« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月29日 (火)

刹那の幸せを重ねて

 
 
  母が「要介護5」になりました。
 
今は 特養でお世話になっているので、私自身の負担は 数年前の要介護2の頃の方が大きかった。
 
母に認知障碍の兆しが見え始めたのが平成8年頃。
 
 老化による衰えと それを認めたくない母のプライドと向き合って 『母大好き』な私は 何度も何度も泣いた。
 
毎週、実家を訪れて片づけや郵便物の整理、食事の世話、歯医者と内科の通院などをし
「私はそんなにボケてない」(ボケてるなんて言った事ないんだけど)
「ゆうこに監視されてるみたい」
「有難迷惑」と 毎回 言われた。
 
 以前の母なら ちゃんと説明して話し合えただろうし、納得すれば感謝さえしてくれただろうに、もうそれは無理だと思うから反論もせず帰宅する車中で泣き、仕事から帰った夫に話して泣き…。
 
そんな数年間を経て、デイサービス→グループホーム→特養と お世話になる施設がステップアップ(?)していった。
 
 2015年末には 私の事もわからなくなった。
 
 それでも、私の『覚書帳』の中には、母とのささやかな嬉しいコミュニケーションの記録が残されている。
 
グループホームに入所して、実家の家事から解放されてからは、私に 母との時間を楽しむ心の余裕もできた。
 本来の『仲良し母娘』の再現もあった。
 ホームのリビングにいる母は私を見つけると満面の笑みで手を振り、職員さん達に「これ、私の娘なの!」と自慢気に紹介してくれたなぁ。
 車に乗せて喫茶店へ毎週行った。
「私ばっかり幸せで お父さんに申し訳ない」と助手席で言う母。
「こんなお母さんでごめんね。ゆうこに苦労かけるねぇ」とも。
 
数年前までの しっかりした母と比べたら『なんでこんな風になってしまったの』と思いたくなる状況だったはずだけれど、私は一度もそう思わなかった。
 
 『この状態が最高なんだ』と いつも思ってたから。
 
 認知障碍は どんどん進んでいくから、ノートテイクの会話が何とか成り立つ事も、自分で食事ができる事も、グループホームのお仲間の悪口(自分が聴こえない自覚が無いので「あの人は挨拶しない」など)を言う事も、全部がありがたかった。
 
 予想通り、私の事を忘れ、母の口から意味のある言葉が出なくなり、歩けなくなり、食事も口まで運んでやらないと食べなくなり、表情が無くなり・・・枯れ木のような大きな赤ちゃんになってしまった。
 
それでもね、毎週 母の所へ行き、おやつを食べさせる時 『いつか寝たきりになって、流動食しか摂取できなくなる時がくるかも』と思うから、スプーンに噛みつかないように絶妙なタイミングで抜き取りながら それができる事が幸せだと思える。
 
 母が愛しく可愛らしく思える。
 
無表情で何を見てるのかもわからない母が 時々、私をじっと見る瞬間がある。
『見てる』のか『たまたま視線が向いた』だけなのか定かではないけれど、私には『私を見た』と思える。
 「おかあさん!」と思わず呼びかけてしまう。
もちろん反応は無いけれど…。
 
母の手をとって手遊びをしていると、車椅子から そっと上半身を傾けてくる事もある。
そんな瞬間がたまらなく嬉しい。
 
上半身を傾けてきた母に私が顔を近づけると、そのまま顔を寄せて来る。
 
 私のおでこに 自分のおでこをそっとくっつけてくる。
 
 おでこをくっつけたまま、私も焦点の合わない目で母を見ると、無表情ながら母の目も私を見てる。
 「おかあさん、なに? なぁに?」
 もちろん答えは無い。
 
特養で母と過ごす時間の中の ほんの数秒間のふれあい。
 これも次回にはあるかどうか分からないから大切な出来事。
 
刹那の幸せを重ねて、母の認知障碍は間違いなく進行していく。
だから私は『今の幸せ』を大事にしたい。
 
『刹那の幸せ』も 一年後、もしかしたら数ヶ月後には『温かい大切な思い出』になるんだから。
 
 
 
 
 

|

2017年8月21日 (月)

こんなに大きくなりました~

 6月29日に ベランダのプランターに生えて来た謎の植物の写真を載せた。
 二か月近くが過ぎ、その子はぐんぐん成長しています。

Img_3699_3

 茎はどんどん太くなり、下の方の葉っぱは 次々に枯れて落ちる。

 もしかして「木」になるつもり?

 嵐の日には、風で倒れてしまいそうで、室内に避難させた。

 昔、青桐の種を埋めて発芽させ、成長を見守った事があるけれど、10センチくらいまで育ったら枯れてしまった。

 これは長持ちしてるわ~。

 でも 根元にある『ここちゃんポトス』も根付いたようで、つるを伸ばし始めている。

 ここちゃんポトスを育てるためには この大きな3本は無い方がいいよねぇ。

 そろそろ間引き(というには大きすぎる?)しておこうか・・・と迷っています。

どこかが弱りかけたら抜く(切る?)んだけど 3本とも元気なのよねぇ。

|

2017年8月14日 (月)

泣かなかったーーー(笑)

 
 2試合連続の寿人ゴール。
 寿人にとっては2年ぶりの1試合2ゴール。
 
 今回は一度も泣かなかった~^^
 そしてやっぱり2ゴールとも、私の「それっ!」「ほれっ!!」のタイミングじゃ無かったーーー笑。
 
 
 中心性漿液性脈絡網膜症により、右目の見え方が変なままなので、距離感はおかしいし方向が実際と真逆に見えたりしている。
 
 亮太くんが折り返すようにクロスを上げた時も シュートを狙ったように見えてた。
と、そこに「あ、寿人いる!」
 そして不思議な事に寿人が押し込んだのだけは しっかり見えた。
 
 次の瞬間、メインスタンドは喜びが爆発。
 この試合のファーストゴール シャビエル選手(直後にオウンゴールと訂正)の時とは比べ物にならない歓喜。
 今回は泣いてないけど、豊田スタジアムの車椅子席は最後列なので、ゴール直後の寿人の姿は、私の寿人ピンポイント視線を遮る位置に人が立ち上がってて 結局見えなかった。
 でも♪ひーさーとぉ らららら~ら~♪を 歌えた。嬉しい!
 
 ハーフタイムに夫が「もう1点行きますよ」と。
 チームは躍動して見えた。
 ボールを奪われても、抜かれても「通さないぞ!」とばかりに次々に味方が現れて立ちふさがる。
 楢さんのセーブも光る。
 シャビエル選手が亮太君がロビンがボールを持てば、スタンドがうわぁ~と湧き上がる。
 寿人も果敢にボール奪取に走りまわっている。
 選手の好プレーにスタンドが呼応する。
 
 ゴールにロビンがボールを持って向かい、寿人はこっち側を走って上がる。
寿人 頑張って走れーーー間に合え~間に合えーーーっ!
 ロビンのパスを これまた中央をすごい勢いで駆け上がって来たシャビエルがワンタッチで左へ流し、フリーの寿人が受ける。
 この時 ヒサ婆 実は「あぁ・・・こういう時 寿人 けっこう外すんだよね…」なんて思っててごめんなさい!!
 「外すんだよね…」の心のつぶやきが終わるか終わらないかのタイミングでゴール!
 やったーーーーーーーーっ!!
 
 コーナーに控えの選手たちが集まって寿人を中心に団子になってる^^ 嬉しい嬉しい光景♪
 このまま勝てばヒーローインタビューかなぁと ヒサ婆の下心もうごめく。
 2失点は残念だったけれど、見てて楽しい試合でした。
(寿人ゴールが無かったら ヒサ婆がここまで楽しかったかどうかは不明)
 
 初めて観戦した人達は また見たいと思ってくれたんじゃないかなぁ。
 
 怪我から復帰する選手やベンチに控える有能な選手も目白押し。
これで寿人のスタメンが確定したわけでもない。
 
 どうかどうか、8月の連戦、次も寿人ゴールで勝ちますように。
 
 
 広島初優勝と寿人の得点王・MVPの2012年 次は寿人がどんなゴール魅せてくれるのかと 毎回 楽しみでワクワクしたっけ。
 あの時の気持ちに近い期待感がある。
 
 『まぐれや運よく』じゃないんだって『これが佐藤寿人なんだ』って『まだまだやれるでしょ』って 証明できますように!

|

2017年8月 7日 (月)

リーグ戦 2ゴール目☆

 
 キックオフの前に Jリーグ開幕25周年の記念映像が流れた。
 
 それを見ただけで涙が出て来た。
「いい映像だね・・・」と夫に言う口がゆがんだ。
 
 グランパスの歴史の中に 寿人が居るんだなぁ・・・とも思い また別の感慨がこみあげる。
 
 復刻ユニフォームも グランパスファン1年生の私には特別な想いは無いけれど 寿人が着ると・・・いいじゃ~ん♪
 
 ここ数日、公式サイトや有料サイトで 寿人の好調ぶりや、シャビエル選手との連係が深まっているなど良い情報を見ていた。
 本人も「ものすごく点が取りたい」と言ってるらしい。それはきっと『とれる!』自信なんだろうな。
 
  今日こそ決めてほしい! でも それでも決められなかったら・・・。
 いろんな事を思って、入場の時も私は半べそ。
 
 そして試合開始2分で、寿人の4か月ぶりのゴールが生まれた。
 
 私の席からは遠い方のゴールで、私の目では寿人以外の選手の顔も判別しにくいのに、寿人のゴールだけはなぜか「寿人が決めた!」ってわかるんだよねぇ~、
 おまけに・・・やっぱり私が「それっ!」って言えないタイミングだった。
 
 夫は普段、誰のゴールでも拳を突き上げて喜ぶけれど、昨日はお互いに顔を見て目を見開いてた。
 突き上げた夫の拳には届かないので、その腕を掴むようにして喜びを分かち合う。
 
 そして私は「ふぇーーーん、えんえんえーん」と泣いた。
 だから寿人がコーナーフラッグを掴んだのさえ 帰宅後ネット動画で知った。
スタジアムでのリプレイ映像すら泣いていて見てなかった。
 
 寿人らしい良いゴールだった。
 チームメイトの連携も素晴らしかった。
 
 土曜日のサンフレッチェ広島の試合では、アオちゃんから絶妙なパスが出て、相手DFの裏に抜けたパトリックが決めた。
 そう! 昔、アオちゃんと寿人が こうやってゴールたくさん決めたよね。
 
 アオちゃんもサンフレッチェ広島も「らしさ」が戻って来た。
 
 グランパスの寿人も!
 
  シャビエル選手の加入は、寿人にとって大きなプラス。
グランパスで半年間 共にトレーニングしてきたチームメイト達とのコミュニケーションも深まりつつあるように見える。
 
 どうかどうか・・・どうか、これから寿人らしいプレーをもっと重ねてゴールも増やし、J1復帰の救世主としての役割を果たして輝けますように。
 
 怪我するな~! サッカーの事は どうすればよいのか よくわからないので、ヒサ婆は それだけを毎日 祈ります。
 

|

2017年8月 5日 (土)

勇人お兄ちゃん ありがとう! 2回目

 
 一部エリア(笑)で話題の本「あきらめない勇気 佐藤勇人・佐藤寿人」を一気に読み終えました。

Img_3708 今までに寿人の記事として見聞きした事のあるエピソードも多かったけれど、勇人さんの視点で語られると また違う側面が見えて新鮮だった。

 何度も涙ぐんだり、くすっと笑ったり、またこみあげたり、鼻をすすったり。

 双子ならではの思春期における葛藤は興味深いところでした。

 そんな頃、私は30代後半、ステロイドホルモン剤の副作用で骨頭壊死を発症してたのでした・・・いやぁ~~~ん。

 すでに私は年齢だけは しっかり大人だったけれど、ご両親のような子育ては きっと無理だ。(産めなかったので あくまでも想像)

 

 ギラン・バレー症候群の件では『日常生活すら困難で・・・もう二度とサッカーボールを蹴る事ができないのではないかとの不安』

そして『家族や友人を心配させまいと、奈央だけに頼り、誰にもこのことを告げずにいたのだ』

 あぁ…まだ若かった二人(入籍前かな?)が どんな想いで日々を過ごしていたのか…涙。

 

 グランパスへの移籍の際も 奥さんである奈央さんは内助の功を発揮していて 私は何度も感動させられたけれど、二十歳そこそこの二人が故郷を離れた土地で不安と闘い頑張ってたのを想像すると胸がつまった。

 …その頃 私は鬱病のトンネルの出口が見え始めてたな…もぉ~(苦笑)

 

 二人は本の中でお互いを「良きライバル」と書いているけれど、寿人にとって勇人さんは それだけじゃなく「一番の理解者で、サポーターでブレーン」でもあると思う。

 今季、ジェフとの初対戦の後、勇人さんが

「今日の名古屋は、いつかの自分たちを見ているようでしたね。自分たちはその難しさを知っているから、決して嫌味じゃなく『寿人も大変だな』と思いました」
 
「確か、1本ありましたよね。寿人がほぼ完璧な動き出しで裏を狙った瞬間。でも、出し手は足下につけようとした。広島だったら間違いなく裏。あれを合わせるのに、寿人は少し苦労するかも」
とコメントしてた。
 これを読んだ時、私はすごく嬉しかったんだ。
勇人さん よくわかってる! よく言ってくれた!って。

 

 年齢を重ね、チーム内で「ベテラン枠」に入る寿人には きっともう「ああした方がいい・これは止めた方がいい」と言える人は 監督以外は居ないだろうと想像する。

 だから…勇人さん 他の人では言えない忠告やアドバイスを 寿人にしてあげてください。

 

 でも~『頑固でワガママ』(勇人さん談)な寿人は 言っても聞かなさそう・・・笑。

 

 裏表紙は 幼い頃の二人の姿。

Img_3706

 ただただサッカーが楽しくて、一緒に居るのが当たり前で、屈託なくボールを蹴りあっていた鏡合わせのような二人。

 それぞれが何度かの挫折や喜びを味わい、キャリアの終盤を迎えた今・・・。

勇人さんは『愛するジェフ千葉の為に』

寿人は『選手としてピッチでまだまだ戦いたい』

 違う方向を見据えながら お互いを認め尊敬し、支え合い刺激し合う…表紙の二人は それぞれの誇りと互いへの思いやりを胸に歩き続ける今の姿なんだと私は理解しました。

 

 

|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »