« 真心の応援 | トップページ | 初めての(場所へ)お出かけ »

2018年6月26日 (火)

「あばずれ」じゃないの

 高校時代の仲良しグループ5人全員が久しぶりに集合できた。
 
クラス会(という名の飲み会・もうクラスを越えて高校の同級生は誰でも参加できる)や 個別に会う事はあっても5人全員揃うのは なかなか難しい。
 私が以前より動けなくなった事もあって危機感を抱き、急きょ、私の住まいのごくごく近くでランチ会。
 思えば、5人で集まるのは いつも私が行きやすい近所。 クラス会よりも 我儘をきいてもらえる仲間。
 
高校時代、私鉄・単線・無人駅・30分に1本の名古屋市外から通学する私は『僻地』と言われ『ゆうんちへ遊びに行くのは小旅行』とも
 結婚してJRで名古屋から来られる場所に引っ越したので、ちょっぴり昇格。
 
今回集まる打ち合わせをする為に グループLINEを作った。
名前を決める時
私「ほら、あったじゃん。私達5人 そう呼ばれてた…えっとぉ…」 これは度忘れ。
私「あばずれ…じゃなくてぇ…」
Yと私「あくたれ!」
 5人揃ってのランチで「あくたれ5人組」の由来を語り合った。
 私は、3年の時のクラスの男子につけられたと思ってたけど、どうやら2年の時の担任だったらしい。
 そして
私「NとSとMは、全然 あくたれじゃなかったんだよねぇ」 誰も否定せず。
私「私とYは、授業は聞いてない・提出物は出さない・赤点常習・グループでやる作業は人任せで、あくたれだったけど。他の3人は そこそこ真面目にやってたもんねぇ」
Y「いや、私も ちゃんとやってたつもりです」
私「えぇ~? じゃあ あくたれは私だけって事?」
誰も否定せず。
…そうだったの?
 ずっと『美人』と言われ続けているN。
 癒し系で、聞き上手なM。
 おっとり静かなS。
 
 Yはと言えば、毒舌がウリ。 とりわけ男子に対して容赦なし。
誰もが認める「ハンサム」なA君の髪が細いのにいち早く目をつけて
「A君は 将来 絶対禿げる!」からの「禿げ!」呼ばわり。(3年前のクラス会では禿げてませんでした。その後は海外赴任で髪の状態は不明)
学校きってのお洒落で大人っぽいS君を「おじん!」
 それなのに 男女問わず誰からも可愛がられる稀有なキャラクター。
 
 Yと私は、毎日「ひぇ~~~~!」「うぎゃあ~~~!」と 箸が転んでも…鉛筆が落ちても大騒ぎして バタバタ走り回ってた。
 耳年増で羞恥心も無いので 聞きかじった『下ネタ』を二人して男子に振りかざした。
「ねえねえ、ホーケーってなに?」(イメージとしても カタカナの『ホーケー』笑)
「家で親父さんに聞け」
「ねえねえ 〇君って カセーホーケーなの?」(実は全然わかってない)
「あほか!」
 
 当時、流行っていた『シャインリップ(つやの出るリップクリーム)・マウスなんとか(口内にスプレーする口臭防止剤・柑橘系の香りのするスプレー』 (あぁ…名前が出てこない)
 私も愛用していて、なぜか私が使うと「出た! ゆうのインランセット!」と言われた。
『インラン』→『淫乱』なんだけど、それもカタカナのイメージ。
 この話題も出て
「全然 淫乱じゃなかったのにねぇ」
「私達の高校時代って、今の中学1年生くらいのレベルだよねぇ」
 ほんとほんと。
 
 ランチから スイーツまで5時間。
 『あくたれJK』だった5人の話題は、自身の健康・親の状況・子供の結婚・葬儀や法事の情報・介護施設の情報・・・苦笑。
 
 名古屋市内に住む三人と、名古屋を縦断してきた一人、私は車で10分。
 帰宅後は軽い疲労よりも、心地よい高揚感。
 それまで ずっと残っていた『眩暈が起きそうな感じ』が 消失しておりました。

Akuta

 誰かを「ひたすら指さす」遊びも やったなぁ…。何がそんなに面白かったのか。

「やめてぇ~~~」と 身をよじるのが する方もされる方も楽しかったんだよね。

何をしても面白かった時代。

「遠くまで来させてごめんね、ありがとう」

「楽しかったよ。また集まろうね」

 また集まれるといいな。 今の状況よりも悪くならないといいな。

|

« 真心の応援 | トップページ | 初めての(場所へ)お出かけ »

おばさんの独り言」カテゴリの記事