« センチメンタル | トップページ | 今日のキャンペーン☆ »

2014年6月12日 (木)

ちょっと自己嫌悪

 ホームの母に買ったチェストの配送の時間が決まったと電話があった。

 5月27日に購入し、6月1日の入所に間に合わせたかったんだけど、その時点で配送の予定がいっぱいで、最短で6月12日と。

 それで納得して待った。

 先ほどの「明日の配送時間をお知らせします」の電話はなんと「夕方6時から8時の間」

 ええええええーーーーっ!

 夕方のラッシュ時にホームへ向かい、最悪8時まで待機? 衣類を入れて帰るのは9時じゃん。

 夫の夕飯の支度をしていけば何の問題も無い事なんだけど…無性に「やだーー」だったのです。

 「その時間帯は無理なので別の日にお願いできませんか?」

 オペレーターのお嬢さんが探してくれた別の日は 6月30日の 朝8時から午後3時までの間のどこか。

 そんな先~?

 おまけに朝8時にホームに行くためには、夫より早く出て朝のラッシュを走らなければいけないじゃん。 そして3時まで待機しなくちゃいけない。時間の無駄だ~。

 どうにも「やだ」の気持ちが大きくなってしまった。

 そして心の隅っこに芽生えた想い…。

 実は、先日 ウインドーショッピングをしていて、理想の収納ボックスを見つけたのです。

 今回配送でまごついているチェストの4分の1の値段だし、自分で運べる大きさ。

 それに出逢った時

「あのチェスト買って無ければ これが良かったなぁ」と思ったのです。

 それがふいに鮮やかに大きくなり…

「購入をキャンセルできませんか?」

 オペレーターの女の子が「電話折り返ししてもよろしいですか?」と 心なしか震え声で。

 彼女は最初から『ハキハキとした』じゃなく『儚げな』感じではあった。

 一度切った電話が鳴って出ると 先ほどの震える彼女が

「有料でしたら、別の時間帯がご提案できるのですが」

「じゃあ有料でお願いします」

 でも結局30日の午後12時から2時の間。 

 心の中で迷いながらも 彼女に免じて それで手を打つ事に。

「それでお願いします」

「はい、では確認をいたしますので、しばらくお待ちください」

「はい」

 …しばし待つ…

「お待たせしました。30日ですが朝8時から午後3時までの間でしたら 有料じゃなくてもとれますが」

 あのねぇ~! さっき それじゃ困るからキャンセルって言ったのよ~~~。

 プチって言うほどじゃないけど…堪忍袋の緒が切れる程でもないけど…急激に面倒くさくなっちゃって…。

「ごめんなさい。やっぱりキャンセルさせてください」

 震え声の彼女は平謝り。

 あなたが謝る事じゃないのよ。

 時間指定のできない配送なんだから、しょうがないのよ。

 あえて言うなら、購入した時点で有料配送で時間を指定すればよかったのよ。

 それと、お値打ちな理想の収納ボックスに惹かれてる私もいけないのよ。

 キャンセルによる返金の方法を「聞いてきますのでお待ちください」と彼女が離れ、次に電話に出たのは男性。

「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。せっかく気に入って購入していただいた商品なので、何とかしてお届けにあがりたいのですが」

 有料なら、別の日を何とか調整してみますとの提案に「いいえ、もうけっこうです」とは言えなかった。

 オペレーターの彼女は 送り先の母の名前を言ったけれど、この男性は 注文主である私の名前を言い、送り先が施設である事も認識している。よって、時間帯にこだわる私の事情も察してくれてた。

 結局、来週の金曜日に有料で届けてもらう事に。

 高いチェストになったわ。

 お値打ちの理想の収納ボックスが さらに輝いて見える(嫌み)

 ただ…ごり押ししちゃったんだなぁ…と恥ずかしくなる。 

 有料でと頼んだ後、調整の時間が必要で電話を切ったもん。

 配送予定表とにらめっこして、やりくりしてくれたんだろうなぁ…。

 震え声の彼女も「お客様がお怒りで…」と 上司に助けを求めたんだろうなぁ…。

 実はアヒル寝の最中だったので、ハスキーボイスではありましたが、それほど怒ったつもりは無いんだけど…。

 普段 怒り慣れてないので、こういう状況になると ひたすら恥ずかしく申し訳なく、身が縮む。

 数年前も車検の為に車を取りに来てくれるディーラーさんが 連絡無しで遅れて(私も出掛ける用事があって焦ってた)私にしては珍しく怒った事があった。

 その後、担当の男性は私に会うと毎回「二度と遅れるような事はいたしませんので」と頭を下げる。

 もう言わないで~~~私 怒り過ぎてごめんなさいって謝ったじゃ~ん(泣)

 今回も後味が悪いです。

 

|

« センチメンタル | トップページ | 今日のキャンペーン☆ »

おばさんの独り言」カテゴリの記事