなんだけど、明日着て行く服も なかなか決まらない。

 

 

 

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »