« 両親がくれた名前 | トップページ | おすくりここちゃん♡ »

2015年10月28日 (水)

老化のせい…だけかな

 老眼がどんどん進み、老眼鏡を何度も買い替えた。

 この数ヶ月は、目を使う作業をし終わって立ち上がると くら~っとするほど。

『これは合わない老眼鏡で目に無理をさせてるのがいけないんだ』と 老眼鏡を買い替えた。

 新しい老眼鏡をつけると、それまで見てた文字が大きく見える! もちろん鮮明さもアップ。

 化粧をする時、それまで気付かなかった毛穴まで見えちゃう…って事は、それまで こういう肌をさらしてたんだ…汗。

 これで一件落着と思ってたんだけど…。

 今まで、手元が見難かったのが、どうやらそれだけじゃないと気付く。

 母もそうだったから乱視も酷くなってるのかなぁ。

 そもそも手元用の老眼鏡を着けて歩く事はできないんだけど、近頃は 裸眼で歩く時、なんだかふらふらする。

 疲れてる時は それが顕著で『後ろへ倒れる』ような気がして、どこかにつかまりたくなるし、スーパーで買い物中に『あ、足を踏み出したら倒れる!』と感じて、その場に立ち止まる事もたびたび。

 私の場合『倒れる』のを回避する為に『しゃがむ』って事ができないから、立ち止まるのが精いっぱいの防御。

 先日、信仰してる宗教の総本山へ参詣に行った。

 普段よりは長い距離を歩くし、慣れない場所だから当然 杖使用。

 以前は、股関節を守る為や 痛みを軽減する為に使用した杖だけれど、この頃は まさに『転ばぬ先の杖』

 しっかりと杖をついて一歩一歩確かめながら歩く。

 それでも倒れそうな気がして、とうとうお仲間に「手を引いてください」とお願いした。

 末寺から一緒にバスで参詣する若いお嬢さんだったり、お姉さまだったり、お兄さまにまで。

 杖と人の手で『倒れる不安』は解消されるけど、感覚が変なのは消えない。

 地面からの距離がやたらと近く感じる。

 身長147センチの私は、普通の大人よりも地面は近いんだけど、50センチくらいに感じる事がある。(犬か?)

 転んで骨折しないように、とにかく慎重に慎重に歩くしかない。

 気持ちの良い季節なのに、なんだかなぁ…。

|

« 両親がくれた名前 | トップページ | おすくりここちゃん♡ »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事