« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

爽やかな日曜日♪

 ここちゃんが遊びに来てくれました♪

 お誘いメールをして、カッカがカレンダーの28日に「ゆうこさん」と書いたら、それを確認して、ここちゃんは何やら一心に書き始めたと聞いていた。

 それがコレ↓

Img_6185
 お手紙や絵を描くのが大好きなここちゃん。

幼稚園でも毎日 お友達とお手紙交換してるんだって。

幼稚園ぼっこのお手紙交換…見たい、見たい!!

 今日のここちゃんの髪型はおちょんぼ。(これって名古屋弁かな?)

お姉さんのようであり、少ない髪の毛のおちょんぼさんが、さらに幼く見えるようでもあり^^

Img_6188

 妖怪ウォッチ零式、カッカが思いがけず購入できたとの事で、早速見せてくれました。

色んな関連商品が出てるのねぇ。

 妖怪メダル一式の絵を見ながら「これはもってる」「これもってな~い」と。

漢字が読めなくても、絵の感じで大人よりも正確に記憶してるのよね。

 ちょっと前には『しゃれこ婦人』が怖かったんだって。

 しゃれこ婦人のカードが出た時は、ティッシュに包んでテープで留めて「せんださんにあげて!」とアッタンマンの仕事鞄に入れたそう。

 「ここちゃん、しゃれこ婦人 せんださんにあげたの?」と わざと聞いてみたら、得意げに頷いて「せんださんの こどもにあげればいいでしょ」

 せんださんのお子さんは二十歳過ぎだそう…笑。

Img_6191

  もうね…何をしても何を言ってもかわゆいのですよ。

 お行儀よく食べてる姿も 小さな口をきゅっと結んで もぐもぐしてるとこも、じ~っと見ちゃう♥

 私が幼い頃は、母曰く「愛想のいい子どもで、知らない人にも笑ってねぇ」だったけれど、物ごころついてから、大人と一緒に遊んだ記憶は無い。

 大人は『大人』で、遊び相手では無かった気がする。

 ここちゃんは、夫や私を相手に(少々の遠慮はありそうだけど)ここちゃんルールの遊びを指揮する。

 夫も私も嬉しくて ここちゃんが和室に並べたマーキングの紙の間を ここちゃんの演奏に合わせて飛んだりするのでした。

Img_6211_2
 ハサミ(子ども用じゃない)もいつの間にか上手に使えるようになってました。

でも一心に切ってる時は 上唇がとんがってます~^^

 向かい合って両手をひろげれば、何の疑いも無くその手を掴んで来る。

両手で繋がってぴょんぴょんするここちゃん。

孫の居ない私達がこんな可愛い子どもと触れあえるなんてね。

 夫がずっと前から「ここちゃんに買ってあげたかった」玩具をネットで購入し、それを出したら

「ひやぁ~~~! ここちゃん これ ほしかったの~~!」「ひやぁ~~~♪」その「ひゃぁ~」が ホントに可愛いのよ。

 私も幼児期、親戚のおじさんおばさんに玩具を買って貰ったら「ありがとう!」って喜んだとは思うんだけど、こんな風にはしてないと思う。

 この言動を見られただけで、じじばばもどきは幸せです。

Img_6202_2

 キティちゃんとおぼしきイラストも なにも見ないでさらさらっと描いてくれました。

 逆三角になるお口も 私 好きなのよねぇ~。

なんで、こんなに可愛い形にできるんだろう?

Img_6163

 帰りは、恒例の公園遊び。

爽やかな風に吹かれてブランコは半分寝そうでした。

「ここちゃん、きょうは~ ぶらんこと~ うんていと~ てつぼうと~ しーそーやりたい」

 ちゃんと宣言します。

 ぼよ~んは、もういいのね?

 でもうんていは初挑戦よ。

Img_6249_2

 前に来た時は、うんていのやり方を知らず、上ろうと決意の顔で足をかけたものの、怖くて動けなかった。

 この日は すぐにぶら下がって、ちゃんと移動しようとしてた。

まだ腕で全体重を完全に支える事はできないので、足先が着いてるとこまでね。

 鉄棒では、前周りを見せてくれた。

 以前 脚抜きを見せてくれた時は、お口を目いっぱい開けて回ってたのが写真に写ってて可愛かったの。

 今回は頭上に来たブーツから砂が落ちて顔にかかったらしく、目も口もぎゅっと結んでて、それがまた面白可愛かったんだけど、顔にシール加工したら見えなくなっちゃうので、公開はできません。

 英語も習い始めてて、マジックペンを指してカッカが色を尋ねると「グリーン」「ブルー」…幼児はヒーロー番組で色の名を英語ですぐ覚えるから、それくらいでは驚かないんだけど「yellow」の発音だけが 自然にいっちょまえで ここは笑わせてもらいました。

 耳で覚えるからね~^^

 公園遊びを終えて車に向かう合間に、まだ青い木の実が落ちてるのを見つけた。

「ここちゃん、かっぷにいれて もってかえりたい」

 そうだったねぇ~。去年は、来る時に木の実を見つけたから、帰りにはカップを持って出て、たくさん拾って帰ったもんね。

 「次に来た時は、カップを持ってくるわね」

 「はぁ~い♪」

 で、3つだけ拾った木の実は 車の中でティッシュに包んでました(heartきゅん)

 

|

2014年9月25日 (木)

そういう仕事

 数日前に抜きそこなった「伝家の宝刀」

今日は 切れ味鋭く振りぬきました^^

「ゆうこ様でいらっしゃいますか?」

「はい」(いつもの よそゆきの声で)

「わたくし、△△の○○と申します。馬油をご紹介しています」 はいはい。

「皆様のお宅のポストにお試し品を送らせていただいています」

 はい! ここで間髪をいれずに

「あ、うち 夫がそういう仕事をしてるんです」

「お店か何か…」 オペレーターさんが ちょっとしどろもどろになる。

 いや、私も まさかそう来るとは思わなかったので、ちょっと困ったけど

「ええ」と言い切る。お店ってなんだ?

「そうでしたか…それじゃ…試供品をお送りしても…お困りですよね」と すごく恐縮してるのが伝わってくる。

 ごめんね。そんなに恐縮しなくてもいいのよ~。

でも ここはきっぱりと でも優しい口調で「そうですねぇ」

「失礼いたしました」

「いいえ、御苦労さまです~」と いかにも同業者をねぎらう体で。

 電話の彼女の仕事は、試供品を送って良いという了解を得る事で、その後の売り込みには関係してないんでしょうけど、私は試供品を使って(使わないかも)またセールス電話をお断りするのが面倒なのよ。

 絶対に買わないのに電話させるのが申し訳ないのよ。

 

 昔は、売り込みの商品に応じて「○○に勤めてますので」って言ってたけど、近頃は「そういう仕事」で全部オッケー。

 短時間で済み後味も良い「そういう仕事」でございます。

|

2014年9月22日 (月)

寿人とサッカーをした…夢をみた

 広島での二泊三日は、私にとっては「非日常」

 サンフレッチェ広島を熱く応援してる人達は、アウェイ遠征に行くのも生活の一部なんでしょうね。

 ライトなミーハーファンは こんなレベルで申し訳ないです(苦笑)

 さて、帰宅して現実に戻ったんだけど、どこかまだ夢見心地。

 今日はアヒル寝中に、こんな夢をみました。

 私、どうやらサンフレッチェ広島の選手のようです。

 で、なんだか試合に出てるみたいでした。

 そこそこ走ってるし、息切れもしてないのは まさに夢なんだけど、スピードが無いのは 現実を反映している。

 小学校の体育でサッカーをやった時も 私はただピッチに居るだけだった。声だけは出てたと思うけど。

 ポートボールでもたまに何かの間違いでボールが来ようものなら、必ず「キャリング」(と言ってたような)で笛が鳴り、チームプレーの質を下げる役割しか果たして無かった。

 そういう事も夢の中で思い出しつつ(なのに、そこに居る違和感を感じず)サイド(多分、航平君のポジション)に居ると…来たー! 私のとこへボールが来ちゃったーーーー!

 真ん中辺で混雑してたところから、フリーの私(笑)にボールが来ちゃったよーーー!

 いつも見てるけど、ここはゴール前の寿人に絶妙なクロスを上げるとこよね!!

 私に出来るかな? あまり期待はできないな…でも せっかくのチャンスをつぶすわけにはいかないもんね。

 けっこう考える時間はあった。

で、ゴール前辺りに行くといいなぁ~と思いながらポーンと蹴った。

…現実だったら、まず空振りでしょうね。

それがボールに当たって、蹴りあげられただけでも夢はすごいわ。

ただ…いかにも私らしく、クロスを上げたつもりが、自分のゴールの方へポーーーーンと飛んで行ったわよ。 (いや、その距離を飛んで行った事だって十分すごいんだけど)

あやわオウンゴール!

シオ君がうまく捌いて事なきを得ました。

はぁ…よかったぁ~~~!

 すると試合がなぜか中断してて、寿人が私に向けてボールを軽く蹴って来た。

えっと…これは、私が球拾いをするって事かな?

あ、逸れちゃった! ひぃ~球拾いもできないなんて…私ってなんてダメな選手なんだ。(選手なんですぅ!)

すると寿人がもう一回、ころころんと蹴って来た。

今度はちゃんと取ります!

で、バタバタと止めたら、寿人が近づいて来て

「クロスはこっちへ向けて上げないと」と。

「はい。基本技術がなくて…すみません」

 基本技術って…泣笑。

|

2014年9月21日 (日)

また来ます♪

 金曜日の前日練習は、スタジアム横の競技場。

寿人がビプス着けてないのを見て まずドキドキする。

うん、ちゃんと受け入れてるんだよ。

でも目の当たりにすると やっぱりドキドキしちゃう。

けどプレーしてる寿人は楽しそうで いつもの寿人。それならいいんだ^^

 そして昨日の試合。

夕方の携帯メルマガでスタメンに名前が無いのを見ても もうドキドキしなかった^^

相手が疲れた後半に出てゴールするのもおいしいじゃん♪

 試合前に きたんちゃんと選手バス見送りの話をした。

見送りをするとシャトルバスに間に合わない。

きたんちゃんが「見送りするなら、うちの車で駅まで送るよ」と言ってくれた。

そこで私は「寿人ゴールがあったら見送りするから乗せて。ゴール無かったら見送りしないでシャトルバスで帰る」事にした。

 きたんちゃんと別れてから ハッと気づく。

いや、ゴール無かった時こそ 見送りしたいじゃん!

 きたんちゃんに「訂正」のメールをする。

 ゴールどころか、出場も無かったりして…と 一抹の不安も。

 試合中は、私はほとんどピッチは見ないで、ベンチ裏でアップする寿人をガン見。

寿人に限らず、控えの選手は本当に真剣にアップしてる。

寿人もアップしながらもピッチの様子も見、チャンスでスタジアムが盛り上がると、足を止めて体をピッチに向けて見て、キーパーのナイスセーブには、両拳を腰の辺りで握って「ヨシッ!」だったり、シュートの決定機をはずした時は頭を抱えたり。 

 後半、直君がゴールして賞賛するベンチに来たときは、寿人の手に一番に触れた^^

 直君が倒された時は、私の周りの子供たちが「ここで寿人じゃろう」「寿人出せ」と大騒ぎ。

 浩司に続き航平が呼ばれ…あぁ 今日はアップだけで終わりかなぁ…と思い始めた矢先、また直君が倒されて寿人に交代した。

 その瞬間は、子供たちだけじゃなく大人たちも大歓声だった。

あぁ・・・やっぱり寿人は愛されてるってうれしかった。

 直君、どこか傷めてるだろうに、走って来た。寿人に少しでも長くプレーさせてくれようとしてるのかな。

 寿人がスライディングしてボール奪取したときは、周りがどよめいた。

 結局、寿人ゴールは無く、でも2-0で勝利。

久々の快勝でスタンドも大喜び。私はやっぱりなんだかちょっと違う気分。悲しいとか落ち込むとかじゃなく、ガラス窓の外から見てる感じで一緒に万歳って気持ちにはなれない。

 さて、帰りは当初の予定からすると「見送りしてご主人の車で送ってもらう」んだよね。

でも 今夜 きたんちゃんの車に乗ったら、必要以上に泣き言を言いそうだと思った。

正直、今日の寿人はよかったの。与えられた場所で精一杯やってたし、いい笑顔だったし、何も恥じることはなかったから、私が落ち込む理由も無い。

でも友達と一緒になったら「勝ってよかったねぇーーー!」って盛り上がれる気分ではない。

 青ちゃんゴールと勝利で嬉しい気分に水を注しそうだし、私も泣き言を言うことで、逆に落ち込んでしまう恐れがあるので またまたプラン変更。

 見送りせずにシャトルバスで帰りました。

 夕べは、また一人広島の最後の夜。

 金曜日から 広島の友達と時間割でランチやお茶やディナーを楽しみ(お陰で太るんだよねぇ)非日常を堪能した。

 いつも快く出してくれる夫に感謝し、車椅子よりも動けるステッキ歩行ができる事にも感謝する。

 私は、子供の手が離れて、友達と旅行する世代。

でもやっぱり持病とハンディがある身は、足手まといになる。

皆は助けてくれる気満々だとは思うけど、一人で気ままに動くのがベスト。(正直なところ、夫もいない方が気楽)

 ちょっとしんどければ、出かけずにホテルで寝てればいいし。誰かと一緒だと、そこはちょっとだけ無理しちゃうもんね。

 こういう自分優先の遠出が今の私には最適な娯楽。

 また来られるといいな。

 今季の残り試合は、日帰りで1回は来る予定。

 生観戦での寿人ゴール100%は、残念ながら継続できませんでした。

 でも寿人のいい表情をいっぱい見られたから満足です♪

 

|

2014年9月17日 (水)

やっぱり不調だった…

 すっかり秋の空気。

 気持ちのいい季節到来。

 日曜日は、母をホームへ迎えに行き、お寺→父の墓参→美容院と連れて行った。

 合間に昼食・ティタイム。

 予想通りのヤンチャもやりぃの、素直で可愛い表現もありぃので、充実の一日。

 で、気分良く帰宅したのに、夕飯を作ってたら、急に気持ちが悪くなってきた。

 途中で投げ出すわけにはいかないので、なんとか仕上げ、一口二口食べたけれど、もう箸を持ってるのが嫌。

 こういうはっきりしない不調の時は、私には魔法の薬『PL顆粒』が効く。

 で、服用して早寝。

 ところが翌日も起き上がると動悸がする。 ふわふわする。

 美容院の予約もキャンセルして 一日中 寝た。

 

 ん~~吐き気がするわけでもないし、頭痛も無い。

 なのに どうしてこんなに動けないんだろう?

 土曜日のG大阪戦は、メルマガで届いたスタメンに寿人の名前が無くてドキドキした。

 スカパーで観ていた後半、寿人が呼ばれてピッチに。

 凛々しい表情。

 スタンドからは「ヒッ・サッ・トッ!ヒッ・サッ・トッ!」の大きな掛け声が。

 それでスッとしたんだけどなぁ。

 もしも あの後、寿人がゴールしてたら、すっごく元気だったのかもしれないなぁ。

 …と考えるくらい気分的なものだと思えた。

 ただの怠け病っぽいなぁ。

 昨日は、プレドニンを3錠に増やしたけれど、前のように劇的な改善が無い。

 

 そしてお昼前、携帯にここちゃん通信が届いた。

 面白可愛いここちゃんの様子を読んで、くふふっと笑ったら、あらあら? なんかちょっと元気が出て来た感じ。

 で、久しぶりの掃除機をかけ、美容院へ。

 ノーメイクで出掛けた美容院では「今日 体調不良なので~」と目をつぶってた。(このケースよくあります)

 美容院の帰りには、買い物もして、夕飯も作った。

 あれれ? かなり元気になってる?

 でも ゆうべも念の為、早寝。

 『キス濱』の音声だけ聞かせてと頼んで、リビングの隣の和室で横になってたけど、ほとんど眠ってしまってて、聞いて無かった。

 今朝起きあがってみたら「あ、普通だ」

 こうなってみると、やっぱり昨日までは普通じゃ無かった。

 まつちよさんが「花桃さん、ここんとこよく体調崩しますよね」と心配してくれてる。

 確かにそうだ。

 でもいつも大事には至らずに治まってるのよねぇ。

 今年から3年間は、大殺界だし、何か起きるかなぁ。

 小さな異常が複数回あってもいいから、このくらいで済んでほしいよ。

|

2014年9月12日 (金)

母のお仲間さん達

 週に一度の母のホーム訪問に加えて、お盆や連休などにも顔を出してる。

 ちょっぴりため息で帰る日もあり。

 それでも、数年前、毎週 実家の帰りは 泣きながら運転してた事を思えば、穏やかになったもんだ。

 今週は、掛け時計を持って行った。

 腕時計の電池が切れたんだけど、電池交換するよりもお安い掛け時計を見つけたので購入したの。

 腕時計はこの先「失くした」って言い出す危険性が高いしね。

 文字盤が小さくて、母がちゃんと利用できてるとも思えないし。

 購入した掛け時計はプラスティックだけど、こげ茶のフレームは木製に見えるし、文字盤も大きくて見やすい。

 掛けて見せたら、母が思いがけない発言。

「まあ! この時計だけで、すっかり部屋らしくなったわ~。嬉しい~!」

 980円だと説明したら、更に喜ぶ。

 その後は数分単位で「あの時計 素敵だねぇ~。お母さんの部屋が立派になって嬉しいわ~」の繰り返し。

 そっか…もう ここが自分の部屋って認識になったのね。

 「どこも悪くないのに入院してる」じゃ なくなったのね…。 

 ホッとすると同時に、ちょっと可哀想な気もする…いじらしくもある。

 9月から新しい方が入居された。

 母の報告では「入ったばかりで不安で泣いてたから、お母さんが『ここの職員さんは みんな優しいから甘えればいいよ』って言ったの。トイレも教えてあげた」との事。

 職員さんからも「母桃さんが よくお世話してくださってる」と聞いたので、全部が作話ではなさそう。

 職員さんを中心にナツメロを皆で歌う時間になったので、私はノートテイク要員で母の隣に。

 全然 乗り気じゃない母を無理矢理参加させた。

 聴こえないもんね…参加しようがないよね。

 要約筆記ボランティアで学んだように、歌に合わせて、歌詞を一文字ずつペンで指し、母の肩を軽く叩いてリズムを刻む。

 普段は全く表情の無いKさんが歌っている。

 職員さんが歌詞にちなんだ質問をする。

 ちんぷんかんぷんな返事をしても、誰も聞いてないからOK(苦笑)

『母桃さんの夢は何ですか?』

 私のノートテイクを見て、母がおもむろに

「私の夢は、早く死ぬ事です」 うん、真意はわかるんだけどね。

 例の新しい入所者Eさんは、真っ白なショートヘアで、とってもお洒落なキュートな方。

 いつも笑ってらっしゃる。

 全く普通じゃん…と思う。

 母の冗談(私が聞いてる分には嫌みっぽかった…)に Eさんが笑い転げて、母の肩を軽くたたく。

 母が「痛い!」と叫ぶ。 そんなに痛いはずないんだけど。

 するとEさん 慌てて「ごめんね~ 痛かった?」と 必死で謝る。

 あ~~~これじゃ意地悪ばあさんじゃん。

 かと思うと、Kさんの歌に職員さんが合いの手を入れて、皆で盛り上がって笑ったら 当のKさんが

「笑わんでよ。笑うなら もう歌わんから」と 本気の不満顔。

 あぁ…こういうことなのね。

 2階の入所者さん達は、今のところ全員が女性で 身ぎれいにしてるし、自分の事は自分でできるし、ネジが錆びたりゆるんだりしてるようには見えない。

 母は、自分が聴こえないのを棚に上げて(忘れちゃうのね)「挨拶しても返事をしない。皆 頭がちょっとおかしい人ばかり。まともなのは お母さんだけ」と言ってるし(ふぅ…)

 でも、こうして一緒に時間を過ごすと 皆さんがそれぞれ ご自分の世界をお持ちのようなのが分かる。

 帰りに施設長さんから「Eさんと母桃さんは べったりなんですよ。お互いの部屋へも行き来してらっしゃるし。Eさんがみえてから、母桃さんが部屋から出てる時間が増えました。二人のおしゃべりは噛み合ってないけれど、お互いに満足されてるようなので、良い関係です」との報告を受けた。

 

 母の記憶や Eさんに対する認識には、曖昧な所が多いけれど、掛け時計で「部屋らしくなった」と喜ぶのには、Eさんが遊びに来た時の感覚があるのかもしれないな。

 

|

2014年9月11日 (木)

「伝家の宝刀」抜きそびれた…

 アヒル寝の途中で、電話のベルに起こされた。

「いつもお世話になっております○○です」

 以前 2回程利用した事のあるカタログ通販の会社から。

 何をおススメされても、必要な物は無いので『断る気満々』で返事をする。

「今回は、○○ご利用のお客様限定で △△のご紹介をしています」

 ローヤルゼリーのお試し一週間分を500円で提供すると言うもの。

 普段なら、ここで「夫がそういう会社に勤めてますので」と 咄嗟に伝家の宝刀を抜くのに、今日は『あ~中途半端な時刻に起こされちゃったなぁ。これからまた寝るか、もう起きるか…』と考えていたので、抜きそびれてしまった!

 で、真っ当に「一週間くらいでは効果はわからないと思うので、せっかくですけどけっこうです」 (お断り表明第一回)

 すると「一週間のお試しで、効果を感じられたお客様のお言葉をたくさん頂戴しております」

 つい「でも一週間で効果が出るなんて、かえって怪しいですよね」と言ってしまった。

 すると「いいえ、天然由来なので…」と始まった。

 しまった~~~。

 で、息継ぎの瞬間を待って「せっかくですけど、けっこうです」(二回目のお断り)

 ここでひるむかと思いきや「でも たった500円で お試し出来るチャンスですから。その後 続けるかどうかは、お客様がお決めになれますし」

 だからぁ~続けるも続けないも、お試しする気がないのよ~~~!

 イラっとしつつ、ここはぐっとこらえて 笑顔を作って(笑顔で言えば 声のとげが消える)

ええ、でもせっかくですけど、けっこうです」(三回目のお断り)

 それでもまだ 先ほどの説明を繰り返し始める。(マニュアル通りに一通り 説明し終えたので、繰り返すしかないのね)

 よーくわかりました! でも要らないんですぅ! 

 笑顔で「はい、せっかくですけど、要らないんです

 相手ももしかしたら意地になってるのかしら。

 とっても優しい声で(プロっぽい綺麗な声としゃべり方、好感が持てる)

「でもお試しになってみないと わかりませんよね」

 いい加減しつこいぞ。 これだけはっきり『要らない』と言ってるんだから、本社に文句言うぞ。

 と、心で叫びつつ、笑顔で「そうですよねぇ」と同意してみた。

 相手が「お!」って感じに息を飲むのがわかった。

「今なら一週間分500円ですので」

 最高のつくり笑いをしながら

「ええ、でも本当にせっかくですけど、けっこうです

「そうでしたか…。貴重なお時間をいただいてありがとうございました。 またカタログのご利用をお待ちしています」

「はい、御苦労さまでした」

 あぁ~あ、私とした事が、とんだ失敗だ。

|

2014年9月 9日 (火)

ご利益じゃないなぁ…

 7日(日)は、早朝4時起きで、信仰の総本山へお参り。

 貸し切りバスだから、乗ってしまえば寝てても連れてってくれるんだけどね。

 3月のお参りは、本山内で暴風雨に見舞われて「この苦行の御利益は来週の寿人の名古屋戦で!」と言ってたところ、見事に2ゴールを見ることができた。(…私の祈りが通じたわけじゃないけど)

 7日の夜は、ナビスコの浦和戦2戦目。

 スカパーでリアルタイムに観るか、お参りに行くか…。

 テレビの前で祈るよりも、総本山で祈る方が やっぱりご利益ありそう。

 寿人ゴールだけじゃなく、今の私には 色んなお願い事があるしね。

 って事で行って来たのです。

 雨が降る予報ではあったけれど、往路のSAでは、傘も不要で観光気分。

 あぁ、こんな事じゃ お願い事ばかり聞いてもらえないよねぇ。

 広い本山の休憩坊から本堂までが遠い。

 車椅子や松葉つえやステッキを利用していた頃を思えば、今はステッキ無しでもある程度は歩ける。

 そんな事にも感謝しつつ、歩く気で居たら末寺のご住職様が特別に車で送迎してくださるとのこと。

 車椅子・松葉つえ時代から、私はこうして特別待遇を受けてきたけれど、今は用心の為にステッキは使うけど、そこそこ歩けるのよねぇ…。

 最初は辞退したけれど、雨が降り出したので お言葉に甘える事に。

 一般の人は通行できない道を走って本堂脇へ。

 あぁ…こんな事じゃ苦行にならないなぁ…。

 …と思った瞬間、突然の土砂降りに!

 そこからは少し歩かなければいけないので、ビニールポンチョを被ってステッキを持つ。

 これこれ^^ これですよ!

 豪雨の中、回り道してトイレに寄ると ゴオォーーーっと、また雨音が酷くなる。

 おぉ~~私に苦行をさせてくれるのね!

 本堂でお参りを済ませると、雨は上がってた。

 足を悪くしてからは、お土産売り場にも行かなかったのに、18年ぶりくらいに、お土産屋さんの通りまで行けちゃった。

 うぅぅ…これじゃ、本当に観光だ。

 さて帰りのバスでは、これまた楽しい「釣りバカ日誌」のDVD観賞。 

 SAに寄る度に降りて、ちょっと買い物。

 これもね、車椅子や杖を使ってた頃は、トイレに行く為の最小限しか降りなかった。

 ありがたい事だなぁ…。

 そして、6時。携帯サイトで試合速報を見る。

 アオちゃんのパスを寿人ボレーは枠外って。

 あぁ~~~せめて枠内に飛ばしてよ~。

 やっぱり観光バス旅行じゃご利益ないよねぇ…。

 何度も速報を見る。

 前半、失点し、ガクト君のゴールで追いつく。

 1-1でもアウェイゴールで、勝ち抜けられる。

 ん~~このまま終われば恩の字か…。

 後半は、寿人交代かなぁ…。

 なんかドキドキしちゃって、速報を見る勇気を失くしちゃった。

 すると夫から「寿人君ゴールで勝ってる」とメールが!!

 慌てて速報を見る。

 「ギシさんシュートのこぼれ球を蹴り込んだ」らしい。

 ん~~ごっつぁんゴール?

 

 でも、2-1じゃ~~ん、文句なしの勝利で勝ち抜けじゃ~~~ん。

 このまま終わって~~~。

 

 末寺に到着し、自分の車に乗り換えて、信号で止まる度に速報を見る。

 結果を見る前に家に着き、ドアを開けると、寿人ゴールのリプレイ映像。

 こぼれ球にすごい反応して、スライディング気味のシュート。

 寿人らしい。

 私が想像してた「ごっつぁんゴール」とは違ってた。

 コウヘイ君が、寿人の頭をぽんぽんし、ギシさんが背中から飛びつき、あ~~なんか良かったなぁ~~~^^

 その後、浦和に1点を許し 2-2だったけど、アウェイゴールで、勝ち抜け。

 準決勝に進みます! よかった~~~!

 夜は、録画を見る体力が残って無くて、やべっちもリビングの隣の和室の布団の中で「広島の事やってるなぁ」と夢うつつで聞いてた。

 起き上がってテレビを見る事はできなかった。

 明日、録画を見ます。

 

 …って事で、私の苦行には、何の威力も無いのがわかりましたねぇ。

 観光してても、寿人はちゃんとゴールするんだから。

|

2014年9月 5日 (金)

今年も^^

 去年の猛暑を思うと、今年は さら~っと夏が過ぎて行ったような感じ。

 短い夏だった。

 起きると、ちょっとだけカーテンを開けて、日中は、ほとんど閉めておくのは毎年の事。

 紫外線防止というよりは、室温を上げない為。

 これ かなり効果あり。

 外出時は、全部閉めて行くと、帰宅した瞬間のムッとした感じが全くないの。

 話を戻します。

 ちょっと涼しくなったので、久々にゆっくり風を感じようとベランダに出て プランターのアイビーをかまっていると…隅っこに ポイっと置いてある植木鉢に小さな双葉が生えているのを発見。

 おぉ~~^^ 出たか~~。

 以前、自分で種撒きしたのを忘れて「謎の発芽!」と騒いだアオギリちゃんの双葉じゃありませんか^^

 今度は はっきり覚えてますとも。

 去年の初冬、いつものようにベランダに訪れた冬の使者から種を5粒とって、空っぽの植木鉢に埋めたの。

 気づくのが遅くて 種子の名残のお帽子をかぶってる芽を見る事はできなかった…。

 あれ とっても可愛かったんだよねぇ。

 5粒のうち2粒だけが発芽。

Img_6101
 

 去年だったかは「こんな小さな鉢(当時はプランターだった)じゃ、樹になれない~」って想像したりしたけど、そこそこしか大きくならずに枯れてしまった。

 さて、今年はどこまで育ってくれるでしょうか?

 年越し3年目のアイビーと、ここちゃんポトスと、アオギリ、秋の空気の中で3つの植物を育みたいと思います。

|

2014年9月 4日 (木)

らしかった☆

 昨日はナビスコ、浦和戦。

 前日の寿人のブログに「久々に散歩に行った」って、わんちゃんの写真がアップされた。

 前日にわんちゃんと散歩って事は…3日の試合は、おうちって事?

 まあ…ネ。

 浦和は、寿人の事 熟知し過ぎてるから、そんな相手じゃゴール奪取も難しいし…と なんとなく納得していたら…夕方届いたメルマガのスタメンには寿人の名前が!

 あらあら、私 早とちり。

 皆川君、代表でお留守だし、直君も怪我してるし、寿人 ここで頑張らないとね。

 なんか入場してくる寿人を見るのは久しぶりな気がする。

 やっぱり こうじゃなくっちゃ。

 そしてキックオフ。

 おぉーーー寿人 すんごく走ってるじゃん!

 なんか全体的に見ても 最近の試合とは別チームみたい。

 以前のサンフレッチェ広島☆だった。

 寿人のシュート! なかなか枠に行かないけど、でも シュートチャンスがあるのが嬉しい。

 そうかと思うと気迫のスライディングでボールを奪ったり、自陣深くまで全力疾走で守備に戻ったり。

 相手選手を背負ってポストプレーしたり。(誰かみたい…ちっちゃくても出来るんだ)

 そして洋次郎君からのパスを受けてシュート!!

 どうやら槙野選手が触ってコースが変わったらしいけど、バーに当たって外へ。

 …あぁ 残念!!

 後半途中で交代したけど、やり切ったよね?

 そして待望のアオちゃん復帰!

 ん~寿人が居るうちに入れて欲しかったよ~。

 0-0で引き分け。

 あ~~寿人のあれが入っていたら…ほんの少し角度が違っていたら、バーに当たってもゴールしてたのになぁ…。

 惜しかった!

 でも久しぶりに楽しい試合だった!

 これから広島は連戦。

 ミズ君、皆川君が居ないけど、アオちゃんも本格的に復帰が期待できるし、寿人も あの調子でいってくれれば、絶好調時の広島に戻れる気がする。

|

2014年9月 2日 (火)

大好きだから

 8月30日(土) 徳島ヴォルティス戦 寿人は最後までベンチだった。

 その前の天皇杯、水戸戦では決勝ゴールを決めたから、そのまま復調かと期待したんだけど…。

 水戸戦の直後には皆川君が新代表に招集。

 実は私、スカパーで浦和戦を見てた時、アギーレ監督が来てると知って

「皆川君 呼ばれちゃったりして~」「呼ばれちゃうかもよ~」と何度も言ってたのです。

 夫は「いくらなんでもそれは…」と笑ってましたが。

 皆川君には迫力がある。

 サッカー無知なので、プレーの質や内容は解らず、全然説得力無いんだけど、迫力だけは私にも感じられた。 

 強い。高い。大きい。 それは体格のせいだけじゃなく。

 それまでの代表チームやJリーグの先入観の無い人には、インパクトがあるだろうな…と思ったのです。

 だから招集を聞いた時も「あ~やっぱりね」だった。

 

 チームでも現在 迷いの中にいるであろう寿人には、今は代表に選ばれるよりもチーム内での自分を復調させる事の方が重要だよね。

 ミーハーファンなりに 色んな事を考えるのよ。

 

 某掲示板では「寿人と皆川のツートップ」を希望する人が けっこういる。

 ありがたいなって思う。

 広島のサッカー通の友達も「寿人と皆川ツートップを!」と言ってくれる。

 私は…実は それも怖い。

 サッカー無知なので、あくまでも感情論だけれど、私の知ってるツートップは、私が寿人ファンになったばかりの頃のウエズレイと寿人。

 あの頃は、大先輩のウエズレイが『寿人を育てよう』としてくれてる感じがした。

 可愛い後輩の寿人がゴールを決めると、ウエズレイは、寿人を抱き上げて喜んでくれてた。

 ツートップって『並び・二人で攻撃』なんだろうけれど、心情的には『協力・手助け』なんじゃないかな。

 ここでもサッカー無知なので、こういう表現しかできないのが もどかしい。

 二人がガーッと攻めてくると守る方は脅威だよね。

 どっちが打ってくるのか!?

 でも攻める方はその時「俺が打つ!」「俺が決める!」と それぞれが思ってちゃダメなんじゃないかな。

 ウエズレイとのツートップの頃は おそらくウエズレイが『ここはヒサが決めろよ』『こっちで引きつけておくから 後は任せたぞ』『さあ、ヒサ チャンスだぞ』って 寿人を盛りたててくれてたんじゃないかな。

 もちろん その逆パターンもあってこそのツートップだったでしょうけれど。

 そういうツートップの経験をしてきた寿人は、盛り立ててくれる相方とはうまくいくけれど「俺が決めるぜ!」な人が相手だと、やりにくいだけじゃないかな。(あくまでも寿人ファン目線)

 皆川君は、内なる闘志を秘めた人だし、代表デビューして まさに旬。

 ここで「俺が決める!」って思わないで「寿人さんどうぞ」だったら、ダメだもんね。

 寿人が気持ちを切り替えて『チームの為に自我を捨てる』覚悟になれば違うかもしれない。

 寿人だって、以前は、自分でも打てるのに リュウ君や航平君に『さあ、決めろよ』ってパスしてくれたりしてたのよね。 

 エースの余裕があったから。

 今はスタメンを奪われる崖っぷちだから、ゴール決める事に必死になるよね。当然だよね。

 寿人が吹っ切れて(エースの座を譲って?) あの頃のウエズレイになって『俺が引きつけておくから、ミナがシュート決めろよ』が基本になっていけば 良いツートップになるんだろうね。

 (もちろん『こぼれ球はいただくよ』もアリで)

 でもまだ寿人には欲も色気もある。

 まだそこまで枯れてない。

 私だって、11年連続二桁ゴールも得点王もゴン越えも諦めてほしくない。

 明日のナビスコ杯は 浦和戦。

 寿人は浦和には研究され尽くしてるし、元監督・元チームメイトが 寿人の癖だってわかってる。

 そんな相手には、データの少ない皆川君の方がゴールできそうな気がする。

 でも徳島戦に寿人を出さなかったのは、ナビスコ浦和戦に備えて…なのかもしれないなと期待もし。

 だったら逆にしてくれればいいのに…とも思い。

 ミーハーでも辛いのよ。

 「寿人頑張れ」って軽々しく言えない。

 どんな形でもいいから輝いていてほしい。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »