« 学ぶ | トップページ | 紫耀くんからのメール(なりすまし詐欺メールの話だよ) »

2020年4月22日 (水)

向上心

 先週のブログ「学ぶ」には続きがありまして。

 その日、帰宅した夫に番組の事を話し

「スポーツって頭も使うんだね。6年生で、これを知ってるのと知らないのとでは 全然違うよね」

「全然違うと思うよ」って話から・・・

「僕は、ドッジボールでも肩や膝から下を狙って投げてました」って。

ひぃぃぃーーー! なんですってーーー!!

 小・中学の同級生である夫とは 一度も同じクラスになってないので、ドッジボールを一緒にした事も無いと思うけど…そんなヤツ(笑)と対戦しなくて良かったぁ~~~泣。

 運動は苦手な私だけれど、ドッジボールは好きだった。 皆でワイワイするのは楽しいし、逃げ続ける事ができれば、一応 最後まで残っていられるから。

 相手のボールをキャッチして攻撃に転じよう!! なんて 微塵も思った事はなく、ただひたすら『当てられないように逃げる』だけだった私。

 奇跡的に近くで転がったボールを私が拾ったとしても、自陣に投げ返す力はあるはずもなく、相手コートにひょろひょろっと投げてキャッチされて、センターライン際(何とか自陣に届くようにと ギリギリまで前に出て投げてたと思う)で逃げそびれてる所を狙い撃ちされるのが関の山。

 そんなへなちょこな私と同学年に『肩と膝下はキャッチしにくい』と考えて狙ってた男子が居たとは!

球技が得意な子は そもそも運動神経が良いので、私とは別次元だと思ってたけど、運動神経の問題だけじゃなかったのね。

 

 中学の部活では卓球部に所属し、2年生の新人戦では5人のレギュラーに入ってたのに、3年生の市民大会では補欠にも入れなかった。

毎日の練習、私 なぁ~んにも考えて無かったもんねぇ。 ラリーが続けば楽しかっただけで。

 クラブ内で練習試合しても 勝てば嬉しかったけど、負けても悔しくも無く。自分の弱点を克服して強くなろう・今度は〇ちゃんに勝とう!なんて思った事がなかった。

当時の私に言ってやりたい。

「どんどん強くなってる〇ちゃんに『私の弱点はどこ?』『どんな練習したらいい?』って聞いてみてごらん」って。(人に教えを乞うのは嫌いじゃない)

「ただ打ち合ってるだけじゃなくて、次はここに集中してみよう・ここを狙ってみよう・ここを強化しようって 目的意識を持ってやりなさい」って。

 

 あぁ・・・本当に私 貴重な時間を なぁんにも考えずに ただただ楽しく過ごしてきちゃったなぁ。

私に負けん気と向上心があれば、その後の人生 ちょっと違ってたかもしれない・・・そんな大きな差は無いか(笑

 

 

 

|

« 学ぶ | トップページ | 紫耀くんからのメール(なりすまし詐欺メールの話だよ) »

おばさんの独り言」カテゴリの記事