« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

紫耀くんからのメール(なりすまし詐欺メールの話だよ)

 紫耀くんからメールが来ましたーーー☆

 以下、メール原文にツッコミを入れつつ再現します。

 

4月4日 8:10

滝沢君すいません。紫耀です。

残念!おばちゃんは<紫耀>という名前にピンと来ず<滝沢君>には反応して、ジャニーズの子を騙る詐欺メールだな~と思ったのでした。

実は携帯水没させて壊れたから解約したんですよね💦 それで新しい携帯を今頼んでて、新しい携帯がくるまでの間事務所から一時的に携帯を借りてメールしました。
昨日LINEで相談したキンプリの件で再度話したかったんですけど、事務所から借りた携帯はアプリをダウンロードできないようになってて、LINEをインストールできなかったんですよ💦 

なるほど、上手い設定^^ でも文章がちょっと下手。

それでキスマイの藤ヶ谷君から滝沢君のアドレス聞いてメールしたってわけです😃💦

ほぉ~~☆ そこでKis-My-Ft2 の藤ヶ谷君を出すか^^ 更に上手いね。

今話せますか?

ふふふ…ここで「間違いメールですよ」って電話をかけさせるわけね。

あたしゃ そんな純情じゃありませんことよ。



4月4日 18:04

紫耀です。もしかして今忙しかったですか?

お! また来たよ^^

俺が所属しているキンプリの件をどうしても緊急で滝沢君に相談したくてメールしたんで、できればこのメールに気づいたらすぐに連絡ください😖

アハハ…紫耀君って、キンプリの子だったのね。知らなくてごめんね~。

朝のメール読んで 私が「ジャニーズの誰よ?」って呟いたの聞こえた?


さっきも言いましたが、事務所から借りてる携帯はLINEをインストールできなくて、こうしてメールでの連絡になっちゃってすいません💦
では後輩なのに我儘言って申し訳ないですがよろしくお願いします!

ハイハイ。 そんな急ぎの用事なら、誰かの携帯借りなさいよ。ジャニーズのアイドルでも新しい携帯はすぐには貰えないのね(笑

 

4月6日 8:10

もしかして滝沢君じゃないんですか?ずっと滝沢君にメールしてると思ってたけど、俺間違いメールしてます?💦ちゃんと滝沢君のアドレスを藤ヶ谷君に聞いてメールしたつもりだったんだけどな😞

二日たっても まだ新しい携帯 手に入らないの? しつこく藤ヶ谷君を出してくるねぇ~。


でもこれだけ連絡がないのって初めてだし、ほんとに滝沢君じゃないのかな?もし間違いメールだったらめちゃくちゃ失礼な事だし謝ります😖

とにかく間違いなのかどうか知りたいので返事もらえませんか?
平野

 

外部の人間に『キンプリの件で相談したい』と漏らすなんて 失礼というよりも大問題よ。謝るよりも『大変な事しちゃった!!』って冷や汗ものでしょ。

「間違いですよ」って電話してあげなきゃいけないのね^^

 

4月7日 9:14

滝沢君 すいません。紫耀です。…以下1通目と同文…

ちょっとぉ~ 詐欺メールなら もっと真面目にやらなきゃ。

まったく同じ文面を同じ相手に送り付けるなんて…詐欺メールですよって表明してるようなものじゃん。

4月8日 00:24

紫耀です。もしかして今忙しかったですか? …以下2通目と同文…

詐欺メール、もっときちんと管理しないと~。

 

2通目あたりで迷惑メール申告したのが やっと反映されたのか、この後 同文の3通目は来なかった。

 

これ、優しい人が「間違いですよ」って電話したら

「連絡くれて、ありがとうございます! 親切な人で良かった」からの

「僕 ジャニーズ事務所のキンプリの平野紫耀と申します。親切な方に間違いメールしてしまったのも何かのご縁」からの

「ちょっと話を聞いてくれませんか?」へと展開だったかな。

で~内緒の打ち明け話の挙句「早急に必要なんだけど自由になるお金が無くて…」でしょうね。

 

 親切じゃないし、紫耀君を知らないお婆ちゃんで残念でした~!

 

しかしながら、私はこれで彼を初めて認識しましたよ。

けっこうテレビに出てるのね。うんうん、お顔は当然 可愛いし格好いいし、クールな外見に合わず なんだか憎めない天然キャラのようで魅力的だわ。

たどたどしい文章も『紫耀に成りきって』だったのね。純粋なお嬢さんを『紫耀らしい♡』って思い込ませる名文だったのかも。

 

以来、テレビで彼を見る度に「私 この子からメール来た!(注:なりすましの詐欺メールです)」と 夫にしたり顔で言い放つのでありました。

 

 

|

2020年4月22日 (水)

向上心

 先週のブログ「学ぶ」には続きがありまして。

 その日、帰宅した夫に番組の事を話し

「スポーツって頭も使うんだね。6年生で、これを知ってるのと知らないのとでは 全然違うよね」

「全然違うと思うよ」って話から・・・

「僕は、ドッジボールでも肩や膝から下を狙って投げてました」って。

ひぃぃぃーーー! なんですってーーー!!

 小・中学の同級生である夫とは 一度も同じクラスになってないので、ドッジボールを一緒にした事も無いと思うけど…そんなヤツ(笑)と対戦しなくて良かったぁ~~~泣。

 運動は苦手な私だけれど、ドッジボールは好きだった。 皆でワイワイするのは楽しいし、逃げ続ける事ができれば、一応 最後まで残っていられるから。

 相手のボールをキャッチして攻撃に転じよう!! なんて 微塵も思った事はなく、ただひたすら『当てられないように逃げる』だけだった私。

 奇跡的に近くで転がったボールを私が拾ったとしても、自陣に投げ返す力はあるはずもなく、相手コートにひょろひょろっと投げてキャッチされて、センターライン際(何とか自陣に届くようにと ギリギリまで前に出て投げてたと思う)で逃げそびれてる所を狙い撃ちされるのが関の山。

 そんなへなちょこな私と同学年に『肩と膝下はキャッチしにくい』と考えて狙ってた男子が居たとは!

球技が得意な子は そもそも運動神経が良いので、私とは別次元だと思ってたけど、運動神経の問題だけじゃなかったのね。

 

 中学の部活では卓球部に所属し、2年生の新人戦では5人のレギュラーに入ってたのに、3年生の市民大会では補欠にも入れなかった。

毎日の練習、私 なぁ~んにも考えて無かったもんねぇ。 ラリーが続けば楽しかっただけで。

 クラブ内で練習試合しても 勝てば嬉しかったけど、負けても悔しくも無く。自分の弱点を克服して強くなろう・今度は〇ちゃんに勝とう!なんて思った事がなかった。

当時の私に言ってやりたい。

「どんどん強くなってる〇ちゃんに『私の弱点はどこ?』『どんな練習したらいい?』って聞いてみてごらん」って。(人に教えを乞うのは嫌いじゃない)

「ただ打ち合ってるだけじゃなくて、次はここに集中してみよう・ここを狙ってみよう・ここを強化しようって 目的意識を持ってやりなさい」って。

 

 あぁ・・・本当に私 貴重な時間を なぁんにも考えずに ただただ楽しく過ごしてきちゃったなぁ。

私に負けん気と向上心があれば、その後の人生 ちょっと違ってたかもしれない・・・そんな大きな差は無いか(笑

 

 

 

|

2020年4月15日 (水)

学ぶ

 『名波・川口のサッカー教室』的なテレビ番組をチラッと見た。

私がテレビを点けた時、川口さんが小学生チームのサッカーの試合動画のGKを見てアドバイスしてた。

 

***ここからは私の記憶なので正確ではないですが***

「ボール見てませんね」

え? そうなの? ちゃんと見てるように 私には見えるけど。

 動画をスロー再生し、問題のシーンはストップして解説が続く。

「ね、シュートを打ったプレイヤーの方を見てるでしょ」

ほんとだーーー!! 腰を落としてボールを受けようとしてるGK君の顔は正面を向いてる。

別のシーンでも顔は前を向いてて 足元に来たボールを受け損なってる。

「ボールを見てれば ここでちゃんとキャッチできるんですよ」

そうなんだーーー!! なんだか跳び上がりそうに嬉しくなってしまった。

 続いて

「全部 下から受けてるけど、腰から上のボールはこうして止めます」と、バレーボールのトスみたいな手の構えをして見せる。(サッカー無知で語彙力が無くて情けない)

へぇ~~~! だって下から受けた方が もし受け損なっても胸で止まるじゃん。上からなんて怖くてつかめないし、もし掴めたとしても落っことしそうじゃん。下から受ければ落っことす心配ないじゃん。

(後で夫に話したら「胸は硬いから弾きますからね」と言われた)

「上から掴んで(お腹に抱え込むようにしてた)吸収させるんですよ」と川口さんの解説は続く。

名波さんも「全然 気づかなかった~」って(言ったと記憶してる)

 

 他にもステップを細かくするとか いくつかのアドバイスがあったけど、私は

➀最後までボールを見る

➁腰から上のボールは上から掴むようにキャッチする(私の理解)

この二点が まさに『目から鱗が落ちる』でした。

 

 たったこれだけを意識するだけで、プレーは大きく変わるんだろうなぁ。

私がそれを実践してみる機会は永遠にありませんが(苦笑

 

 その道のエキスパートが見てるところは、素人とは全く違う…って事は 私も様々な場面で体験してる。

エキスパートにとっては当たり前の基本中の基本でも 初心者にとっては『思いもよらない』事で 『たったこれだけ』を注意するだけで、各段に上達する。

 ちょっとしたアドバイスで、それまでの自分では気づかなかったドアが開く…その瞬間は嬉しく楽しいよね。

 

 朗読教室の先生が東京へ引っ越しされて『朗読の指導を受ける』事が無くなり、音訳ボランティアでも アナウンサーのように読めるお姉さま方が健康やご家庭の事情で次々にお辞めになり、私の所属する班で一番の古株になってしまった今、アドバイスしてくれる人は居なくなってしまった。

 若いお友達の何気ない言動(彼女達にとっては当たり前)に ハッとさせられて反省する事があるのは まだ救いかな。

若いお友達がアドバイスしてくれる事は無くても 自分が気付けば真似る事はできる。これも『学ぶ』だよね。

 

 さて、冒頭の『名波・川口のサッカー教室』は、後半が放送されるので、今週末も見るよ!

私がGKの基本を学んでどうなるものでもありませんが(汗

 

|

2020年4月 7日 (火)

痛いのが当たり前

 一ヶ月ほど前だったかなぁ…いつも痛い左足が全然痛くなくなった!

左足が軽くて、体も軽くて、ふわ~っと飛びそうな感じがして、スキップしたいくらいだった(しないけど!)

掃除機をかけながら「うわぁ~~♪ こんなに痛くなく掃除機かけられるのしあわせーーー!」と 何度もつぶやいた。

 

 それが続いたのは一週間くらいだったかな。

 

 ある日突然 杖を頼りにしても痛くて痛くて歩けなくなる。 はぁ・・・またか。

人工股関節に問題が起きたのかな? 過去には 整形外科でレントゲン写真撮ってもらって「緩んでませんよ」と言われて安心して、痛みも和らぐ・・・って事 度々 あった。

 足首に錘を巻いて 布団の上で股関節周りの筋肉を鍛える運動をして、湿布も貼って・・・数日後には杖でスタスタ歩けるようになる。

室内でも杖は使うけれど、痛みが和らいでくると 両手を使う為に壁に立てかけた杖を そのまま忘れて移動する事が増えて『あ、もう室内では杖不要ね』となる。

 たまに『杖をつこうが、どうしようが、足の裏を地面につけただけで激痛』って事もあり、それに比べると『面倒臭いけど、室内で杖で家事できればマシ』と思える。

 でもね・・・全然痛くないのを味わうと「あ~これが普通だよね」と思い出す。

 両手で掃除機を操り 身軽に動ける幸せを堪能してから、また少しずつ痛みは戻り、4日(土)は、桜の写真を撮りに杖をついて出かけた。

写真撮る時は 杖は夫に預けたり、側に立てかけたり。スマホの画面に夢中になって転倒しないように、気を付けて気を付けて。

そしたら5日(日)室内での移動時 痛みを逃がす為に上体を揺らして歩かなければいけなくなった。

 また自然に和らぐといいなぁ…夜になっても痛みは変わらず…あぁ…気が滅入る。

 

 それが月曜日の朝、夕べの痛みを警戒しながら いつものように布団から(工夫したポーズで)立ち上がった時「あ…普通の痛みになってる!」

『普通の痛み』って・・・泣笑。

 この痛みなら、室内での移動は杖無しでも大丈夫。 家事する時 杖は邪魔なのよ。(助けてもらってるのに邪魔扱いしてごめんね)

「あぁ~良かった☆」

 夕べの憂鬱な気分は一掃された。

 

 そして今日も『普通の痛み』をお供に暮らしております。

またいつか『あら? 全然痛くない! うわぁ~~~☆ 軽くて飛べそう~☆』な日を味わえますように。

…健気! 笑

|

2020年4月 1日 (水)

私の「寿人呼び」

 花桃ゆうのブログ・Instagram・Twitterでは 佐藤寿人選手の事を ずっと「寿人」と書いてます。

ここ数年 ネット上でも 実際に会う人でも「寿人さん」呼びが増えて、私の呼び方は『馴れ馴れしい・偉そう』と思えるかも…と ちょっと後ろめたかった。

苦々しく思う人も居るかもしれないな…と 居心地も悪かった。

  

 今日は、釈明をさせていただきます。

 

 私が テレビの代表戦を観ていて寿人ファンになったのは2006年、寿人はまだ24歳。 

サンフレッチェ広島へ移籍して間もない頃だったはず。

寿人を応援していく中で、サンフレッチェ広島ファン・サポーターの人達とも知り合った時、どの人も「寿人」と呼んでた。

ユニフォームの背中の名前が「SATO」から「HISATO」に変わったのもその頃だったと記憶してる。

皆が敬愛の想いを込めて「ひさと」と呼んでた。 名前だけれど愛称だった。

 

 それが、2017年、名古屋へ移籍した辺りから変わって来た・・・ように 私は感じる。

名古屋では「寿人さん」と呼ぶ人が多かった気がする。

…そこで 私も呼び方を変えるべきかな?と考えなかったわけではないけれど、ずっと「寿人呼び」をしてきて、急に「寿人さん」にするのは逆に違和感があったの。

 もちろん寿人本人に呼び捨てした事は無いです。

でも夫との会話は「寿人が…」「寿人の…」「寿人は…」

広島の友達との会話も同じ。(小春ちゃんだけは、最初から「寿人くん」だった)

広島の友達は 私よりは若いけれど、子どもも成人した『ほぼ同世代』の人が多くて、その人たちと話す時は今でも「寿人呼び」してる。

 

 決して 上から言ってるわけでも、勝手な親しさを強調してるわけでもない。

 思い起こせば、寿人ファンになってサンフレッチェ広島を応援し始めた頃、当時 在籍していた<盛田剛平選手・服部公太選手・戸田和幸選手>の事は それぞれ<ごうへいさん・公太さん・戸田さん>と呼んでた。(本人に…でなく、友達との会話やブログで)

寿人より年上で『ベテラン』と称される人たちなので 無知な私でも呼び捨てはできなかったんだろうねぇ。

 

 もっと遡れば、私の世代は<ひろみ・ひでき・ごろー><ももえ・じゅんこ・まさこ(は、あまり言ってない)>だったのよねぇ。

呼び捨てにしてるんじゃなく、愛称として そう呼んでた。

 昨今は、芸能人やスポーツ選手の事も呼び捨てにしないね。

SNSの発達で 不特定多数の人が目にする『文字での表現』が主体になると 呼び捨ては厚かましく偉そうに見えるのかもしれない。

気持ちは『寿人選手を応援します!』で ずっと変わってないんだけどな。

 

 そんな訳で 今年38歳になる寿人を『自称 名古屋母』だけど、産んでも育てても居ない私が ネット上で呼び捨てしている事を大目に見てやってください。

 

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »