« 両親の愛に感謝する日 | トップページ | 第一節 広島 対 甲府 »

2015年3月 6日 (金)

ご報告

 1月に 母の入所してるグループホームから「検査を受けて」と言われて、K市民病院へ連れて行った事を書いた。

 その後、個人的なメールなどで数人の友達には 検査のその後(結果ではない)などを報告してたんだけど、昨日 別の友達から「あれからどうなったのかなと思って ずっと気にしてた」と言われてびっくり。

 ほんとだった~~~!

 私の不注意で転倒させて母の腰が痛くなり、グループホーム専属医師から検査を勧められて大騒ぎしたのに、その結果を ここで報告してませんでした。 ごめんなさい!

 CTの画像を当日 病院から持ちかえってホームに届け、後日、ホームの医師が見てくれたはずだけれど、私には特に何も報告が無かったの。

 そもそも検査に連れて行く時 施設長さんが「検査受けたからって 痛みが無くなるわけじゃないんだけど…」と申し訳なさそうに言ったのよね。

 その時、ちらっと思ったのは『娘の家に泊まった時に転倒した』事を別の何かで証拠に残しておいた方が良いと医師は判断したんじゃないか…って事。

 この先、母の腰骨に異常が出た時 ホームで何かあったんじゃなく、外泊時の転倒が原因って言えるように。

 それは預かる者としては当然の防衛策。

 で、もし緊急に対応しなければいけない状況だと判明すれば、すぐに私にまた何か話があったはず。

 それが無いのは『ひびが入ってるけど温存できる範囲』くらいだったのかなと。

 近頃、母は腰が痛いと言わなくなったし。

 と言うわけで、緊急に手術が必要とかではありませんでした。

 ただ、私の中で 次は歩行器を検討しています。

 歩くのが怖くなって歩かなくなったら、母の脚力はどんどん衰えちゃうからね。

歩行器につかまれば転倒の恐れは無くなるから、ちょっとは歩く気になるかも。

 …ただ 母がそれを使う気になるか?

 もしくは使いこなせるか?

|

« 両親の愛に感謝する日 | トップページ | 第一節 広島 対 甲府 »

母の老い」カテゴリの記事