« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

ここちゃん「有言実行」

 ここちゃん不足に陥っていた我が家、やっと ここちゃんに逢えました~♪
 まずは部屋でゲーム。
 お寿司ブロックを積むと・・・

Img_1445bb

 びびりここちゃんが避難体勢になります。

Img_1456bb 

 お寿司ブロックでジェンガ風のゲームになると、慎重にのぞき込んで選んで抜く。

 いちいち反応が可愛い^^

 

 オリンピック競技放送を見ていて、卓球が気に入ったそう。

カッカが早速、百均へ道具を買いに走ったけれど、入荷待ちだと聞いていた。

 『だんなさん』買いに行くよねぇ~^^

 和室のこたつ座卓で卓球ごっこ。

Img_1488bb

 まずは座った体勢で。

 そこで驚き!

 卓球初心者のはずのここちゃん・・・けっこう上手い。

ラケットに当てる事さえ難しいと思ってたのに、ちゃんと返せます! バックハンドもします(驚)

 ペンフォルダーのラケットなので、ラバーは片面しかはってないんだけど、固い面を使っても ちゃんと打ち返します。

 テレビで しっかり見てたんだろうねぇ。

ここちゃんの観察眼はすごいから。

Img_1492bb

 白熱してきて、とうとう立ち上がります。

 卓球第二部は、食卓テーブルで。

Img_1640bb

 サーブをする時「どうやってボールを上げるの?」と聞く。

きっとテレビで見てた かっちょいいサーブがやりたかったんだね。

 相手をする夫も久しぶりの卓球で、コントロースミスして左右に大きく外れると

「ここちゃんが こっちへ走って行けばいいんでしょ」と、フットワークして見せる。

 どんだけ真剣にテレビ見てたんだか(笑

 イメージトレーニング 完璧にできてました。

 

 そして! プールにも行きました~!

 春に遊びに来てくれた時、公園のプールの前で「今度 ここちゃん このプールに入る!」と宣言した。

 幼稚園前の夏は 準備万端で出かけたのに 『プール滞在時間3分』

 年少さんの時は、夫と水かけっこしても 顔には絶対に水がかからないように、一生懸命顔を背けてた。

 年中さんは、ベランダプールに。

 そこでも、顔が濡れるのが嫌いで、バタ足しても顔は横向いてた(笑

 年長さんの今年は、幼稚園でもプール授業が本格的になったらしい。

 一番泳げない『黄色グループ』に甘んじるのが嫌なここちゃん。

『やろう!』と思ったら、とことん頑張るのがここちゃん。

 春に「このプールにはいる!」と宣言した時には、もうかなり意思を固めていたんでしょう。

夏休みには 特別講習を3日間受けました。

 『潜ってブクブクができるようになった』と聞いていた。 さすが ここちゃんやっぱりやったんだなぁ~!

 そして早速 『潜ってブクブク』初披露。

Img_1528bb

 ・・・と、自分で声をかけてから。

Img_1526bb

 はぅぐぶぐブクブクブク ・・・。

 鼻からブクブクすれば絶対に鼻に水が入らないと学んだんでしょうね。 水に顔が入る直前にブクブク始めるので『はぅぐぶぐ(水面)ブクブクブク』 笑

 笑わせてくれるけれど、去年までのここちゃんとは別人!

Img_1577bb

 蹴伸びまで見せてくれました。

 最初は夫が手を引いてスタート。

次に夫を目指して自分で蹴伸び。

「もう一回やる!」を繰り返して、プールの端っこから端っこまで3回で到着。

 バタ足も最初は膝が曲がっていたのが、途中から ちゃんと伸びてた。 おそらく講習で先生から教わったのを思い出したんでしょう。

 両手のひらも きちんと重ねて基本姿勢を守ってます。

 先生の言う事をしっかり聞いて自分のものにする真面目なここちゃん。

 すごい進化にびっくりするやら感心するやら。

Img_1652bb 

 ピアノ教室の発表会用の曲まで、暗譜で弾いてくれた。

 一ヶ月前にも進化ぶりに驚いたけれど、またワンランクアップしてる!

 帰りは恒例のブランコ。

 これも『座るブランコ』には見向きもせず。

 6月に来た時は、まだ座るブランコにも乗り、板ブランコには座ってみるだけ・・・だった。

それがこの日は とうとう自分でこいだ!

 大人が「足を伸ばしたり縮めたりして」と言葉で説明しても、ただ足を伸ばしたり曲げたりしただけじゃこげないんだよね。

 自分でコツを掴んだみたい。

 両足を真っ直ぐ伸ばして嬉しそうな顔で こいでました。

Img_1666bb_2

卓球をテレビで覚え、水泳もできるようになり、ピアノ演奏はどんどん本格的になり、板ブランコもこぐ。

 有言実行で こつこつ努力のここちゃんの進化に 驚かされた一日でした。

そして『ココミン』を補充した私は、昨日から かなり元気が出てきました~☆

 

 

|

2016年8月25日 (木)

一筋のひかり

 エアコンの室内に居ても、体が重い…。
贅沢だと自覚してるけど『外の暑さを体感しちゃう』この体。
 そんな中でも 母のところへは頑張って行く。 
…そして無反応な母と過ごす。
 食事の介助をすると、急に口を開かなくなる。
これは「いらない」っていう表現なのかな? だとしたら貴重な意思表示だ。
 支援員さんから「食事の摂取量が減っているので、お好きな食べ物を持って来てください」と言われているので、いろいろ持って行ってる。
 
 支援員さんからの報告をもとに 先日 持って行った甘辛のから揚げは それまで閉じていた口を開いてくれたので、あ、これは好きなんだ^^と、ほっとする。
 でも…歯磨きが また難しい。
うがいした水を飲んじゃう(涙)
 『汚い水だから 飲まないで。 ぺって出して』と書いて、ガーグルベース(自称・入院の達人である私の恵)を口元にあてがうと 以前は出してくれたのに、効果なく飲んでしまう。
 思わず「お母さん…どうしたら出してくれるの~」と 溜息交じりにつぶやいてしまう。
 これを毎日してくれる支援員さん達は、本当に偉いなぁ。
 母の声が聴きたい。 笑った顔が見たい。 そりゃ「ゆうこ」って呼んでほしい。
 虚しさばかりが募る。
 そして、私の体も、どんどん故障が増える。
モートン病と言うらしい、足の裏の痛み。
布団の中で伸びをした瞬間に肋骨にひびが入る(もう何回も繰り返してる)
 体のあちこちが痛むのをだましだまし動く。 痛まないように動くコツは身についているので、すぐに「最小限の痛みで動ける」ようにはなる。
 でもね…たえず体のどこかが痛いのって、心も病むよねぇ…。
 頭皮と顔から大量の汗が出るので、思い切って短く切った髪も なんだかおさまりが悪く、体重も2キロ増えて、おしゃれをする気も落ちた。
 寿人はゴールどころか、試合出場時間も減ってるし…。
 なんだかもう やりきれない。
 もっと大変な症状を抱えながら笑顔で生活している人達もいるのは承知しています。
私も 眉間にしわを寄せて じっと縮こまっているわけでなく、不自由ながらも生活を楽しむ事もできてるんだけどね。
 そして この数ヶ月の一番の問題の目。
相変わらず歪むし暗いし、左右で見る視力もどんどん落ちてるし、重い気分で眼科の定期診察を受けたところ…。
 「水膨れが小さくなってますよ」
 え~~~。
 「自覚症状はどうですか?」
 全然 変わらないです。
 「視力も1.0 出てますし」
 え~ そうなんですか~。
 以前の写真と比べながら説明してくれる。
自覚症状は全然 改善してないけれど、これだけ見せられると「良くなってるんだ」と思わざるを得ない。
 「やっぱり嬉しいですね(ニコッ)」
 「二ヶ月先に また検査しましょう。 そこでまた再発してたら、今度こそ 大学病院で精密検査です」
 はぁ~い。
 欲が出て「水膨れが完全に消えたら、また元のように見えるようになるんですか?」と聞いてみる。
「う~ん、花桃さんの場合は、どうかなぁ~。これだけ再発を繰り返してるとねぇ…」
 正直なドクター(笑
 おまけに近々 異動になるので、次の診察は別のドクター。
「新しい先生に また診てもらってください」
 うん、別の目で診てもらうのも良いかも。 実質、セカンドオピニオン。
 悪い事ばかりが際立ってしまう中、一筋の光だわ。
 
 

|

2016年8月11日 (木)

模様替え

 この分譲マンションに住み始めて24年が過ぎた。
 いつの間にか、私の人生で一番長く暮らす場所になってた。
 あちこちに傷みが出始めてるけれど、トイレと洗面所の壁紙の裾(専門的に何て言うんだろう?)のシートがめくれたのが 目下 一番気になるとこ。
 めくれた部分に埃が溜まって さらにめくれる悪循環。
 何とかせねば…壁紙を張り替えるか? 難しいだろうなぁ・・・と考えてるところに、通販で良い物を見つけた。
 「かるかるブリック」なる物を購入し、汗びっしょりになりながら貼り付けた。

 

Img_1279_2

 いいじゃん!!
 反対側も!

Img_1290

 実はこの写真は最終完成の姿。

 ここに至るまでには、一か月を要した。

 ・・・と言うのも、行き当たりばったりでブリックを貼り付けたので、案の定 足りなくなったから(汗)

 追加注文をし、欲を出してツタのシールも購入して、届いてからは暑さに負けて放置。

 先日 やっと完成させました。

Img_1284

 奥の天井部分にも こんな風に🎵

 脚立も小さな椅子も便器が邪魔で入れられず、私の身長では届かず、夫にはセンスが無いので  でも私がやるしかなく。

 電子ピアノの長い椅子を無理やり押し込み、片側の脚が浮いた状態でアクロバティックにやり遂げました。 

 毎回、トイレに入るのが楽しみになった~🎵

 便器に座っては、周りを見回しております。(目が見えにくいので、背面は一度 立って見ます)

 でもねぇ~ ほんと『行き当たりばったり』の私なので、小さいサイズを追加注文したのも ひらめき。

 ロングサイズと正方形と、ちゃんと最初から混ぜて配置すればよかったのに「小さいのばっかり残っちゃった~」で 後半は不本意な並べ方。

 あぁ・・・惜しいなぁ 私。

|

2016年8月 6日 (土)

終の棲家

 グループホームから特養へ引っ越して一ヶ月が過ぎた。
 ここが母の終の棲家になるんだろうな…。

Img_1272

 母の部屋もやっと整った。 逆光で綺麗に撮れなかった。
 窓を背にすると こんな感じ。

Img_1274 

 建物全体に木の香りが充満し、住み心地は良さそうだけれど、今の母にはわからないだろうなぁ。

Img_1273

 歯磨きも支援員さんにしてもらうんだけど、それぞれの個室には こんな洗面台も。

 要介護3以上が入居条件。

 でも母以外の人たちは、随分しっかりしてらっしゃるように私には見える。

 自室に冷蔵庫やテレビやデスクを置いてる人も。 快適な『私の部屋』だよねぇ。

 リビングも広々。

Img_1276

 駐車場の向こうは田んぼなので、吹き抜けて来る風が気持ちいい。

 まるで高原の別荘に居るみたい。

Img_1277

↑逆光で 暗く見えるけれど、実際は明るくて綺麗。

Img_1278

 リビングは、ボール投げでもできそうなくらい広い。

 私も こんなところで入院生活をおくってみたいと思う。 

 いつか私もお世話になる…だろうな。

 できれば自分の事は自分でできる状態で入居したい。

 

 若い支援員さん達が笑顔でサポートしてくれるこの場所…嬉しいとか辛いとかって感覚も失った母には『家に帰りたい』という想いも無いけれど、ここの良さもわからないだろうなぁ。

 

 

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »