« 母の変化 | トップページ | 不肖の弟子 »

2015年1月 8日 (木)

せっかく…

 先日の内科定期診察。 咳ぜんそくの経過診察で、呼吸器科も受診した。

 実は呼吸器科で処方された吸入剤の副作用に「クッシング症候群が現れる事もある」とあるのに気づき、近頃は使うのがためらわれた。

 と言うのも、20年くらい前、リンデロンを服用中、そんな症状があり、異様な肥り方をしたんです。

 そう言えば、11月から、食べる量はさほど変わって無い(少なくはないです…汗)のに、体重がずんずん増加してる。 体幹部はいつも熱いし(暑い)

 これはクッシング症候群に違いない!  と 素人の私は思ったわけですよ。

 呼吸器のドクターは「体内に吸収される率は、SLEで使用中のステロイドの何千分の一なので、文献にはそう書いてあっても、クッシング症候群を発症する心配は無いですよ」とおっしゃるけど…。

 肥る原因をソレに決めつけた私は「でも~」と。

 で、もっとゆるいのに替えてくれました…実は私はもう服用しないつもりで居たんだけど、一年は続けないといけないんだって!

 そこはしぶしぶ承知して、内科へ。

 懸案だったプログラフは晴れて止める事になりましたが、そんな日に限って 尿たんぱくが+2。

「これは 気に入らんな」 出ました! W先生の『黄色シグナル点滅』

「朝のステロイドを2錠に増やすか?」 うぅぅ…3秒ほど拒否の姿勢を見せて「はい!増やします!」

 ちょっと変だなと思って、自分で増やすのは しょっちゅうやってるのに、ドクターに言われて増やすのはなんだか嫌だなぁ~って思っちゃうのよね。

 減らすのにドクターの指示が必要だからかな。 自分で増やしたのは、すぐに自分で減らせるから。…そもそも そんな自己判断はダメなんでしょうけど。

 久々に会ったT嬢が「痩せた?」 「ううん! 肥ったよ~!」 「でも顔がスッキリしてるよ」だったのに、またムーンフェイス復活かなぁ。

 2錠くらいは、どうって事ないと思うんだけど。

 『吸入剤で肥る』根拠の無い思い込みもまだ残ってるし…。

 本気で食べる物を(おやつを!)減らしていかないといけないのよね。

それが最も正しく安全な痩せる手段…分かってるんだけどさ~。

|

« 母の変化 | トップページ | 不肖の弟子 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事