« 復活☆ | トップページ | 思いやりの桃源郷「松本山雅・アルウィン」 »

2016年5月30日 (月)

贈る花

Img_1052_2

 「声の広報」のお姉さまがおひとり、今期でお辞めになった。
そのお別れ食事会で 恒例の花を贈ることに。
 今回は私が その花を買ってくる役目。
去年、お辞めになる人に送った花束は、超お値打ちだった。
私は その食事会に参加できなかったので、後でお支払いしたんだけど「こんなに安くていいの?」って金額。
 それを踏まえて、今回の花をあまり高価にするわけにはいかない。
 で、考えたのが、花材だけ買って 私がアレンジすれば安くできるじゃん!
 
 家にあるオアシス、リボン、花器代わりの容器、柄ラッピング紙、透明セロファン、すべて準備を整えて、いざ当日 花を買いに行く。
 
 涼やかな声が魅力的なお姉さまのイメージは高貴な紫。
 紫のトルコキキョウは外せない。
 そこに薄紫のバラと、淡い黄色のミニカーネーション、ヒペリカムをアクセントに。
 その頃、我が家のプランターのアイビーが しょぼくれてたので、テッセンの蔓も購入。
しめて税込みで1728円。
 うふふ^^
 茶色のリボン、メッセージカードを飾り付け、満足な出来栄え。

Img_1064

 出来合いのアレンジフラワー、これくらいの花の量だったら、3800円はするはず! と自画自賛。
 お姉さまはもちろん喜んでくれたし、他のメンバーも「こんなのもらえるなら、花桃さんがいるうちに、私 辞めるわ!」と 変な張り切り方をしてくれました~^^
 アレンジフラワーをプレゼントする時、私は出来合いのものは買わず、懇意にしてる店員さんに「この色のイメージで、この花を使って、こんな感じに」と細かく伝え、主な花も選んで、後は店員さんに任せて作ってもらう。
 今回は、全部自分。
 楽しかった!

|

« 復活☆ | トップページ | 思いやりの桃源郷「松本山雅・アルウィン」 »

日々のこと」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事