« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月26日 (火)

結果オーライの「プチ家出」

 ジェフユナイテッド千葉の監督が代わり、寿人の出番が来る予感。


 行こうかなぁ・・・どうしようかなぁ・・・と迷う週半ば。


一応 新幹線の乗り換え案内とはにらめっこして指定席購入の用紙も書いた。


 土曜日、夫が高校の同窓会に名古屋へ行くので駅まで送る。 新幹線指定席買うには絶好のタイミング。 とりあえず買っておこう!


この時期 前日に買うのは やっぱり無謀。


 帰りの新幹線は希望よりもかなり遅い時間帯しか無かった。


 買って帰宅して、車椅子席の申し込み(事前申し込みが必要)をしようとしたら・・・土曜日はお休みでした。


ん~当日 買えないとは思えないけどなぁ・・・。


 何もかもが不順。


「行くんだ!」って気持ちになかなかならないまま、日曜の早朝目覚める。


 


 実は夫への不満が溜まっていた。 母の心配もある。


私は夫に不満や怒りがある時 ガーっと怒れない代わりに無口になる。 日曜日の一日 不機嫌に黙り込む妻と一緒に過ごさなければいけない夫は可哀相だなぁ・・・私自身にとっても不健康だし・・・プチ家出するか。


 フクダ電子アリーナをプチ家出の行き先に定める。


 3日に初めて夫同伴で行ったから 車椅子ルートは確認できた。


日本語が通じる場所だもの、何とかなる!


 ・・・とは言っても やっぱりまだ不慣れな場所、スタジアムに着いて着席するまでは 無意識に緊張してるんでしょうね。


12時半くらいに着いて、車椅子席もアクシデントあったものの買えて、入場しコンコースを移動中『ひさとっ おーひさっとー おっおっおっおっ おっおおっおー!』の手書きボードが目に入った。


 あ! 寿人のチャントかも! 寿人 ベンチに入ったんだ!!


 スタジアムに到着する事に必死で、スマホでチェックするのさえ忘れてた。


 試合前のウオーミングアップが始まる。


 蛍光黄色のユニフォームの寿人だ!! やっと見られたーーー☆☆☆


 そしてゴール裏から始まる寿人チャント。


あぁ、広島時代 ウタカ選手のチャントのメロディだ。 ジェフ用に ちゃんと作ってくれたんだね。


 


 グランパスで仲良くなったお嬢さんが 大好きな選手について移籍した先で、彼のチャントが流れて泣いたと言った。


うんうん、絶対泣けるよね! 私も千葉で寿人のチャント聞いたら泣けるだろうな・・・と その時 思った。


・・・そして やっぱり泣けた。


 数ヶ月前まで赤いユニフォームだった寿人だけど、蛍光黄色も寿人。 チャントに手を上げて応える姿も寿人。


あぁ、やっと見られた。


 スタメン選手がピッチ脇に移動すると、控え選手がシュート練習をする。


 寿人 決めたじゃん! あ、2回連続だ! 次は? おぉ‼ 3本目も決まった!


え~~~試合前のシュート練習でこんなに連続して決める? 私 見た事ないかもしれない。よく「あ~寿人ぉ~ そこは決めないと~! キーパー空気読んで そこは決めさせてよ~」と怒ってた気がする。


 そして4本目も! きゃぁ~~~ほんとにぃ~~~? まさか5本連続は無いよね? 5本連続ゴールしたら、今日ゴールする!


したーーーーーーー☆☆☆☆☆


 また泣く。


 選手入場。


 3週間前には ぼんやり眺めてたんだよね。 チャントをハミングする事もなく手拍子もせず。


それがねぇ、寿人がベンチに居るだけで「寿人の居るチーム」になるのよねぇ。


 一生懸命 手拍子したわ。


Fukuari324


 ベンチの寿人の姿を目の端っこで捉えながらも、ジェフが攻めている時は「行け!行け!行け!」の気持ちで、ゴール前で必死で守っている時は「頑張れ!頑張れ!頑張れ!」の気持ちで 一生懸命手拍子した。


 ベンチ前の監督が動くと『寿人呼ぶかも』と注目もした。


結局 寿人が呼ばれる事はないまま、1-1の引き分けに終わった。


 3週間前は『私 やっぱりサッカーが好きなわけじゃないんだなぁ、もう一生懸命サッカー観戦する事もないかも』と思ったのに、一生懸命見て応援して楽しかった。


 試合終了後、スタンドのあちこちを見上げて手を振り声援に応える寿人の姿・・・ああ、また見る事ができたなぁ。


 


 一番のネックだった『帰りのタクシー』も3週間前よりもスムーズに呼べた。 何よりお天気がいいのが気持ちいい。


帰りのJRでは 人身事故の影響で運転が止まり「復旧は不明」のアナウンス。


 4時に試合が終わって、順調に行けば品川から6時台の新幹線に乗れるけれど、車椅子・タクシーの縛りがあるからギリギリは難しい。


よって7時台を買うつもりだったのに、8時40分しか買えなかったのが ここへ来て福と転じた。


もし7時台を買ってたら 乗りそびれるってドキドキしてたね。


 


 予想よりも早い復旧でJRには乗れたけれど「東京駅止まり」に変更された。


 さて、広すぎて移動が大変だから品川で乗り換えるルートにした私はどうすべきか?


ええい! 東京駅から乗ってみる!


 杖で歩くのなら無理だけれど、車椅子はこういう時 私には「自転車」 駅構内の床は走りやすいから スイスイと走って窓口へ行き 指定席を変更。


なんと当初買ったのよりも早い時刻に乗れる事になった。


 あぁ☆何もかもうまくいったなぁ~☆ 


車内から夫にLINEをする。 不満も怒りも消えて『平常心』で たくさんの報告。


 千葉行きを知らせた友達からも応援を貰って 無事に帰宅できた。


 


 疲れたけど、心は晴れ晴れ。 夫にも興奮してLINE報告の補足。


「プチ家出のつもりだったけど、行ってよかった~♪」


「プチ家出でしたか」


 


 

|

2019年3月22日 (金)

母との残り時間

 特養の母に大腸がんが見つかって一ヶ月が過ぎた。
 冬枯れの景色の中、駐車場の入り口の花壇にクローバーがこんもり。ちゃんと春が来てる。
Clover_1
 1月の時点では食欲もあり『なんで この状態で大腸癌?』と思った。
私がスプーンを口元に持っていくと ひな鳥のように口を開ける母が愛おしかった。
近い将来、食べられなくなる時が来るのを覚悟しているから、その瞬間も幸せだと思えた。
 ・・・ここ3週続けて、母の食欲が無い。
最初は「午前中にお風呂に入っていただきました」の午後だったから、心地よい疲れで眠いのかなと思った。
好きなお菓子を口元に持っていっても口を開かない。
 ぎゅっと唇を閉じてるのは「要らない」の意思表示ではあるんだけど。
 甘酒に挿したストローを唇の間に差し込むと ちゃんと吸い上げる。
ごくんと飲み込む音を確認して、またストローを挿しこむ。
 ちゃんと飲んでるから完全に眠ってるわけじゃないのよね。
 ユニットのリーダーさんが「母桃さんとの想い出の場所なんかありませんか? ゆうこさんと一緒に私達がお連れしますよ」と言ってくれた。
 思い出の場所ねぇ・・・母とはウインドーショッピングするのが好きだったな。
母は一人でチケットも買って観劇にも行ってたので 認知障碍を発症してからは、私がチケットを買って連れて行った事もあった。
 でも 今の状態では支援員さん達が手伝ってくれても観劇は無理だ。
 3年ほど前には、グループホームから連れ出して 近所のショッピングモールへ連れて行った事がある。
失礼ながら『田舎のデパート』なんだけど、店内に入った途端 母は目を輝かせて「ここは何? すごいねぇ~」
照明や商品の陳列棚を見ただけで 母は嬉しそうだった。
 何を買うわけでも 何かを手に取って見るわけでもなく、そこに居るだけで興奮してる感じだった。
 でも・・・その興味さえ どんどん薄れてしまってた。
 グループホームでの後半は、喫茶店へ連れて行くのも 車の乗り降りや喫茶店の椅子から立ち上がるのが難しくなって(どうやって降りるのか、椅子からすり抜けるのかが分からなくなってた)連れて行く私が体力的に難しくもなった。
 特養では、車椅子ごと母と私を乗せて喫茶店へ送迎もしてくれる。
 でも、その喫茶店でさえも母にとってはもう『いつもと違う怖い場所』のようで、全然落ち着かない。
 そういう状態なので「思い出の場所へお連れしますよ」と言ってくれても 「じゃあ〇〇へ!」ってわけにはいかない。
 支援員さん達も『残りの時間』を考えてくれてるんだね。


 今週はとうとう「無理に座らせておくよりも ベッドで休んでいただいてます」と。

 先週までは車椅子やソファーに座って テレビの前に居たりしたんだけど。

 ベッドで横になってる母に いつものように「おかあさん! 来たよ! おかあさん!」と呼びかけて肩を触っても目を開かない。

 ベッドの頭を少し上げて 温かい甘酒のストローを唇の隙間に挿しこむと・・・ちゃんと吸い上げる。

 起きてるんじゃん^^

 でも目を開かない。
 昼食も全然食べなかったとの事。
 大腸の腫瘍によって便が詰まるのを恐れて 繊維質の多いものや硬いものは与え無くなってる。
食材をテリーヌ状にした食事は きっともう嫌だろうなぁ。
「ゆうこさんがみえた時だけは 母桃さんのお好きな物を食べさせてあげてください」との事なので、ここ2回は、お惣菜や海苔巻きを買っていった。
 先週の海苔巻きは、箸でつまめる量を口元に運ぶと 卵焼きやでんぷを少しだけ食べただけ。
1時間かけても 皿の上の海苔巻きは形がほとんど変わらなかった。
 眠いの? 口の中が痛いの? 歯が痛い? お腹がはって食べたくないの?
わからないの。
 今週は甘辛いタレのからんだミンチカツ。
これも唇の隙間に少しずつ押し込む。
「おかあさん! 口 開けて! 美味しいよ!」
 ぎゅっと閉じてた唇が少しだけ空いて 口元についてた甘辛い衣が口の中に入っていく。
咀嚼する音。
 ああ、ちゃんと噛んでる。
「美味しいでしょ? もっと食べて! 目を開けて! おかあさん 口を開けて!」
 一口だけで、その後は唇も歯も きっちりと閉じられたままだった。
 少し前に ユニットで一番若い支援員さん(女性)が「この前、母桃さんが にこ~っと笑って『ありがとね~』って言ってくれたんですよ。私 感動しちゃって。早く娘さんにお知らせしたくて」と話してくれた。
 母の笑顔なんて もう何年見てないだろう。 もちろん声も聞いてない。
 そして母は支援員さんに お別れのつもりでお礼を言ってるのかなぁ・・・とも思った。
 昨日は父の墓参へ。
 春をはらんだ風の中、墓石を洗いながら「お父さん、お母さんを迎えに来る時は 優しくそっとお願いね」と語りかけた。
 優しい父だったから、絶対に母を怖がらせる事なく、優しく手を引いて連れてってくれるとは思うけれど。


 なんて書きながら『来年の今頃も まだ母はこんな状態で居て え~去年 亡くなるんじゃなかったの~?と言ってるような気がする』私なのでした。

Clover1_1

|

2019年3月18日 (月)

さあ!ここから!!

 昨日 ジェフ千葉はアウェイで引き分け。(寿人がベンチ外なのでダゾーンさえ観なかった…汗)
 
 結果を知った時の私の正直な気持ちは…ちぇ~負けなかったのかぁ…。
 
 サッカー無知で、寿人のミーハーファンで、チームを真剣に応援している人達には申し訳ないのを承知で『監督が変わらない限り寿人は出してもらえない』と 短絡的に思い込んでた。
 そこから必然的に『負け続ければ監督解任されるかも』と。
 引き分けでは 首の皮繋がったなぁ…。
 
 それが夜、グランパスを応援している中で親しくなったお嬢さん二人から相次いで『千葉の監督 解任されましたね!』のLINEが届いた。
 慌ててネットで確認。
 ほんとだった…。
 2人からは「良かったですね!」が続く。
 
 監督がどんな人なのか 私は全然 知らないんだけれど、先月、練習場で起きた衝撃的な出来事は いくつか私の耳にも届いていた。
 一つの側からのみの偏った情報かもしれないけれど、私の中では『監督 それはパワハラじゃないですか?』 との思いが膨らんでた。
 
 それを前提に 寿人のブログや公式サイトの画像や千葉のファンサポーターさん達のツイッターなどを見ていると 寿人がじっと耐えているように思えて辛かった。
 
 いくら真面目にトレーニングしても、絶対に試合には出してもらえないんだろうなぁ。
寿人は仲間との連係でゴールをするスタイルだから、そういう練習も重ねないと もし急に試合に出られたとしても 寿人らしいプレーを魅せるのは難しいだろうなぁ。
 
 そんな状況で厳しい練習に打ち込み続けるのは 言葉で言うほど簡単じゃない。
 神様が見ててくれることを信じるしか無かった。
 私が寿人の立場だったら も逃げ出すか諦めて自暴自棄になってたと思う。
 
 監督解任…天津風が吹い! と 思った。
(監督を信頼している人達には ごめんなさい)
 
 寿人 よく耐えたね。
 さあ! ここからが 寿人の本当の勝負の始まり。
 もう 監督のせいにはできない。
(どうか新監督が寿人の良さを活かしてくれる人でありますように)
 
 グランパスで、選手とサポーターの距離をぐっと縮め、チームのイメージを大きく変えた功績は サポーターさん達にも評価されている。
 その手腕も期待されているはず。千葉でも発揮してほしい。
 まずは試合に出て、黄色いユニフォームでピッチを駆け回り、ファンサポーターの心を熱くしてほしい。
  そしてゴールだよ!
 広島の名古屋のたくさんのファンサポーターさん達の想いを背にゴールに向かえ!!

|

2019年3月13日 (水)

じんわり~♡

 3月10日 名古屋ウイメンズマラソン2019が開催された。
 後日、新聞に様々な記事や写真が掲載される中、私が釘付けになったのは この写真!

Family

 授乳の為に、救護所へ入ったお母さんと その家族の大きなカラー写真。

 まず、お母さんと じっと見つめ合う赤ちゃんが可愛いよね。

お母さんの笑顔が分るんだねぇ、赤ちゃん嬉しそう。

 そして次に目が行ったのは二人のお兄ちゃん!

 右側はおそらく『下のお兄ちゃん』 彼の左手が赤ちゃんに自然に触れてて、顎は赤ちゃんの顔の近くに乗っかってて きっと赤ちゃんの匂いを無意識に嗅いでるんだろうなぁ~^^

 大好きな可愛いものには 人間 無意識に触れたくなるよね。

 『上のお兄ちゃん』は、愛おしさの溢れる眼差しで赤ちゃんを見つめてる。

 おそらくお父さんは、新聞社のカメラマンに撮られてる事を意識しちゃってるんでしょうね、普通の優しい顔。

 だけど、お兄ちゃん達はカメラなんて関係なく 赤ちゃんに夢中。

 そう思いながら しげしげと見つめると、上のお兄ちゃんの左手は赤ちゃんの髪(頭)を撫でてるのね。

 長男君も無意識に可愛い妹に触れてるのねぇ。

 着ている服の色から、赤ちゃんは妹だと思う。

 お兄ちゃん達は 妹が可愛くて可愛くて仕方ないんだなぁってのが伝わってくる。

「ボクの大事な妹♡」

「ボクの可愛い妹♡」

「ボクの宝物☆」

「可愛いなぁ~」「大好きだよ~~~」

 心の声が聴こえてくる。

 お兄ちゃん2人に可愛がられて幸せな妹は これからどんどん大きくなっていくんだね。

両親だけじゃなく、小さなお兄ちゃん達の愛情もたっぷり注がれて 妹は成長していく。

 お話するようになったら、可愛さが倍増して 2人のお兄ちゃんはメロメロでしょうね^^

「おにぃーたぁん」なんて呼ばれたら 自分たちの遊びも放り出して飛んできそう。

 まだ幼い次男君のつむじや睫毛を見てると 彼らも愛おしい。

 この写真だけ切り抜いて 毎日何度も見ては ニマニマしたり、感動して涙ぐんだり。

 この写真、きっと新聞社からプレゼントされるよね?

 当事者が頼めばくれるよね?

大きくプリントして額に入れてリビングルームに飾ってほしいわ。

 お兄ちゃん達 外で自転車に乗る時は 車に気を付けてね。

元気で優しいナイトとして、妹を守ってあげてね。

 そんな事を思っている赤の他人が ここに居ます…苦笑。

|

2019年3月 6日 (水)

はるばる

『試合には出ないだろう』と想像できたので、試合前に練習場へ行く事に。
 
 一か月前に買った新幹線指定席を買い替えなければいけない。
雨予報だし、寿人の出ない試合は夫も興味が半減してそうなので、一人で行こうかなぁ…と金曜日 変更に行く前に考えた。
 車椅子に乗っていれば転倒の心配が無いし、眩暈が起きたらそのまま座っていられるし、全然歩けないわけじゃないから、いざとなれば車椅子を押して歩けば良いし、日本語が話せれば初めての場所でも周りの人に聞いたり、援助をお願いしたりして、何とかできる!
 珍しく察知したらしい夫から「一人で行く選択肢はとらないように」とLINEが届いた。
 と言う事で、夫の気持ちに甘える事にして、指定席だけ変更した。
 
 一ヶ月前からルートはネットで色々調べてある。
 
 ジェフユナイテッド千葉公式サイトにあるアクセスは、私には不都合。
最寄り駅から車椅子で8分は無理なので、違う駅からタクシーを利用する事に。
それに伴って乗り換える路線も再考。
無駄な走りをせずに済むように、駅構内図をしっかり見て動きを予習。
 
 それだけ前準備しておいたけれど、予想通り、平面図と実際は違うのよねぇ…。
ちょっと迷ったり、狙っていた場所じゃない所へ出てしまったりしたけれど、ちゃんと辿り着けた。
 
 雨の日の車椅子は面倒臭い。
大きなレインポンチョで全体を覆うけれど、タイヤやリムが噛む。
練習場では幸い屋根の下に待機できた。
 普段はあまり興味の無いガチャも『せっかくオフィシャルショップがあるんだし、時間もあるから』とやってみる事に。
 たくさんのガチャから少し離れた場所で財布を出していると、ジェフユニの爽やか美人のお嬢さんが「寿人選手のファンの方ですか? もし良かったら これどうぞ」と、寿人のリボンガチャを。
「ありがとうございます~~~!!」と譲っていただいた。
 練習場では、たくさんの見学者が居て 時々「寿人」の名前が聴こえてきた。
『ベンチ外らしい』寿人を見に来てるのは私達だけじゃなさそう。
 仙台から・広島から…の人も居た。
 
 冷たい雨の中の練習を終えて選手達がクラブハウスに消え、さあ 私もスタジアムへ移動せねば。
 タクシーを呼べる距離じゃないのよね…頑張るしかない。
 舗装された歩道もアスファルトも 車椅子で数分走るとすごく疲れるの。
一般的な建物の床なら どれだけでも走れるんだけど。 見えない勾配もあり、ガタガタガタガタ…あらぬ方向へ進む。
 車椅子が壊れるんじゃないか。
 夫は傘を差してるから、私はポンチョを着て車椅子を押して歩く事に。
 
 フクダ電子アリーナスタジアムは外観もお洒落で素敵。 写真撮れば良かったなぁ…その時は 雨の中 とにかくスタジアムにたどり着くのに必死で、写真どころじゃなかった。
 ポンチョの裾をドロドロにしてスタジアムに到着。
どこから入場するのか、車椅子用エレベーターを探すのも一苦労。
 
 スタジアムグルメには目もくれず、やっとコンコースに到着してホッとする。
 
 オフィシャルイヤーブックを買った先着150名に、選手サイン会の参加券が配られる。
練習場のオフィシャルショップで購入し、参加券も入手。
 試合に出ないんだからサイン会は寿人でしょう!
 時間になって行ってみたら…寿人じゃなーーーい!!
 はぁ…ガックリ。
 
 試合前に選手がサイン入りミニボールをスタンドに投げ込むイベントがあるのを忘れて トイレに行ってた…。
 ベンチ外の選手も参加したのかなぁ…。

Img_20190306_002732_2

 蛍光黄色のユニフォーム、買う前にネットで見た時は「え~~こんな黄色かぁ…そこに緑色なんて…ん~安っぽいなぁ…だいたい こういうスポーティなデザインは似合わないんだけど、この色合いは特に無理だ」と思ったのに、ギリギリに届いたレプユニを見たら「あら、意外といいじゃん♪」だった。

 スタジアムで見ると鮮やかに目に飛び込んで来て うんうん良いわ! 元気出る。

 でも…キックオフ前の両チームのチャントも私の前を流れていくだけ。

 寿人ファンになってからの13年間、チャントにはハミングで唱和し、たまに訪れるアウェイスタジアムでも 相手チームのチャントを興味深く聞いてたけど、今回は違ったなぁ…。

Img_20190306_002515

手拍子もせずに ぼんやりしててごめんなさい!  だってしんしんと寒かったし…。

 

 帰りのタクシーを拾えないのを想定して、試合終了より前にスタジアムを出る。

スタジアム内から時折 起こる歓声を聴きながら「点 入ったね」

…電話で呼んだタクシーが到着したのは、結局 試合終了直後だったみたい。 スタジアムから一斉に人が出て来たもん。

 最後まで見てたら、あの混雑の中 車椅子で出るのは大変だったかも…タクシーももっと時間かかったかも。

 

 寿人がベンチ外な事について、ファンサポーターさん達も疑問を持ち始めた様子。

スタンドの席に座る寿人の前にジェフサポーターさんが立って、けっこう長い間 話しこんでた。

「頼むぞ」「何とかしてくれよ」「寿人に期待しているから」と言ってくれたかなぁ。

 

 試合当日に怪我もしてないのに、練習場に居る悔しさをエネルギーに換えて、寿人の力を見せる時が来るといいな。

 

 初めての千葉遠征、多少 迷いもしたけれど、車椅子を『押して歩いた』距離はわずかだったので、足の疲れは夫の方があったと思う。

 私は足の疲労はほとんど無い分、腕も肩も疲れて、昨日の通院は車椅子を走らせるのが無理でステッキにした。

 車椅子は安心だけど、面倒な面もある。

 シルバーカーなるものを買ってみようかな…と 思い始めている。

Img_20190306_002231

 でも これはこれで不必要な場所では連れて歩くのが『邪魔』になるよねぇ。

このピンクの花柄の方、よく行く店舗でお値打ちになってたんだけどなぁ…。もう売れちゃったよねぇ。

 

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »