« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

贈る花

Img_1052_2

 「声の広報」のお姉さまがおひとり、今期でお辞めになった。
そのお別れ食事会で 恒例の花を贈ることに。
 今回は私が その花を買ってくる役目。
去年、お辞めになる人に送った花束は、超お値打ちだった。
私は その食事会に参加できなかったので、後でお支払いしたんだけど「こんなに安くていいの?」って金額。
 それを踏まえて、今回の花をあまり高価にするわけにはいかない。
 で、考えたのが、花材だけ買って 私がアレンジすれば安くできるじゃん!
 
 家にあるオアシス、リボン、花器代わりの容器、柄ラッピング紙、透明セロファン、すべて準備を整えて、いざ当日 花を買いに行く。
 
 涼やかな声が魅力的なお姉さまのイメージは高貴な紫。
 紫のトルコキキョウは外せない。
 そこに薄紫のバラと、淡い黄色のミニカーネーション、ヒペリカムをアクセントに。
 その頃、我が家のプランターのアイビーが しょぼくれてたので、テッセンの蔓も購入。
しめて税込みで1728円。
 うふふ^^
 茶色のリボン、メッセージカードを飾り付け、満足な出来栄え。

Img_1064

 出来合いのアレンジフラワー、これくらいの花の量だったら、3800円はするはず! と自画自賛。
 お姉さまはもちろん喜んでくれたし、他のメンバーも「こんなのもらえるなら、花桃さんがいるうちに、私 辞めるわ!」と 変な張り切り方をしてくれました~^^
 アレンジフラワーをプレゼントする時、私は出来合いのものは買わず、懇意にしてる店員さんに「この色のイメージで、この花を使って、こんな感じに」と細かく伝え、主な花も選んで、後は店員さんに任せて作ってもらう。
 今回は、全部自分。
 楽しかった!

|

2016年5月23日 (月)

復活☆

 『観葉植物も枯らす』と自覚している私が、珍しく何年も年越ししているアイビー。
 冬の間に 葉っぱがどんどん固くなり、色も暗くなる。
 でも春になると ちゃぁんと新しい葉っぱが芽吹いてくるの。
 3月くらい、まだ外気は寒いんだけど、ベランダのアイビーの新芽を見ると 嬉しくなった。
 …ところが、今年は その3月になっても、固い暗い姿に変化が無い。
仮死状態なのか、もしくは いよいよ寿命なのかなぁ…と。
 そのうち、茎に黒いぶつぶつが付き始めた。 私は このブツブツに限らず、細かいものがビッシリ並ぶ様に鳥肌が立ってしまう(こういう人 けっこう居るんだね)
 この黒いぶつぶつは初めてじゃない。 虫の卵か病気だと私は思ってる。
 で、こういう時は思い切って ザクザクと切る!
 ぶつぶつがついてる茎は 根元ぎりぎりまで切って捨てる! 気持ち悪いとか鳥肌立つとか言ってられない。必死で切る。
 
 そして…3月末には、可哀相なくらいみすぼらしいプランターになってしまった。
もう無理だなぁ…。 新芽が出そうな雰囲気無いし。
 4月になっても みすぼらしいまま。
 5月上旬、周りは新緑が眩しい季節なのに、うちのプランターは…。 
 もう新しい株を買って来て植え替えようかな…。
 と、思ってたら…なんと またも復活してくれました~~~!
 小さなつやつやの黄緑色の葉っぱを見つけた時は「おぉ~~~~!」
最初のうちは、そのつやつやの葉っぱも縮れていて 末期症状なのかと思ってたら、どんどん普通の葉っぱも出始めた。

Img_1077_2

 思い切ってザクザクして良かった!

