« ここちゃんとの休日♡ | トップページ | もう揺れないで »

2016年4月 8日 (金)

「お医者さんに褒められた」・・・と 日記には書いておこう

↑タイトルを見て 某CMを思い出すのは、50歳以上の人かなぁ~^^
 ずっと体がしんどくて、年明けてからは異常な疲労感があった。
月に一度の内科の定期診察で訴えて、2月にいつもより念入りな血液検査。
その日のうちに8割方の結果が出、異常値はいっぱいあるものの他の結果とも加味して『花桃さん的には問題なし』と。
 抗核抗体だけが外部検査に出すので結果を知るのは次の診察時。
 
 3月に入って『異常な疲労感』は『私的にはよくある疲労感』まで回復してた(笑
 そしたら、先日の定期診察で 一か月前の抗核抗体値を見て W先生が「う~ん」
ここ一年くらいの変化を遡って「う~~~ん」
「花桃さんには、特別なセンサーがついてるんだなぁ。花桃さんが何か訴える時は 必ず異変が起きてる。他の患者さんは、検査して異常が見つかっても 本人は無自覚って事が多いけど、花桃さんは、こっちが気づかされる。どこにそういうセンサーがあるんだろうなぁ」
 正確には、私は小さな異変でも いちいち主治医に報告してて 主治医の対応は①「大丈夫」②「ちょっと様子を見よう」③「検査してみよう」
③を実施した結果「ここは異常値だけど、これこれしかじかで仕方ない。花桃さん的には問題なし」と言われて、実際 その後 なんともなかったって事も多い。
 で、たまに③の結果「これはまずい」って事があっただけ。
 花桃センサーが百発百中って事ではないんだけどね。
 でも W先生が「特別なセンサー」と称賛(なのか?)してくれたので、褒められたと思う事にします。
 で、「プレドニン増やしてください」と提案。
 同病の患者は プレドニン増量には神経質になる人が多い。
自分から「増やす」と言う患者は、ドクターは余計な気を遣わなくていいから、そこは優良患者かなぁ~と 自画自賛。
 これから紫外線も強くなり、気温も湿度も上がる。 私の苦手な季節到来。
日常生活で逃れられるストレスは意識して外していくしかない。
 好きな事だけは ちょっと(ちょっとだけです)無理してでもやる🎵
逃れられないストレスを乗り越えるためには、それくらいのご褒美はあってもいいよね。

|

« ここちゃんとの休日♡ | トップページ | もう揺れないで »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事