« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

介護の心得

 新聞の介護のコーナーか投稿で「介護で一喜一憂してはいけない」と読んだ記憶がある。
 それはおそらく認知障碍が進行中の人の症状に振り回されないようにって事だろうなと理解してた。
 私は、ありがたいことに、母の認知障碍が進んでいくのを ごく自然に受け止められてきている。
 
 まだらボケの状態で、まだしっかりしている母が自分の老いを認めたくなくて(私はそれを指摘しないように気を付けてはいたけれど)不条理に私に怒りをぶつけてきていた頃が一番つらかった。
 
 頭や感情のねじが すっかり緩んで来てからは、先週できていたことができなくなっていても「ああ、やっぱり こうなるんだ」と。
 いつも「今の状態は明日には もう無くなるかもしれない。だからこの瞬間がありがたい」って先回りしてた効果かも。
 
 それでも半年単位で以前を思い出すと「こんなに進行しちゃったんだ…」とため息をつくこともある。
 
 受容できてるとは言っても、介護施設の支援員さん達に全面的にお世話になっていて、私はこれと言って手を煩わせることもないから、思い煩う事が無いんでしょうけどね。
 
 そんな日々の中にも「一喜」は、しばしば訪れる。
 10月、母の大親友のDさんの娘みーちゃんが「おばさんに逢いたいし、ゆうこちゃんにも逢いたい」と連絡をくれて、何年振りかに会って、一緒に母の所へも行った。
 Dさんは、長男を病気で亡くしたこともあって、私の病気を心から心配してくれた。
母はどれだけDさんに助けられた事だろう。
 
 そんなDさんは、認知障碍により母よりずいぶん先に施設に入所している。
みーちゃんは、母のいる施設を見て いい所だねと感動していた。
「お母さんが可哀そうになってきた。お母さんもここへ入れたい」と、帰りにはパンフレットを貰ったくらい。
 
 そのみーちゃんとの対面で、もう私の事もわからない母に『Dさんとこの みーちゃんだよ』と書いて見せると、文字を見て、みーちゃんをじっと見た。
 ちょっと難しい『Dさん』という漢字に反応して、記憶の扉が開きかけたんだろうと、みーちゃんや支援員さん達と顔を見合わせた。
 
 6月に特養に転居してから、常駐の看護師さんが ずっと服用している薬を見直してくれて「随分 落ち着いてみえるので高揚感を抑える薬をやめてみたいのですが」と言ってくれた。
 私の承諾を得、医師と相談して9月から複数の薬をやめた。
その結果、以前 無反応だった事に反応が見られるようになってきた。
おやつを食べさせて「おいしい?」と ゆっくり聞くと 「おいしい」と口の形が言ったり、うなずいたり。
 その度に、支援員さんに「今 反応したわ!」と報告し、「よかったですねぇ~」と 一緒に喜んでもらえる。
 
 またある日は、支援員のUさんが 幼稚園の子供たちが訪問してくれた日の事を話してくれた。
「母桃さん、子ども達の歌とお遊戯を すごく嬉しそうに笑って見てたんですよ。 その後、子どもたちが一人ずつ順番に入居者さん達と握手するんですけど、その時も 母桃さんは笑顔で両手を握ってて、私 母桃さんが あんなに笑うのを初めて見て嬉しくて。ゆうこさんにも見せたかった」
あぁ…母は幼い子供が大好きで、認知障碍が始まってからは、可愛い幼児に見境なく接触しようとするのでハラハラもしたけれど、その感情がまだ残っていた事に驚く。そして嬉しい。
 それを喜んでくれて、私に見せたいと思ってくれたことも嬉しかった。
 
 その支援員さんの話は まだ続きがある。
「後日、そのことをユニットで報告してたんです。 母桃さんが 子供を見てすごく嬉しそうに笑ってましたって言ったら、Mさん(支援員さん)なんて涙ぐんでしまって」
 
 UさんもMさんも 自分の親のように思って接してくれてる。私の事まで思いやってくれてる。
 新築の施設も心地よいけれど、こういう支援員さん達の元に居られる幸せをしみじみと思う。
 デイサービスもグループホームも、アットホームで穏やかで明るい職員さん達ばかりで、母は恵まれている。 私も幸せだと思う。
 
 こういうささやかな喜びに満たされる日もあるけれど、母には次々に新しい病状が現れる。
 
 口の中に出来物ができて食事が摂りにくかった時も、支援員さんが歯磨きをして気づいてくれたけれど「口の中が痛いから食べたくない」と言えない母は可哀そうだった。
 差し歯もいくつか抜けてるし、きっと日常的に口の中は痛いだろうな。
 
 今は「類天疱瘡」の疑いで、ステロイドホルモン剤を塗布・服用している。
看護師さんから「医師は疑いという事でステロイドホルモン剤を使用してみて、それでよくならなかったら、また考えるという事ですが、疑いだけで あまり長期にわたってステロイドを使うのもどうかと…」と説明を受けた。
 37年間、ステロイドホルモン剤を服用している私は 一般の人よりもずっとステロイドに抵抗感が無い事を伝えた。
 それでも「セカンドオピニオンも視野に入れて、様子をみていきます」との有難い返事。
 もし在宅で看ていたら、母を病院に連れて行く事さえ大仕事。 本当にありがたい。
 感謝で胸を熱くしながら、全身に水泡ができて痒いのに、言葉で言えない母が不憫にもなる。
 
 
 高揚を抑える薬を無くしたことで、半分夢の中に住んでいた母が覚醒した感もあったけれど、比例してイライラを行動で表すようになってきた。
 今年初め頃は グループホームで、テーブルを両手でずっと叩き続け、手のひらにあざができる程だったので、母のテーブルには薄いクッションを置いてくれるようになってたっけ。
 また私の手指を逆にひねったり、自分の口元へ持って行って噛みつこうとしたりしたっけ。
 
 それがいつごろからか無くなって おとなしくじっと座ってるおばあさんになってたのに は半月前から再開した。
 
 支援員さん達に「突然 蹴ったりするから危ない思いしてるでしょう」「シモの世話をしてもらってるのに 蹴ったり叩いたりして 本当にごめんなさい」「乱暴になってさらに迷惑かけてるよねぇ」「私が家で見てたら絶対に怒れてくるのに、ここで面倒みてもらってるから ひと時でも優しくできる。ありがとうございます」と、いつもいつも謝ってお礼を言う。
 
「母桃さんがイライラを見せるのもお元気な証拠だから 逆にうれしいですよ」
「ここが痛いから、こうしてとか、痒いからああしてとか言えないから お気の毒です」
と言ってもらったりすると本当に救われる。
 
 お任せしているから『私は介護してる』とは思ってないけれど、毎週行けば、不憫な母を目の当たりにして重い気持ちになる。
 施設から「足の爪がはがれました」「巻き爪を処置してちょっと出血しました」と電話を貰えば、さらに可哀相で気が滅入る。
 
 これも「一喜一憂」って事なのかな。

|

2016年11月22日 (火)

冬支度

 今年もベランダに「冬の使者」が飛来しました。

Img_1684

 カラカラカラ…と乾いた音を立てるので、すぐにわかります。

 公園にはもっと前から散り積もっているけれど、我が家のベランダに到着して「冬の使者」となります。

Img_1701

 公園のアオギリはこんな状態。

そして道路をカラカラカラカラ…と 風に吹かれて転がります。

Img_1711

 ↓こちらの写真は、10月の『短期集中トレーニング(正しくは、23日間しか続かなかった、早朝ゴミ出しのついでに、住まいの前にある児童公園を一周400歩歩く)』 の時に見つけた秋の枝。

Img_1743_2

ブローチにしたいくらい可愛い色合いとフォルムでしょう。

小さな花瓶に挿して流し台に置いていました。

Img_1752_2

 

Img_1766 黄緑色の実がつやつやの宝石みたい。

 

Img_1763

小さな花瓶の中でも 紅葉が進み、木の実の色がこげ茶になって…

Img_1797

 「秋のコサージュ」になりました。

 ・・・こうして冬が始まります。

|

2016年11月14日 (月)

ポンコツだけど壊れない

 先日、内科の定期診察で主治医が
「僕の患者さんも随分少なくなった」と。
『僕の患者さん』とは、W先生が大学病院から市民病院へ異動する時、一緒に付いてきた私のような者。
 
 
「お元気になって卒業って事ですか?」 (可能性が低いと思いつつ)
「…そういう人は居ないなぁ」 (ですよね)
「………」
「そんな中で、花桃さんは 上手くコントロールできてる」
「そうなんですね」
「人工透析にもなってないしなぁ」
 
そうだった。
発病当時、腎臓が一番悪くなってて、当時の主治医には「いずれは人工透析」と言われた。その後、再燃する時もいつも腎臓が一番悪さをする。
一緒に入院しているネフローゼの子達にステロイドホルモン剤の効果が出て、蛋白尿がみるみる改善していく中で、私だけは一向に減らなかった。
 
そんな弱っちい腎臓なのに、発病して37年過ぎた今も頑張ってくれてるんだ。
 
骨頭壊死に、近頃は中心性漿液性脈絡網膜症まで発症して『それでも落ち込まず、感謝さえしながら生活を楽しむ私って偉いなぁ』と自分を褒めてたけど、ちょっと違ってた。
 
人工透析になってても不思議じゃないのに、まだ保ってる事を当たり前と思わず、もっともっと感謝しなきゃ。
「私、幸運ですねぇ」
見えない力に守られているのを感じ嬉しくて ちょっと涙が出そうだった。
 
「ただ、入院は花桃さんが一番多いけどね」
えへへっ。
だって入院 嫌いじゃないからね~。
「まあ、それも対応が早かったって事だな」とW先生。
ですね…。
 
 さて、そんな『健気』な私ですが(笑)
10月初めに「足を鍛える為に、早朝トレーニングをする!」と宣言したのを覚えておいででしょうか?
その時「とりあえず一ヶ月は頑張る。 それ過ぎたら寒くなるから止めるかも」とも書いた記憶がある。
 
 11月になって…宣言通り終了しました~~~。 だって想像以上に寒くなったんだもん。
 
花桃の『早朝トレーニング(朝のゴミ出しのついでにマンション前の児童公園を一周歩く…400歩)』は、『短期集中トレーニング』として完結いたしました。
 こういうところは正真正銘のぽんこつだ。

|

2016年11月 8日 (火)

ここちゃんと秋の芸術

 土曜日に ここちゃんが遊びに来てくれました♪
 デニムのオーバーオールがとっても可愛い。
早速、公園でどんぐり拾い。

Img_1863bb

木の実を一心に拾うここちゃん…可愛いんだよねぇ~。
私のイチオシ「アオギリの種子」を ここちゃんも すっかり覚えていて、ガク(?)の部分に種を入れて並べ

Img_1867bb

 こんな素敵な秋のアートを創り上げました。

 カッカが額を描くと、ここちゃんの創作意欲が さらに搔き立てられました。

Img_1875bb 

しゃがみこんで描いていたのが、どんどんエスカレート。

Img_1883bb

 

 そして完成したのが こちら。

Img_1891bb

 公園に咲いた『ここちゃんアート』

 静かに秋の日差しでライトアップされています。

 ここちゃんは どんどん背が伸びています。

仕草や表情も お姉さんっぽくなってきました。

でも やっぱり面白可愛さは健在。

Img_1971bb可愛くお座りして鼻をかむ^^

片方の指で、ちゃんと反対側の鼻の穴を抑えてる。

近頃、正しく鼻をかめない子どもが増えているそうなので、ここちゃんは合格~!

そしてドミノ倒しをする時のこの表情♡

Img_1982bb 『倒すよ~ どうなるかなぁ~♪』のワクワク顔が2歳の頃から変わらない。

Img_1986

この姿! きゃわわわわーーーー♡

Img_1997bb 花桃家にある『ここちゃん建設資材置き場』 から、段ボール箱を出して、今回は『お部屋の壁』を作りました。

 小さい箱を壁に貼り付けて棚にしたり、不織布でカーテンを作ったり。

ここちゃんち、今 新しいお家を建築中なので『お家を作る』事に関心があるようです。

Img_2016

 ぼんの窪のおくれ毛が まだ幼い^^

 そんなここちゃん、幼児雑誌の付録の『サンタさんへのお手紙』を書いたそう。

指示通りのスペースに サンタさんの似顔絵や欲しいプレゼントの絵を描き「まいとし、プレゼントくれてありがとうございます」とお手紙も。

 欲しいプレゼント名や自分の名前も指示されたスペースに書いて終わりなんだけど、それじゃ物足りなかったらしいここちゃんが 空いたところにこう書きました。

『ぷれぜんと はこぶの がんばって ください』

たくさんの子供たちのところへプレゼントを運ぶの大変だろうなぁと 気遣ってるのよね。

 …でも。

空いたスペースは小さくて『ぷれぜんと』で改行し『はこぶのがんばって』で改行したくても下に空きがなくて、斜め上の狭いところに『ください』を無理やり書き込んだそう。

 結果、上から普通に読むと

『ぷれぜんと ください はこぶのがんばって』  妙に上からの応援(催促)メッセージになってしまいました~笑。

 我が家では「運ぶの頑張って!!!」と わざとエラソーに使います。

 

 

|

2016年11月 2日 (水)

泣いた~

 先週の話になります。
 浩司選手の引退発表があり、リーグ優勝が無くなったので『寿人と浩司・カズで試合させて~』と ミーハーな願いを持った。
 
 すると27(木)朝に、広島の小春ちゃんから『今朝の新聞に載ったよ』とメールが。
『29日の試合は、浩司をスタートから使いたい。なじみの深い選手たちも起用したいと監督が語った』って言葉。
 きゃあ~~~~~~!! なじみの深い選手って…もう間違いないじゃん! そしてミーハーの極致、スタメンなら寿人の三男君を抱っこしての入場もあるぅ~~~~!!
 ミーハーの願いは3つ。
①寿人・浩司・カズが一緒に試合してほしい。
②三男君抱っこの入場が見たい。
③寿人・浩司でゴールしてほしい。(どちらかがアシストでもいい)
2つはどうやら叶うっぽい。
③は どうかなぁ…いくら本人たちがそのつもりでも、こればかりは『確約できる』ものじゃないしねぇ。
 
 スタジアムで①②を堪能し、手拍子で試合を見ていると…ゴール!! 私には寿人のヘディングに見えたけど自信が無いので、隣のお嬢さんに確認する。
「寿人、すごくいいシュートでしたよ!」と。
周りが立ち上がって大興奮の中、私は立てずに「えぇ~ん」とかすれ声で泣いた。
 そして浩司選手のゴール! まさかまさか③の願いが こんな形で叶うとは…。
もうそこからは、ハンカチで鼻と口を覆って嗚咽をこらえ全身を震わせてました。
 
 快勝で、浩司引退セレモニー。
サンフレッチェ広島のファンになってから10年。 何人かの引退や移籍を見送ってきたけれど、今回は特別な感慨。
 泣いてる寿人の顔を見てもらい泣き。 そして…いつか…近い将来…寿人がああして挨拶するのを見送るのかなぁ…と。
 寿人のミーハーファンなので、寿人が引退したら私も引退、移籍したら一緒に移籍すると、軽く考えていたけれど、本当に引退したら…って 初めて現実的に考えた。
 
 さて、広島へ行くまでは、左足の激痛が治まらず、杖を頼りに慎重に歩いてた。
一旦「うっ!」となったら、杖に全身をかけないと動けなくなる。
 
 それがね…引退セレモニーを終えて、シャトルバスに向かう時…ずっとあった左足の違和感(痛む前兆…恐怖感)が無いのに気づく。
 乗り換えのJR駅では、新幹線に間に合うようにと早歩きまでしてた!
結局、家まで杖無し。
 アドレナリンの力恐るべし!
 週明けても、激痛は起きず。
人工関節のステムが緩んだかも…との恐れは無くなったかも。
 
 優勝が無くなったからって『引退試合』にしちゃっていいのかしら? 来季に向けてのお試しもしなくちゃいけないはずなのに…。 
 監督は『情け』よりも『最後まで勝負』を優先すべきじゃないの? と、ミーハーながらも余計な心配をしてた。
 それがこの結果!!
 寿人・浩司のゴールと、ロペス選手の入団後初ゴール!
 
 ぽいち監督、素晴らしいわ!
 

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »