« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

第33節 川崎フロンターレ 対 サンフレッチェ広島

【川崎 対 広島】 等々力陸上競技場(スカパー観戦)

 soccer1-1

 soccerゴール…寿人(11ゴール目)

 攻撃には若手三人がスタメンで出場。

 後半途中で、寿人と洋次郎君投入。

 実況と解説の人が「ベテランが入ってから 流れが変わりました」って。 うぴっ。

 そんな中、ゴール前でごちゃごちゃ(…としか表現できなくて)

 誰かのシュートを…と ここまで書いて で、どうなんだっけ? と止まる。

 録画を見直せばいいんだけど、どっちみち正確には書けないと思うので(苦笑)

とにかく、ごちゃごちゃの中で、寿人が触ったような感じでネットは揺れた。

 ゴール直後、寿人がゴール内のボールを抱えてセンターサークルへ走るのは 時々あるシーン。

 寿人のゴールだったのかなぁ…。

 オウンゴールだったような気もするなぁ…。

♪さーとーおー ひぃーさと ららら・らら~ら~♪ も聴こえて来ないから、やっぱり違うのかなぁ。

 でも寿人は『俺決めた』って顔してるしなぁ。

 試合は続き、数分後に「先ほどのゴールはオウンゴールと判定されました」って実況。

あぁ~あ、残念。

 1-1で試合終了。

 川崎の大久保選手と寿人がユニフォーム交換してた。

それ見た瞬間、んぐっと涙がこみ上げちゃった。

大久保選手の先制ゴールに「ふん!」と思った私を許して。

勝手に天敵扱いしててごめんなさい。

 寿人は、裏返しになった彼のユニフォームをそのまま着てた。(多分、べちゃべちゃで表に返せなかったんでしょう)

 大久保選手は、寿人のユニフォームを肩にかけてた。(多分、べちゃべちゃで着る事ができなかったんでしょう)

 さて、夫が帰宅して「寿人ゴールしたらしいね」と。

「ううん、オウンだったはず」と言ってから、ネットで確認したところ あらま、寿人ゴールに訂正されてた。

 この時刻になっても ちゃんと寿人のゴールになってるから、これで間違いないでしょう。

 あ~良かった^^

 前節終了時点で、地元紙には、ゴールランキングに寿人の名前も載ったけど、日経新聞には11ゴールの人までしか載ってなかった。

 得点王は無理だとしても(ハットトリック2回すれば、そして大久保選手が停滞してれば、一躍トップになれるけど)ランキングに名前を残しておきたいじゃん。

 ホーム最終戦、どうかどうか、寿人らしいゴールを決めさせてください!

|

2014年11月27日 (木)

初舞台?

 正確に言うと、朗読教室の発表会で、以前舞台に立った事はあります。

今日は久しぶりだったし、「言の葉ひろば」では初めての出前講座出演。

 えびす学級という、地元のご年配の皆さんの生涯学習的な会。

 お客さんが目の前にいらして、反応がよく分かる。

 皆さんが終始笑顔で居てくださるのし、ちょっとした事で笑い声があがるし。

 お陰でリラックスして演じる事ができた。

 一つ間違うと「おばちゃん達の学芸会」になりかねないんだけれど、代表(朗読教室の先生でもある)が、皆さんに 発声法や腹式呼吸などを指導するコーナーで、一気に格式が上がる。

 90分の講座を終えて、出口で皆さんをお見送り。

皆さんが笑顔で声をかけてくださって安心する。

 観劇の後、出演者に見送られる経験はあるけれど、送る側に立つのは初めて。

もっともっと練習してクオリティを高めなきゃね。

 良い経験をさせていただけました☆

|

2014年11月26日 (水)

「ほっそりしてる」 驚!

 昨日、マンション1階で お隣のHさんとバッタリ会った。

「久しぶり~~」

「隣なのに、全然会わないよねぇ」

エレベーターに一緒に乗り込みながら 彼女が

「花桃さん、いいなぁ~ ほっそりして」

 え?

 空耳かと思ったわよ。

 でも確かに聴こえた…ほっそりして。

念のために「ほっそり? 私?」と尋ねた。

「そう! 私なんて どんどん太っちゃって…」とHさん。

 私の服装は黒い直線的なシルエットのジャンバースカートに、薄手の黒いダウンコート。

確かに、ウエストのはみ肉は見えていない。

 そこで私は語りましたよ。

「全然、ほっそりなんかしてないんだってば~!!」

 ステロイドの副作用のムーンフェイスが治まってきてるので、顔だけ見ると痩せたように感じるけれど、体の方はすごいんだって事を。

 土曜日のクラス会でも久しぶりに会ったT(女子)から「ゆう 可愛い~!」と言われ 気を良くしてたら、続けて「でも この辺りがぷよぷよしてるのも よくわかる~~」と お腹(スカートのウエストの上)を押さえられた(笑)

 先日、掲示板で「一日一回だけでも我慢する」と書いてはみた。

 その後、一日一回は怪しいけれど「これ食べちゃダメだよねぇ…うん!食べない!」って、寝る前に数回我慢しました。

 ちょっとした意識なんだなぁ…と実感してるとこです。

 効果の程は まだ…。

我慢した夜は「なんかひもじい…寝るしかないわ」と しょぼくれて布団にはりいます。

|

2014年11月24日 (月)

うぎゃぁーーー

22日(土)ヴァンフォーレ甲府戦

0-2 広島勝てず…

 近頃 寿人が復調して試合の日が楽しみだった。

 土曜日も「今日はどんなゴールしてくれるかな。ゴール無くても、どんなプレーを魅せてくれるかな♪」とワクワクしながらテレビの前に。

 前半、カズさんがPAエリア内に飛びこんで倒されてPKゲット。

「誰が蹴る?」

「寿人がボールを抱えたか?」

 夫と私とワクワク半分(私は心配が少々大きい)で盛り上がるも、ボールの映像が出ない。

 もう私は息苦しくなり、吐きたいような気分。

 やっとカメラが動いた時には もう寿人がボールをセットしてた!

 ひやぁーーーーーーーーー! 

 それだけ確認したら、あとはもう目をぎゅっと瞑って、両手を組み合わせて胸の前で握りしめ祈る!

 今季のいつぞや(もう忘れてる)のPKを外した時、後で 小春ちゃんから『きっと大丈夫と思って念を送るの忘れてた』と、先日のナビスコのPKでは『絶対大丈夫だからね!』と念じたと聞いた。

 なるほどそうだ!

 私もそう言われてみると いつぞやの時は 最近ずっと決めてるから、きっと大丈夫~って感じで、以前みたいに悲壮感いっぱいで祈ってなかった。

 そしてナビスコ決勝の時は「ここで外したら もう立ち直れないよ…」って思うから必死だった。

 夫が「何も考えずに真っすぐ蹴れ!」と言うのを聞きながら私は祈る。

 ミーハーファンの何の力も無い祈りだけれど、それも100人集まれば エネルギーの一粒くらいにはなってるよね。

 そんなつもりだったのに…そんな事を考えてたし、今季2度も外す事は無いでしょう…って、ちょっぴり思ってた。

 夫の「うぎゃーーーーっ!」で目を開ける。

 すぐにリプレイが流れて ボールはこの前と同じ寿人から見て右側で、ポストを叩き、跳ね返ったものはゴールにおさまらなかった。

 あぁ…これが決まる時は跳ね返って反対側にバスンっと刺さるんだよね…。

 あぁぁぁぁぁ…。

 寿人ぉ~~~またやっちゃったよ~~~~。

 自分が一番落ち込んでるのに「寿人 気持ちを切り替えて! 今の分 流れからのゴールで挽回しないと!」と叫ぶ。

 直後に相手にもPKが与えられ…あっちはゴール。

 あぁ、これで負けたら寿人のせいって言われる~~~。

 名誉挽回のチャンスもないまま交代。

 そして2点目を決められた。

 あぁ~~~寿人があれを決めてたら、試合の流れは全然違ってたかも…きっと違ってた。

 カズさんから貰ったPKだったのに…。

 無冠が決定した今季、残りの楽しみは寿人のゴールがどれだけ伸びるか…なのに。

色んな思いが込み上げてくる。

 実は土曜日は高校のクラス会。

こんな事もあろうかと思って「限りなく出席に近いけれど、保留にしといて」と 例のごとく我が儘をお願いしてあった。

 ところが金曜日に「ゆうが来るなら行く」と友達がメールをくれて「じゃ行くわ!」と幹事に返事してしまったのよ…。

 うぁ~ん、こんな気持ちでクラス会なんて…。

 6時近くなるともう暗くて、そんな中 名古屋まで出掛けるなんて…。

 はぁ…。

 ため息をつきながら出発。

 でも、車・JR・地下鉄と乗り継いでいるうちに、転ばないように集中してて、先ほどの落ち込みを忘れてた。

 クラス会は、ここんとこ他クラスの男子が続々と参加するようになって、新顔が入ると昔話もまた別の展開があり「うっそ~」「そんな風だったの~~~」と盛り上がり、やっぱり寿人の事は忘れてた。

 

 結果的にはクラス会に行って良かったわ。

あれで欠席してたら、夕方からずっと落ち込んでたもん。

残り2試合。ハットトリック2回すれば(大久保選手や豊田選手が停滞したままってのが前提)一躍 得点王だからね!(大飛躍)

 それよりも何よりも、ナビスコ決勝で決めて『PKミスのトラウマ』は消滅したと思ったのに、このまま終わったら、来季まで引きずらなくちゃいけないよ(私だけかな?)

 次節は川崎戦。

 大久保選手のゴールは見たくないよーーー!

 チームの皆さん、どうかこれに懲りず、また寿人にPK蹴らせてやってくださいませ!

…と言いつつ、ん~自分でとったPKならいいけど、他の人がとったのなら、もうその人に蹴ってもらやぁ…とも思うのでした。

 でもゴール数は伸ばしたい。

 あぁ、どうしたらいいの…と私が悩むとこじゃない。

 

|

2014年11月21日 (金)

久々にパジャマを捨てた~

 パジャマのズボンのゴムが伸びて来たので、入れ替えようとしてびっくり。

 ウエスト部分が擦り切れて 伸びたゴムがほとんど透けて見えてる!

 普段は全然見えて無かった。

 針仕事をする為に老眼鏡をかけて初めて気づく。

 これはもうゴムを入れ替えるレベルでは無いわ。

 そもそもこのパジャマ、33歳の入院の時、母が買って来てくれたもの。

 ピンク地に白いドットの木綿のパジャマ。

 よく着たわ…。

 数年間は『入院用』としてたけど、少々くたびれて来てからは、家で着るように。

長袖のそれは、エアコンで冷やしたくない私には夏用のパジャマとして大活躍。

 ちっとも傷まないなぁ…と思ってたけど、22年間も着れば擦り切れもするでしょう。

今まで気づかずに着てた事がすごいわ。

 トップの方はどこも擦り切れてないけど、ここはもう一緒に処分しましょう!

 …と言ってもすぐには捨てませんよ。

小さく切って、台所の油汚れを拭き取って捨てます。

|

2014年11月19日 (水)

我慢をしなくては!

 久々にこのカテゴリーで書くような気がする…。

 そこそこ肥っている事に慣れてしまった上に、ステロイドのムーンフェイスが治まって来た事で、久しぶりに会う人には「痩せた?」と言われるようになり、危機感が薄れてしまってた。

 でも体重はじわじわと増え続けてる。

 08年の最高52.5キロには まだ届かないけれど、着られなくなった服が現実を教えてくれる。

 ちょっと無理してはいていたスカートが 本当にはけなくなったし、大好きだった服が似合わなくなった。

 かつてのベスト体重は43キロくらい。(身長147センチなので)

 中年になったので、45キロでもいいかなと甘い基準になったけれど、もう7年近く、その基準から大きく離れている。

 ここ数年は、46~48キロ。

 入院して1400㌔カロリーの食事を続けると いい感じに痩せるんだけど、退院するとすぐ戻る。

 で、48キロを超えると「これはまずい」と思う。

 ところが、気づけば、そのハードルが49キロになってしまってた。

 少し前に48キロを超えた時は「こりゃいけない!」って思ったはずなのに、その後 特別な努力もせず、48.5になり、48.8になり…たまに48.3になると「ああ、良かった」と安心してしまう始末。

 それがとうとう49キロを超え、たまに48.9になると「ああ、良かった」とまたまた安心してしまう。

 「良かった」じゃないのよ!!

 で、近頃はやけにお腹が減る。

 夫と同じ量の朝食を食べて、夫を送り出した後、朝刊を読みながら、ちょっとお菓子を食べる。

「これがいけないんだよねぇ」と思いながら…食べる。

 夕食後、ちょっと甘いものが欲しくなって「これがいけないんだよねぇ」と思いながら…食べる。

 入浴後、アイスクリームを「寝る前なんて絶対にいけないんだよねぇ」と思いながら…食べる。

 「いけないんだよね」と思って止めたためしが無い。

それで一日の摂取カロリーが2000を超える日が続く。

 せめて、一日一回だけでも「いけないんだよね」と思ったら我慢してみよう。

 まずは一日一回だけでいいから…。

 

 私、絶対にできない目標は立てないのよね。

本当はここで「余計な物は食べない!!」って決意すべきなのに。

|

2014年11月17日 (月)

お・ね・が・い♥

 2014年 世界中のサッカーの試合で生れたゴールの最優秀賞を決める為の候補10ゴールに寿人のゴールがノミネートされました。

http://www.fifa.com/ballon-dor/puskas-award/index.html

 投票は英語が読めなくてもできるので、興味のある方はサイトをご覧になって投票してください。

 興味の無い方も、できれば…どうかどうか投票してください!

 12月初旬に(定かじゃない)10ゴールの中から3つが選ばれ、最優秀ゴールは、来年1月に表彰されるようです。

 ノミネートの10ゴールの映像を見ると「すっごーーーーい♪」ってのから「なんでこれが?」ってのもあり。

 サッカーを見る目の無い私には そのすごさが分からないんでしょうね。

 今季、かなり注目されたトビウオみたいなゴールもノミネートされてるから、インパクトはそっちが上かなぁ。

 3位までに選ばれたら サッカー界の歴史にまた寿人の名前が刻まれるのよねぇ。

選ばれてほしいなぁ。

 さてさて、ヒサ婆には、新たな心配が(笑)

この先、寿人がこの賞についてのインタビューを受けると想定して

「FIFA プスカシュ賞」って 言えるかなぁ~。

「ふぃは ぷしゅ…ぷすかっしゅ…ぷすかしゅそー」ってなりそう。

『新人歌手総出演新春シャンソンショー』がよどみなく言える私でも、ちょっと練習しないと言えませんでした。

 まあ、寿人の場合『噛む寿人』が広島サポーターさん達に愛されているので

「ふぃふぁ ぷしゅか…ぷすかっしゅ…ぷすかしゅそー」と期待通りに噛んで 皆を喜ばせるってのもアリですが。

 逆にすんなり「フィファ プスカシュしょう」と言ってしまったら『こんなの寿人じゃない…』って落胆させちゃうかもね~。

 ちなみに『新人歌手総出演…』が得意だと威張った私ですが、今日の朗読教室では、間近に迫った出張講座の早口言葉朗読劇の練習で 噛む…とちる…。

『イライラするから笑われ、照れるからからかわれ、だらだらするから侮られる』

『特許許可局、農商務省特許局、日本銀行国庫局』

 残り一週間ちょっと…家で特訓しないと!

|

2014年11月15日 (土)

いい事あるかなぁ~?

 先日、スーパーで「3個○○円(いくらか忘れた)」で、ピノが売られてるのを見つけて購入した。

 普通のを1個と栗を2個。

 初めて食べる栗の箱を開けてみると、1個の形状がなんか違う。

「栗だけ こういうのが入ってるのかなぁ」と思いつつ、そういうのは最後に残しておきたいので、手をつけず半分食べてから、ハッとする。

 これは特別なピノなんじゃないか?!

Img_6692

 眉毛のついたコアラのマーチと同じなんじゃないか?

 試しに、もう一つの箱を開けてみたら、全部 丸い形。

 あぁ~やっぱりぃ~☆

 でも念を入れて、普通の箱も開けてみたら、やっぱり全部丸い。

 おぉ~~~! じゃあこれはやっぱり特別なやつなんだ~。

 こういうのに遭遇した事がないのよ。

 なんか良い事あるかなぁ~♪

|

2014年11月12日 (水)

母のビューティ講座

 昨日、内科定期診察を終えて母のホームへ行くと、ちょうど『ビューティ講座』が始まるところだった。

 なんと毎月やってたんだって。

 もちろん母からそんな話は一度も聞いたことありませ~ん(笑)

 資○堂から、揃いのショッキングピンクのTシャツを着た美容部員さん(と、昔は言ってたけど、今はきっと違うよね)が3人みえて、明るくご挨拶。

 テーブルの上には、利用者それぞれに卓上鏡とケープとヘアバンド。

 もこもこふわふわのデザインの不織布のヘアバンドを着けると 皆さん、とっても可愛らしい。

 美容部員さんは、こういう施設訪問が専門なんでしょう。

「では~ こうして~ ほっぺは、まぁ~るく まぁ~るく ぽんぽんぽん♪」と リーダーが見本を見せると、他の二人も声を合わせて「まぁ~るく まぁ~るく ぽんぽんぽん♪」

 と~っても賑やかで華やかな雰囲気。

 マッサージクリーム(なのかな?)で、それぞれが顔をマッサージするだけで、肌がぴかぴか。

 うっすら色のついたクリーム(ファンデーションなのかなぁ)を 歌声に合わせて塗り、今度はパフを使って白粉をはたく。

 次に頬紅。眉も描く。

 何をするにも一回ずつ「今から ○○をお渡ししま~す」と 一人ずつの手に化粧品を載せてくれる。

 私は母の右側に座って ひたすらノートテイク。

 …母は残念ながら、ノートテイクについていけず、お手本の見よう見まね(かなり間違う)だったり、自分の好きなように…だったなぁ。

 アイシャドウは無しで、最後に「では~ 秋色の口紅をのせていきま~す」と、チップを渡された。

 綺麗な色の口紅を塗ると、顔がぱっと明るくなる。

 鏡を見て嬉しいかなと思ったけど、母にさほどの反応は無かった。

もうね、途中から飽きてるのがみえみえ。

「私は美人だから化粧なんかしなくてもいいでーす」と 普通なら冗談なんだけど、なんだかとっても憎らしい口調で言うし(苦笑)

 でも、私が見ても、母は綺麗にお化粧できてた。

 仲良しのEさんも隣に座って、元々 チャーミングなお顔をされてるのが、お化粧したら、さらに際立って、想像通り すっごく美人だった!

 他の利用者さんは、しわが深すぎるからなのか、あまり変わり映えしない人も。

 Eさんは、普段もしっかりしてるように見えるんだけど、ビューティ講座の間は、職員さんが付きっきりで「Eさん 眉毛はここよ」と声をかけてたから、やっぱり相応の症状なんでしょう。

 ちなみに 私が行く度に 母が「私の一人娘なの!」と紹介し、続いて私に「このおばさんだけが お母さんの友達。他の人とはつきあいたいと思わないけど、このおばさんだけは仲良し」と 他の人にも聴こえる声で言う(汗)

 するとEさんは「まぁ~! ほんと~! 娘さんなの~。よろしくね~」と笑顔になる。

 Eさんの手を握って「母がいつもお世話になります」と挨拶していると、次に母は「婿さんがいい人でねぇ。男前で頭が良くてねぇ」とある事無い事を言いまくる。

 それに対してEさんは「婿さん? あら 結婚してみえるの? 良かったわねぇ~」

「はい、ありがとうございます」と私。

 これ、毎回繰り返される一連のご挨拶。

 

 メイクが仕上がると、最後に写真撮影。

 ちゃんと季節に合わせた背景用の大きなイラストが用意されていて、その前に一人ずつが座ってデジカメで撮ってくれる。

 今回は紅葉の背景に、紅葉のブーケを持って。

 春と夏にもあったんだねぇ…。

 

|

2014年11月10日 (月)

ナビスコ決勝戦

 8日(土)ナビスコ決勝は、「言の葉ひろば」の出張講座の通し稽古と見事に時間が重なり、現地観戦どころか、せっかくの地上波放送も見られない。

 出掛ける前に夫に「寿人がゴールした時と、試合結果…誰がゴールしたかをメールで知らせてほしい」とお願いしておいた。

 携帯速報を遡って見るよりも、私の知りたい事をピンポイントで知る最善の方法。

 「言の葉ひろば」の練習開始直前、人待ち時間に ちょっと携帯を見てみたら夫からのメールが!!

 この時間帯の夫メールは すなわち「寿人ゴール」なわけで、急いで開く。

『寿人PKゴールで先制です!』

 きゃぁーーーーー!! やったぁーーーーー!!

 この前のPK失敗もトラウマにならずに今季を終えられるわ。

 チームメイトも懲りずに蹴らせてくれたんだ~^^

 「言の葉ひろば」の通し稽古が終わり、乗り合わせの車から、自分の車に乗り換えてスーパーに寄り、やっと携帯を見たのが4時過ぎ。

 夫からのメールは最初のを入れて4通…って事は 寿人ゴールがもう2回あったって事だ!

 こんな時、勝負を楽しむ人なら、メールの着信順に見るんでしょうけど、私はとにかくまず結果を知りたい!

 で、最後のを見たら『3対2で逆転負けでした。寿人は良い動きで頑張ってたよ』と。

あぁ…そうだったか。

 落ち着いて順番にメールを見たら、2通目はもちろん『寿人2点目ゴールです!』

3通目にご丁寧に『ガンバ1点返して2対1で前半終了』って。

 この時は 夫もまだ勝てると思ってたんでしょうね。

 その後の追加点については、報告無かったから(笑

 帰宅後、夫が「2-1で勝ったら、寿人がMVPだったのに」と。

 あ~~そうだよねぇ。

2ゴールした時は、寿人も「MVPの挨拶、何を言おうかなぁ~」って考えたかも。

私がリアルタイムで見る事ができてたら、絶対に考えたわ(苦笑)

 夜は「すぽると」で優勝チームがとりあげられる。

 ここに広島のメンバーが居たかもしれなかったのに…。

 残念だ…。 本当に残念で仕方ない。

 寿人はナビスコゴールの歴代トップになった。

また一つ、日本サッカー界に名前を刻んだ。

でも本人は「優勝できなかったから、自分の記録もさほど嬉しくない」的なコメント。

これぞ寿人☆

|

2014年11月 7日 (金)

ご心配かけてたようです

 ここんとこブログの更新が滞っていました。

 3人の友達から「体調不良」も心配されたので、今日は書きます~。

 作文アレルギーです。

 個人宛のメールなら、いくらでも書けるのに、色んな人が見る…となると構えてしまって。

 せっかくの楽しい話題があっても 上手く書けなくて…だったら、無理して書かなくてもいいかぁ~と思ってサボってました。

 ここ一週間の私は…

「言の葉ひろば」の全体練習が楽しく、役員会が充実。

 広島へ日帰りで試合観戦。

 寿人のゴールは無かったけど、監督と寿人が肩を抱き合って喜ぶ姿に涙。

 Oちゃんが年賀はがきを届けに来てくれて、いつものおしゃべりタイム。

 愚痴はもちろん、私の嬉しかった事や自慢話を「よかったね~^^」と聞いてくれる人がいる幸せを実感。

 母のホームへ。

 「ゆうこが いつも来てくれるから、お母さんは幸せ」「ゆうこが居てくれて幸せ」と何度も言う。

 ちょっと前まで「ゆうこに監視されてるみたい!」「有難迷惑!」と言われて泣いて帰った日々もあったけれど、本来の母と私に戻れたようです。

 早乙女太一公演では、大興奮。

彼はやっぱり魅力的だし、才能あるし、一生懸命やってるわ。

そして女形の時にいつも感じる「不思議」

あれは、男性が演じるから魅力的なのよねぇ…。

 公演ついでに、名古屋駅のデパートを見るつもりだったけど、駅からの移動中の人混みですでに疲労。

 大勢の人の中を縫って歩くのって難しい…汗。

 またぼちぼち更新いたしますので、花桃日記を忘れないでくださいね~。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »