« 「さよなら」も言わずに あの人は去った… | トップページ | ここちゃんと「神経衰弱」 »

2015年4月 8日 (水)

二度目のインフルエンザ

 今季 二度目のインフルエンザやっておりました~。

 先々週の木曜日、二時間 濃密に接触した子どもが その日 39度の熱があったこと、翌日 インフルエンザと診断された事を聞き、風邪薬を服用して毎晩 早寝をしていた。

 一週間過ぎたので『もう感染は無いな』と思った先週木曜日の夜中…体がぼか~っとしてしんどい。

 検温したら37.9度。(私の冬季の平熱は35度台)

 金曜日、タクシーで病院へ。

 主治医の診察日では無いので、別の若いドクターに 症状や熱の記録を見せて「インフルエンザの検査してください」

「2月にやってるから、まず大丈夫だと思いますよ~」

「でも、この発熱の仕方は それっぽいんで」

「今朝は熱も下がってますよね。 そんなにぐったりしてないし」 (朝の検温は36.9度)

 ふふふ…初対面のドクター、私が『病院へ来るとしっかりしちゃう』事や 我慢強い事を知らないもんね。

 待合室では 真っすぐ座ってられない程だったわよ。(それでも一人で受診する)

 感染者と濃密接触があった事も話して「とにかく検査を」

 そして見事に「インフルエンザでしたねぇ~ 2月はA型でしたが、今度はB型です」

タミフルを処方されて、ひたすら寝た。

 昨日は 内科の定期診察。

 待ち合い室を覗いてくれたR子先生が「続けて2回もやるって…やっぱりステロイドホルモン剤の影響もあるんでしょうねぇ」

 主治医のW先生は「可哀想になぁ」

 咳喘息でかかっている呼吸器科のF先生は「えーー! 二度もーー!?」と のけぞる。

 昨日は 車も運転して行った、そこそこ回復してたので(ノーメイクだけど) どの先生も ちょっと笑いながら。

 当の私も こんなに簡単に感染する弱っちさに笑えてくるわ。

|

« 「さよなら」も言わずに あの人は去った… | トップページ | ここちゃんと「神経衰弱」 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事