« 無責任な感傷 | トップページ | カズダンスは持ち越し~♪ »

2014年4月18日 (金)

感傷 その後

 母の入所が5月1日では無くなった事で、当初の悲しみはほぼ消失した。

 ゆうべは弟と電話で話をし、弟の辛さを心理的に軽減させることができたように思う。

 弟の声は、話しているうちに第一声とまったく違う穏やかなものになっていき「姉さん、ありがとう」を繰り返して電話は終わった。

 弟は「5月1日入所」を本気で考えているので それを弟の希望の光として尊重する事にした。

 実現は無理だろうと内心思いつつ、否定はしない。前向きに応援する。

 …もしかしたら実現しちゃうかもしれないけど。

 私が泣くくらいは仕方ない。 泣いたところで無責任な感傷なんだし。

 持ち帰った母の冬物セーターのほころびを繕いながら「これを今年の秋に着る事があるんだろうか? もし着たとしても、その時の母は 今とどれくらい違ってるんだろうか?」と考えたら、ちょっと胸が痛くなった。

 先の事を考えても仕方ない。

 今は 未来ある弟の現状を最優先に考えなければ。

|

« 無責任な感傷 | トップページ | カズダンスは持ち越し~♪ »

母の老い」カテゴリの記事