« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

母との時間

 母の介護認定面談にそなえて、この1年間の母の変化などを記録した物を見返した。
 本当に坂道を転げ落ちるような勢いで 母の認知障碍は進んだ。
 
 幼馴染が「どんなに認知症が進んでも おばさんは花桃の事だけはわかると思ってた」と驚く。
 『私の事もわからなくなった』のを 私は不思議に抵抗なく受け入れられた。
「こんなに近くに居るのに、なんでわからなくなったの? 私よ! 思い出してよ!」って嘆く話はよく聞く。
 そういうストレスを感じずに済んだのは、幸せだね。
 
 私は日常の小さな幸せを書き留めておくノートを持ってる。
「こんな事があって嬉しかった」「○さんに褒められた」って事から「こんな素敵な夢を見た」って事まで。
 そんな嬉しい事なのに、残念ながら日常的な小さな出来事だと忘れてしまって、その時 感じた幸福感は長続きはしない。
でも書いて残しておくと、後々 読んで「ああ、そうだった~」と また思い出してちょっと幸福感を味わえるの。
 
 そのノートに書いてあった。
 
【2015年7月21日(火)】
「こんなお母さんでごめんね。 こんなお母さんの側にいなくちゃいけなくて、ゆうこは可哀相だね。ごめんね」
 ちがうよ!と 首を振って両手を握る。 母の手や頬をこんなに触れるのは 幸せなことだ。
 ちょうど一年前だ。
 グループホームへ行き、喫茶店へ連れ出した帰りのホームのエレベーターの中だった。
「こんなお母さんの側にいなくちゃいけなくて可哀相」は、私が母の面倒をみる為に結婚もしてないと思ってるんだろうな。
 エレベーターはすぐに2階に着くのでノートテイクもせず「違うんだよ。全然 可哀相じゃないんだよ」って母に伝えたくて、精一杯のジェスチャーをした。
 あの時も「これも母と私の幸せな一瞬の記憶」と思って書き留めたんだろうね。
「ゆうこ」と呼ばれる事さえ無くなった今では、本当に貴重な記憶になった。
 私が結婚してる事も忘れてたんだけれど、それでも「娘を想う母の気持ち」の発露だった。
 
 母の老いが始まった頃は、年寄り扱いされるのが嫌で、一緒に歩く時、私が背中にちょっと手を回すだけでも嫌がった。
 でも この数年は、母とのコミュニケーションは、私が触れる事しかない。
手指や足のマッサージをされるままになってる母。 気持ちいいのかどうかさえ分からない。
 時々、蹴ったり手を振り払ったりするから、その時は「不快」なんでしょうね。
 
 先日の面談では、介護保険課の職員さんと、特養の支援員さんが「この方 誰かわかりますか?」「娘さんですよ。わかりますか?」と 何度も聞いてくれて 何度目かに「わがる…」と答えた。
 『わかってない』のは 一目瞭然。 「わかりますか?」に対して浮かんだ答えが「わがる」だっただけで(苦笑)
 発音も不明瞭になってきてるけれど、母の声を聴いたのは本当に久しぶりで嬉しくて、母の顔をなでまわしてしまった。
 母は困惑するでもなく、喜ぶでもなく、照れるでもなく…無反応(苦笑)
 
 肌の手入れもしてないのに、どんどんすべすべになっていく母の頬。 赤ちゃんの ふっくらすべすべとは違うけれど、きれいだなと思って触れられる今は幸せだと思う。
 

|

2016年7月21日 (木)

まだまだ続く

 内科の定期診察。
 先月、眼科の主治医が「内科のW先生と相談し、ステロイドホルモン剤を減らしてみて、中心性漿液性脈絡網膜症の回復を期待してみる」と言った…W先生が提案してくれたのかもと私は理解してたんだけど、内科の診察で 事実がちょっと違うのを知った。
 
 W先生は、ステロイド剤減量が中心性漿液性脈絡網膜症改善に直結するとは思ってないようでした。
 うん…私も そんな気がしてた。
 
 そして、今の状態でステロイド剤を減らすのは危険すぎる!
 この暑さで健康な人でも参ってるでしょうけど、私には『灼熱地獄』
 エアコンつけてると、関節があちこち痛むし。
 長袖カーディガンをはおり、腰にはバスタオルを巻いて靴下を足首まで長く伸ばして、エアコンの部屋におりますの。
 そして 母の用事で どうしても行かねばならぬ事が次々とでき。
 友達とのランチやお茶・ここちゃんとの休日を無期延期にして、最小限の活動にとどめてる。
 片頭痛まで始まった。
 もう一週間以上、毎日 頭痛がする。
『なんだか不調な時のPL顆粒』と『痛い時のロキソニン』をうまく使い分ける。
 でも…こんなに薬飲むのもなぁ…と服用を我慢してると、嘘みたいに治る時もあるので、これはやっぱり痛み止めに頼り過ぎてはいけなさそう。
 採血・採尿して検査結果を見たW先生は「SLE再燃は回復傾向にはあるけど、ステロイドを減らしても1.5錠だなぁ」と。
「私が減らすのをためらいます!」
 って事で、今まで通り2錠を処方してもらって「私がすごく調子の良い時、1.5錠にします」
 副作用でムーンフェイスになってきてるし、体重も『じわじわ増える』が『みるみる増える』になってるし、一番ステロイド減らしたいのは私なんだけどネ。
 早く夏が終わってほし~い。
 夏が終われば元気になれると、根拠のない自信(笑
 
 
 

|

2016年7月 4日 (月)

経過報告

「中心性漿液性脈絡網膜症」だけじゃなく「加齢黄斑変性」かも…と 心配をおかけしています。
 月末の眼科の診察では『中心性漿液性脈絡網膜症』は改善しておらず、水膨れは大きくなってるとのこと…ふぅ。
 
「内科のW先生とお話ししたんですが…」と眼科のT先生。
 昨秋、初めて診断されて、血流を良くする薬を服用し、2月には「良くなってます(自覚症状の改善は無かったけど)」と言われたのに、5月の診察で再発したのは、もしかしたらステロイド剤の増量が影響しているかも…と。
 
 SLEの再燃傾向を抑える為にステロイド剤を増量したのが、ちょうどその頃。
 「W先生が減量を考えているそうなので、それで目の方が改善されるのを期待しましょう」って。
 それでも変化が無ければ、大学病院で精密検査ですって。
 
 って事で、精密検査の為に大学病院へ行くのは、一ヶ月半先になりました。
おまけに「加齢黄斑変性の兆候はどうですか?」と食い下がった私に「今のところ、その心配はありません」と あっさり。
 え? この前と随分違うように感じるんだけど…。
 でもまあ、余計な心配背負わない方が、私のストレスも減るので、ありがたく受け止めます。
 花桃の病気を心配してくださる皆様、ありがとうございました。
 
 でも執行猶予の身です。
 次の眼科診察まえでの一ヶ月半に、良い変化がありますように。
 
 『母のグループホームから特養への引っ越し』を柱に、この数ヶ月は心身ともに疲弊する事が続いた。
 当然、ストレスも溜まり『中心性漿液性脈絡網膜症』には悪影響ばかり。
 夫には愚痴や泣き言を言いつつ、物理的にも夫の協力を得て、まずは引っ越しを無事に終えた。
 少しだけホッとしてたら、思いがけない嬉しい事が続いた。
思わず跳び跳びしそうになる程のビッグプレゼント。
 
 
 その中の一つは、以前 テレビを見てて「これ欲しいな」とつぶやいたのを、夫がネット注文してくれてて、引っ越しの翌日に届いた事。
 夫は私が「これ買ってもいい?」と聞けば、絶対に「ダメ」とは言わない。
でも自ら買ってくれるのは、結婚以来、数えるほど。
 きっと ここ数ヶ月の頑張りをねぎらってくれたんだと思う。 口では言わない人なので。
 
 以前から私は『神様のポイントシール』を信じている。
一生懸命頑張っていれば、神様が絶対に見ててくれて、ポイントシールをくれる。
それが一定量になったら、思いがけないご褒美がもらえるって。
 
 この半月に私に訪れたいくつかの幸運は、神様のポイント還元だったんだろうな。
 大学病院の精密検査の執行猶予も、その中の一つのような気がする。
感謝しながら、一ヶ月半を無駄にしないようにしなくちゃ。
 
 そして…還元してゼロになったポイントシール…また こつこつと集めなきゃね。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »