« 模様替え | トップページ | ここちゃん「有言実行」 »

2016年8月25日 (木)

一筋のひかり

 エアコンの室内に居ても、体が重い…。
贅沢だと自覚してるけど『外の暑さを体感しちゃう』この体。
 そんな中でも 母のところへは頑張って行く。 
…そして無反応な母と過ごす。
 食事の介助をすると、急に口を開かなくなる。
これは「いらない」っていう表現なのかな? だとしたら貴重な意思表示だ。
 支援員さんから「食事の摂取量が減っているので、お好きな食べ物を持って来てください」と言われているので、いろいろ持って行ってる。
 
 支援員さんからの報告をもとに 先日 持って行った甘辛のから揚げは それまで閉じていた口を開いてくれたので、あ、これは好きなんだ^^と、ほっとする。
 でも…歯磨きが また難しい。
うがいした水を飲んじゃう(涙)
 『汚い水だから 飲まないで。 ぺって出して』と書いて、ガーグルベース(自称・入院の達人である私の恵)を口元にあてがうと 以前は出してくれたのに、効果なく飲んでしまう。
 思わず「お母さん…どうしたら出してくれるの~」と 溜息交じりにつぶやいてしまう。
 これを毎日してくれる支援員さん達は、本当に偉いなぁ。
 母の声が聴きたい。 笑った顔が見たい。 そりゃ「ゆうこ」って呼んでほしい。
 虚しさばかりが募る。
 そして、私の体も、どんどん故障が増える。
モートン病と言うらしい、足の裏の痛み。
布団の中で伸びをした瞬間に肋骨にひびが入る(もう何回も繰り返してる)
 体のあちこちが痛むのをだましだまし動く。 痛まないように動くコツは身についているので、すぐに「最小限の痛みで動ける」ようにはなる。
 でもね…たえず体のどこかが痛いのって、心も病むよねぇ…。
 頭皮と顔から大量の汗が出るので、思い切って短く切った髪も なんだかおさまりが悪く、体重も2キロ増えて、おしゃれをする気も落ちた。
 寿人はゴールどころか、試合出場時間も減ってるし…。
 なんだかもう やりきれない。
 もっと大変な症状を抱えながら笑顔で生活している人達もいるのは承知しています。
私も 眉間にしわを寄せて じっと縮こまっているわけでなく、不自由ながらも生活を楽しむ事もできてるんだけどね。
 そして この数ヶ月の一番の問題の目。
相変わらず歪むし暗いし、左右で見る視力もどんどん落ちてるし、重い気分で眼科の定期診察を受けたところ…。
 「水膨れが小さくなってますよ」
 え~~~。
 「自覚症状はどうですか?」
 全然 変わらないです。
 「視力も1.0 出てますし」
 え~ そうなんですか~。
 以前の写真と比べながら説明してくれる。
自覚症状は全然 改善してないけれど、これだけ見せられると「良くなってるんだ」と思わざるを得ない。
 「やっぱり嬉しいですね(ニコッ)」
 「二ヶ月先に また検査しましょう。 そこでまた再発してたら、今度こそ 大学病院で精密検査です」
 はぁ~い。
 欲が出て「水膨れが完全に消えたら、また元のように見えるようになるんですか?」と聞いてみる。
「う~ん、花桃さんの場合は、どうかなぁ~。これだけ再発を繰り返してるとねぇ…」
 正直なドクター(笑
 おまけに近々 異動になるので、次の診察は別のドクター。
「新しい先生に また診てもらってください」
 うん、別の目で診てもらうのも良いかも。 実質、セカンドオピニオン。
 悪い事ばかりが際立ってしまう中、一筋の光だわ。
 
 

|

« 模様替え | トップページ | ここちゃん「有言実行」 »

日々のこと」カテゴリの記事

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事