« ぴっちー号(マイ車椅子)頑張った!・・・けど | トップページ | 「老いる」ということ »

2019年6月28日 (金)

白まんま

 昨秋、夫が何かのポイントか ふるさと納税か 忘れたけれど「お米」を取り寄せてくれた。

 その頃 食べかけだった米びつの中の白米を数日かけて食べ終え「新米♪ 新米♪」と 歌いながら、届いた米を米びつに移す・・・あれ? なんか茶色いなぁ。

 その日の夕方、茶色い米を洗うも なんかいつもと感じが違う。

そして炊き上がると・・・なんじゃこれは?! 硬い! 食べられたもんじゃない。

 

 う~ん、なんでこんなに変なお米なんだろう? 

眼鏡をかけて あらためて袋を見てみると・・・「玄米」と書いてある。 

もっとよく見てみると、洗ってから炊くまでに一晩つけておくって。

ひぃーーー。

 いつもの白米のつもりで洗ってすぐ炊いたらダメなわけだ。

 

 翌日は、説明通り洗うのは白米より簡単に、でも炊くまでに6時間おいた。

炊き上がりは・・・うん、香ばしい。昨日のような硬さは無くて なんだか体に良さそうな味わい。

 

 数日 玄米を食べていた。 ちょうど 寿人が移籍したジェフ千葉では 選手の食事が玄米だとも知った。

 

 だが・・・しかし・・・我が家は「玄米通」には なれなかった。

二週間ほど玄米を食べ続けると『ああ、今日も玄米かぁ・・・』となり、三週間目には『うっぷ・・・もう食べたくないよ』となる。

 で、スーパーで白米3キロを買って来た。

久しぶりの白米を炊く。 匂いからして違う。 炊き上がって炊飯器の蓋を開けると・・・おぉ~懐かしい白米! 白く輝いてる。

「今日は白まんまですよー」

「おー」夫も嬉しそう。

特別なおかずじゃないのに「あぁ、やっぱり白まんまは 美味しいねぇ~」

「そうだねぇ~」

 

 でも玄米は食べなくてはいけない。

玄米を数日続けたら「今日は白まんま♪」を挟む。

玄米はたくさん炊いて 翌日はチャーハンにするなどして味を誤魔化す。 カレーライスもしてみた。 

 あぁ・・・白まんまが食べたい。

時々 白米を挟み込みながら 玄米一袋は食べ終わった。

あと一袋だ・・・。うぅ・・・辛い。

 

 健康食として玄米は注目されてるし、主食にしている人もいるのは知ってるけど、我が家では無理でした・・・。

二袋をやっと食べ終えて、晴れて白米を買った日の解放感♪

 

 あぁ、今日から白まんまだーーー♪

 

 白米再開から もう2ヶ月過ぎたけれど、今でも夕飯を食べながら 時々「あ~ やっぱり白まんまは美味しいねぇ~」とつぶやいてしまう。

 

 ありがたい、ありがたい白まんまなのでした。

 

|

« ぴっちー号(マイ車椅子)頑張った!・・・けど | トップページ | 「老いる」ということ »

日々のこと」カテゴリの記事