« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

ここちゃんと「ファン感」♪

 昨日は、グランパス2018ファン感謝デーでした。
 寿人を見たくて2年目の参加。
 
 今年は ここちゃんとカッカもお誘いした。
 
 炎天下の入場待ち行列…。 車椅子の方が倒れる心配が無い。でも ここちゃん達が心配。
 
 私は寿人見たさや ここちゃんが一緒の嬉しさで頑張れるけど、そこまでの執着の無いここちゃんを無理やり連れて来たからなぁ…。
 そんな心配もよそに、ここちゃんは凍らせたペットボトルを溶かすのに夢中。

Img_4779aa

 シャカシャカと振っては溜まった液体を確認してにっこり。

「そんなに頑張って振ると(酸欠起こしそう)疲れるよ。あ~一口か二口でなくなるねぇ」

 可愛く飲んで「二口だった♪」

 暑さと全然始まらない入場で嫌になっちゃうんじゃないかと思うのに、無邪気な笑顔に救われる。

Img_4787bb

 無事入場し、寿人の「UCCコーヒー講座」の待ち行列でも 嫌がるそぶりも見せず(気配り・思いやりのあるここちゃんなんです~) UCCの方がご厚意で配ってくれたコーヒーを片手に、プログラムを吟味する。

 想像で読む漢字が正解してるので、おおよその中身も理解できる。

 車椅子で座っていられるとはいえ、じっと待たなければいけないのは大人も苦痛。

でも ご機嫌なここちゃんの笑顔やおしゃべりを聞いてると和む♪

 UCCコーヒー講座が終わると 私はすでにぐったり。

車椅子じゃなかったら倒れてる。

 夫がメインスタンドの席も確保したけれど、去年よりも競争率が高かったらしく、早く行った割に端っこだった。

 おまけに私は、ステッキで階段を下りる(下りられるように わざわざ上段を確保したのに)のが もう怖くて怖くて断念。

 せっかくの「グラ笑点」も最上段からなのでよくわからず、大画面を通してみるだけ。

 

 寿人が「低迷してるチームを応援してくれるファンを楽しませよう」と 自分のキャラに無い事を頑張ってしてるのだけはわかって、涙ぐんだりした。

 帰宅後、あちこちでアップされた「グラ笑点」の動画は、面白かった~~~!

 

 ここちゃんとカッカには、天然芝も体験してほしかったの。でもプログラムの時間帯の都合であきらめる。 

 ここちゃんが楽しみにしてたビンゴ大会も カッカと夫が並びに行ったけど、ビンゴカードはすぐに売り切れ。

 なかなか予定通りにはいかない。

 私がスタンド最上段で「グラ笑点」を眺めてる間に、夫は ここちゃんとカッカと3人で「スタジアム探検ツアー」に参加。

 普段は入れない場所へ行けて、夫も初体験。

Img_20180527_210131bb

 これはマッサージ受けるベッドかな(カッカにもらった写真)。 こういうとこで面白可愛さ爆発のここちゃん^^

選手ロッカーでは、寿人のユニフォームの前での一枚も。

 そしてなんと、ここちゃん、ガチャの1回目で 寿人のストラップを引き当てました~!

 以前から 私が呼ぶように「寿人」とは呼び捨てにできず「佐藤さん」と呼んでたここちゃん「佐藤選手」と呼び方が変わりました^^

 お仕事体験のコーナーでは、TOYOTAのキャップを被り作業着を着て(これがまた妙に似合ってたんだわ~)ミニカー作り。

 うまく作られた体験コーナーで、最後は自分で色付けしたミニカーが「ちゃんと走るか」確認作業をして終了。

Img_4858bb

 帰りの車内では プログラムの写真を見ながら 選手の名前を覚え・・・そのうち、タオルマフラーで顔を覆い始め・・・カッカの手をとり・・・眠ってしまいました(笑

Img_4878bb

 ここちゃんは、本物のおばあちゃんちでも寝ないんです。 でも この時は耐えられない睡魔に襲われた模様。

 あれだけ日を浴びて 人混みの中に居て あっちやこっちへ移動してたから疲れるよねぇ。

 でも私が写真を撮ってるのに気づくと・・・

Img_4880bb

 笑いを誘うコーディネイトに変更し、カッカの帽子の下で笑いをこらえている顎が写りました。

  週末の宿題の中に「日記」もあり、グランパスのファン感謝デーに行った事を書いたそう。

 一番 楽しかったのは「ミニカー作り」だったようだけど「佐藤選手を応援しています」と締めくくる気配りも忘れないここちゃんなのでした。

 

 

|

2018年5月23日 (水)

故郷で迷子

 
 特養に入居中の母の介護や医療保険の実家宛の書類は、うちに転送してもらっている。
頻繁に届く書類をチェックして、保存したり捨てたりするのも けっこう面倒なんだけど、手続きに出向かなくてはいけないのが一番 負担。
 
 おまけに『後期高齢者なんとかかんとか』『高額介護療養費なんとかかんとか』 何度読んでも頭に正確に残らない。
 
 それでも『これは手続きしないと支給されないんだな』ってのだけは、何とかしないとね。
 電話で問い合わせた後(余計な外出は避けたいの)必要な物を持って K市役所におもむくことに。
 
 K市役所…結婚前まで住んでた町の市役所。
今も友人たちの多くが暮らし、思い入れのある町。
 でも、ここ数年、実家へ行かなくなってからは、K市を通り過ぎる事や友達とのランチで町の喫茶店を利用する事はあっても、町の中心部へは全然 行ってない。
 
 しかし・・・なんてたって市役所だ。 K山のふもとだ。
 
 一昨年は、同様な手続きで行って終了後 その足で母の特養に向かった。
その時は『大体あっちの方よね』と、車を走らせたところ、なんと無駄走り無く、見覚えのあるスーパーマーケットの横に出た。
予測していたわけではない。
毎週、母の特養を尋ねた時、買い物をする店の隣に出た時は「おぉ、神の導きか!」と 感嘆したんだよねぇ。
 
 今回は 母の特養で預けた保険証を借りるので、その逆ルートで市役所に向かうだけ。 うん、楽勝楽勝♪
 カーナビを着けてない私は、普段なら前もって地図を確認し、自分しか理解できない地図も書く。
 
 でも一昨年の成功体験が自信になっていて、それをしなかった。
 
 結果・・・迷ったよねぇ~涙。
 
 『大体あっちの方』で走り K山も見えて来た。
もっとK山に近づけば きっと覚えのある景色が現れるはず!
 はい、行き止まり~~~!
 プラン崩壊。
 
 K山を目前にして、私の『ぐるぐる迷い運転』が始まる。
名古屋市内の交通量の多い道路だったら、これさえもが怖いけど、さすがにのどかな田舎の町なので、後続車が無いのを確認すれば、かなりゆっくり走れる。
 一昨年の記憶を掘り起こし、なぜかそこで間違う私。
 
 『K市役所の食堂からK山を見たんだよね、だから 母の特養から見て K山の向こう側』
 
 今 ブログを書いてると それが間違いであるのは すぐにわかる。
 窓から向こう側に山が見えたって事は、K市役所は山のこっち側って事じゃん。
なんで、そこで『だから山の向こう側』と思い込んだかなぁ…汗。
『K山の向こう側』という間違った大前提の元 ぐるぐる走り回る。
 K山の向こう側…警察署発見。 うん そうだよね。
で、市役所って どこだったっけ? 建て替えたんだっけ? 図書館? 福祉センター?
要約筆記で来た事もある建物もあり『絶対 ここら辺なのに』
 結局、K山を一周して予想外の位置に市役所発見! おぉ~ショッピングセンターの隣だったか。
 昔は 母を連れてよく来てたのになぁ…その頃って市役所 隣にあったかなぁ…。
 
 一昨年とは逆の方向から来てしまったようで、駐車場の入り口も記憶とは全然違う。
 
 肝心の手続きは 実家に住む弟と疎遠になっている為、マイナンバーカードや印鑑などが揃えられないのを電話で相談してあり、フォローもスムーズ。
 
 こういう『なんだかよくわからないんですけどー』な人の対応も慣れてるのねぇ^^
 
 『朱肉を使う印鑑』の代わりに持って行った簡易印鑑では やっぱりダメで
「百均でもいいんですよ」とアドバイスを貰う。
「じゃあ、また来なきゃいけないですねぇ」
「郵送で大丈夫ですよ」
 車椅子だから尚更 気遣ってくれたのかもしれない。
 
 その場で書けるところは全て教えてもらいながら書き込み「ここと ここに印鑑を」と鉛筆で印をつけてくれて、郵送用の封筒まで貰った。
 ありがとうございます~~~!
 
 優しい対応に心も軽く、帰りは迷う事もなくスムーズ。
 
 うぅ~~また何かで行く事があるんだろうか…その時 迷わずに行ける自信は無い。
 
 

|

2018年5月17日 (木)

たのしかった!

 こういう時は、あえて名古屋弁で言います。
たのしかったぁ!
 スタメンを見た時「あ~ また こうやっていじりまくるんだ…」と 監督采配に落胆したサッカー無知の私。
  スカパー観戦なので、PC画面のように近づくわけにいかず、背番号さえも不鮮明なまま観る。
 
 
 ところが! なに これ? 
 ちっちゃい子達(だって体も小さいんだもん)が 走る事走る事!
 引き込まれてしまい、テレビの近くに座椅子を置いて前のめりで見るはめに。
 暑さの為に開けた窓から「きゃぁーーー!」「よし!」「そう!」と叫ぶ声が近所に聞こえてるかも…と 時折 気遣いながらも、興奮が抑えられない。
「〇〇いいじゃん!」
「△△ よぉ 走っとる!」
 ボールを奪われても、次から次へと白いユニフォームが現れて相手ボールの行く手を阻む。
 お、そこにも居たか!
 あら、まだ次が居るじゃん!
 おぉ、諦めなかった! 奪われたボールは必ず取り戻す。
 そして自分たちのパスも面白いように繋がる。
 昔、広島の試合を観てて すごーく楽しかった時がこうだったなぁ。
 時間経過と共に、顔が自然にほころんでしまって
「〇〇 走っとる走っとる!」
「そぉう!!」
「よっしゃ!」
 久しぶりの勝利。
 それもチーム全体が躍動して勝ち取った4ゴール。
 プレーしてる選手達も楽しかっただろうなぁ。
 
 その中に寿人が居ないのは寂しかったけれど…。
 去年から晴れてグランパスファンになったものの、寿人の居ない試合は、勝敗に関係なく穏やかな気持ちで観られるという、無責任ミーハーファンの私。
 でもこの試合は見ごたえあった! 見てるだけでエネルギーが貰えたみたい。
 中断期間前の最後の試合は20日。
 
この勝利をリーグ戦にも繋げたいなぁ!

|

2018年5月14日 (月)

「名古屋弁」考

 NHK朝ドラ「半分、青い。」が 毎日の楽しみの一つになっています。
 出演者さん達の岐阜弁(名古屋弁と同じイントネーション)が どんどん上達している(上から言ってますぞ)のが楽しい^^ 
 
相変わらず「ん~ そこ違うんだよ~」と テレビの前でダメ出しもしていますが。
 何を隠そう、私が朗読や音訳ボランティアで 長年注意されていることの逆ですからね~。
 
 さて、そんな中、スカパーで、寿人と岩政さんの対談が前後編放送されまして、後編の寿人の発言の中に 名古屋弁のイントネーションを聞いてしまった!
 いや ここはあえて言いましょう。
「聞いてまった!」
 
「え? 今『何できるか』って言った?」と 思考がそちらに行ってしまってる間に、次の『名古屋弁イントネーションと思われる』フレーズが来てしまい、後で録画を見直したわよ。
 
 何ができるか
 
 標準語(近頃は共通語と言うのかしら)では 「なに」が高くて「が」で下がる…はず(ちょっと自信ない)
 でも名古屋弁だと「なに」よりも「が」が高い。・・・これは自信ある!
 
 寿人 確かに「なにできるか」って言ったよねぇ。
その直後も「楽しかった」と言ったよねぇ。
標準語では「たしかった」(のはず…自信ない)
 
 先日も 市の広報の音訳ボランティアで、標準語を綺麗に話せる(普段は名古屋弁も使う)お姉さまから「花桃さんは、なんでそんなところでって所で名古屋弁が出ちゃうよね」と笑われたばかり。
 そう! 長年 指摘されて気をつけるようになった部分は無事に読めたのに、変に意識し過ぎて『これは名古屋弁かもしれない』と思って回避したのが かえっておかしなアクセントになってしまう事があるらしい。
 
 なので「たのしかった」も 私の意識過剰かも。
 
 グランパスには、名古屋(近郊も含む)生まれ名古屋育ちの選手は多くないので、日々の練習などで名古屋弁が飛び交う事は無いと想像する。
 
 となると『正しい名古屋弁を話せるグランパス君』から伝授されたのかなぁ。
まさか、イベントなどで一緒になるK市長さんから伝染した?
飲食店などの店員さんとの会話で 自然に染まってるとしたら それは嬉しいなぁ。
 
『やってまった』続きのグランパス。
『まぁ~かん』である。
 
 寿人が『みんなも僕も でぇら頑張ったで、V字回復できて良かったがね』と 言える日が来ますように!

|

2018年5月11日 (金)

「愛の巣」崩壊?

 マンション前の公園のクスノキに花が咲き、良い香りが漂う季節。
 ベランダからクスノキを眺めていると…何やら違和感が。
 カメラを持ち出し、ズームレンズで撮影してみた。

B1

 これは、自然にできたものじゃないよね?

 もしかして営巣してる? ちょっとワクワクする^^

 そして数日後。

B2

 立派になってる!

 間違いなく巣だね。

 在宅してる日は、何度もベランダから観察する。

 そしてある日、そこにカラスが居るのに遭遇。

 カラスの巣だったのか~~~。 でもカラスって あんなところに巣をつくるの?

訝しく思いながら その姿をおさめようと 急いでカメラにズームレンズをセットして構えると…え~カラス 飛び立っちゃった!

 気配を感じた?

 ちょっと前、ベランダ前の電柱のてっぺんにカラスが止まってて 威嚇しようと手を叩いてもびくともしなかったのに。

 あれは営巣する為の下見だったのかな。

 しかし…その後、一度も カラスが来てるのを見ていない。

 新たな想像。

 あれは、カラスの巣じゃなかったかも。

誰かのおうちをカラスが襲撃したのかも。 そして もう今は空っぽなのかも。

 この3日間、何の変化もありません…。

 数年前、マンション玄関の植え込みに土鳩が営巣した事がある。

こんな人通りの多いところに・・・。 私でも背伸びすれば覗ける高さ。

 ちょうど、マンションの掃除の頃で、本来なら植え込みも大胆に刈り込むんだけど、住民の総意で その樹には手をつけなかった。

 そのうち卵が孵り、植え込みの周りは糞だらけになったけれど、無事に巣立つのを見守った事がある。

 どうやら、この愛の巣は空っぽになってしまったよう。

公園のクスノキの巣にひなが孵るの楽しみだったのになぁ。

|

2018年5月 5日 (土)

ここちゃん8歳

 本当のお誕生日には まだ少し早いけれど、先日、ここちゃんの8歳のお誕生日会を我が家でしました。
 
 車から降りる姿をベランダから見ていた私、予想していたよりも ここちゃんが大きくてびっくり。
最後に会ってから まだ3ヶ月もたってないのに。
 
 数年前、車から降りて嬉しそうにピョン!と跳ねてたのが あっと言う間に大きくなりました。
 その分、私が歳をとってるんだよね…怖い。
 
 幼い頃から「おじゃまします」と ご挨拶はしっかり。 脱いだ靴もきちんと揃える。
 
 昔から ここちゃんの着てる服や靴はおしゃれで興味深々だったけど、大きくなると 私が着たいくらいで見惚れちゃう。
 
 百均で買った万華鏡を作ったり、キラキラの飛び出すクラッカーを鳴らしたり。
ここちゃんが遊んでくれると 夫も私も嬉しくて嬉しくて。
 
 相変わらず ここちゃん建材の資材置き場からも 箱などを引っ張り出して遊んでくれる^^
 久しぶりに大きな段ボール箱に入ってくれた(大笑)時は夫も満足げ。
 
 その段ボール箱に何か描き始めたと思ったら…「〇〇〇行き」と、我が家の住所を知ってるんだなぁ~☆
 ハンドルやタイヤや窓やナンバーを描いて バスが完成。
 
 紐をつけたら、中に入って出発進行。 今時 こんな遊びをしてくれる子どもが居るだろうか? 笑。
 
 ちなみに この段ボールバスは持ち帰り、ここちゃんちのわんちゃんを乗せてバスごっこをし、その後は、キッチンからテーブルへ物を運ぶのにも いちいち段ボールバスに乗ってくれてるそう。
 バスの内側には運び用の袋まで取り付けたって。
面白可愛いさ健在の8歳ここちゃん。
 

Img_4706bb

 

 二年生になったここちゃんは、国語の音読が得意らしい。

幼い頃から カルタの読み札を読んでたもんねぇ。

 我が家でも初めて渡す児童書を初見ですらすらと読んだ。 おもちゃの取説も難しい漢字があるのに読めちゃう。

「こうかなぁと思って想像で読んだ」って。

ただし「弧を描いて」など、知らない言葉は読めない。

カルタの読み札もそうだったなぁ。

知ってる言葉が多いから想像できるんだよね。初見でも ちゃんと言葉の意味を理解しながら読んでるから 聞いてる側にちゃんと伝わる、頼もしい事です。

 こちらは 加齢でどんどん衰えていくのに ここちゃんの進化はまだまだこれから! 何とかついていかなきゃ。

 

Img_4709bb

 
 
 
 これは百均で買った「ツイスターゲームの指版」 手指も長くなったけど、やっぱりあどけなくて可愛い^^
 あっと言う間に中学生になるんだろうなぁ。
 夕方、帰宅したカッカから「無事帰宅しました」の報告とお礼のメールが届く。
「今日もたくさん遊んでもらって ありがとうございました」って。
 
 あぁ・・遊んでもらったのは こちらなんですぅ~。
 

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »