« 母のお役目 | トップページ | 私の「寿人呼び」 »

2020年3月24日 (火)

「天丼食べた~い!」の顛末

 2月21日に『天丼食べた~い!』 とブログを更新し、あれから数回チャレンジいたしました。

 2回は、お昼にお店を覗いて「今日は天丼 食べられますか?」と聞き、もう1回は電話で同様に。3回とも「すみません、今日は予約でいっぱいで…」 その3回以外にも数え忘れてるのがある気がする。

 もう私は あの店の天丼を食べる事はできないのかしらん・・・。

 最後の手段、夜のコースの〆のご飯は、追加料金で天丼か天茶漬けに変更できるので、それで行く事にした。

以前、夜のコースを頂いた時も、丁寧な仕事に感心し、季節の素材を贅沢に使った天ぷらに舌鼓を打った。

Teru1

この日も、フキノトウや稚鮎・ズッキーニ・マコモタケ…と 普段 なかなか口にできないネタが次々に登場。

茶碗蒸しもお座なりじゃなく、ソラマメが入ってる。

Teru3

「美味しいねぇ~!」「すごいねぇ~!」と呟きながら 揚げたてのてんぷらを口に運ぶ。

 

 そして最後の天丼!(コースの天丼は かき揚げ丼)

大将が「たまごをサービスで付けますね。これで昼の天丼に似た感じになります」って。

そう、ランチの天丼は黄身が揚げてあるらしいの。

Teru2

 待望の天丼だったのに、私のお腹は それまでのてんぷらでかなり満たされてた。

ここのてんぷらは、いくら食べても胃にもたれないので「もうお腹いっぱ~~~い! 食べられな~い」とはならない。

だから『満腹で天丼の美味しさを感じられなかった』って事は無いんだけど、お昼にお腹を空かせて「天丼 天丼 て~んどん♪」とスキップして行って食べる一口目とは違うよねぇ。

初めての『黄身のてんぷら』も美味しかったのに「うわぁ~い♪ 天丼だ~~~♪ むしゃむしゃむしゃ!」とは ならなくてもったいなかった。

 

 デザートを頂いてる時、大将が「お昼の天丼ですが、金曜日の昼は予約を一切取らないようにして、コースはお断りし、天丼のみでやろうと思ってます」って。

 うきゃぁ~~~! それって「今日は天丼食べられますか?」と尋ねては 連続お断りされた可哀相なお客さんの為?

ありがたく恩恵にあずかりましょう!

 

 お腹を空かせて「天丼 天丼♪ て~んどん♪」とスキップ(股関節が悪いので実際にスキップはできない)しながら参りますからねぇ~!

 

|

« 母のお役目 | トップページ | 私の「寿人呼び」 »

日々のこと」カテゴリの記事