« W杯 | トップページ | 母の匂い »

2014年5月29日 (木)

カウントダウン開始

 ここ数日、頭が全然 働かなかった。

 6月1日、母をどうやってグループホームに連れて行くか。

 ちょっとした家具や布団を持ち込みなので、母に解らないように準備し、当日 母と荷物をどう分けて運ぶか。

 夫が手伝ってくれるので、車2台で行くか…。

 考えても考えても堂々巡りで結論が出ず、出るのはため息ばかり。

 昨日の実家詣では、病院で診断書を貰うのが一番の目的。

 弟にバトンタッチしてから1年ぶりの病院。

 弟がS医院から 近所のHクリニックに変更したので、私には初めての病院。

 そして案の定「どこも悪くないのに、どうして病院へ行くの!?」の母の怒り。

『○の郷に3年通ったので、更新手続きに必要』と説明するも

「そんなものが要るの!?面倒臭いね!」と尚もお怒り。

『介護福祉課の助成があるから、必要なんだよ』と いい加減な事を書く。

 待合室では大声で「S医院の方がいいのに!どうしてこんな所へ来たの! お母さん こんな所一度も来た事ないのに!」 

 S医院でもさんざん「年寄りだと思って、悪くも無いのに通わせてお金をとる」と悪態ついてたのにねぇ…。

 すべて想定内で経験済みなのでさらっと対応。

 そして初めてのお医者さんが「母桃さんは、一度しかお会いしてません。最初に診察にみえて、その後は薬だけで、その投薬期間も長すぎるし、処方した分から計算すると、飲み忘れが多いと思われます」と。

 想像通り…。

 去年、体を壊して仕事も休み、実家詣でに行けなくなって 弟にバトンタッチした後、半月で無理矢理回復させて、実家詣でだけを再開した時、通院も再開すると申し出たんだけど、弟が「僕がする」と聞き入れなかったのよね。

 暗澹たる思いで、母とランチを済ませ、買い物をして実家に戻り、弟の昼食を準備。

 ただでさえ、この季節は苦手(高温・多湿)なのに、精神的な疲れは体への影響が大きい。

 頭の中と体の中の種類の違う熱さがひどくて。

 母は「ちょっと横にならせてね」と。

 その隙に、下着やシーツや着る物を見繕う。

 私も横になりたいよぉ…でも このチャンスを逃したら、準備できない。

 エコバッグ二袋分の荷物を車に入れる。

 後部座席には、収納ボックスがすでに積んである。

 入所当日、スムーズに行かないのは予想できるので、少しでも先にできる事はしておきたい。

 実家の帰りにホームに寄って、先に荷物を部屋に入れさせてもらえるようにしてある。

 もう今日は体が無理だなぁ…このまま早く帰った方がいいなぁ…でもなぁ…当日どうするのか、全然まとまらないしなぁ…葛藤の末 行く事に。

 2階の弟が食べた食器を持って来て、母の寝室でごそごそしてる私に 珍しく「ご飯、ありがとう」と言い、洗い物をしてくれた事が 力になった。

 日よけ帽子にサングラスに手袋をしていても、車内の日差しは強い。

 ホームに着いた時には、頭が膨張して はち切れそうな感じ。

 

 そしたらね、ホームのケアマネさんや、職員の人達が優しいのよ…。

 きっとどこの職員さんもそうなんだろうけど。

 今のデイサービスの職員さん達も いつ行っても笑顔で利用者さん達に接してるのを見る事ができるし、明るく元気で 私にもとっても感じが良いの。

 私なら、不条理な言動をするお年寄りの相手ばかりしてたら、自然に顔がこわばるわ。

 荷物を入れる為に、ケアマネさんが案内してくれて、同時に部屋の掃除も 他の職員さんにテキパキと指示してくれた。

 大きな収納ボックスを運ぶのは「お手伝いしましょうか?」と。

 ちょっと前まで杖をついてて、両手では物が持てなかった私。

 ありがたくお願いしました。

「ありがとうございました。助かりました~。後は自分でやります」

「でも箱から出すのには もう一人いた方がいいですよ」 ほんとだった~♪

 こうして思いやりの対応を受けて、母の素敵な部屋を ちょっとだけ母仕様にして、荷物を少し運んだ事で『当日どうなるんだろう』の不安が軽減された。

 そしてケアマネさんとの雑談の中で、私が持って行くつもりだったお洒落な小型ドレッサーや仏壇は、少し慣れてからの方が良いと言われた。

 それですっかり頭の整理がついた。

 当日は 朝まで使っていた布団と歯ブラシを持って行くだけでいい。

 シーツはすでに1枚だけ運び込んであるので、ここで着け替える。

 これなら、夫と私でスムーズにできる。

 入所の日のシンプルな行動が決まって、心がかなり軽くなった。

 お礼を言ってホームを出た時、水筒のお茶はもう空っぽ。

 コンビニに寄ってお茶を買おう…と思ってたら、すぐのところにロッテリ○が。

 とにかく涼しい所で座りたい。吸い寄せられるように車を入れた。

 シェーキを注文したら「120円です」

「え?120円ですか!?」

「はい、只今半額キャンペーン中なんです」

 あ、そう言えば 派手な幟がいくつも立ってたわ。

 それすら見えてなかった。

 120円のシェーキ☆ なんだかご褒美をもらった気分。

 普段の私ならバーガーショップで飲み物だけなんてあり得ない。

 まずはポテトを頼むのに、昨日はそれすら食べる気になれず注文しなかった。

 今年の最高気温更新の日だったもんね…。

 冷たい物を飲んで、ちょっと生き返り「でも買い物はもう無理だ。このまま家まで直行」と その時は思った。

 ところが運転してるうちに「止まりたい」ばっかりに。

 で、いつものスーパーまで頑張って走り、とりあえず駐車場に入れて「ここへ入れたんなら、最低限の食材は買って行こう」となる。

 ついでに自販機でお茶を買い、がぶがぶ飲む。

 こうして休み休み家に帰りつく。

 持ち物の名前付けや、貴重品の扱いなど、まだまだ考えなければいけない事があるけれど、昨日までの『考えても全然まとまらない』状況は脱した。

 まずは無事に入所させる事だけれど、入所直後はきっと色んな事があって、今以上に呼びだされる事になるね。

 足りない物を運ばないといけないし。

 全部終わって、母が慣れた頃には 私ダウンするだろうなぁ…と言ったら、夫が

「成功するには、ネガティブな事は言わない」と さり気なく。

 そうだよねぇ…私 いつも最悪の事ばかり想像して、口にしちゃうもんね。

 母がホームで穏やかに暮らし、私も安心して、自分の事だけ考えていられる日の為に頑張るんだったわ!

|

« W杯 | トップページ | 母の匂い »

母の老い」カテゴリの記事