 ここちゃんがくれたアジサイの花株を毎日 ベランダに出しながら、アイビーも見守る。
 今では、この写真を撮った先週よりも さらに葉っぱが わさ~っとしてる。
黄緑色のつやつやの葉っぱは柔らかそうで、そういう新緑を見ると なぜか私はいつも「おひたしにしたらおいしそう」と思う。(絶対おいしくないよ)
 
 水やりをしながら、葉っぱも触りまくる。
 この時 気を付けなければいけないのは、葉っぱの裏にいる虫!
 私は特別に虫が嫌いなわけじゃないけど、知らずに芋虫に触れてしまった瞬間は 飛び上がるからね。
 以前、枯れた茎だと思って千切ろうとシャクに触れて その思いがけない柔らかい触感に「ぎゃっ!!」と叫んで飛び退いた事があるもん。
 ベランダで叫ぶと ご近所がびっくりするし、私の場合、驚いて飛び退いた瞬間に転倒したら骨折だから、これだけは避けたい。
 
 
 よって、葉っぱの裏に注意しながら、でもやっぱりつやつやの黄緑を触りまくるのでした。
 
 

|

2016年5月17日 (火)

やっと ここまで…

 2月に「良くなってますよ」と言われた『中心性漿液性脈絡網膜症』の 経過診察の為、3か月ぶりに眼科受診。
 「良くなっています」と言われた時点で 良くなってる自覚はまったくなかった。 相変わらず見えにくいし、右目だけで見ると人の顔が縦に伸びて見えるし。
 そういう「良くなってますよ」だったので、また悪くなっている自覚も無かった。
 はい、見事に再発~。
 ドクターが「本当は 今回の診察で改善を確認して、外の眼科を紹介する予定だったんですが、来月も ここで診ます」って。
 …2月に「いずれ外の眼科へ」と言われた時 『外の眼科じゃなくて、ずっと市民病院の眼科にかかりたいなぁ』と思ったのが通じてしまったのね(苦笑)
 で、暗示にかかりやすい私は 一気に見え方がさらに悪くなった(笑)
…ええ、笑っていいとこです。
 
 ドクターが「何度も繰り返すようだったらレーザー治療もあるんですけど、もちろんここ(市民病院)ではできないし、30万円くらいかかるはずです」と。
 それで絶対に治るんだったら払うけど、なんとなく それでも繰り返すんじゃないかと疑心暗鬼な私。
 さらに恐ろしい事に「加齢黄斑変性になりそうな眼底写真ではあります」って。
「なりそう」って事は、まだ「なってない」んでしょうけど…。
 家事をしてても、距離感が怪しいので、あちこち引っ掛けて粗相をする。
ちょっと離れた処からテレビを見てると、映ってるものが判別できない。
私「あれって 犬を抱っこしてる?」
夫「ううん、赤ちゃん」
犬と間違えられた赤ちゃん ごめんね~~~。
 興味を惹かれる画面の時は、テレビの前まで移動して睨みつける。
 ソファーでテレビを見てる時は 無意識に眉間にしわが寄っている。(焦点を合わそうと力を入れてる)
 うぅぅ、おブス道まっしぐらだ。
 そんなお目目なのに、ここ数日、PCと格闘しています。
 青息吐息を越して、もう末期の旧PCから、まだ完全に移動できていなかった最後の三つのうちの二つを やっと…やっと移動できました(涙)
 ホームページのデータ。 この移動はアナログで単純な事なんだけど『細かい仕事』って思い込みがあって、なかなか手が付けられなかった。
 で、ホームページ(ブログは別)を更新する時は、いちいち半死状態の旧PCを立ち上げてた。
 でもセキュリティが切れたし、半死状態もいつまでもつか怪しいので、頑張って移動。
問題は、転送ソフトのインストール。
 これが私には難しく感じて、HP関連の引っ越しがなかなかできなかったわけ。
 8年毎くらいにPCを買い替えてて、そのたびに、HPデータと転送ソフトも引っ越ししてたのに、今回は それがすごーく面倒だった。 どうやったか覚えてないし。
 これも歳をとったって事でしょうか。
 でも…でも! やっと出来たーーーーーーーー!
 何か一つやっては「ん~なんでだろう?」「前はこんなじゃなかった気がする」「これは どこにあるんだ?」と いちいち溜息をついてた。
 もう今日はここまで! と打ち切る事もたびたび。
 あちこち検索しては、対策を探す。
 実行して何か一つ 思い通りに行くと「おぉ~」 次に進むと「ありがとうございます!」と PCに手を合わせる。
 そしてようやく新PCでホームページの更新ができるようになりましたーーー涙。
 
 買い替えてから半年過ぎましたよ…。
 残すは画像加工ソフト。
 ずっと使ってるお気に入りのソフトをインストールしたら どうやら32bit対応らしい。 新PCが64bitなのを その時に知る私(汗)
 64bit対応の同じソフトがあるのかどうか…本気で探せば進むんだろうけど、そこがまた「面倒臭い病」の私は 新PCに取り込んだ写真を 半死状態の旧PCに移して加工し、また戻すという これまたアナログな作業をしております。(旧PCに取り込むと すっごい時間がかかるので、おばさんの頭で思いついた苦肉の策)
 こんな状態なので、新PCが いつまでたっても「私のPC」になってくれず愛着も湧きません。
 旧PCを触ると『やっぱりこっちがいいなぁ~』と感じちゃう。
 新PCが画面へのタッチで操作できるのは便利なんだけどなぁ。
そこだけは、新PCに慣れて、旧PCに「むむむ、そうか、これは動いてくれないのか」と古さを実感する。
 そして思う。
 次のPC買い替えの時は、私はおそらく60代半ば。 データの移動や その他の作業がさらに面倒臭くなっているに違いない。
 できればもう買い替えたくない!
 でも 今日は とにかく新PCで更新できるようになって、嬉しい~ ホッとしたぁ~~~~。

|

2016年5月12日 (木)

夏毛のここちゃん

 こどもの日に、ここちゃんが遊びに来てくれて、ちょっと早いお誕生日をお祝いしました。
 ここちゃん6歳になりました^^
 先月会った時は、伸びた髪をカッカが編み込みして「おしゃれお姉さん」だったけど、夏用にショートカット。
 年長さんは、新学期早々にプールが始まり『先生がスイミングキャップをかぶせるのに大変だから』と、カッカはショートカットに。
 切ったばかりの写メは『おまめさん』だったけど、ちょっぴりのびるとくせ毛が おしゃれなスタイルに。
 ビビットカラーのお洒落な服は、私も着たいくらい🎵
 綺麗な箱を ここちゃんの工作用に残しておいたら、部屋の片隅に高く積まれてしまった(笑
 それを使って、早速「おみせやさん」を開く。
 ここちゃんには、廃材も宝の山。
 目を輝かせて、ここちゃんショップを拡大していく。

Img_0860bb

 おだんご弁当は「一円です」でした。 (以前は、300円だったけどなぁ)

 白い紙を破って握っておにぎりに。

Img_0864bb

 その表情と手つきがもう可愛くて可愛くて。
 朝食のご飯をラップで包んでおにぎりにし、一口食べては また握ってるので、おにぎり握るのが上手になってるらしい。
 この いっちょまえの手つき↓ 笑。

Img_0866bb

 続いて お団子焼き。
 私は昔から、男性でも女性でも 手つきの綺麗な人に ハッとする。
高校生の頃、クラスで目立たないおばちゃんっぽい同級生が机の上で重ねた手を見て「綺麗!」と思った事がある。
 その後、茶華道の先生から「旧桃ゆうこさんは、手つきが綺麗。これは教えられる事じゃない」と言われてびっくりした。(ちょっとした自慢)

Img_0884bb

 話を戻すと、ここちゃんは手の所作が繊細で可愛いのよねぇ。 これも教えてできるものじゃない。
 お茶の支度で台所に居ると「お風呂にいれま~す」と聞こえてくる。
 はいはい! 撮影に行かなくては!!
 お気に入りの段ボール箱のお風呂にプーさんと入ってます。

Img_0905bb

 
 そして恒例の「拭き拭きタイム🎵」

Img_0911bb

 ここちゃんは、いつもアッタンマンと入浴して、上がる頃に カッカが脱衣所でタオル持って待つんだって。
 アッタンマンとお風呂で遊んで出るとカッカがタオルで抱きとめて全身拭いてくれるの、きっと嬉しいんだろうなぁ。

Img_0913bb

 だから、ぬいぐるみも 自分がしてもらうように、全身拭いてあげたくなるんでしょうね。

Img_0915bb

 しっぽを集中的に拭くのは、私が すごく喜ぶから(笑) だって大真面目な顔でしっぽを拭いてるの 可愛いんだもん。

Img_0917bb

お風呂を上がると、自分と同じように「おやすみなさい」なんだけど、プーさんとつむつむを一緒に寝かせたら「つぶされちゃう」と心配になり、つむつむだけ分ける。

Img_0918bb

 こんなに可愛く寝かせてもらいました。

Img_0923bb

 そしてまた恒例の段ボール箱の中のお地蔵さん。(本人は、そうは思ってないでしょうけど

Img_0925bb

頭から箱に潜り込んで、きちんと並べます。

Img_0944bb

 そして蓋を閉めて覗く・・・何をしてもかわゆいのよねぇ~~~heart
 ピアノは、この一ヶ月で また上達してた。
 暗譜で、いろんな曲を弾いてくれました。

Img_0961bb

 ただでさえ可愛いおててが、いっちょまえの動き。 どんどんできる事が増えるって、本人も楽しいだろうなぁ。
 私は子供のころから、こつこつ努力をしなかったので、そこそこ出来ても『ここを頑張って練習して、できるようになった!』って体験をしてないのよねぇ。 それって大事な事だと 今更思うのでした。
 
 さてさて、帰りの公園で、児童プールを見て
「ここちゃん、こんど このプール はいる!」と 決意表明。
 2013年の夏、初めてこのプールに来た時は3分で撤退。
 翌年は、夫と一緒に なんとか入ったものの、水が顔にかかるのが嫌で、夫との水かけも目をつぶって顔を背けて 楽しいよりも「早く終わってくれ」な感じだった(笑
で、去年は、ベランダプールにした。
 年長さんのプール授業は、それまでよりも みっちりやらされるんだって。
 先日は、いきなり「せんせいに どぼんされた」そう。
 スイミングスクールに行ってる子も多いから、ここちゃん刺激を受けてるかもね。
有言実行で努力家のここちゃんが自ら「プールはいる!」と宣言したので、きっと幼稚園のプール授業で頑張って、今年の夏は ここの児童プールで私達夫婦を驚かせてくれるでしょう。
 幼稚園での出来事などを話してくれる口調は、もう幼児じゃなく『立派な子ども』 でも ちょっとした仕草や表情が 時々 赤ちゃんっぽい。
 2歳直前に出会ってから4年間、大きくなったんだねぇ。
 しっかりした2歳児だったけど、今、その頃の写真を見ると「ちっちゃぁ~~」
近くで成長を見られて幸せだなぁ。
 
 

|

2016年5月 4日 (水)

広島はるか

 もう一ヶ月以上前の話です。
 時々行くスーパーマーケットの果物売り場で「広島はるか」なる果物を発見。
見た目は、黄色が強い大きめのみかん。
 私はスイーティが大好き。 グレープフルーツは酸っぱさと渋さを感じるし、服用中の薬の禁忌食物でもあるので、わざわざ買う事はなく、スイーティ一本☆
 で、この広島はるかは、ちょっと小さいグレープフルーツに見えなくもない。
試食があれば食べてみたいんだけどなぁ~。 しばし立ち止まって考える。
 結局「広島」のネーミングで購入を決定。
 酸っぱい顔してるんだけどねぇ…。

Img_0777

 
 そしたら…ひゃあ~~~おいしかったぁ~~~!
酸っぱさが全然無くて、さっぱりした甘さ。 いくらでも食べられそう。スイーティよりも
ただ中心部に種が多い。 そのため、カットの仕方まで説明されてる。

Photo

その通りにカットすると、と~っても美味しそうに見えるし食べやすい。
 それ以来、しょっちゅう行くわけではないスーパーマーケット「Y」に 広島はるかを買いに しばしば行く事に。
 一袋5個で298円は柑橘類の中でもかなりお値打ち。
 一週間に一袋…よく食べたわぁ。

Img_0779

 そして、今日 行ってみたら…売ってなかった~。
さすがに「旬」は終わるのね。
 また来年、会えるのを楽しみにしています。
 

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »