« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月25日 (火)

ささやかな模様替え

 27年前、マンションに入居する時 設えたカーテン。

市内のカーテン屋さんへ3日間通って選んだ。

お値段もそこそこ高かったし、今でも飽きずに気に入っている。

でも・・・さすがにレースのカーテンが傷んできた。 頻繁に開閉するところが擦り切れて破れると、数回は手縫いで繕ったけれど、こっちを直せば あっちが破れる・・・で 別の部屋の傷んでないカーテンと取り換えもした。

 買い替えようかなぁ・・・でも 本当に気に入ってたんだもん。これに相当するレースのカーテンには なかなか巡り合えないよ。

巡り合いました!!

 通販カタログで一目ぼれ。ちょうと1000円引きクーポンもあり『買い替えるなら今だ!!』速攻で注文した。

以前はカーテン屋さんが来て測ってくれたので、初めて自分で窓の大きさを測った。

リビングの掃き出しの窓は大きいので100㌢幅が3枚欲しい。 ところが2枚セットしかない。 2セット買うしかないな。1枚はどこかに使おう。

 届いて付けてみたら・・・うーん。 前のが豪華だったので、なんだかすっごく安っぽく見える。

そこで思いついた。2セット(4枚)を使おう! その為には吊るすランナーも増やさなければ。

 近くの寝具屋さん、カーテン屋さん(以前の店は大きくなって移転)にも行ったけれど、型が古くてもう扱ってないって。ネットでも調べたけれど無い。

 うむむむ・・・。

閃いた!

タックを寄せて同数のランナーに合わせよう!

太くて長い針でタックを寄せる・・・焦点が合いにくく視力が落ちてるので何度も指先を刺して血が出たー汗。

 

 そして完成!!

落ちないように細心の注意を払いながら脚立に乗って吊るす。

おおおぉぉぉーーー☆ いいじゃーーーーん☆彡☆彡☆彡

一目惚れした端っこのスカラップ やっぱり素敵~~~♡

Dsc_2402

 でね、ランナーを探してる最中に、カーテンを留めるタッセルも買ったの。以前は共布だったけど、タッセルに付け替えたら これまた素敵度が上がった!!

Dsc_2404

なんでもっと早く買わなかったんだろう?

 夜でも カーテンを開けてタッセルで留めて、レースのスカラップがよく見えるように整えて・・・少し離れて「ふあぁぁぁ~~~素敵ぃ~~~☆」もうため息が出ちゃうくら素敵。

 タッセル 780円×2

 レースのカーテン 2セットで1万円ちょっと。

手間はかかったけれど、こんなに嬉しい気持ちになれるなんて! 安上がりな私。

 

 さて、外した古いレースのカーテンですが・・・繕えない大きさの破れの物はさすがに捨てた。

でも そうじゃないものは、綺麗に洗って また別の部屋の一番傷んでるのと取り換えた。

Img_20200223_104749

 だって、これはこれで やっぱりいいんだもん。

 

 相変わらず「捨てられない」私なのでした。

 ・・・そもそも同じカーテンを27年間 使い続けてるのってすごいよね(汗)

 

 

 

|

2020年2月21日 (金)

天丼 食べた~い!

 食べられない10日間から復活した後、夫が「天丼 食べに行こうか」と。

昨秋 近所に移転してきたお店で夜のコースを頂いて すっかりファンになった。

数日前から ♪てーんどん ♪てーんどん♪ と歌い踊って(人工股関節の為、ステップは踏めない)いた私。

 2月11日の祝日 開店の11時半に スキップしながら(気持ちはしてるけど、人工関節の為 スキップはできない)お店に到着。

すでに多くの席が埋まっていて「今日はコースのみになりますが良いですか?」と大将。

うぅぅ・・・仕方ない。

 予約のお客さんも続々と入って来て、すぐに満席に。

 

 夜のコースと同様に 厳かな儀式のように「本日のネタです。食べられない物ありますか?」と下ごしらえした食材をバットに載せて見せてくれる。

 あえて前回とは違う席を選んだのは、大将が揚げるとこ見たかったから。

Img_20200212_210842

 

<天ぷら職人>の腕前を鑑賞しながら、絶妙なタイミングで一品ずつカウンターのお皿にのるてんぷらをいただく。

 全部で11品。ご飯とみそ汁(これがまた美味しい)とお新香とデザートまで。

Img_20200212_212331

天丼のつもりで来たけど、これは3000円コースかな・・・と思ってたら、税込み2200円でした~!

満足満足。

 でも大将に聞いてみる。

「天丼は どうすれば食べられますか?」

予約はコースのみで、お客さんが多い時はコースしかできないとのこと。

飛び込みで天丼を食べられるのはタイミング次第。

そうなのね・・・。

 

さて ♪て~んどん食べたい♪私は 数日後の平日、一人で乗り込みましたよ。 平日なら大丈夫でしょう!

 

ところが・・・

『誠に勝手ながら、本日のランチはお休みさせていただきます』の貼り紙。

そ・そ・そんなーーーーーーぁ!!

つくづく私は かのお店の天丼に縁が無いとみえる。

 

 おさまらない私はスーパーで天丼を買って帰宅。

Img_20200218_141254

これが思いの外 お得だった。398円で、エビ2尾・かぼちゃ・さつまいも・れんこん・なす・オクラ・三つ葉・木の芽と てんぷらどっさり。

ご飯は少なかったので美味しく全部 食べてしまった。

しかしその後、胃がもたれたーーー!

 やっぱりてんぷら屋さんのてんぷらは 軽くて胃にもたれないんだなぁと再認識した事でした。

 

 いつ ここの天丼を食べられるんでしょうか?

花桃 まだ諦めてませんよ!

 

 てんぷらの詳細は、花桃ゆうInstagramにアップするので見てやってください。

深夜に見ると食べたくなっちゃうかも~。

|

2020年2月19日 (水)

お姉ちゃんの想い

 少し前の中日新聞・発言欄に こんな投稿が掲載された。

Dsc_2288

この地名の投稿はよく見かけるので、学校の国語の授業で書かせたものを先生が投稿してるのかな?

 

それはともかく・・・私はこのお姉ちゃんが可愛くて可愛くて^^

「30分くらい独りじめにできたらいいのに」

家に居る間は、弟王子を見る事はできるのに『ひとりじめ』したいのね^^ 

ご両親や妹と一緒に・・・じゃなくて『二人っきりになれる』のがいいのね^^

『一時間以上も弟と二人っきり』で、お姉ちゃんは うっとり見つめたり、抱っこしたり、頬や手に触れたりするんだろうね。

弟を独占する為に、あれこれ作戦を真面目に考えてるお姉ちゃん^^ 可愛い・・・泣笑

 

 私には忘れられない瞬間がある。

弟がよちよち歩きだったから、1歳半くらいで 私は4歳くらいかな。

父と3人で ちょっと遠くの公園(久屋公園・当時は だだっ広い公園だった)までボールを持って歩いて出かけた。

私は茶色の濃淡の縦じま模様のオーバー、弟は水色のもこもこのオーバー。カラー写真が無い時代なので、これは私の記憶のはず。

ボールを抱えた私は、もこもこよちよちの弟の手を引く。

オーバーの下にも厚着をし、涎掛けもしてる弟は本当にもっこもこまるまるとしてて、私が手を引こうとすると 小さな手で私の手に摑まってくる。

その無垢でいたいけな手を握った時、私 胸がキュンとしたの。

当時の私には「胸がキュン」なんて語彙が無く、初めての不思議な感覚を知った瞬間だった。

胸がもぞもぞして、くすぐったいような、愛しくて大切なものに触れるおそれのような感動。

それまでも『弟を可愛がるやさしいお姉さんだった(母談)』けれど、この感情は母性の目覚めだったんじゃないかと 大人になってから思い出すようになった。

 私がちょっと誇らしげに笑みを浮かべて、弟の足元を見ながら歩いてる姿は、その時 父が撮った白黒写真に残っている。

その続きの写真では、広場のオブジェの低い壁にボールを乗せる私の横に 指を吸う弟がぴったり体をくっつけてる。

まだ赤ちゃんの弟が無意識に信頼できるちっちゃなお母さんだったんだろな。

 

 その後、弟に対してだけでなく、幼い子供に触れる時 しばしばこの感覚を味わった。

 膠原病・全身性エリテマトーデスで 赤ちゃんを産めなかった私は 母性の行き場が無いまま還暦を過ぎてしまいました。

 

 先述のお姉ちゃんも きっと弟王子を愛しく大切に可愛がるんでしょうね。

健気なお姉ちゃんに『二人っきりの時間』を与えてあげてくださいな。

 

 

 

|

2020年2月12日 (水)

お福分け

 ブログを読んでくれてる広島の小春ちゃんから「お福分け」が届きました♪

Img_20200207_224053

 2枚当たったうちの1枚ですって!

「思い入れのある人が持ってる方がいいから」って。

「私達には寿の字が嬉しいしねぇ~♡」って。

ほんとだぁ~~~! 『寿』じゃ~ん。

ここ数年、デザインが可愛らしくなってるよね。

昔は、干支の和風なイラストばかりだったはず。

そして、写真撮ってて気づいた。このシート 星型の穴が開けてあるのね! こんな遊び心まで。

え~ん、どうやって使うのー!?

今までもそうだったように、私 いつか使うんだよねぇ。

昔、広島で売られた寿人の記念切手シートでさえ 数枚だけ残して実際に貼って出してるし。 だって持ってても仕方ないもん。はがきや封筒に貼って出すのが嬉しいんだ♪

 でも この星型の穴があいた台紙は貼るわけにいかず・・・1枚しかないと やっぱり使えないかなぁ。 

 

 臥せっていた我が身には 嬉しい嬉しいお年玉でした。

 

|

2020年2月 5日 (水)

甘い誘惑

 花桃ブログを読んでくださってる皆様・・・先週 更新してから1週間が過ぎました。

え? まだ治って無なかったの? と 思われますよねぇ~。

長年の付き合いの方は想定内ですね。

 

 週末辺りから 気持ち悪いのが少し楽になってた。 でも どうしても起きていられない。

『入院したいなぁ~』ぼんやり思い始める。

点滴(ぶとう糖とか?)すれば元気になるかも~(あくまでも素人の浅はかな考え)

 どうせ寝てるだけなら入院してる方が楽だよねぇ、夫の負担も多少は減るし。寝てても検査してもらえるし。

 

 4日(火)は、月に一度の内科の定期診察日。 総合病院って色々便利なんだけど、体がしんどい時は『病院へ行く』事がしんどい。

・駐車場から院内までが遠い。

・院内での移動も長距離。

・会計などの手続きも面倒。

普段の通院の時は『ほんとにK市民病院っていいわ~。手続きの導線もシンプルだし』と思うのに、体がしんどい時は 全てが億劫で『家で寝ていたい』になっちゃう。

 

 それが少しだけ回復してきたのと、夫が同行してくれる事になって、ちょっと元気に。

そこでまた『入院したいなぁ~♪』が頭をもたげてくる。

 

「あたくし、ただいま 別荘におります。世間では市民病院に入院しているとも言います」とのフレーズで始まるブログも 長年にわたり幾度も更新してきた。

それくらい『身近で安心できる』のが 私の入院。

 先週半ばまでは『先生に 入院したいって頼もう!』と思ってたのが、回復と共に『入院した方が楽だよねぇ~』『どうしようかなぁ~』『入院したいと言えば させてくれるよねぇ』となり 月曜日には『先生が入院するか?って聞いたらしようかなぁ』と 自分から頼む程ではなくなった。

 

 とりあえず『入院セット』は、夫にわかるようにしておいた。下着などもそこに入れた。「入院」と言われたら、夫が荷物を取りに戻ってすぐわかるようにね。

 体調不良の時は、それまでの経過をメモ書きにして持って行く。

一番しんどい時期は過ぎているので、私もかなりしっかりしていて、W先生もそんな私を見て さほど深刻ではない表情。

胸の音を聞いて「嫌な音はしないぞ」 背中の音も聞いて「ん? 右側にザラザラした音があるなぁ。これはちょっと気に入らんなぁ・・・胸のレントゲンだけ撮って来られるか?」 もちろんでございます! ちゃんと簡単に着脱し撮影できるよう着る物も選んでまいりましたの。

一瞥するなりW先生「さすがエキスパートだなぁ! あッはッは!」 褒められたーーー☆

長年お世話になって信頼関係もあるW先生の豪放磊落な対応には いつもいつも元気づけられる。

 

 ここで『自慢のK市民病院』のメリットが活きまして、W先生からレントゲン室にPCで依頼がすでに行き、私は車椅子でシャーっと行って撮影し、3分後には診察室に戻る。

レントゲンを凝視したW先生「問題無いな」「ただの風邪だったんだろう」 (⌒▽⌒)アハハ! 安心した~。

 ここ数日、私の最終手段・伝家の宝刀『ステロイドホルモン剤大量投与』をしてたのを「ステロイドも そんなに飲まなくていい。元に戻していい」はーい♪

 

 珍しく心配してついて来てくれた夫に安心の報告。 病院の食堂で遅い昼食。 ずっと食べてないので、きしめんをお椀にとって少しだけ。夫のおかずも少しずつ貰う。

 はぁ・・・美味しい・・・胃にしみわたる。

 

 『入院した方が楽だよ・・・』との囁きも消えた。 やっぱり家に居ないとできない事があるからね。

車検・免許更新・ドアフォンの付け替え・年金事務所への手続き・・・キャンセルや延期した事がいくつも。

 まだ本調子では無いけれど、食欲が出て来たのは良い兆候。

 

 仕事も休み、ボランティアも他のメンバーに頼んだ。

少しずつ 片付けて行かないと。

 

『入院しない年月更新』が 新年早々 止まる処だったけど、クリアできました。

 

 夫になるべく負担をかけないように『ちょっとだけ無理すればできる事』は、頑張って自力でこなして来た私だけれど、ここ数年 夫への負担がどんどん増してるなぁ。

 甘えさせてもらえる事に感謝。 でも自分がちょっと情けない。

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »