« ぐるぐるめまい! | トップページ | 誕生日お祝するでしょう! »

2014年4月30日 (水)

花摘む母

 実家詣で。

 住宅に入ると車の速度を落とし、母が摘んで来た花が どこに咲いているか探しながら走る。

 家々の門塀には、綺麗な花壇があったり、塀の隙間から花がこぼれたりしている。

「あぁ、このモクレンは手が届くなぁ」

「ぎゃ、この小さいポピーは あれだわ!」

 お家の人からは死角になっていそうだけれど、向かい側のお家からは丸見え…。

 きっと「母桃さん…またとってる」って思われてるだろうなぁ…。

 実家へ到着し、まず玄関で下駄箱の上に花瓶が2つなのを見て、ホッ。

 続いて仏間の座卓の上には造花しか無かったので、これまたホッ。

 そして台所へ入って 思わず「うへぇーーー」と言ってしまう。

Image5721
 流し台をうめつくすツツジ。

 完全なるお花畑状態。

 台所のテーブルには2つの花瓶。

 はぁ…これをどう片づけるのか…。

 片づけない事には、昼食も作れないし…。

 母はご機嫌で「きれいでしょう。ゆうこ 持って行っていいよ。近所の人にあげてもいいから」

 こんなの私も近所の人もいらんわ~。(心の叫び)

 でも さも貰って行くような雰囲気を出しつつ、数日はもちろうな物を除いて、ビニール袋に詰め込んでいく。

 我が家の生ごみの袋は、毎週、これでかなりの容積をうめる。

 この前、花瓶を見えない所に置いたので、今日は、急須や湯飲み茶わんやボウルまで総動員。

 思いあまって、無駄だと知りつつ

『こんなにたくさんあるから、もう とってこないでね』と書いてみた。

「わかった。もうとってこない」

 …ん~~何分間覚えていられるでしょうか。

 

 明日を予定していた施設入所は、どうやら延期らしい。

 ほぼ想像通りだけれど、ホッとしたのが半分と、弟が壊れる心配が大きくなる。

 

 ちょっと前の私なら、今頃は 昨日の試合の寿人の事で落ち込んでいただろうけど、身内の悩みがあると、それどころじゃなくなるものね…。

 寿人はきっと大丈夫って思えちゃう。

 以前は、広島の友達が「寿人は絶対大丈夫だって」と言うと 『自分が推してる選手じゃないから、そんな簡単に言えるのよ…』って思ったけど、今の私は 推してるのに、それだなぁ。

 寿人の出来で一喜一憂どころか、打ちひしがれていられた頃でさえ、逆に幸せだったのかも。

 

|

« ぐるぐるめまい! | トップページ | 誕生日お祝するでしょう! »

母の老い」カテゴリの記事